fc2ブログ

黒子「尻から青峰くんが出てきました」

1: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:00:46.95 ID:ejgengU7O

青峰「よおテツ」

黒子「こんにちは青峰くん」

青峰「……なんだよ、全然驚いてねえじゃねえかよ。 ウンコかと思ったら俺だったんだぜ?」

黒子「僕は前から青峰くんはそういう人だと思っていたので想定内です」

青峰「どんなイメージだよ!! ……そんで、本物の俺はいるか?」

黒子「はい、今キセキの世代のみんなが待ってます」

青峰「じゃあとっとと行こうぜ、こんな狭いトイレにずっといるなんてゴメンだ」



2: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:01:29.64 ID:ejgengU7O

黄瀬「黒子っち、まだトイレっスか?」

青峰「随分と長えウンコだな」

緑間「大便と言え、青峰」

紫原「黒ちん、久しぶりになんとなくみんなに会いたいとか言って呼んどいて……俺帰っていい?」

赤司「待て紫原、腹痛は誰にでもある。 我慢しろ」

紫原「赤ちんがそういうなら……」

黒子「お待たせしました」

黄瀬「遅いっスよ黒子っち!! もう俺、3on3やりたくてしょうがないっスよ!!」

緑間「……ん? 黒子の後ろにいるのは……」

黒子の尻から出た青峰「よお俺」

青峰「……は?」


3: 以下、尻から出た青峰の台詞は『』 ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:02:13.82 ID:ejgengU7O

黄瀬「ちょ……ええっ!? なんで青峰っちが二人いるんスか!?」

赤司「……詳しく説明してもらえるか?」

黒子「僕がトイレで用を足していたら……」

緑間「いたら……?」

黒子「尻から出てきたのは青峰くんでした」

紫原「黒ちん、ふざけてるの?」

黒子「ふざけてません」

青峰『おいオリジナル、バスケは退屈か?』

青峰「……最近楽しくなってきたところだ」

黄瀬「何普通に話してるんスか!?」

緑間(流石馬鹿……何一つ疑ってないのだよ)


4: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:02:40.43 ID:ejgengU7O

赤司「黒子が嘘をつくとは思えない……ということは本当だろう」

緑間「赤司……正気か?」

紫原「あ、赤ちんが信じるなら俺も信じる……」

青峰「しかしすげえな、俺と瓜二つじゃねえか」

青峰『まぁな』

青峰「……うっ!! くせえ!!」

青峰『は?』

黄瀬「そういえば……黒子っちの尻の穴から出てきたんスよね」

緑間「……クサくて当たり前なのだよ」

青峰「てめえクサすぎだ馬鹿!!」

青峰『鼻で息しなきゃいいじゃねえか』

黒子「青峰くんの尻から出てくるよりはいい匂いだと思います」

青峰「お前はどんだけ俺のケツの穴がくせえと思ってんだよ」


6: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:03:11.51 ID:ejgengU7O

赤司「さて……この黒子の尻から出てきた青峰はどうしようか」

青峰『どうしようもこうしようもねえよ、俺は俺の好きなように生きる』

黄瀬「ウ、ウンコが人間と同じように生活するんスか!?」

青峰『おい黄瀬ぇ!! 誰がウンコだ!!』

青峰「でもテツのケツから出てきた以上、ウンコじゃねえか」

青峰『ああ!?』

黒子「じゃあ呼び方はウンコ峰くんで確定ですね」

青峰『テツてめえ!!』

緑間「……流石に俺はそんな名前で呼びたくないのだよ」

赤司「……俺もだな」

紫原「呼びたくない人はコピー峰とかでいいんじゃない? 俺はニセちんって呼ぶね」

青峰『ニセちんってなぁ……』

青峰「俺はウンコって呼ぶわ」

黒子「色んな呼び方がありますね」

青峰『あーもうめんどくせえ、好きにしろよ』


7: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:04:05.86 ID:ejgengU7O

黄瀬「……うっ!!」

紫原「どうしたの黄瀬ちん」

黄瀬「お、俺も……漏れそうっス」

緑間「黒子に続いてお前もか……」

黄瀬「ちょ、ちょっとトイレに行ってくるっス!!」ダッ

紫原「これじゃあ3on3始められないじゃん」

黒子「じゃあ黄瀬くんの代わりにウンコ峰くんを試合に出すっていうのはどうですか」

青峰『俺か?』

青峰「お前バスケできんのかよ」

青峰『できるに決まってんだろ、俺だぜ?』

赤司「決まりだな……黄瀬には悪いが試合を……」

黄瀬「あああああああああ!!!」

緑間「トイレから黄瀬の声……?」

紫原「うるさいなー黄瀬ちん」

黄瀬「た、大変っス!! 大変っスよ!!」

赤司「黄瀬、落ち着いて話せ。 何があった?」

黄瀬「お、俺の尻から……俺の尻から!!」

黄瀬の尻から出てきた青峰『よお』

青峰×2「!!!!」


8: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:04:33.34 ID:ejgengU7O

黒子「黄瀬くんもですか……」

紫原「あのさ……これ、俺をはめるドッキリだったりしない?」

黄瀬「ドッキリじゃないっスよ!! 正真正銘俺の尻から出てきたっス!!」

緑間「何だと……?」

青峰『黄瀬の身体の中は退屈だったぜ』

青峰『俺もテツの身体の中は退屈だったな』

青峰「つーかやっぱお前もくせえな」

青峰『いや、オリジナルのクサさには負けるわ』

青峰「はぁ!? お前らよりマシだろ!!」

青峰『お前、週一でしか風呂入ってなさそうだな』

赤司「……三つ子にしか見えないな」

紫原「赤ちん、俺帰っていい?」

黄瀬「こ、この流れだと……また誰かがお腹壊して……青峰っちを生み出そしそうっスね」

緑間「おい黄瀬、不吉なことを……」

緑間「……うっ!!!」

黒子「……緑間くん?」


9: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:05:00.58 ID:ejgengU7O

緑間「お、俺も……そこまでキテるのだよ!!」ダッ

紫原「あのさぁ……」

黄瀬「これって……偶然なんスかね?」

青峰「そうじゃねーの」

黒子「流石何も考えない青峰くん。 そんなわけないじゃないですか」

青峰『あぁ!?』

黄瀬「なんで偽青峰っちが怒るんスか!?」

赤司「黒子……お前はこの偶然がどうして起こったか分かるのか?」

黒子「恐らくこれです」

紫原「……野菜?」

黒子「はい、これは緑間くんが持ってきた秀徳の木村さんがくれた野菜です」

赤司「なるほど……それにみんな当たったと」

紫原「腹痛の原因はそれだとしてもなんで尻から峰ちんが出てくるのかは分かんなくない?」

黒子「……ごめんなさい、僕も流石にそこまでは……」


10: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:05:29.78 ID:ejgengU7O

青峰「別に分かんなくてもいーだろ」

黒子「青峰くん……?」

青峰「それに……俺に勝てるのは俺だけ……」

青峰「つまり……俺に勝てるほどつえーやつが生まれるってことだからな。こんなに嬉しいことはねーよ」

黒子「誠凛(ウチ)に負けたくせして何言ってんですか」

紫原「説得力なさすぎ」

青峰「う、うるせえ!!」

緑間「……」

黄瀬「あっ、緑間っち」

緑間「……俺も……出たのだよ」

緑間の尻から出てきた青峰『よお』

青峰×3「!!!!!!」


11: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:06:04.88 ID:ejgengU7O

青峰『また俺か』

青峰『よお俺』

青峰『くせえなお前』

青峰「お前らよりマシっつってんだろ」

黒子「あとは紫原くんと赤司くんですね」

赤司「ああ……覚悟するしかないな」

紫原「えっ、俺嫌なんだけど」

黄瀬「でも二人とも食べたっスよね?」

紫原「今から吐こうかな」

緑間「どう考えても無理なのだよ」

赤司「……きた!!」

黒子「!!」

青峰『お、また産まれんのか』

青峰『頑張って生めよ赤司』

黄瀬「……思ったんスけど」

緑間「なんだ黄瀬」

黄瀬「青峰っちが生まれるんだったらわざわざトイレに行かなくてもいいんじゃないんスか?」

紫原「!!!」

黒子「黄瀬くん、言うのが遅いです。 赤司くんはもうトイレに行っちゃいました」

黄瀬「申し訳ないっス……」


12: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:06:36.26 ID:ejgengU7O

紫原「あ、俺もキタ」

緑間「これで青峰本人以外が出すことになるな」

青峰「俺は食ってねえから生まれねえよ」

紫原「黄瀬ちんの言う通りトイレ行かないでここでしよう」

黄瀬「それがいいっスよ」

紫原「そんで生まれた瞬間捻りつぶす」

青峰「おい」

青峰『やってみろよ紫原、できるもんならな』

紫原「できるし」

緑間「喧嘩はやめるのだよ」

紫原「……うっ!!!」

ブリブリブリブリ!!

黒子「やりましたね」

黄瀬「俺もこんな感じで青峰っちが……」

ホクホク……

紫原「は?」

緑間「これは……どういうことなのだよ」

黒子「そんな……青峰くんじゃなくて……本物の大便が出るなんて……」


13: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:07:07.76 ID:ejgengU7O

青峰『おいおい紫原、バスケコートのど真ん中でそんなでけえウンコしてんじゃねえよ』

紫原「……うるさい」

黄瀬「でも……なんで青峰っちが出てこなかったんスか?」

黒子「恐らく……まいう棒のお陰だと思います」

緑間「どういうことだ?」

黒子「紫原くんは木村さんの野菜を食べた後にまいう棒を食べた……これによって腹の中の青峰くんが消えたんじゃないかと思います」

紫原「何それ……」

青峰『それよりどうすんだよこのウンコ』

青峰「お前らが食えばいいじゃねえか、食えるだろ?」

青峰『ああ? 食えるわけねぇだろ』

青峰『お前なら食えそうだな』

青峰『おめえだろ、食えるのは』

黄瀬「う、ウンコもそうっスけど……赤司っちの方はどうなったんスかね?」

赤司「待たせたな……」

緑間「赤司……青峰は?」

赤司の尻から出てきた青峰『よお』

青峰×4「!!!!!!!!」


14: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:07:43.26 ID:ejgengU7O

赤司「案の定だ」

黄瀬「どうするんスかこれから……」

青峰『お前ん家で暮らすわ』

青峰『お、いいな。 俺もそうするか』

青峰「は?」

赤司「……ん? 誰だ、コートのど真ん中に大便を漏らしたのは」

紫原「……俺」

黒子「青峰くんがでるかと思ったら本物が出てきちゃったんです」

黄瀬「『大ちゃん』っスね」

青峰「ふざけんなよ黄瀬」

赤司「……とりあえずこの大便をトイレまで運ぼう。 みんな、手伝ってもらえるか?」

紫原「赤ちんが言うなら……」

緑間「分かったのだよ」

青峰『お前食えるんじゃねーのか?』

青峰「おい、さっきの俺とおんなじこと言ってるじゃねーか」

青峰『おら、食えよ』ガン!!

青峰『うおっ!!』

グチャッ!!

赤司「!!!」

黒子「緑間くんの尻から出てきた青峰くんが……大便をモロ顔面に!!」

黄瀬「よくあれが緑間っちの青峰っちって分かったっスね……」


15: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:08:22.14 ID:ejgengU7O

青峰『……』ムクッ

赤司「大丈夫か偽峰、顔を洗った方がいいぞ」

青峰『……』

青峰『おい、どうしたんだよ』

青峰『……うめえ』

一同「!!!???」


16: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:09:01.79 ID:ejgengU7O

緑間「お前……自分が何を言っているのか分かっているのか?」

青峰『いや、うめえもんはうめえんだからしょうがねえだろ』

青峰『おし、俺も一口』パクッ

黄瀬「ちょ、ちょっと!!」

青峰『……うめえ』

紫原「マジで言ってんの?」

青峰『ほんとだ、確かにうめえな』

青峰『チョコレートみてえな味だな』

青峰『そうか? 俺は唐揚げみてーな味がするけどな』

黒子「ウンコ峰くんは全員食べてますね……」

青峰「そんじゃ俺も」パクッ

ブーーーーー!!!

黄瀬「青峰っち!?」

青峰「オエッ!! ……おい!! 何が唐揚げだ!! 普通にウンコじゃねえか!!」

緑間「こいつらは……味覚がおかしいのか?」

黒子「恐らく同類だから食べれるんでしょうね」

青峰『誰が同類だよ』


17: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:09:34.72 ID:ejgengU7O

赤司「なんとか大便は片付いたな……」

紫原「あのさ、さっさとバスケ始めない? 早く帰りたい」

黄瀬「そうっスね」

青峰『お、バスケすんのか。 俺も混ぜろよ』

青峰『俺もするぜ』

青峰「いいか赤司?」

赤司「構わない」

緑間「ん? そうなると……3on3じゃなくなるな」

黒子「そうですね。 ちょうど10人ですし5on5やりましょう」

黄瀬「チームはどうするんスか?」

青峰「俺は俺と戦いてえ」

赤司「いや待て……青峰がちょうど5人だ。 ここは青峰×5VSキセキ4人 幻のシックスメンでどうだろうか」

黄瀬「あ!! なんかそれ面白そうっスね!!」

緑間「試合しがいがあるのだよ」

紫原「赤ちんがそう言うなら……」

黒子「青峰くん、いいですか?」

青峰「……しょうがねえな、一回だけだぞ」


18: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:10:12.20 ID:ejgengU7O

黄瀬「いやーーー!!! 久しぶりに楽しめそうっスね!!」

緑間「人事を尽くすのだよ」

紫原「捻りつぶす」

青峰「へっ……やってみろよ」

青峰「『『『『俺に勝てるのは俺だけだ』』』』」

黄瀬「!!!」ブーーーーー!!!

青峰「おい、何ハモってんだおめえ」

青峰『お前が俺の真似してんじゃねえか』

青峰『そりゃお前だろ』

紫原「ぷっ……くく……」

緑間「わ、笑ってはいけないのだよ……」

黄瀬「いや、そういう緑間っちも……ブホォ!!」

黒子「青峰くん、試合前に笑わせて試合に集中させないようにするとは考えましたね」

赤司「違うと思うぞ」


19: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:10:56.08 ID:ejgengU7O

試合開始

青峰×5「『『『『ゾーン強制開放』』』』」

黄瀬「!!!」ブーーーーー!!!

黒子「またハモってきましたね……」

緑間「笑ってる場合じゃないのだよ。 5人全員がゾーンはまずい」

赤司「紫原、俺達も強制開放だ」

紫原「いや、できないんだけど……」

黄瀬「俺もパーフェクトコピーやってみるっスよ!!」

赤司「!! やめろ黄瀬!!」

黄瀬「え? どうして……」

赤司「ここでコピーするということは偽峰とコピーするのと同じ……ということは……」

黒子「!!! この匂いは……」

緑間「黄瀬……くさいのだよ」

赤司「……匂いまでコピーするということだ」


20: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:11:24.95 ID:ejgengU7O

黒子「ウンコ峰くん4人分の匂いが黄瀬くんに……」

緑間「き、きついのだよ……」

黄瀬「そんな……じゃあ青峰っちの技を使えないじゃないっスか!!」

赤司「……『僕』にいい案がある」

紫原「赤ちん……?」

緑間(!! 人格が……)

赤司「……すまない大輝。 ちょっと手を洗わせてくれ」

青峰「『『『『ああ? 早くしろよ』』』』」

黄瀬「ハモりがデフォルトになったっスね……」

黒子「赤司くん……一体何を?」








赤司「待たせたね、じゃあ始めようか」

青峰「おう」

緑間「……赤司、俺達はまだ何も作戦を考えてないが……」

赤司「ああ……何もしなくていい」


21: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:11:50.83 ID:ejgengU7O

青峰「行くぜ」ダッ

赤司「全てに勝つ僕は全て正しい」

ビシャア!!

青峰『『『『うおっ!!!?』』』』

黄瀬「赤司っち!?」

赤司「……洗ったまま拭いてない手だ」

黒子「……!! 赤司くん、もしかして……」

赤司「ああ、君の思ってる通りさ、テツヤ」

赤司「あの大輝達は尻から出てきた……」

赤司「もし彼らが大便と同じなら……水に弱いと思ってね」

青峰『『『『うおおおおおおお……!!』』』』

緑間「偽峰が消滅していくのだよ……!!」

青峰「赤司てめぇ……!!」

赤司「大輝……君の不戦勝だ」


22: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:12:20.20 ID:ejgengU7O

緑間「青峰……あとはお前一人なのだよ」

青峰「3on3でやり直しすればいいじゃねえか」

紫原「捻りつぶす」

青峰「おい、どうしたお前ら……急にこえー顔して」

黄瀬「クサすぎてたまんなかったんスよ……青峰っち!!」

黒子「この際本物の青峰くんも消滅させましょう」

青峰「おいお前ら!! 落ち着けよ!!」

赤司「僕に逆らうやつは……大輝でも殺す」

青峰「おい!! ハサミはやめ……」

グサッ!!!


23: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:12:51.36 ID:ejgengU7O












……ゃん

……ちゃん……!!

青峰「……?」

桃井「大ちゃん!!」

青峰「!!!」ムクッ

桃井「もー! またエロ本読みながら屋上で寝てるー!」

青峰「……」

青峰(ありゃ……夢だったのか)

青峰(まぁ……普通に考えたら俺がいっぱい出てくるなんてありえねぇよな)

桃井「ほら! もうすぐ!! 部活始まるよ!! 早く行こう!!」

青峰「……おう」

青峰「……!!」

桃井「?」

青峰「わりいさつき……ウンコしたくなった。 先行ってくれ」ダッ

桃井「もーーー! 女の子の前でウンコとか言わないの!!」


24: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:13:24.97 ID:ejgengU7O

青峰「あー……こりゃでけえのがくるな……」

青峰「……ふんっ!!」

ブリブリブリブリ!!

青峰「あー……スッキリした……どれぐらいでけーかな」チラッ










青峰『よお』

青峰「……」

青峰『……?』

青峰「……うおおおおおおおおおお!!!」ダッ!!


25: ◆LYNKFR8PTk 2016/01/16(土) 21:13:52.90 ID:ejgengU7O

タモリ「物凄く大きい大便をしたことはありませんか?」

タモリ「一見、ただの大便のように見えますが……実はその正体は……貴方の友人……」

タモリ「……いえ、貴方自身かもしれません」

〜終わり〜


26: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 21:14:16.96 ID:tw7ZPYZb0

公衆の面前でただウンコしただけの紫原さん……


27: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 21:19:50.89 ID:r8jDFiyiO

って何でタモリさんが!?




掲載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452945646/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク