FC2ブログ

P「アイドルを妊娠させてしまった……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 15:21:43.81 ID:Y8+kkwNS0

誰の話を期待した?


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 15:37:35.78 ID:Y8+kkwNS0

P「え?」

やよい「生理が来ないんです……」

P「若いうちは安定しないって言うけど、どのくらい来てないんだ?」

やよい「2ヶ月くらいです……」

P「うーん正直わからん。というかやよいさんや、なぜ俺に聞くのです」

P「こういうことは女の人に聞くもんだと思うぞ」

やよい「だって……プロデューサーの子供が出来ちゃったんだと思って」

P「!?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 15:41:54.61 ID:Y8+kkwNS0

P「え?え?え?」

P「ま、まって。え?だって俺何もしてないよ?だよね?」

やよい「う~ひどいです。ライブの打ち上げが終わった後プロデューサーうちに来たじゃないですか」

P(スピリタスの飲み比べやってた日かな……)

やよい「すごく酔っ払っててそれでうちに来るって聞かなくて……」

やよい「みんな寝たくらいに私の布団に入ってきて……」

P「」

やよい「それで……それで……」


25: こんな感じか? 2012/06/07(木) 15:48:23.53 ID:Y8+kkwNS0

真「プロデューサー!やりました!」

P「おぉ、どうした真。何か良いことでもあったのか?」

真「ヘヘッ、ボク妊娠しましたよ!」

P「ほー、それはそれは……喜んでいるようで何より」

真「ブー……なんですか人事みたいに」

P「ところでニンシンってなんだ?新しいダンスのことか?」

真「違いますよ!赤ちゃんが出来たんですよ!ボクとプロデューサーの!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 15:54:16.23 ID:Y8+kkwNS0

P「え、なにそれ怖い」

真「怖くないですよ!ヤレばできるってプロデューサーが言ってたんじゃないですか!」

P「そういう意味でいったんじゃないんだが……」

P「というか何を言っているんだお前は」

P「俺は何もしていないぞ。勘違いじゃないのか?」

真「そんなことないですよ!お父さんに言われたとおり毎日好きな人のことを考えてたら赤ちゃんが出来たんです!」

真「だからコレは間違いなくプロデューサーとボクの子供なんですよ」

P「お父さんに連絡入れてくるわ」

真「あ……今お腹蹴りましたよ……ふふっ」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 15:59:54.76 ID:Y8+kkwNS0

P「真さんや、そもそも妊娠したというのはどこから来たのですか?」

真「それはですね最近妙にお腹がすいて酸っぱいものが欲しくなるんです」

P「ふむふむ、それで?」

真「それだけです」

P(想像妊娠ですらなかった……!)

真「お腹が目立つ前に式はあげましょうね♪」

P(まさかここまで疎いとは……)





やよいは夢オチか逃避行エンドしか思いつかないからやめといた


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 16:03:15.77 ID:Y8+kkwNS0

P(後々のためにここは本当のことを教えたほうがいいんだろうけど……)

真「ふっふー♪」ゴロゴロ

P「可愛いな」

真「え///」

P(しばらくはこのままでもいいかもしれないと思ってしまった)

ガチャ

小鳥「あら、帰ってたんですねプロデューサーさん」

P「あ、小鳥さん。ちょうどよかった」

小鳥「はい?どうかしましたか?」

P「真に子供の作り方を教えてやってください」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 16:13:30.38 ID:Y8+kkwNS0

小鳥「ど、どういうことなんですか……コレはイジメ……?」

P「いえそう言うんじゃないんです。説明すると途中で誤解が生まれそうなのでささっとお願いします」

小鳥「納得いかないですけどわかりました……」

小鳥「真ちゃんいい?まずね男の人にはおチンポが P「やっぱりいいです」」

小鳥「なんでですか!?私何か間違えましたか!?たしかに実物はまだ見たことないですけど」

P「そういうことでもないので大丈夫です。むしろ頑張ってください」

真「プロデューサー、おチンポってなんですか?」

P「その言葉は使っちゃダメなんだ。NGワードだから絶対に使うなよ」

真「は、はい」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 16:20:59.44 ID:Y8+kkwNS0

P「さてどうしたものか。ぼかした表現では納得してくれないかもしれない」

P「かといってあまりに生々しい説明は真の純粋さを考えたら発狂するかもしれないな」

P「誰かうまく説明してくれそうな人はいないかな」

真「名前決めないといけませんね♪」

P「早くしないとショックが大きそうだ」

響「なんくるなんくるなんくるないさ~♪」

P「おお、神の助けが」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 16:31:40.00 ID:Y8+kkwNS0

響「こ、子作りの方法か?」

P「あぁ頼むよ、響なら上手く教えられるだろ?」

響「と、当然だぞ!自分完璧だからな!」

響(助けてくれヘビ香!)

ヘビ香「シー?シャーシャーシーッ」

響「ふむふむ、流石だぞヘビ香」

響「エヘン!じゃあ自分が説明するからちゃんと聞いてくれ」

真「うん?なにを?」

響「いいか、子供を作るにはだな。まず準備が必要なんだ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 16:34:38.59 ID:Y8+kkwNS0

響「お互いに離れないようにして何日も一緒にすごす必要があるんだぞ!」

真「そうなの?お父さんに聞いたのと違うなぁ」

響「え?」

真「え?」

―― 10分後 ――

響「プロデューサー、なんだか自分も子供が出来たような気がするんだぞ」

P「」


おしまい


オチとかそういうのわかんないです


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 16:43:36.77 ID:rmCxdF3P0

千早「陽性でした」

P「」

千早「明日は市役所に行きましょうプロデューサー。それとも両親に挨拶を?」

P「」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 16:46:17.46 ID:qBiBclha0

やよい「プロデューサー、おはようございますー……」

P「おはよう、やよい……どうしたんだ?」

やよい「あの……えーっと……」

P「元気ないな……熱でもあるんじゃないのか。大丈夫か?」

やよい「だ、大丈夫です! でも……その……」

P「……? どうしたんだ」

やよい「プロデューサー……私……あかちゃんできちゃったかもしれません!」

P「!?」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 16:50:56.14 ID:qBiBclha0

P「やよい……いったいどうして! 相手は!?」

やよい「その……プロデューサーが……」

P「俺が……?」

やよい「お父さんは、プロデューサーです……」

P「!?」

やよい「えへへ……でも私プロデューサーとなら……」

P「え……なんで、そんな……いつ……!?」

やよい「この前の……もやし祭りの日です」

P「あの日って……俺が泊まった……?」

やよい「はい!」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 16:53:29.54 ID:wiVQIg92O


雪歩「プロデューサー……出来ちゃいました……プロデューサーの子供ですよ?」

P「…………………は?」

彼女の口から聞いた恐ろしい言葉
雪歩に子供ができただと?しかも俺の子供って……嫌まて、俺は雪歩と性交渉など交わした覚えなどない

…………なのに何故……

P「待て、雪歩………俺はお前とそんな事をした覚えはない……」

雪歩「えっ?何を……言ってるんですか?」

彼女は身を軽く震わせながら呟いた……彼女の目に光りは無く、ただ虚無を見つめつづける

雪歩「まさか…私を捨てるんですか?」

P「えっ?」


雪歩「プロデューサーはあの夜に私を愛してるって言ってくれました、私だけを見てくれるって言ってくれました」

雪歩「なのに今更………私を捨てるんですか?」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 17:01:55.96 ID:qBiBclha0

~~~回想~~~

P「あー……美味しかった。さすがやよいだな」ナデナデ

やよい「えへへ……ありがとうございます」

P「さて、帰るかな……ってうわぁ……」

やよい「すごい雪ですね……あの、プロデューサー」

P「どうするかなぁ……電車も止まってそうだし……」

やよい「よければうちに泊まりませんか……?」

P「え?」

やよい「その……いや、ですか?」

P「いや、嬉しいけど……いいのか?」

やよい「はい!」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 17:10:52.67 ID:qBiBclha0

P「……それで、だなやよい?」

やよい「どうしたんですか、プロデューサー?」

P「なんで……俺とやよいで1つの布団なんだ?」

やよい「昨日浩太郎がおねしょしちゃって……お布団がひとつ足りないんです」

P「お、おう……? じゃあ俺は床で寝るからさ……」

やよい「だ、ダメです! 風邪ひいちゃいます!」

P「いや、それならせめてみんなと一緒でさ……」

やよい「いや、ですか……?」

P「いやとかじゃなくてな、その……」

やよい「お願いです……プロデューサー」

P「……」

やよい「あの、私の布団は寒くて……誰かいっしょがいいかなーって……」

P「……わかった」

やよい「……!」パァッ


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 17:16:33.20 ID:qBiBclha0

P「っていっても寝付くまでそばにいるだけだからな?」

やよい「それでもいいです……プロデューサー……」ギュッ

P「……」

やよい「えへへ、あったかい……」

P「……」ナデナデ

やよい「うっうー……ぷろでゅーさー……」

P「……やよいはがんばってるなぁ」

やよい「……ん、えへ……へ……」

P「……寝た、かな?」

やよい「……」スヤスヤ

P「お父さんもいそがしくて留守がちみたいだしな……きっと父性が恋しかったんだろう……さて」グイッ

やよい「……ん、いやっ……」ギュッ

P「……あれ? 離してくれないぞ?」

やよい「……んん」

P「寝てる……よな? 起しちゃまずいし……どうにか……」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 17:22:33.05 ID:qBiBclha0

@朝だピヨー!

P(一睡もできなかった……結局起こさないで離れられなかったし)

やよい「ん……あ、朝……」

P「あ、やよい……起きたのか?」

やよい「はわっ……プロデューサー!? どうして……って昨日お泊りしたんでした!」

P「そうそう。おはようやよい……」

やよい「おはようございますーっ! ……? なんだかおつかれみたいです、大丈夫ですか?」

P「あぁ、元気だぞ……ありがとう」

やよい「そうですか……? じゃあ朝ごはん作っちゃいます!」

P「うん、まって……る……」ガクッ

やよい「あれ? プロデューサー、プロデューサー!?」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 17:29:36.94 ID:qBiBclha0

~~~回想終わり~~~

P「……うん、やっぱりなんにもなかったよな?」

やよい「えっ?」

P「ん?」

やよい「あの、プロデューサー……最近私すっぱいジュースが飲めるようになったんです」

P「お、おう?」

やよい「あと、食欲もなくって……だから……」

P「いやいや、だから子供ができる要素なんて……」

やよい「えっ!?」

P「んん?」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 17:36:05.56 ID:qBiBclha0

やよい「だ、だって……この前友達が……」

P「うん……?」

やよい「お、おとこのひととおんなのひとがおんなじお布団で寝ると、赤ちゃんができちゃうって……」

P「……あぁ」

やよい「わ、私知らなかったんです……家族以外と一緒に寝ちゃだめっていうの……」

P「なるほどな……やよい」

やよい「でもでも、私プロデューサーの赤ちゃんならいいかなーって……」

P「それは勘違いだぞ」

やよい「はわわっ!?」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 17:43:03.01 ID:qBiBclha0

やよい「だ、だってプロデューサー……友達が……」

P「いやいや、うん……一緒に寝ただけじゃ赤ちゃんはできないんだぞ?」

やよい「えっ……」

P「だから心配しなくてもいいぞやよい。赤ちゃんはいない」

やよい「ほんとうですか……?」

P「うん。不安だったんだな……大丈夫だぞやよい」

やよい「そう……なんですか……」

P「……やよい?」

やよい「赤ちゃん……いないんだぁ……」ポロッ

P「え、ちょっと!?」

やよい「プロデューサーの赤ちゃん……こうきって名前にしようと思って……」ポロポロ

P「あれ? え?」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 17:49:20.93 ID:qBiBclha0

やよい「私……いっしょうけんめい育てようと思ってて……」

P「いやいや、だからだな!?」

やよい「赤ちゃん……ひぐっ、お腹にいるって思って……!」

P「やよい……」

やよい「プロ、デューサーの……ううっ、あかちゃん、ほしくって……!」

P「……」

やよい「私、お母さんにっ……なれるって思って……!」

P「やよい」

やよい「でも、勘違いしちゃって……っごめんな、さいっ……」

P「やよい」ギュッ

やよい「う……ぷろ、でゅーさぁ……」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 17:56:11.27 ID:qBiBclha0

P「……なぁやよい?」

やよい「……」

P「俺の赤ちゃんが欲しいって……本当か?」

やよい「はい……私、プロデューサーのあかちゃんがおなかにいるって思って……うれしかったんです……」

P「……それって、俺のことが好きってことなのか?」

やよい「そう、です……おかあさんとおとうさんになれたらいいなって……」

P「そうか……やよい。俺もやよいのことは大好きだよ」

やよい「……!」

P「でもな。やよいはまだまだ子供なんだ……他の人を知らないだけなんだよ」

やよい「そんなことないです……私プロデューサーのこと、大好きで……!」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:06:10.29 ID:qBiBclha0

P「やよいに好きっていってもらえて俺は嬉しいよ……でもな」

やよい「いや、です……私プロデューサーが好きです!」

P「やよいはまだ子供だって言っただろ? 赤ちゃんがどうやってできるかもしらないのにさ」

やよい「しりません、でも……でも! この前授業でやったんです! 私はもうあかちゃんが作れるって!」

P「あのな、やよい……おちつけ。もっといろんなことを勉強してからだな」

やよい「勉強ならいっぱいします! だから、私にあかちゃんをくださいっ……!」

P「やよい……赤ちゃんを作っておかあさんになるにはやよいはまだまだ子供すぎるんだ」

やよい「でも……私……」

P「……やよい」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:14:26.73 ID:qBiBclha0

P「俺はやよいの事が好きだ。でもまだまだ子供すぎるんだ……」

やよい「でも……」

P「本当に……本当に俺のことを好きって思ってくれて赤ちゃんが欲しいなら」

やよい「……」

P「やよいが、高校を卒業して……お酒が飲めるようになったら」

やよい「おさけ……」

P「それでも俺のことが好きっていってくれるなら。その時に本当の子供の作り方をおしえるからさ」

やよい「……わかりました」

P「……それまでに好きな人ができたら勿論忘れてくれていいからな」

やよい「それはありえないかなーって……思います。プロデューサー」

P「ん?」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:15:18.05 ID:qBiBclha0

チュッ

やよい「うっうー! ちょっとだけおとうさんおかあさんの練習ですーっ!」

P「や、やよい……!」

やよい「……まってますから、まっててくださいね! プロデューサー!」


おわり


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 18:39:48.42 ID:NW1zNUzw0

保守

――チチチ…チュンチュン

P「すいません……俺、責任取りますから!」

あずさ「あらあらー?私、妊娠しちゃってますか?」

P(まったく記憶がないが……深夜まで飲み、ラブホテルで朝チュン、乱れたシーツ、裸の二人……状況的には間違いない)

あずさ(へべれけなプロデューサーさんと帰宅中に迷子になって、見つけたホテルに泊っただけなのですけど……)

P「あずささん、俺が幸せにしてみせます!」

あずさ「(今日はオフだし、一日くらいなら甘えちゃってもいいわよね?)……はい、おねがいしますね」ニッコリ


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:53:58.21 ID:lcwjmk1y0

響「プロデューサー…」

P「どうした?」

響「とうとうできちゃったぞ!」

P「何が?」

響「(イヌ美の)赤ちゃんが」

小鳥「えええええええ(プロデューサーと響ちゃんの間に赤ちゃんがががあああ!?)」

P「良かったじゃないか!」

小鳥「プロッええええええええ!」



150: やっぱりスレ立てたほうがいいかねぇ… 2012/06/07(木) 20:14:45.30 ID:wiVQIg92O


春香「…くぅ…はぁ………プロデューサーさん……ダメぇ!!」

P「…………」


俺の上で淫らに踊り歌うマリオット……休む事もなく繰り広げられる駄作の演劇
いつものようにこんな劇団を見せられる……自分の大切にしていた宝物を自分で愚弄し叩き壊すふざけた台本

気がつけば大切にしていた宝物を全部ぶち壊していた……

春香「ダメ…はぁ……そんな激しく……壊れちゃいます」

P「…………」


淫らに壊れるマリオット、それを俺の大切なアイドルと思いたくなかった
何を言っても言い訳にしか聞こえないかもしれないが、俺から手を出した事は一度もない

あいつらからの思い……それを拒んであいつらが傷つくのが怖かった

だからみんなに内密にみんなを愛す……それでバレなきゃみんな幸せになれる…本気でおもっていた


P「くぅ………でる」

春香「ふぁぁあああ!!………プロデューサーさん!!!」

………………………みんな幸せになれると


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 20:27:53.49 ID:wiVQIg92O


朧げに繋ぐ記憶……俺は一体何回戦していたんだろう……
覚えていないくらいに白熱していたんだな


春香「プロデューサーさん大好きです」ギュッ

P「俺も大好きだよ?誰よりも一番」

春香「本当ですか?えへへ」

この言葉何人に言ったんだろう……誰が一番なんだろう………もう分かんねぇよ
ただ今は愛おしく抱き着く春香を優しく撫でる……これだけで温かさを感じられた

俺がどれ程の屑だったとしても



―プルルル プルルル

脱ぎ捨てた上着から聞こえる着信音……仕事からか?
俺はベッドから飛び起き、切れるまえに電話にでる

P「もしもし765プロ、プロデューサーの---ですけど」

千早『プロデューサー………ですか?……すみません、少しお話したい事があるんですけど』

………………話したい事?なんだろう


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 20:37:44.11 ID:wiVQIg92O


P「わかった……今から行く…場所と時間は?」

千早『はい…15:30に公園の噴水前で』


P「了解だ………切るぞ?」

千早『待って下さい!!』

人差し指を電源ボタンにもって行こうとしたときに彼女の待ての声が入った
震えた不安げな声で

P「なんだ?」


千早『………この先何があっても私を見捨てないでくれますか?』

相変わらず何を言ってるか分からん奴だ……俺がアイドルを見捨てるなんて事する訳ないだろ
何を不安そうに聞いてくるかと思えば……興ざめだよ


P「当然だろ?」

千早『ありがとう……ございます』

彼女はそれを聞くと安心したように電話を切った……あいつ…どうかしたのか?


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 20:48:14.09 ID:wiVQIg92O


春香「仕事……ですか?」

P「…………あぁ」

電話を切ると春香が問う、それもかなりのじと目で……
自分の時間が潰されたのがそんなに気に入らねぇのかよ……

春香「仕事ならしょうがないです……早く行ったらどうですか?」

P「悪い」

春香は拗ねたように手で払い俺の行動を促す
ったくコイツは拗ねたら面倒だからな……とりあえず機嫌が直るまで放って置くに限る

P「んじゃあ行ってくるから」

春香「………勝手にどうぞ」

ああ怖い怖い……どうして女ってこんなに嫉妬深いもんなのかねぇ…そう考えながら部屋をでた



春香「………………今のは千早ちゃんの着信音」


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 22:12:03.14 ID:4WDRx3eai

美希「おはよーなのー」

P「ミ、ミキ…。おはよう。」

美希「……ねぇハニー?どうかした?」

P「い、いや?特に何もないぞ?」

美希「ふーん。ねぇハニー、最近冷たくない?」

P「冷たいってお前……。別にそんなことはない。今日はレッスンじゃないのか?」

美希「レッスンは終わらせてきたの。昨日スケジュールを確認して今日はこの時間誰もいないこと知ってたから。」

P「スケジュール!?あ、いや、でもすごいな。美希が自分で管理しているとは、感心したよ。」

美希「まだ知らんぷりするの?ハニー。それともホントにドンカン?」

美希「今は二人っきりなんだよ?どういうことかわかってくれるよね…?」


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 22:21:57.52 ID:4WDRx3eai

P「ふ、ふむ……。しかし音無さんやら律子がいつ帰ってくるかもわからんし…。」

美希「意外と意気地なしなんだね。家だともっと…」

P「お、おい!それは外で言わない約束だろ!他のやつに聞かれたらどうなることか……。」

美希「ねぇハニー?ハニーは美希とのカンケイ続けたいと思ってる?」

P「それは…できる限り続けたいがやはり厳しいものがあるだろう……。いつまでも隠し通せるものでもないだろうし、生活も不規則になりつつある。このままではいけないと思ってるが……。」

美希「そういうことを言ってるんじゃないの!これでもまだわからないなら失望しちゃうな。」

P「あぁ…。…美希。俺はお前が好きだ。できるだけ続けたい…とは思っているが… …。この際だから言っておこう。今後は今までよりプライベートで会う回数を減らそうと思う。」

美希「え!?今、好きって言ってくれたよね?なのに、なのに会えなくなっちゃうの…?」


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 22:35:40.95 ID:4WDRx3eai

P「そんなことはない。会う回数を減らすだけだ。俺だって不本意だが…。マスコミはもちろん事務所の誰かに知られたらそれで終わりなんだからな。用心に越したことはないだろう。」

美希「そんな……。そんなの嫌なの!ハニー、事務所では誰もいないのにいつもオドオドしてミキのこと見てくれないし、他の子がいると他人ギョウギだし…。何より他の子と仲良くしてるハニーを見るのが…やっぱり辛いの……。」

P「美希…。わかってくれ。これもお前との関係を長続きさせるための…。」

美希「それでも!それでも……。」

P「……それじゃあ俺は営業に行ってくるとするよ。レッスンが終わったなら今日はもう帰るんだ。じゃあな。」

美希「……ハ、ハニー!!」

P 「な、なんだ?」

美希「その……あの……。」

P「大丈夫。次の休みには会えるから。それまで辛いかもしれないが俺もなんとか…」

美希「み、ミキ、赤ちゃんができたかもしれないのっ!!」

P「……み、美希…?い、今お前なんて…?」


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 22:55:19.83 ID:4WDRx3eai

美希「あ……。え…っと……。」

P「……。はぁ…。美希、ホントなんだな…?」

美希「え、っと……う、ん……。」

P「そ、っか……。まずはそうだな……。ごめん美希!!」

美希「ふえっ?な、なんでハニーが謝るの?だ、だって嬉しい事…でしょ?」

P「それはまあそうだが…お前の年齢、そしてお互いの立場を考えると俺はとんでもないことをしてしまった。一度だけ大丈夫だと思ったのがやはり失敗だったか……。最低だよ俺は……。」

美希「そ、そんなに責めないで欲しいのハニー…。確かにあの時は美希もなんていうか……。」

P「あ~この上美希まで不安にさせるなんてホントダメダメプロデューサーだよな。」スッ

美希「えっ?」グラッ


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 23:01:32.37 ID:4WDRx3eai

P「ごめん……。謝ってもしょうがないけど今は謝らせてくれ。でもやっぱり……俺も嬉しいや。」ダキッ

美希「う、う、グスッ……は、はにぃ~……。」

P「美希。やっぱり大事なことだから今話しておこう。このままだともちろんアイドルは…やめることになると思う。」

P「アイドルを続ける方に進むと美希が言うなら……どちらにしてもとても酷なことだ。俺が言える立場ではないことはわかってる。」

P「アイドルをやめてそのおなかの子を育てるっていうなら……俺は責任を持ってお前とその子を育てる。これは今ここで誓うよ。」

美希「ハニー……?そ、それって……。」

P「あぁ。少々、いや結構だな。フライングになっちゃうけど……。美希。俺と結婚しよう 。後2年。それまではその子とゆっくり過ごしていこう。これからのことはそれは大変だろうけど、お前のことを考えたらそんなこと言ってられないもんな。」

美希「ほ、ホントに……。あ、でも……。」

美希「(今更妊娠が嘘だなんて…いえないの……。でも……)」

P「も、もしかしてアイドルにまだ未練があるか?そりゃあそうだよな…お前はアイドルになるべくして生まれてきたような子だ。そういうなら俺は止め……」

美希「ハニー!いや、プロデューサー!」

P「!、な、なんだ美希?」


200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 23:09:45.55 ID:4WDRx3eai

P「!、な、なんだ美希?」

美希「美希、やっぱりアイドルしたい。キラキラってしたいって今でも思うんだ。」

P「そ、そうか……。じゃあおなかの子は……。」

美希「でもね。これからは美希のキラキラした姿を見てくれる人、1人でいいの。」

P「み、美希……。お前……。」

美希「もちろんこのおなかの子も、だけど……その…ま、まだ一人って決まったわけじゃないし!」

美希「美希、ハニーのアイドルとして生きていくの。ホントのアイドルもやりたいかっていわれたらちょっとやりたいけど、それよりやりたいことができたから。」

P「そ、っか……。なら何も言わないよ。これから一緒に頑張ろうな美希。」

美希「はいなの!ハニー♪」

とりあえ ず完

嘘がばれて修羅場になる落ちより、ホントに出来ちゃってました!ってオチがいいよね
てかそういうオチで補完してちょ

美希ならばあり得る話やなと書いてて恐ろしくなったのでありました 
gdgdだったが読んでくれてありがと


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 23:10:56.29 ID:Y8+kkwNS0

乙乙


202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 23:11:44.26 ID:g0fJd+JD0



203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 23:12:31.95 ID:LoQzmvVG0

あり得るというか2年後なら実際に・・・だもんな
美希可愛かったよ。乙


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 23:16:10.03 ID:H6maT9BI0

これが天使か


205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 23:18:36.44 ID:qBiBclha0


美希は幸せになるべきだ




掲載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339050103/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク