FC2ブログ

【艦これ】電「暁お姉ちゃんが頭を打って変になっちゃったのです」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 08:34:15.83 ID:pVed8Beg0


〈司令室〉

電「し、司令官さん! た、たたた大変なのです!」 バターン!

提督「ん? どうした電。そんなに慌てるなんて珍しいな」

電「じ、実は……あ、暁お姉ちゃんが……」

提督「!? ……暁の身に何かあったのか!?」

電「あ、あの……ですね……」

提督「ああ、焦らなくていい。まずは落ち着くことが大事だ。……暁がどうしたんだ?」

電「……暁お姉ちゃんが……」


暁「司令官、ごきげんよう。本日はお日柄もよく、絶好の演習日和ですね」 ニコニコ


電「暁お姉ちゃんが頭を打って変になっちゃったのですー!!」




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 08:35:20.27 ID:pVed8Beg0




提督「……本当に暁なのか……?」

暁「もう、だから何度も暁だって言ってるじゃないですか。司令官も皆もひどいわ……心配されてるって伝わってきて、ちょっと嬉しくもあったりするけどね。ふふふ」

雷「……やっぱり一回入渠してきた方がいいよ……暁姉絶対どっか怪我してるって。……多分頭かなんかを」

響「……私もそう思う。いつもの暁と違いすぎて、正直ちょっと気持ち悪い」

暁「さすがにそこまで言われると傷ついちゃうわ! もう……ひどいと思いませんか? ねぇ、司令官?」

提督「…………」 ナデナデ

暁「し、司令官!? も、もう……あまり頭をなでなでしないでください……みんなの前だと……お恥ずかしいです。私はもう子供じゃないん、ですから///」

提督「今すぐ入渠してくるんだ!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 08:40:54.31 ID:pVed8Beg0




なんとか説得し、暁は渋々入渠しに行った。


提督「……で、いったい何があったんだ? ……いったい何があったんだ!?」

響「大事な事なので二回言ったね」

電「……本当についさっきのことなのです」

雷「いつも通りの朝だったわ……」


――――――――――――――――――――――――
〈第六駆逐艦の部屋〉

暁「わ、わあああああああああああ!!」

響「朝から騒がしいよ、暁」

電「おはようなのです、暁お姉ちゃん」

雷「おはよ暁姉。早くしないと遅刻しちゃうわよ!」

暁「はい、おはようなのです。……って違うわよ! なんで起こしてくれないのよ! あなた達もう着替え終わってるのに暁はパジャマじゃない! ち、遅刻しちゃうー!!」

雷「何度も起こしたのになかなか起きなかったのは暁姉じゃない。そんなんじゃダメよ! ほら、急げば間に合うから早く着替える着替えるー」

暁「わ、わーーーーん!」

響「ここまでテンプレ、だね」

電「いつものことなのです」


〈廊下〉

暁「はぁはぁはぁ……な、なんとか間に合いそう……」 タッタッタッタ

響「ギリギリではあるよ。急ごう」 タッタッタッタ

雷「もう、遠征任務の前から体力使ってるじゃない」 タッタッタッタ

電「あはは……準備運動と思うしかないのです」 タッタッタッタ

暁「うううううう!! みんなごめん! 一人前のレディーとしたことが……って、わわっ!」 ツルン


 ゴッチーン!!


響「暁!?」
雷「暁姉!?」
電「暁お姉ちゃん!?」

暁「…………」

雷「だ、大丈夫!? かなり派手に滑って転んだけど!?」

響「思いっきり頭を打ったね。とても痛そうだ。怪我は無いかい?」

電「わわわ……大丈夫なのですか!?」


暁「…………ええ、ちょっと頭痛いけど、全然大丈夫よ。ごめんなさい、心配かけたわね。……けど痛いというより、どっちかというと恥ずかしかったわね……あなた達身内以外にこんな転び方を見られたら、穴に埋まりたい気分になっちゃってたかも。ふふふ」 ニコニコ


響「」
雷「」
電「」

――――――――――――――――――――――――


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 08:46:52.98 ID:pVed8Beg0


電「ってことがあったのです」

提督「確かに変だな……いつもだったら絶対『……うう、いったーい! な、なんなのよぉ……ぐすん』ってなるもんな」

響(司令官、男の人が暁の声真似をするのはさすがにちょっとどうかと思うよ……)

雷「ぜったい、ぜぇったいにどこか変よ! あんな暁姉、今まで見たことないもの……あんなのいつものちんちくりんな暁姉じゃないわ!」

提督(妹からちんちくりん扱いされる姉って……)


暁「ふぅー、入渠完了しましたよー。良いお湯だったわ」 キー、パタン

提督「はや!」

暁「だから言ったじゃないですか、どこも異常はないって。まぁでも、朝のお風呂もなかなか新鮮で、気持ちよかったです。優雅なひと時でした」

提督「もう一回入渠してくるんだ! 俺の“知ってる”暁が!」

響「こんなにも」

雷「レディーっぽい!」

電「わけがない! なのです」

暁「またですか!?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 08:52:41.78 ID:pVed8Beg0


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

提督「じゃあ暁。頭を思い切り打ったんだ。どっか記憶が飛んで無いかの確認をしよう。自己紹介をしてくれ」

暁「ええ、構いませんよ。私は特III型駆逐艦1番艦の暁でございます。吹雪型をベースに航行性能や航続距離を向上させました。特型駆逐艦の最終完成形で、ちゃんと淑女として活躍しましたわ。……嘘偽りはございませんよ?」

雷「うわあああああああん! こんなの暁姉じゃないーーーーー!!」

電「お、お姉ちゃん! 泣いてはダメなのです! た、耐えるのです……う、うぅ……!」

響「……Мне грустно(私は悲しい)」

提督「ごめん! ごめん暁! ちゃんと廊下にワックスがけしておけば……滑りにくかっただろうに…………くっ!」

暁「いや、みんなして泣かないでくださいよ!! なんで泣いてるんですか!」

提督「暁がこんなに変になってしまったんだぞ!? 泣きたくもなるさ……」

暁「私いまそんなに変です!? と、とりあえず泣き止んでください!」

提督「……あぁ、すまなかった。じゃあ次の質問だ……――」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 08:55:52.72 ID:pVed8Beg0


~しばらく時が経って~

提督「……記憶には何の問題もなさそうだな。本当に君は暁なんだな」

暁「だから言ってるじゃないですか! もう……みんなひどいわ本当に……」 プンスカ

雷「だって信じられないんだもん……」

電「右に同じなのです」

響「左に同じ」

暁「正真正銘、私はあなた達のお姉さん、暁よ」

雷「暁姉はそんな『正真正銘』なんて難しい言葉知らないわよ!」

響(いや……その言い分はさすがに……)

提督「……まぁ暁もこんな状態だし、今日の遠征任務は中止だ。君たちはいつも通り勉学や演習に勤しんでくれ。……暁は」

暁「はい、なんでしょう?」

提督「本日の秘書官だ。私の補佐をしてくれ」

暁「了解しました! 微力を尽くして司令官をサポートしますね!」

提督「あ、あぁ」

提督(や、やりづれぇ……まぁこうなってしまったんだから仕方がない。今日一日は様子を見よう。そのためには一番身近で様子を見れる秘書官にするべきだろう)

提督「他の三人も分かったな?」

響「了解したよ」

電「了解なのです」

雷「……了解したわ」

提督「他の艦娘達にも状況は伝えておく。それでは、解散」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 08:57:15.61 ID:pVed8Beg0


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

暁「ふんふふんふふーん♪」 テキパキテキパキ

提督(テキパキと事務作業をこなしてる……これがあの暁だなんて信じられんな……)

暁「ん? どうかしましたか? 司令官」

提督「!? い、いや、なんでもない。今日はいつもより事務作業を頑張っているなぁと思ってな」

暁「あぁ、そういうことですか。ふふ、いつもお忙しい司令官のためっと思いながらだと、自然と頑張れてしまうんですよ」 ニッコリ

提督「」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:02:03.59 ID:pVed8Beg0


暁「司令官、次は何をすればよろしいでしょうか?」

提督「あ、あぁ……次は……」

提督(作業効率が良すぎてもう今日の事務作業がほとんど終わってきてしまった……どうするか……)

提督「ちょっと待っていてくれ。今考える」

暁「はい、わかりました。お待ちしております」

提督(うーん、どうするか……――ハッ!! そうだ。このままちょっと放置してみよう。いつもだったらそわそわし始めて『そわそわ、そわそわ……何時間でも待っていられるんだから!』とか言って、本当は暇で我慢することがきついだろうに見栄を張るはずだ……今の暁だったらどうなるか少し試してみよう……すまんな暁よ)

暁「…………」

提督(考えるふり……考えるふりだ……今こそ仮病で築き上げた俺の演技力の見せ所だ!)

暁「……んー」 ノビー

提督(身体を伸ばし始めた……ちょっと退屈になってきたか?)

暁「…………」 ジー

提督(……なぜだかじーっとこっちを見ている。……まさか、こちらの策がばれたか!?)

暁「!? …………///」 フイ

提督(目が合った瞬間目を逸らされた。しかも顔が赤い……よくわからん。本当に変になったな暁は……)

暁「…………んー……」ソワソワ

提督(!? そわそわし始めた!! やはり今の暁でも見栄を張るのか!? ……さぁ、どうなる!?)

暁「……司令官?」

提督「ん? なんだ暁」

暁「何時間でも……待っていられますから」 ニコ

提督「見栄を張っているように見えない!!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:04:21.97 ID:pVed8Beg0


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

暁「では司令官は私がどういう反応するか試してたんですか!?」

提督「あぁ……どういう反応するか確かめたくてな」

暁「……ぷー、ひどいわ司令官。私、ずっと待ってたのに……」

提督「す、すまない。許してくれ。ちょっとした出来心だったんだ」

暁「……ふふ、豪華なランチを奢ってもいいんですよ?」

提督「……分かったよ。それで許してくれ。」

暁「はい!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:08:34.77 ID:pVed8Beg0


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

〈食堂〉 

提督「明日の分の事務作業をやっていたら少し遅くなってしまったな。他に誰もいない」

暁「……司令官? どうして豪華なランチに旗が立っているんですか?」

提督「あ、すまない。いつもの癖で。……まぁほら、豪勢だろ?」

暁「「ほら、豪勢だろ?」じゃないですよ!……まぁ、エビフライもハンバーグも、スパゲッティも好きなんですけどね」 ニコニコ

提督(美味しそうに食べるなぁ……こういう所は案外いつも通りだな) ジー

暁「……? 司令官も食べますか? お・こ・さ・ま・ラ・ン・チ」 ニヤニヤ

提督「ちょっと嫌味を込めるのをやめなさい。別に欲しいわけじゃないさ」

暁「あらら、そうですか。……司令官にあーんしてあげたかったのに……」 ボソ

提督(……こんなことはいつもだったら絶対に言わないな)


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:12:19.13 ID:pVed8Beg0


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 〈再び戻って司令室〉

提督(……終わったと思っていても、意外と探してみると事務作業って見つかるもんだな……少しずつ片づけていこう)

暁「さて、もうひと頑張りしましょう」

提督「あぁ、そうだな。すまないな暁、ずっと手伝ってもらっちゃってな。今日姉妹達と私としか会話できていないだろう?」

暁「大丈夫ですよ。私は司令官のお手伝いができてとっても嬉しいですから! まだまだ頑張れますよ!」

提督「そうか……ありがとうな」 ナデナデ

暁「ちょ、し、司令官!? な、なでなでは……はずか…………」 キョロキョロ

暁「……えへへ……」

提督(なんだこの可愛い生き物) 


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:17:36.93 ID:pVed8Beg0


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

〈食堂〉

金剛「オーウ!? ではあなたは本当にあの暁なのデスか!? 信じられないデース……」

暁「だからそう言っているじゃないですか。暁ですよ」

榛名「今朝提督が仰っていたことは本当だったのですね」

天龍「…………」 タッタッタ

龍田「あら~? 天龍ちゃんどうしたの~?」

天龍「……暁」

暁「はい、どうかしましたか天龍?」 ニコニコ

天龍「…………」 ナデナデ

暁「ふあ!? て、天龍!? な、なでなでは……恥ずかしいですよ……もう、私ももう子供じゃないんですから、やめてくださいよぉ……」 ニコニコ

天龍「う、うわあああああああああああ!! こんなのあのちんちくりんじゃねぇええ!! どうしちまったんだよ暁!! オレがいつもお前をからかったストレスからそうなっちまったのか!? うわあああああああああ!! 暁いいいいいいいい!!」 グワングワン

暁「ウグゥ!? く、ぐるじいでず……あ、頭がミックスされます!」

龍田「あらあら~。天龍ちゃん? 今朝提督のお話聞いてなかったの~?」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:23:21.77 ID:pVed8Beg0



 わいわいがやがやわいわいがやがや


提督「……案の定騒がしくなったな」

電「まぁそれもそうなのです」

響「暁があんな状態になったんだ。仕方ないさ」

雷「……いつもの暁姉だったら天竜に対してあんなに素直にニコニコしないし、なでなでを『なでなでしないでよ!』って言いながらすごい拒絶反応するもんね。まぁ撫でられるとすごく嬉しそうにするんだけど。今もしてるし」

提督「朝から一緒にいて分かったことなんだが、意外とああいう風になってるけど暁らしい部分も見えるんだよな……性格とか。ただ素直になって、目上には敬語を使うようになって、レディーっぽくなった。あと仕事の効率もすごい」

電「……どっちにしろ、今のお姉ちゃんにはやっぱり違和感があるのです」

響「治るのを待つか、私たちが慣れていくしかないね」

雷「…………」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:27:23.01 ID:pVed8Beg0


 トコトコトコトコ

如月「司令官!」 バァン!

提督「うお!? なんだ如月か。いきなり机を叩くんじゃありません」

如月「あら、失礼しました~ってそうじゃなくて! 暁ちゃんなんであぁなっちゃったのよ~!」

提督「お前も天竜と同じで、もしかして話聞いてなかったのか?」

如月「転んで頭打っちゃったのでしょう? それは知っているわぁ。でも、あんなひどい状態だったなんて聞いてないわ! あれじゃあ如月とキャラが被っているじゃないですかぁ!」

提督「残念ながら被っていない。安心しろ」

如月「もう……司令官ったらぁ~。遠まわしに『君は誰とも被っていない、特別な人だ』 キリッ って言っているんですかぁ~? もぉう、照れちゃうわぁ~///」

提督「あ、はい」

如月「はいじゃないが」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:33:59.26 ID:pVed8Beg0


暁「……た、ただいま……やっとご飯を食べられそうね……」

響「おかえり暁。ずいぶんともみくちゃにされてたけど大丈夫かい?」

暁「ええ、大丈夫よ。心配してくれてありがとうね、響。私はこんな可愛い妹に心配されて私は幸せ者ね」 ニッコリ

響「……う、うん」

電(……素直すぎて気持ち悪いのです)

暁「さてご飯よ! 今日のご飯はナポリタンね。とてもおいしそうだわぁ……うっ、ナポリタンにピーマンが入っているわ……」



提督(――!? やはりあぁなってもピーマンは苦手なのか!?)


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:37:33.80 ID:pVed8Beg0


雷「!! だ、ダメよ暁姉! 嫌いな物でもちゃんと残さず食べなきゃ!」 ニヘラァ

提督(暁っぽい所が垣間見えたからか、雷がすごく嬉しそうだ! さぁ、どうするんだ暁……いつものお前だったら『ぴ、ピーマンなんか食べなくたって平気だし! こんなの食べなくても暁は一人前のレディーだわ!』とか意味わからないことを言うが、どうするんだ!!)

一同「「「…………」」」

提督(艦娘たちの視線が、自然と暁に集まっている……さぁ、どうな――)

 パクリ

暁「うぅ、やっぱりこの苦さは苦手だわぁ……」


 ――ガシャーン!!


暁「……え? あの、みんな……お皿……」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:40:15.97 ID:pVed8Beg0


提督(な、なんだと!? ば、バカなあああああ!!)

天龍「あ、あの暁が……」

雷「えっ……――え?」

如月「ピーマンを……」

一同「「「食べた!?」」」

暁「え? ど、どうかしましたか?」

提督「どうかしましたか? じゃない! ……暁お前……ぴ、ピーマンを食べたのか!?」

暁「え? そうですけど」 キョトン


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:44:04.92 ID:pVed8Beg0


響「あかつ……いや、姉さん!! 明日は休暇を貰おう! 今の君はおかしすぎるよ!! いいよね司令官!?」

提督「当たり前だぁ!!」

天龍「……くっそ……ちくしょう!!」

龍田「……あ、あらあら~……」

如月「……状況はかなりヤバめだったようね……睦月ちゃん! みんな!」

睦月型シスターズ「「「はい!!」」」

如月「みんなで手分けして、暁ちゃんが元に戻るための方法を探すわよ!」

睦月型シスターズ「「「了解!!」」」

暁「え? ちょ、皆?」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:47:14.76 ID:pVed8Beg0


金剛「ヘーイ! マイシスターズ? 出撃の準備はできましたカー?」

比叡「はいお姉様! いつでも大丈夫です!」

榛名「暁ちゃんの病気に効きそうな薬を探しに行くのですね? 榛名はいつでも大丈夫です!」

霧島「暁ちゃん。あなたは私達が絶対に助けますからね。待っていてください」 ニッコリ

暁「あの……はい?」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:48:53.64 ID:pVed8Beg0


長門「第一艦隊。私達も準備しよう」

陸奥「あらあら、久しぶりの大規模任務になりそうね~」

赤城「暁ちゃん、病気に屈してはダメですよ? 私達が返ってくる前に治ったとしても慢心してはダメ。帰りが遅くても、弱気にならないでね?」

加賀「……負けないでね?」

北上「はぁ、ホントに世話を焼かせるねぇ~。これだから駆逐艦は……」

大井「ふふふ、とか言いつつ真っ先に準備したわね北上さん」

北上「う、うるさいよ大井っち」

暁「私病気じゃないですよ!? 何なんですこのノリ!?」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:50:37.53 ID:pVed8Beg0


伊58「潜水艦のみんな! オリョクルの準備はできたでちか!?」

伊168「準備オッケーよ!」

伊19「いつでもいけるのねー!」

まるゆ「まるゆも大丈夫です~」

U-511「ゆーも、出撃します」

伊58「よぉし……頑張って資材を集めてくるでち! 暁ちゃんのお見舞い品はそれで決定でち!!」

暁「なんで自ら苦行の道へと歩むんですか!」

提督「よし! 各々準備は完了したようだな。……健闘を祈る。皆で暁を救うぞ!!」

一同「「「おう!!」」」

暁「……もう、皆さん――落ち着いて……くださーーーーーーい!!」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:54:09.84 ID:pVed8Beg0




 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

暁「もう! 皆さん悪ノリが過ぎますよ!?」

提督「悪ノリなんかじゃない!! ……自分が何やったか分かっているのか!? 君はピーマンを食べたんだぞ!? 病気だと疑われても仕方ないだろう!! 電なんか驚きのあまり気絶してるぞ!!」

電「あ~……有賀艦長なのですーお久しぶりなのですー」

天龍「いなづまあああああ!! こっちに返って来い!!」

暁「なんで前代未聞の瞬間を目撃したかのような雰囲気になってるんです!? 私は病気ではありませんし、何ともありません! 確かにピーマンは苦手……正直嫌いですが、だからと言って残していい理由にはなりません。作ってくれた方の気持ちを考え、出されたものは残さずしっかり食べることは一人前の淑女を目指す身としては当然のことです!」 プンスカ!

提督「そ、それもそうだが……」

響「あの暁がピーマンを我慢したなんて信じられなかったよ」

暁「かと言って悪ノリが過ぎるわ。長門さんに至っては装備ガチじゃないですか! 46cm三連装砲を三つも積む必要はありません!」

長門「……すまん。取り乱し過ぎた」

金剛「HAHAHA! 悪ノリが過ぎましたネー!」

暁「本当ですよ……今日の皆さんは少し変で――」


 バァン!


雷「変なのは暁姉じゃないッ!!」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 09:56:18.24 ID:pVed8Beg0

※↑のやつを少し訂正です。申し訳ございません。




 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

暁「もう! 皆さん悪ノリが過ぎますよ!?」

提督「悪ノリなんかじゃない!! ……自分が何やったか分かっているのか!? 君はピーマンを食べたんだぞ!? 病気だと疑われても仕方ないだろう!! 電なんか驚きのあまり気絶してるぞ!!」

電「あ~……有賀艦長なのですーお久しぶりなのですー」

天龍「いなづまあああああ!! こっちに返って来い!!」

暁「なんで前代未聞の瞬間を目撃したかのような雰囲気になってるんです!? 私は病気ではありませんし、何ともありません! 確かにピーマンは苦手……正直嫌いですが、だからと言って残していい理由にはなりません。作ってくれた方の気持ちを考え、出されたものは残さずしっかり食べることは一人前の淑女の身として当然のことです!」 プンスカ!

提督「そ、それもそうだが……」

響「あの暁がピーマンを我慢したなんて信じられなかったよ」

暁「かと言って悪ノリが過ぎるわ。長門さんに至っては装備ガチじゃないですか! 46cm三連装砲を三つも積む必要はありません!」

長門「……すまん。取り乱し過ぎた」

金剛「HAHAHA! 悪ノリが過ぎましたネー!」

暁「本当ですよ……今日の皆さんは少し変で――」


 バァン!


雷「変なのは暁姉じゃないッ!!」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 10:00:14.98 ID:pVed8Beg0


提督「……雷?」

暁「ど、どうしたのよ……そんな大きい声出して……」 ソー

雷「触らないで!!」 パシン!

暁「い、雷……」

雷「頭を打ってからの暁姉は本当に変よ。全くの別人みたいじゃない……今の暁姉は、私の知ってる暁姉じゃないわ!」

提督「いや、確かに別人みたいだが――」

雷「ごめん、司令官……今は静かにしてて!」

提督「……雷……」

暁「!! 雷、あなた司令官に向かってなんてことを言――」

雷「うるさい!! “偽物”の癖にえらそうなこと言わないでよッ!!」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 10:05:45.77 ID:pVed8Beg0


暁「――え?」

天龍「おい雷! お前何言ってんだ!!」

雷「確かに“あなた”は暁姉みたいなところあるわ……でも、私の知ってる暁姉は“あなた”みたいにそんなに素直じゃない。そんな丁寧な言葉遣いをしない! そんな大人びた考えは持ってない!! ……自分の事で一生懸命すぎて、本当に子どもみたいな人だったわ!! 一人前のレディーを目指してる、私のお姉さんなのに私よりも子供っぽい人だった!! ……中途半端に暁姉を演じるんだったら、早くその身体を暁姉に返しなさいよ“偽物”!!」 タッタッタッタ

暁「あ……い、雷!」

電「い、雷お姉ちゃん!」 タッタッタッタ

響「……あ、暁……あまり気にしないで大丈夫さ。雷もちょっとピリピリしてたんだよ。……“いつか元に戻れるさ”」


 ざわざわざわざわ


暁「…………」

提督「……食事に戻ろう。皆もだ。雷は電にひとまず任せよう。せっかくのご飯が冷めてしまう」 ポンポン

暁「……はい……」

提督(……俺も雷を追いかけた方が良いかもしれないが、今この雰囲気の中ここを離れることは良くないだろう。暁の事も心配だ。雷の事はとりあえず電に任せるしかない)

天龍「……っち、あの馬鹿雷……」


 ざわざわざわざわ


提督(……思った以上に、今の暁の状態は深刻な問題だったのかもしれないな……)


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 10:11:35.31 ID:pVed8Beg0


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

〈司令室〉

提督「今日は一日秘書官ご苦労様。疲れただろう?」

暁「……いえ、そんなことはありませんよ」

提督「そうか……」

提督(あの後結局、雷と電は食堂には戻って来なかった。響にはひとまず二人の事をよろしく頼んだが、やはり心配だ。……食事が終わってから当然暁は元気をなくしてしまった。雷とのやり取りが原因だって事は一目瞭然だ)

提督「まぁ……あれだ。雷との件はあまり気にするな。響が言っていた通り、多分ピリピリしていたのさ」

暁「……はい」

提督「そうだ! 秘書官を頑張ったご褒美として、私がお茶かなんかを入れてあげよう。いつも入れてもらう側だから、少し新鮮だな。ははは……何かリクエストはあるか?」

暁「……では、ハーブティーはありますか? ……なかったら大丈夫ですけど」

提督「……」

――――――――――――――――――――――――

暁『司令官、ハーブティーとかないかしら? ……うん、どうせないわよね』

――――――――――――――――――――――――

提督「やっぱり君は暁だな。前と言う言葉の内容自体はあんまり変わっていない。……ハーブティーならちょうどあるから、ちょっと待っててくれ」 スタスタ

暁「……司令官……」

提督「ん? どうした?」

暁「私って、今……そんなに変なんですか?」

提督「……んー、確かに変だとは思っていたけれど、今はもう慣れた。大丈夫さ。時間が経てば元に――」

暁「“元に戻る”って!! 何なんですか!?」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 10:16:06.42 ID:pVed8Beg0


提督「……暁?」

暁「私は……どこも変じゃない……なのに、皆は今の私を変って言います。おかしいんですよ! 私は、“私の中”では!! 今の状態は普段と変わらない、違和感のない状態なんです……でも、皆は私を変だって口を揃えて言います。私からしたら、変なのは皆なんですよ! でも、変なのは私だって言われました……私は何もおかしくないのに、なんでそんな目で私を見るんですか! 慌てるんですか! いらぬ心配をするんですか……変って言うんですか!!」

提督「…………」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 10:19:03.55 ID:pVed8Beg0


暁「今日は、朝寝坊をしてしまいました……お恥ずかしいですけれど、私は朝起きるのが苦手です。だから寝坊するのはいつも通りでした。そして皆と急いで走りました。その途中で派手に転びました。頭を打ちました……とても痛かったです。たんこぶができたかと思いました。それと同時に少し恥ずかしくもありました。……でも、そこからですよ……みんなはわたしを変って言います……」 ジワァ

提督「暁……」

暁「私は……変なんかじゃないです……!! なのになんで、“私”を変って言うんですかぁ……偽物なんて言うんですか……私は……わたしはぁ……!!」 ボロボロ

提督「暁!」 ギュ

暁「……わたしは……えぐ、にせものなんかじゃないのに……うっぐぅ……へんじゃ、ないのにぃ……うぅ……!!」

提督「ごめん! ごめんな……暁……みんなから変って言われて、良い気分なはずがないよな……本当にすまなかった!!」 ギュー

暁「うわああああああん!! みんなのバカ! 響のバカ! 雷のバカ! 電のバカ! ……しれいかんのバカバカバカ!! うわあああああああああん!!」

提督「…………」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 10:22:36.36 ID:pVed8Beg0



 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

暁「……すぅ……すぅ……」

提督(……フタサンマルマル。暁は泣き疲れてそのまま眠ってしまった。とりあえずソファーに眠らせているが……)

提督「……どうするかなぁ……」

提督(俺らはずっと今日の暁を変だと思っていた……でも暁の中では“いつも通り”の状態だった)

提督「もしかしたら頭を打ったことで……いつも暁が目指している一人前のレディーとしての理想の自分が、表に出て来てしまったのか? ……二重人格とかならまだしも、そんなことありえるのか? ……もしかしたら転んだ時に、脳に傷を負って脳障害になってしまったのか? いや、艦娘に脳障害ってあるのだろうか……いやいや、人型だし可能性はあるぞ……そうだったとしたら……」


 コンコンコン


提督「ん?」

電「失礼しますなのです。電です」 ガチャリ

提督「あぁ、電か……どうしたんだこんな時間に……って、理由は明確か」

電「はいなのです。雷お姉ちゃんと……暁お姉ちゃんの話なのです」

提督「あぁ、分かっているさ。暁は見て分かる通り、先ほどから泣き疲れて寝てしまったよ」 クイクイ

暁「すぅ……すぅ……」

電「……やっぱり雷お姉ちゃんとの件でですか?」

提督「……それもあるが、俺たちにも原因はある」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 10:25:40.49 ID:pVed8Beg0


電「……」

提督「暁は……今の暁にとっては、まだ今日はいつもと変わらない日なんだ。暁は自分の口調や言動が変わっていることに気が付いていないんだよ。……“暁の中”では、自分の今の状態に全く違和感が無い。そんな時に、俺たちは口を揃えて『今日のお前は変だ』って言い続けた。……もし電がそんな状態で、突然みんなから変だって言われ続けたらどう思う?」

電「……すごく、嫌な気分になってしまうのです」

提督「だよな……俺も自分が平常だと思っている時にみんなから変だって言われ続けたら、結構心に来ると思う。……暁には本当に悪いことをしてしまった」

電「……起きたら、謝らなきゃなのです」

提督「……あぁ……」

暁「すぅ……すぅ……」

提督「……普段なら嫌なことがあったりするとすぐに意思表示する癖に……ずっとため込んでいたんだ……もうその時点でいつもの暁じゃないよな……はは」

電「……でも、寝顔はいつも通りの可愛いお姉ちゃんなのです」

提督「……そうだな……いつもの可愛い暁だ」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 10:31:08.58 ID:pVed8Beg0


電「司令官さん。雷お姉ちゃんの言った言葉は、とても許されないことだと思いますが、あんまり怒らないであげてほしいのです」

提督「……分かっているさ。雷も何か思うことがあったんだろう」

電「……司令官さんは、私たち姉妹の中で誰が一番の暁お姉ちゃんに甘えん坊さんか知っていますか?」

提督「……電じゃないのか?」

電「ち、違うのです! もう、失礼なのです!」 プンスカ!

提督「そうだったのか。すまなかった」

電「……実はと言うと、雷お姉ちゃんなのです」

提督「……え? まじで? あの俺のお袋とそっくりな性格してるくらいなのに?」

電「はいなのです。……普段『もう、だらしないわね~。そんなんじゃダメよ!』とか『私がいるじゃない!』とか言ってる母性本能溢れているお姉ちゃんなのですが、普通に電の隣で寝ていたかと思ったら、気が付けば暁お姉ちゃんに抱き着いて寝ていたり、ご飯のときとかは隣にベッタリとくっついてあれこれ言っているのです。意外と寂しがり屋なのですよ?」

提督「あー……確かに今思うと食堂とかでもいつも暁の隣だな。そして雷のマネ似てるな……」

電「しっかりしているお姉ちゃんですが、中を探ればまだまだ子供なのです。当然電もなのです。暁お姉ちゃんは私達よりも子供っぽいですが、いざというときには一番頼りになるお姉ちゃんなのです。だから、電たちは暁お姉ちゃんが大好きなのです」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 10:37:52.89 ID:pVed8Beg0


提督「…………」

電「雷お姉ちゃんは、普段のお姉ちゃんがどっか遠くに行っちゃったみたいで、寂しかったんだと思います。だからあんなことを口走ってしまったんだと思うのです……電と響お姉ちゃんもやっぱり、本音を言うと寂しいです……」

提督「……あぁ」

電「でも、暁お姉ちゃんは暁お姉ちゃんなのです。だから、雷お姉ちゃんの暁お姉ちゃんを偽物扱いしたあの言葉は、絶対に言ってはいけない事なのです」

提督「…………」 コクリ

電「雷お姉ちゃんも、今ものすごく後悔しているのです。部屋で『なんであんなこと言っちゃったんだろう』って、泣いているのです。響お姉ちゃんが今傍についていますが、中々泣き止まないのです……」

提督「…………」

電「……もう、どうすればいいのか分からないのです……」 ジワァ

提督(……俺は、ダメな提督だな……こんな時に、大切な子達が泣いてるときだっていうのに、咄嗟になんて言えばいいのか分からない……情けないことだよ、本当に……) ギリ

暁「…………」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 10:42:15.89 ID:pVed8Beg0


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



暁「……あれ、ここは?」

暁(真っ白な景色が目の前に広がってる……ここはどこなんだろう? 確か私……司令官に泣きじゃくっちゃって……そのまま……)

暁「うぅ、思い出したらちょっと恥ずかしくなってきたわ……あんな大声出して泣いちゃって……淑女らしくなかったわ///」



?「……えぐ……ぐす……」

暁「……泣き声?」 クル

あかつき「……うぅ……しれーかん……ひびきぃ……ぐす……いかづち……いなづまぁ……どこにいるのぉ……!! えっぐ……ひぐ……」 グスグス

暁「わ、わた……し……?」

あかつき「……え?」

暁「…………」

あかつき「…………」

暁「え、えぇー……」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 10:45:58.93 ID:pVed8Beg0


あかつき「う……」 ジワァ

暁(こ、これは……どういう事なんだろう……後ろを振り向いたら泣きじゃくってる自分がいる……)

あかつき「う、うわああああああああああん! 幻覚まで見えてきたああああああ!! 助けてぇ!! しれーかーーん!!」 ダッダッダッダ

暁「え!? ちょ!!」

あかつき「うわあああん! ――あっ」 ツルン

暁「あっ」


 ゴッチーン!!


あかつき「……うう、いったーい! な、なんなのよぉ……ぐすん」

暁(えっ、えー……突然逃げ始めてすぐに転んだ……自分が転んでる姿ってなんか思った以上に情けないわね……)


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 10:49:09.27 ID:pVed8Beg0


あかつき「うわあああああん! もう、なんなのよぉ!!」

暁「あー…………うん」 トコトコ

あかつき「……え?」

暁「大丈夫? 私は怪しい者じゃないわよ~。ほらほら、痛いんだろうけど、我慢しなきゃだめよ? 頑張って泣き止むの」 ギュー

あかつき「え……? 幻覚じゃ……ないの?」

暁「幻覚だったらこうして触れられないでしょ? だから安心しなさい」

あかつき「……う、うん……」

暁「ほら、泣かない泣かない」

暁「よし、たんこぶはできてないわね。……大丈夫、なんにも怖くはないわ。痛いの痛いの飛んでけー」 ナデナデ

あかつき「な……あ、頭をなでなでしないでよ!/// ……なんなのよあなた……私と同じ姿だし……」

暁「ふふふ、その言葉そっくりそのまま返します」 ナデナデ

あかつき「う、うぅ……やっと一人じゃなくなったと思ったら、自分と同じ姿の人が現れて……なでなでされるなんてぇ……///」 ボソボソ


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 10:52:17.14 ID:pVed8Beg0


暁(……多分、これは夢の中なんだろうなぁ。私はあのまま疲れて寝てしまったんだろう。……それにしても自分をなでなでするなんて普通じゃ体験できない事ね……しかも派手に転んで頭を打つなんて、今朝のデジャブが……)

あかつき「……ねぇ、ここっていったいどこなの? 暁、気が付いたらここにいたの。ずっと歩いてても景色は変わらないし、困っちゃったわ。誰もいないし……すごく怖かった……」 ギュー

暁「……あらあら……ずっと一人だったの? どのくらい?」

あかつき「わかんない……とても長かったわ……寂しかった」

暁「そう……頑張ったのね……大丈夫。今は私がここにいるわ。だから安心しなさい」 ギュー

あかつき「うん……」



あかつき「“一人前のレディー”の暁でも……これにはさすがに堪えたもん……」 ギュー


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 10:56:12.55 ID:pVed8Beg0


暁「っ!? …………よ、よしよし、もう一人じゃないわよ?」 ズキズキ

あかつき「うん……ありがと。……お、お礼はちゃんと言えるし!」

暁(なんでかしら……いきなり、頭が……痛く……!!)

あかつき「あれ……ど、どうしたの? 汗、すごいよ……?」 キョトン

暁「!! な、なんでもないわ……大丈夫大丈夫……」 フリフリ

暁(なんでこんなに……頭が痛いの……?) ズキ……ズキ

あかつき「あ、頭が痛いの? ほ、ほら……いたいのいたいのとんでけー!」 ナデナデ

暁「……ふふ、あ……ありがとう、ね……」 ズキズキ

あかつき「う、うん……だ、大丈夫よっ! ここには“一人前のレディー”である私がいるわ! 安心して!」 エッヘン!

暁「ぐっ!! う、うわあああああ!!」

あかつき「ちょ、だ……大丈夫!?」 アセアセ

暁「痛い……頭が、いたい……!!」 ズキンズキン

あかつき「あわわわわわ」

暁(一人前のレディー? 一人前のレディー? ……“一人前のレディー”?) 


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 10:59:42.63 ID:pVed8Beg0


――――――――――――――――――――――――

提督『俺の“知ってる”暁が!』

響『こんなにも』

雷『“レディー”っぽい!』

電『わけがない! なのです』

金剛『オーウ!? ではあなたは本当に“あの暁”なのデスか!? 信じられないデース……』

響『あかつ……いや、姉さん!! 明日は休暇を貰おう! “今の”君はおかしすぎるよ!! いいよね司令官!?』

如月『みんなで手分けして、暁ちゃんが“元に”戻るための方法を探すわよ!』

雷『頭を打ってからの暁姉は本当に変よ。全くの“別人”みたいじゃない……“今の”暁姉は、私の“知ってる”暁姉じゃないわ!』

雷「――“偽物”!!」

――――――――――――――――――――――――

暁(知ってる? レディー? あの暁? 今の? 元に? 別人? 偽物? なんで今になってまたみんなから言われたことが頭に引っかかるの? 皆何を言っているの? あの暁って何? 私は最初から、元から今のままでしょ? ……頭がいたい。いたいいたいいたい! 頭が痛い!!)

暁「私は……暁……暁型四姉妹の長女……そうよ、そのはずよ! 私は何もおかしくない変じゃない……なのに、なんでみんなは私を変って言うの? 私は何も変じゃない!」


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:03:27.84 ID:pVed8Beg0


あかつき「お、落ち着いて! どうしたのよいったい!」

暁(私は私。暁。司令官のために、皆のために平和のためを思って、深海棲艦と戦っている、艦娘。“淑女”として、日々を過ごしていた。それが私。そう、そのはずよ。何もおかしい所はないわ。響が大好き。雷が大好き。電が大好き。司令官が大好き。天龍が大好き。皆が大好き。――ほらおかしい所は何もない。記憶もちゃんとある。……でもみんなは今日の私を変だと言ってきた。何もおかしくないじゃない! そうよ、変なのはみん――)

あかつき「も、もう!」


 ギュー


暁「――え?」

あかつき「ほ、ほら、落ち着きなさい! 大丈夫よ! ここには暁がいるじゃない! ……さっきあなたがしてくれたギューよ! さっきは暁がしてもらったから……お、お返しっ!」 ギュー

暁「……うん」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:07:36.60 ID:pVed8Beg0


暁(頭の痛みが、治まった……それになんか)

暁「……安心する」

あかつき「そうでしょ? さっき、暁もされて安心したもの。だからお返しよ。今ここには二人しかいないんだから、“一人前のレディー”である暁に頼ってもいいのよっ!」

暁「……あなたは、“一人前のレディー”なの?」

あかつき「うっ、スルーじゃなくて直球……そ、そうよ! 暁は一人前のレディーよ! どう考えたって、暁はレディーなんだからっ! ――で、でも……さっき……その、泣い……な、泣いてた暁を安心させてくれたあなたも一人前のレディーだったわ! ……いや、暁が考えてる“一人前のレディーの理想形”と言ってもいいわ! ま、まぁ暁の方が上だけどね!」

暁「……ふふふ、矛盾してるじゃない」

あかつき「へ? む、むじゅん? ……どっかで聞いたことあるけど……意味が分からな……とりあえず暁がどう考えたって一番って事よ!」

暁「はいはい、それでいいわよー」

あかつき「な、なによその態度! さっきまで苦しそうにしてたくせに!」

暁「苦しかったけど、あなたのおかげでもう平気になったの。ありがとう」 ニッコリ

あかつき「……えへへ……エッヘン!」

暁(……そっか……そうだったのか。全部分かった)



暁「私は……この子だったのか……」 ボソ


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:13:35.80 ID:pVed8Beg0


あかつき「へ? 何か言った?」

暁「なんでもなーい。もうちょっとこうしてたいなぁって言っただけよ」 ギュー

あかつき「そ、そう……そういう事なら仕方ないわ! もう少しだけこうしててあげるわ!」 ギュー

暁「ふふ、ありがとう」

暁(私は、この子の理想の存在なんだ)

――――――――――――――――――――――――

暁『うううううう!! みんなごめん! “一人前のレディー”としたことが……って、わわっ!』

――――――――――――――――――――――――

暁(転ぶ直前にこんな事を言っていたのに。ましてやそれを覚えていたのに……なんで自分が変だって気が付かなかったんだろ。私は自身を“淑女”として考えているのに、言った言葉は『“一人前のレディー”としたことが』だった。“今の”私だったら、『淑女として恥ずべきことをしちゃった』とこの時点で言うわ。
 ……一人前のレディーを目指しているこの子は、あの時転んで強く頭を打ってしまったことで、気絶して眠ってしまった。そして、そのショックからか、“暁が目指している理想の自分”である“一人前のレディー”が別人格として生まれちゃったんだ。それが私だ。そして、表に出てしまった。
……私が表に出ていたから、暁はずっと眠りから覚めることができなくて、この夢の世界から出られなかったんだ)


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:15:53.90 ID:pVed8Beg0


あかつき「も、もう……まだギューが足りないの? そろそろちょっと熱くなってきた……」

暁「えー、この熱さがいいんじゃない。人のぬくもりって、いつまでも感じていたいものなのよ? でもまぁそろそろ離れるわね。本当にありがとう。あなたは優しいのね」

あかつき「当然よ! ……でも、あなたはいったい何者なの?」

暁「ん? 私? 私はね……一人前のレディーよ!」

あかつき「え!? 暁の方が一人前のレディーよ!」

暁「じゃあ一人前の淑女で構わないわ」

あかつき「へ? しゅくじょ……? ま、まぁそれなら暁の方が上って事ね!」

暁「……あー、うん。それでいいわもう」

あかつき「当然よね!」

暁「じゃあ、一人前のレディーであるあなたに伝えるわね」

あかつき「ん?」

暁「今、あなたの妹達や司令官、そして他のみんながあなたを心配していて、帰りを待っているの」

あかつき「え!? ほ、ホント!? どうしよ……だったら早く帰らないきゃ……でも、どうすれば……」

暁「簡単よ。私が教えてあげるわ」

あかつき「本当に!?」

暁「うん。……でも、少し待っててもらえる? ちょっと、挨拶しなきゃいけない人がいるの」

あかつき「別にかまわないわ! 待ってるわね!」

暁「……うん。ありがとう……行ってくるわね」

あかつき「はーい! 行ってらっしゃい!」

暁「……行ってきます」 スゥゥゥゥゥ……――

あかつき「……!? 消えた!?」 キョロキョロ


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:21:06.26 ID:pVed8Beg0


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

電「……もう、どうすればいいのか分からないのです……」 ジワァ

提督「…………」 ギリ

暁「…………」

暁(――戻って来れたみたい。……けど、時間が無いわ。早く暁に……返してあげなきゃ)

暁「司令官」

提督「!! 暁……起こしてしまったか……」

電「あ、暁……お姉ちゃん」

暁「いえ、今起きたばかりです」

提督「そ、そうか……暁……今日は本当にすま――」

暁「謝らないでください……もう全部……分かりましたから」

提督「え?」

暁「電。ごめんね……でも大丈夫。“暁”はすぐに帰ってくるわ。だから泣き止んで。可愛い顔が台無しよ?」

電「……え? ……うん」

暁「ちょっと、司令官とお話しさせて。――司令官」

提督「あ、あぁ……どうした?」

暁「今日一日、とても楽しかったです」 ニコ


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:26:47.69 ID:pVed8Beg0


暁(今日秘書官になれて、よかった。……しばらく私はこの人と会えないだろうから。……いや、可能性としては二度と会えないかも。それは無いと信じたいな)

暁「この子は……“暁”はとてもいい子です。自分で言うのはなんか恥ずかしいですけど、一生懸命やっています。立派な、一人前のレディーになるために、毎日頑張っています。……今は自分の事で精一杯ですけれど、きっと立派な淑女になります!」

提督「…………」

暁「司令官からごちそうになったお子様ランチは、どんな食べ物よりも大好きです。あなたと食べるご飯が、一番おいしいんです。それは“今の暁”でも変わりません! あと、構ってもらえないと、そわそわしちゃうのは恥ずかしいからです。何も話さない静かな空間に二人きりって……結構緊張するんですよ? だから、暁やみんなをあまり放置しないでくださいね?」

提督「……なんで今そんなこと言うんだ?」

暁「……今言わなければ、当分言えないからです。ふふ、“暁”は素直じゃないから」

提督「暁……! もしかして君は」

暁「……司令官、ありがとうございました。……電! ……さようなら。“またいつか会いましょう”」

電「お、お姉ちゃん!」
提督「暁!」

暁「……おやすみなさい……」


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:30:17.69 ID:pVed8Beg0


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



あかつき「う、うぅ……やっぱり一人ってさみしいし……こわいよぉ」

暁「……ただいま」

あかつき「わ、わぁ!! いきなり後ろから声かけないでよ……って、いつ帰って来てたの!?」

暁「今さっきよー。驚かせてごめんね? それに一人で寂しかったでしょ?」

あかつき「さ、寂しくなんかないわ! 暁はお留守番くらいできるもんっ! で、もうみんなの所に帰れるの?」

暁「ええ、帰れるわよ」

あかつき「どうやって?」

暁「起きればいいのよ」

あかつき「暁はもう起きてるじゃない! からかわないでよ!」

暁「からかってなんかいないわよ。……実はと言うと、ここは夢の世界なのよ」

あかつき「……え?」

暁「あなたは今、眠っているの。今朝、思い切り滑って転んで頭を打ったでしょ?」

あかつき「う、うん……確かそんなことあった……気がする。そして気が付いたらここにいたの」

暁「あの転んだショックであなたは気絶してしまっていたのよ。今は司令室のソファーで眠っているわ」

あかつき「え、えー!! ……そうだったんだ……かっこわるいわ」

暁「そうなのよ。そして多分、表で司令官と電があなたを必死に起こそうとしてるからもうじき自然と帰れるわよ」

あかつき「……? ま、まぁよくわからないけど、もう帰れるって事ね!」

暁「ふふ、そうよ。……夢は終わるものだからね」

あかつき「てことはあなたもここから出られるって事よね?」


暁「……いや、それは無理なのよ。……それに多分、私とあなたはもう二度と会う事はないわ」


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:32:08.44 ID:pVed8Beg0


あかつき「……え? ……な、なんで……?」

暁「まぁ簡単に言うと、一人しかここから出られないのよ。そして優先されるのはあなたよ。だから私はここから出られないわ」

あかつき「そ、そんなの嫌よ! だってそしたらあなた一人になっちゃうじゃない! 暁はあなたに泣いてるところを……一人だった時に助けてもらったわ! そのお礼も何もできていないもんっ! だから一緒にここから出ましょうよ!」

暁「なんでそんなに必死になるの? 私とあなたはまだ出会ってあまり時間は経っていないのに……それにお礼なら、さっきあなたからギューってしてもらったので満足しているわ。だから平気よ」 ニコ

あかつき「だってここ何もないのよ!? いくら歩いてもずっとこの白い景色が続いてるだけなのよ!? 暁が……一人前のレディーが泣いちゃうくらい寂しい場所なのよ!? そんなところにあなただけ置いて行けるわけないじゃない!!」

暁「……ドアが一つしかなくて、そのドアを誰かが通ったら二度と通れなくなるようなものなの。……だから、片方しか出られないのよ」

あかつき「嫌よ!! そんなの嫌だ!!」

暁「じゃあ、ずっとここにいるの?」

あかつき「うっ……それも嫌だけど、あなたを一人だけにしていくのも同じくらい嫌なの!!」

暁「……あなたは優しい子だね……」


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:35:29.90 ID:pVed8Beg0


あかつき「ねぇ、一緒に出る方法を考えましょうよ! 絶対にあるから! 一人前のレディーがこう言うんだから、信用しなさいよっ!」 スゥゥ

暁(……この子の身体が、少しずつ消えかかってる……もうあまり時間がないんだわ)

暁「……あなたの事は誰よりも信頼しているわ。……“自分”が一番信じられるもの……だから、お願いがあるの。帰ったらやってほしいことがあるのよ」

あかつき「何言ってるか全然わかんないわ! それに、そんなのあなたが帰ってやればいいじゃない!」

暁「……もう。だから私は帰れないって言ってるじゃない……何回言わせるのよ……」

あかつき「…………だって、だってぇ……!!」

暁「……暁」

 ギュー

暁「あなたにしか頼めないの……ね? あなた、一人前のレディーなんでしょ? だったら、我慢することも大切よ?」 ギュー

あかつき「…………うん」 コクリ


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:38:42.30 ID:pVed8Beg0


暁「……いい子。……あのね、実は私、あなたが眠っている間、あなたの身体で雷と喧嘩しちゃったのよ……あの子、多分私に言ったことを後悔して泣いていると思うんだ。雷だけじゃない。みんな悲しんでいるわ。だから、あなたが慰めてあげて。抱きしめてあげて。そして……『暁はここにいるよ』って言ってあげて。響にも、電にも。……お願いね?」

あかつき「…………暁はここにいるよ?」

暁「うん。そう」

あかつき「……わかったわ。一人前のレディーに任せて」

暁「ふふ……ありがとう」

あかつき「……ど、どうしても、暁しか帰れないの?」

暁「うん。……もしかしたら同じ夢を見ればまた会えるかも知れないけれど……そっくりそのままの、まったく同じ夢を見るなんて、確率が相当低いわ」

あかつき「…………」 ギュー

暁「……あらあら、甘えん坊さんね」

あかつき「人の温もりってのはいつまでも感じていたいものなんでしょ? 暁もそれなだけだもんっ」 ギュー

暁「……そっか」

あかつき「そうよ」


53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:44:00.21 ID:pVed8Beg0


暁「……ねぇ暁」

あかつき「……なに?」

暁「あなたはなんで一人前のレディーを目指してるの? あ、『もう一人前のレディーだし!』って返しは無しね」

あかつき「っぐ……先に言われた。……暁は響達の一番のお姉ちゃんだから、しっかりしてなきゃだめだもんっ。だから妹たちにとって恥ずかしくないお姉ちゃんになるために、かっこいいレディーを目指しているの!」

暁「……そっか」

あかつき「うんっ!」

暁(……私が淑女……一人前のレディーであり続けている理由と同じ……)

暁「あなたの目指す一人前のレディーは、誰にでも優しくて、素直でおしとやかで、上品で……妹たちにとって一番のお姉ちゃんなんでしょ?」

あかつき「え……な、なんでそこまで詳しく分かるのよっ!」

暁「ふふふ、ヒミツでーす。レディーは時にミステリアスであることも大切なのよぉ~。……大丈夫。絶対あなたならわた…………一人前のレディーになれるわ……私が証明します」 ギュー

あかつき「……うん、ありがと……」








あかつき「……ほら、もう起きる時間よ。あなたが今の本当の暁よ……夢はおしまい。ここから先は私じゃなくてあなたの、暁自身の物語に戻るわ……行ってらっしゃい。……暁」

暁「……最後までよくわからない人だわ。……行ってきます。あなたを置いていくのはやっぱ嫌だけど、ちゃんと我慢できるし。一人前のレディーだもん……ありがと。お礼はちゃんとい――」 スゥゥゥゥゥ……――


54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:46:51.82 ID:pVed8Beg0



あかつき「…………行っちゃったかぁ」


あかつき「……静かねぇ」

 スゥゥゥゥ……

あかつき「……そうか。夢が終わるって事は、ここは消えるのね。……夢って案外起きると忘れちゃうものだもんね……」


あかつき「……私はどうなるのかしらぁ」

 スゥゥゥゥゥゥ……――

あかつき「一人前のレディーを目指すの……諦めちゃ……ダメだからね……」 スゥゥゥゥゥ……――


55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:48:28.24 ID:pVed8Beg0


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

暁「すぅ……すぅ……」

提督「おい! 暁……!」
電「お姉ちゃん! お願いなのです……目を開けてぇ!」

暁(う、うーん……なんかうるさいなぁ……)

提督「あかつきいいいいいい!!」
電「おねーーーちゃーーーん!!」

暁「もう!! 何よぉうるさいわねぇ!!」

提督「」
電「」

暁「……あ、あれ? ここは……司令室? ……も、もしかして遅刻ぅ!?」 アタフタアタフタ

提督「あ、暁?」

暁「な、なによぉ!! あれ? もう十二時近くじゃない! 暁、こんな時間まで寝ちゃってたの!? ……もう! しれーかんのばかばかばかぁ! なんで起こしてくれないのよぉ! しれーかーん!」

提督「お、落ち着け暁。今は夜の十二時だ! お昼じゃない! ……というかお前お子様に戻って……」

暁「なっ! お、お子様言うな! 司令官はすぐにそ――」

電「暁お姉ちゃん!!」


56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:50:13.21 ID:pVed8Beg0


 ギュー

暁「え?」

電「うっぐ、よがっだのでずぅ……お姉ちゃん、最後の言葉みたいなこと言ってたから二度と起きないのかと心配したのです! ……あと今日変って言ってごめんなざいなのですううう!!」 ブワ

暁「ちょ、電!? な、なんでそんなに泣いてるのよ! ……変って言って? な、なんのことなの!? 最後の……言葉……?」


『……いや、それは無理なのよ。……それに多分、私とあなたはもう二度と会う事はないわ』


暁「……あれ?」


57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:51:27.70 ID:pVed8Beg0



『あなたにしか頼めないの……ね? あなた、一人前のレディーなんでしょ? だったら、我慢することも大切よ?』

『……あのね、実は私、あなたが眠っている間、あなたの身体で雷と喧嘩しちゃったのよ……あの子、多分私に言ったことを後悔して泣いていると思うんだ。雷だけじゃない。みんな悲しんでいるわ。だから、あなたが慰めてあげて。抱きしめてあげて』


暁「……?」


『そして……――――って言ってあげて。響にも、電にも。……お願いね?』

『……わかったわ。一人前のレディーに任せて』


暁「……電」

電「……なのです?」

 ギュー


暁「暁はここにいるよ」
暁『暁はここにいるよ』



58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:53:48.44 ID:pVed8Beg0


電「……え?」

暁「暁は……ここにいる。どこにも行かないわ。妹たちを残して、最後の言葉なんて言うわけないじゃない! 暁は一人前のレディーなのよ? そんな暁の妹が簡単に泣いちゃダメよっ! 暁はここにいるんだからっ」

電「!! …………はい。……はいなのです!」

暁「いい子ね! さっすが暁の自慢の妹だわ! ……そして司令官?」 ナデナデ

提督「な、なんだ?」

暁「雷たちがどこにいるか分かるかしら?」

提督「雷たちだったら暁たちの部屋にいると思うが」

暁「ありがと! わかったわ! ちょっと行ってくる」 バッ タッタッタッタ

提督「え、ちょ……暁!?」

電「行ってらっしゃいなのですー!」

提督「いや、俺らも追うから!」


60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:55:16.63 ID:pVed8Beg0


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


雷「えっぐ……ひぐ……わたし……わたしぃ……!!」 グスグス

響「……雷。暁なら大丈夫だよ。もう気にしていないはずさ……姉さんの優しさは君も知っているだろう? だから大丈夫だって」 ヨシヨシ

雷「でも、でも! まだ帰ってこないじゃない……!! きっと……きっと私と会うのが嫌になっちゃったんだわ! ……私が……あんなこと言っちゃったから!」

響「……それは……」

 ッタッタッタッタッタッタ

響「?」

暁「雷!! 響!!」 バーン

雷「」
響「」

暁「はぁ……はぁ……つ、疲れ……てない! ――雷!」

雷「あ……あ、暁……お姉ちゃん……」

響「ね、姉さん……もう、今までどこに」

暁「ええーい!! ごちゃごちゃ言わない!! ……二人まとめてぇ……えい!」

 ギュー

響「!?!?!?!?!?//////」

雷「お、お姉ちゃん……?」


62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:57:16.97 ID:pVed8Beg0



暁「暁はここにいるよ!」


雷「え?」

響「……あ」

暁「もう! なんであなたも電もこんなに泣いてるのよ! そんなんじゃダメじゃないっ! ……も、もしかして怖い夢でおばけでも見たの? そ、そそそそそそれなら……暁が守ってあげるわ! お姉ちゃんに任せなさい! 頼りになる暁ならここにいるんだからっ!!」 ギュー

響「……姉さん、もしかして元にもどったのかい……?」

暁「……もう、何言ってるのよ! 元に戻るも何も、暁はここにいるって言ってるじゃない!」

雷「暁お姉ちゃん……う、うう……うわあああああん! ごめんなさい! ごめんなさいいいいい!!」 ギュー

暁「ええ!? ちょ!? どーしたのよ!」

響「……姉さんのバカ……どれだけ心配したと……うぐ……う、うわあああああん! うわああああああん!!」 ギュー

暁「ちょ、響まで……も、もう……泣き虫な妹たちばかりで、困っちゃうわ!」 ギュー


電「一件落着……なのです?」

提督「……かもな」

電「……お姉ちゃんたちばっかりずるいのです! 電も混ざるのです!」 タッタッタッタ

暁「え、ちょ……さすがに三人に抱きしめられるのは……え、えーい! ままよぉ!」


 ドタバタドタバタ


提督「ははは……ほどほどにするんだぞ……」


63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 11:58:20.87 ID:pVed8Beg0


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 〈次の日〉

天龍「……」

暁「……な、なによ天龍! また暁の事をちんちくりんって呼ぶつもり!?」

天龍「……」 ナデナデ

暁「なっ! 頭をなでなでしないでっていつも言ってるでしょ!? ……ば、バカ///」

天龍「あ、あかつきいいいいいい!!」 バッ

暁「にゃああああああ!! い、いきなり抱きつくなぁ!!///」

天龍「うおおおおおお!! はっはっはっは!! やっぱ暁はこうでなくちゃなぁ!! 可愛い……これでこそ暁だぁああ!!」 ギュー

暁「かわ……!!/// う、うぅ……は、離してよぉおおお!! 天龍のバカぁ!」

龍田「あらあら~今日の天龍ちゃんはデレデレねぇ~」

金剛「HAHAHA! ラブラブネー!」


64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 12:01:26.32 ID:pVed8Beg0



響「……すっかり元に戻ったね、暁」

提督「そうだな」

提督(暁は、すっかり元のお子さ……いつも通りの暁に戻っていた。本人に聞いたところ、転んで頭を打った後のことは全然覚えていないらしい)

電「ふふ、天龍さん昨日は雷ちゃんの事ですごく怒っていたみたいですが、多分忘れているのです。良かったですね雷お姉ちゃん」

雷「うう……いや、そんなんじゃダメよ! ちゃんとお叱りは受けなきゃ! ……司令官、昨日はごめんなさい! ……行ってきます!」 タッタッタッタ


雷「て、天龍!」

天龍「おお! どうした雷。お前ももしかして暁と遊びてぇのか? ふふふ、残念だったなぁ~。今日はオレが暁を独り占めだ!」

暁「い、いかづちいいいい!! 助けてええええ!! 食べられるうううう!!」

雷「ええ!? 違うわよ! 私昨日の事で天龍に……」

天龍「はぁ? 昨日何かあったか? ……まぁいいじゃねぇか。……仕方ねぇからおめぇも一緒に遊びに行くぞおらぁ!」

雷「え、ええええええ!?」

龍田「あらあら~」


65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 12:05:28.15 ID:pVed8Beg0


電「……天龍さん、嘘が下手なのです」

提督「ま、あいつは面倒見良いからな。多分あの後何か察したんだろう」

響「ハラショー」

提督(昨日の暁が何だったのかは、なんとなくでしか分からない。正直全部は分からないんだ。あの立派だった暁がどこに行ったのかも……分からない。でも、これだけはちゃんと分かる)

提督「まぁ、暁はみんなから愛されているって事だな」

響「唐突だね司令官。……でもまぁ、納得だ」



如月「ちょっとぉ~天龍さーん。暁ちゃんを如月たちにも貸してくださいよぉ~。もう、独占は良くないわ」

暁「人をレンタル品みたいに言わないでよっ!」

天龍「おう! まぁそれもそうだな。よっしゃ、今日はみんなで遊ぶぞ!」

長門「……まぁ、暁が元に戻ったことだしな。今日くらいは羽を伸ばそう」

加賀「やりました」 グッ
赤城「やったわ!」 グッ

伊59「やった! 今日はオフでちね!?」

長門「……すまない。世の中には休日出勤というものがあってだな」

伊59「う、うわああああああああああああ!!」 オリョクルー


66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 12:08:52.73 ID:pVed8Beg0

※申し訳ないです。名前間違っていたのでまた訂正。


電「……天龍さん、嘘が下手なのです」

提督「ま、あいつは面倒見良いからな。多分あの後何か察したんだろう」

響「ハラショー」

提督(昨日の暁が何だったのかは、なんとなくでしか分からない。正直全部は分からないんだ。あの立派だった暁がどこに行ったのかも……分からない。でも、これだけはちゃんと分かる)

提督「まぁ、暁はみんなから愛されているって事だな」

響「唐突だね司令官。……まぁ、でも納得だ」


如月「ちょっとぉ~天龍さーん。暁ちゃんを如月たちにも貸してくださいよぉ~。もう、独占は良くないわ」

暁「人をレンタル品みたいに言わないでよっ!」

天龍「おう! まぁそれもそうだな。よっしゃ、今日はみんなで遊ぶぞ!」

長門「……まぁ、暁が元に戻ったことだしな。今日くらいは羽を伸ばそう」

加賀「やりました」 グッ
赤城「やったわ!」 グッ

伊58「やった! 今日はオフでちね!?」

長門「……すまない。世の中には休日出勤というものがあってだな」

伊58「う、うわああああああああああああ!!」 オリョクルー


67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 12:10:35.66 ID:pVed8Beg0


提督(……暁は昨日、あの後にこんなことを俺に言いに来た)

――――――――――――――――――――――――

暁『司令官……暁ね、あんまりよく覚えてないんだけど……とっても怖い夢を見たの』

暁『ずっと一人で、周りに誰もいなくて……すごく寂しかった。怖かった』

暁『な、泣いてなんかいないんだけど! ……ずっと一人だった時に、急に暁を慰めてくれる人が現れたの!』

暁『その人が抱きしめてくれて、暁のそばにいてくれたの……それだけで怖くなくなっちゃって……すごく安心したわ』

暁『まぁ、なんだかちょっと一瞬困った時があったかのような記憶があるけど……曖昧だわ。でも、とても優しかったわ! 暁もあんな風に優しくなりたいなって思えるくらい! まぁ、暁の方が一人前のレディーだけどねっ! ……な、何笑ってんのよ!! しれーかんのバカ!』

暁『……さっき妹たちに言った言葉は……自然と頭に浮かんだの。言わなくちゃって思ったの。……一人前のレディーとして、ね』 ニッコリ

――――――――――――――――――――――――


68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 12:15:47.39 ID:pVed8Beg0


北上「このこのー。心配かけさせてこの駆逐艦めー」

暁「ほっぺたぷにぷにしないでよ!」

大井「……(いいなぁ)」 ジー

暁「ひ、ひぃ! ごめんなさい大井!」

大井「え!? なんで!?」


 ざわざわざわざわ


提督「ははは。お前らほどほどにしてやれよ」

暁「いや! ここは上官として止めるべきでしょ!」

提督「みんな暁の事が好きなんだ。今日くらいは我慢して、いっぱい愛でてもらっとけ。……お子様お姉ちゃん」

響「そうだよ」
雷「その通りよ!」
電「なのです!」

暁「むむむむむー……またお子様ってぇ……!!」


提督(……昨日現れた一人前のレディーへ。……暁は君の意思をちゃんと継いでいるさ。俺がちゃんと見届けるから、安心してくれ。――いつか君をまた見れるように、見守るよ)


暁「……“私”は一人前のレディーなんだからっ! 子ども扱いしないでよ!! プンスカ!」


                                      おしまい。


72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 12:18:27.09 ID:pVed8Beg0

以上でおしまいとなります。気が付けばお昼です……。
朝から連投しましたが、お付き合いいただきありがとうございました。

色々とおかしな部分があるかもしれませんが、少しでも多くの方に楽しめていただけたら嬉しいです。
では、失礼いたしました。


73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお迭りします 2015/02/12(木) 12:22:40.30 ID:r2IOu+GMO

乙、良い話だなー


74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 12:32:08.53 ID:sMuM67MgO

ただドタバタする話かと思って気楽に読んでたらなぜか涙が


75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 13:08:41.69 ID:hhK8NQY00

完成度高いなオイ。


76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 13:14:21.62 ID:68QE5F71o

( ;∀;) イイハナシダナー


77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 13:50:23.07 ID:8wT//YTX0

なんてこったギャグスレかと思っていたけどここはシリアススレだったのか

乙でち。いい話でした
やっぱり暁はレディだな!


78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 17:06:27.36 ID:7ypNr/GEO

おつー

泣いたは


79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 18:14:09.21 ID:h/tsgS2qO

おつおつ
また1つお気に入りの短編ssが出来たわ


80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 20:22:40.11 ID:m50fg0wj0


俺が求めていた暁の完成形を見た気がする


81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 21:52:33.62 ID:E0rbQL89o


とても良い物を見た


82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 23:16:01.38 ID:Ld5bp7mSo

乙乙
凄く良かった
ちょっとだけもう一人の暁が可哀想な……


83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/13(金) 03:37:23.04 ID:kboj6zvto

きっと未来の暁なんだよ




掲載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423697655/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (104)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2022)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (109)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク