FC2ブログ

俺「μ'sのメンバーがみんな俺のことを愛してるだってぇ!?」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 21:20:48.26

海未ちゃん「こんなにも殿方を好きになったのはあなたが初めてです。だ、だから!」

俺「(海未ちゃん…)」

海未「私と、お付き合いしていただけませんか?」

俺「う、海未ちゃん…」ゴクリ

俺「お、俺は…」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 21:23:50.62

俺「俺は…誰か一人を選ぶことなんて…出来な」



とっさに俺に身を寄せる海未ちゃん



海未「…」ジッ



上目遣いで俺の目を見つめる海未ちゃん



俺「出来な…」



海未「俺さん…穂乃果やことりたちじゃなくて、私だけを見てください」



俺「…くっ」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 21:25:57.02

俺「俺は…海未ちゃんのことが…好きだ」



海未ちゃん「…はい」



少し明るい表情を見せる海未ちゃん



俺「少し、時間をくれ」



海未ちゃん「………わかりました」



俺「すまん」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 21:29:42.04

義之「じゃあ帰ろっか」



海未ちゃん「すみません、これから弓道部のほうに行きます」



義之「そっか。待とうか?」



海未ちゃん「いえ、待たせるのも悪いので…」



義之「ああ、分かった。じゃあまた明日」



海未ちゃん「はい。それではまた明日もコーチよろしくお願いしますね」



義之「うん」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 21:32:36.07

義之「コンビニにでもよって帰るか…」



穂乃果「あ、コーチ!今帰り?」



義之「おお穂乃果。うん、そうだよ」



穂乃果「じゃあ、一緒にかえろっ♪」



義之「いいけど、コンビニ寄ってもいい?」



穂乃果「コンビニ行くの!?いいよ!行こう行こう!」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 21:36:02.95

コンビニ



義之「そんなに買うのか?」



穂乃果「あたしねーいっつも和菓子だからやっぱりこういうときになんか食べておきたくてねー。あ、肉まんください」



店員さん「はーい」



義之「すみません、これも一緒にお願いします」



俺の買い物もレジに出す俺



穂乃果「え?」



義之「俺が払うよ」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 21:38:41.84

穂乃果「そんな、悪いよぉ~」



義之「気にするなって」



穂乃果「でも…」



義之「じゃあこうしよう、μ'sがアイドルとして全国的に成長した時に出世払いするってことで」



穂乃果「なるほど…分かった!穂乃果お返しできるように頑張るね!」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 21:42:16.30

コンビニを出る俺たち



義之「送るよ」



穂乃果「いや、いいよいいよ!こんなにしてもらって悪いよ!」



義之「でもこの時間のここから穂乃果の家までの道は人通りが少なすぎる」



義之「お前はアイドルなんだ!コーチである俺が守る義務がある!」ドン



穂乃果「うん…」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 21:49:00.97

道を歩く俺たち



穂乃果「ねえ…」



義之「なんだ?」ゴクゴク



穂乃果「ダーーリン♪」ギュッ



義之「っ!」ブホォッ!



穂乃果「穂乃果、今度から二人っきりの時は義之くんのことダーリンって呼ぶね!」



義之「えぇ!?」



穂乃果「やっぱり穂乃果のダーリンは義之くんしかいない!ね、ダーリン♪」



義之「ハハハ、そっか!それは光栄だなぁ~。ほら、もう家につくぞ」



穂乃果「え~もう家についちゃったのぉ?もっとダーリンと二人でいたいのに~」



義之「まあまた明日会えるだろ?じゃあな」



穂乃果「う~、バイバイ、ダーリン」



義之「ちゃんと自主練しておくんだぞー」



かっこ良く背を向け帰る俺

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 21:56:47.45

翌日 屋上



義之「お疲れ様~」ガチャ



にこにー「あ、コーチィ、ごくろうさまですぅ~」



義之「珍しいな、にこが一番か」



にこにー「まあ~?にこはトップアイドルめざしてるしぃ?当たり前っていうか~?」



義之「その心意気や良し。この調子で頑張ってくれよ」ニコ



にこにー「………はーい(コーチと二人っきり…)」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 22:01:48.61

義之「1,2,3,4、1,2,3,4」パンパンパンパン



にこにー「………(コーチのあの笑顔、いつ見てもにこの心をおかしくしちゃう)」



義之「どうした?動きが鈍くなってるぞ?」パンパンパンパン



にこにー「…え、あ、はい!」



注意に気づき必死に動くにこちゃん



にこにー「(もう、二人っきりじゃ集中して練習できないわよ~;)」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 22:05:13.28

義之「にこ、少し休もう」



にこ「は、はい」



義之「他のメンバーもいないしちょうどいいや、少し話をしようか」



にこ「話…?(なにこれ?どういうこと?………まさか告白ぅ?ダメダメダメダメ!にこはみんなのアイドルでこんな男のことなんてこれっぽっちも…)



義之「あのな、にこ?」



にこにー「はいぃ!」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 22:13:39.45

義之「君はアイドルだ。そうやって媚を売るような言動は構わない」



にこにー「………(なんだ…そんなことか………)」



義之「でもな、にこ」



義之「いつでも笑顔で居ることが一番大事じゃないのかい?」



にこにー「えっ?」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 22:16:46.20

義之「君は最近ダンスや歌の練習に必死になりすぎて笑ってなかったんじゃないのか」



義之「第一、にこは媚なんか売らなくても可愛いぞ」



にこ「へっ!?そ、そんな………そんなこと、わかってるわよぅ…」



義之「そっか、よし、じゃあ笑顔忘れずに頑張れよ」ニコ



にこ「(~~~~~~~っ、こ、この男はぁ~~~~~~~っ!?)」



にこ「に、にこは…」



義之「ん?」



にこ「にこは、もうみんなのアイドルをやめる…」



義之「えええ!?(やばい、なんか言いすぎてしまったか!?)」



にこ「これからのにこはアンタだけのアイドルになるわ!覚えておきなさい!」



義之「うぇえええっ!?」



にこ「じゃあわたし、今日はちょっと帰るから」ガチャ



にこちゃんは顔を真っ赤にして去っていった

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 22:22:40.87

みんな「ワイワイガヤガヤ」



しばらくしてみんなが集まった



海未ちゃん「今日もよろしくお願いします」



義之「あ、ああ、こちらこそよろしくな」



ああ、海未ちゃん…

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 22:28:06.23

穂乃果「こんにちはー!ダーリn…じゃなかった…コーチ!」



義之「お、おう、ちゃんと自主練してきたか?」



穂乃果「ばっちし!みてこのステップ!」タンタンタタン



義之「おお、完璧じゃないか!」



穂乃果「えへへ~」



穂乃果ぁ…



そしてにこちゃん…俺は一体どうしたら…

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 22:37:40.49

義之「ハイ、ハイ、ハイ、ハイ!」パンパンパンパン



義之「おい星空ぁっ!ズレてんぞぉ!」



凛「ご、ごめんにゃ~」



義之「花陽!ごはんはまだだぞ!」



花陽「ご、ごめんなさい~」



義之「希!パワー注入頼む!」



希「はああああああああぁ!」



ああ、6人ものメンバーが俺に落ちていく…

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 22:47:57.90

義之「よーし、きょうの練習は終わりーお疲れ様ー」



俺のエリー「ふぅ、疲れたわね」



海未ちゃん「はいどうぞ、絵里」



俺のエリー「ありがと。んん…」ゴクゴク



俺のエリー「ぷはぁっ!はあ~生きかえるぅ~………ねえ海未、ちょっと聞いてもいい?」



海未ちゃん「なんですか?」



俺のエリー「大きな声で言えないから耳貸して」



海未ちゃん「はあ…」



俺のエリー「コーチのこと、どう思う?」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 22:57:37.16

海未ちゃん「こ、コーチですか?………ちょっと素敵な殿方だと認識していますが…」



俺のエリー「やっぱりそう!?なんだか最近いつも海未の視線がコーチに向かってる気がしたからな~」



海未ちゃん「そ、それはあくまでもコーチとしてです!それ以上のきもちはありません!」



俺のエリー「ほんとにぃ~?」



海未ちゃん「ほ、ほ、ほんと………じゃ…ないです」



俺のエリー「え!?」



海未ちゃん「…」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 23:04:13.76

義之「絵里ー、今後の計画話すから来てくれー」



俺のエリー「は、はーい!ごめん、海未…」タタタ





校舎内俺の部屋



義之「それで、この日にこのイベントがあるから…こうこうこれこれして…」



俺のエリー「(まさか海未もコーチのことが好きだったなんて…)」



義之「以上だけど、質問ある?」



俺のエリー「あ、あの!…コーチには、恋人とかいらっしゃるのですか?」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 23:10:30.22

義之「いや~、恥ずかしながら生まれてこの方彼女なんて出来たことがないんだよなぁ。ははは」



頭を掻きながら話す俺



俺のエリー「こ、これは失礼しましたっ」



義之「気にしなくていいよ、俺も気にしてないから。それよりもどうしたんだい?何かあったのかな」



俺のエリー「正直に話しますとちょっと恋のアドバイスを頂こうと思いまして…」



義之「あっちゃぁそういうことかぁ。話だけでも聞かせてくれないか?アイドルのメンタルケアも俺の仕事だ」



俺のエリー「実は友達と同じ人を好きになってしまったんです」



義之「うん」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 23:17:50.85

俺のエリー「あたし、どうしたらいいのかなって…」



義之「絵里はさ、」



俺のエリー「はい」



義之「真面目でいつもみんなをまとめてくれてとても頼もしい。いつも助かってるよ」



俺のエリー「はい…」



義之「他のメンバーの怒涛のボケにもツッコミなんか入れちゃってるしホント、頼もしいよ」



俺のエリー「は、はい…」



義之「絵里は普段から頑張ってくれているからこそ、あのメンバーも答えてくれんだと思うよ」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 23:24:01.50

義之「だからさ、その友達もきっと絵里の気持ちに応えてくれるって思うな俺は」



俺のエリー「(やっぱりあたし…)」



義之「正直にその友達に話してみなよ。きっと大丈夫だ」



俺のエリー「(この人のこと…)」



義之「俺が保証する」



俺のエリー「(大好きだ!)」



義之「どうだ?大丈夫か?」



俺のエリー「コーチ…」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 23:27:54.79

俺のエリー「いえ、義之さん」スタスタ



義之「うん、、、え?」



俺に近づき抱きつくエリー



俺のエリー「好き…」ギュッ



義之「ここここれは一体!?」



俺のエリー「エリーのハートはあなたに奪われちゃいましたぁ」



義之「お、おお?」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 23:31:39.47

義之「え、絵里!?」



俺のエリー「エリチカって呼んで?」



義之「(なんなんだこの状況は!?またしても俺はメンバーの一人をおとしてしまったというのか!?)」



義之「えり…ちか」



俺のエリー「はぁい」



義之「ちょ、ちょっと一旦離れようか」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 23:38:07.23

義之「その気持は嬉しいが…すまん、返事は今はまだ待ってくれないか?」



俺のエリー「うん、分かってる」



義之「へ?」



俺のエリー「まずは友達に話してきます」



義之「は、はあ」



俺のエリー「待っててね、私はあなたのエリーだから。じゃあ失礼しました」ガチャ







義之「う、うはぁ…」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 23:46:23.20

義之「あ、携帯が鳴ってる…」



義之「ことりからか。どうしたんだろう…」



義之「居残り練習がしたいか…練習熱心だな」



義之「絵里のことはなるようになるだろ!とりあえずレッスンしに行くか」







屋上



義之「ことり、待たせたな」



ことり「あ、コーチ。ごめんなさい、無理言っちゃってわたし…」



義之「いいよ、それだけ練習熱心ってことだ」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/18(月) 23:57:08.67

義之「そろそろ暗くなってきたし止めにしようか」



ことり「はい!ありがとうございました!そ、それでコーチ…」



義之「それじゃあ靴箱で待ってるからな」



ことり「え?」



義之「暗くなっているんだ。送るのは当然だ」



ことり「あ、ああ!ありがとうございます」



義之「さ、汗が冷える前に早く支度するんだぞ」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 00:04:34.65

ことり「コーチぃ~またせてすみませぇ~ん;」ヘタヘタ



義之「そんなに急がなくても、俺はどこにも行かないぞ」



ことり「はぁっはぁっ…えへへ」



義之「大丈夫か?少し休んでから行くか?」



ことり「ちょ、ちょっとだけ休ませてくださいっ」ハアッハアッ



義之「まあアクエリでも飲みなよ」サッ



ことり「す、すみませんありがとうございます~んっんっ」ゴクッゴクッ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 00:14:14.27

帰宅途中



ことり「実は、居残りレッスンがしたくてコーチを呼んだわけじゃないんです」



義之「へえ…(このパターンは…)」



ことり「もっとコーチと一緒にいたくて…」



義之「そ、そうか、ははは、嬉しいなぁ~ははは」



ことり「さっきも靴箱で少し休憩したのも、ちょっとでもあなたと一緒に居たかったから…」



義之「う、うん」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 00:22:09.91

義之「(自惚れるんじゃない俺!この子は純粋なんだ!俺に恋愛感情なんてあるはずない!)」



ことり「コーチは…ことりに…興味ありませんか?」



義之「そ、それは…」



ことり「コーチ、わたしの目を見てもらえますか…?」



義之「す、すまん、こうか?」



ことりちゃんを見つめる俺



ことり「ごめんなさいコーチ。自分からあなたの目をみるのは恥ずかしかったから…」



義之「ああ、あ、ああ」



ことり「コーチ…」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 00:27:21.75

ことり「ことりは、あなたのことが…好きです」



義之「ほ、ほおおおおおおおおお…」



ことり「あなたは、ことりのこと、嫌いですか?」



義之「ん、…んなこたぁ……ない」



ことり「じゃぁ…」パアァ



義之「でも、今返事は出来ない」



ことり「えっ…?」



義之「着いたな」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 00:29:38.03

義之「じゃあ…また明日な」



ことり「はい…」



義之「すまん…」



















義之「ふぅっ…」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 00:37:32.93

翌朝



義之「そういえば部室に書類の一部を忘れてたな」



義之「取りに行くか」スタスタ



~♪



義之「なんだ?部室から容器な鼻歌が聴こえるぞ?」



義之「誰か居るのか?」ガチャ



真姫「ふんふんふーん♪」



義之「おー、おはよう、真姫」



真姫「~~♪…………っ!?…うぇえあ!!!?」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 00:41:23.62

真姫「い、いつからいたのよ!?」



義之「今来たところだよ。ちょっと書類を忘れてしまってな」



真姫「も、もう!今度からはノックしてから入ってよね、もしアタシが着替えてたりしてたらどうするつもりだったのよ」



義之「む、それはそうだなぁ。すまん、今後は気をつけるよ」



真姫「全く…」



義之「で、何してたんだ?」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 00:47:51.72

真姫「部室のパソコンで新曲の編曲をしてたのよ」



パソコン画面を覗きこむ俺



真姫「(ちょ、近いっ)」ドキ



義之「へぇ~、俺はこういうのは全く分かんないからなぁ~、、、さすがだな!」



真姫「あ、あったりまえじゃない!この真姫ちゃんに出来ないことなんてあるわけないじゃない!」



義之「ハハハ、相変わらずの自信だな!」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 00:54:55.74

義之「将来、どうすんだ?」



真姫「何よ突然」



義之「やっぱり、医者になるのか?」



真姫「そ、それは…そう……かも」



義之「もったいないよな」



真姫「はぁ?」



義之「こんなに自信に満ち溢れたアイドル、この世にそういないぞ」



真姫「ちょ、何いってんの?」



義之「お前なら世界でも通用するんじゃないか?」



真姫「はっ、冗談はよしてよ」



義之「冗談なんかじゃないよ、本気でそう思ってる」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 01:01:52.43

義之「だって歌上手いし、ダンスもできるし、それに、とっても美人だしな」



真姫「び、美人って…///」



義之「まあ、とにかく俺が言いたいのは、自分で限界を決めるなってことだ」



義之「やりたいことがあるなら正面突破でやってみろよ」



義之「そして自分を包み込んでいた殻をぶち壊すんだ!」



真姫「は、はん!何わけわかんないこと言ってんの!?」



義之「確かに訳わからんことだったな。すまんすまん、じゃあ俺はそろそろいこうかな」



真姫「………待って!」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 01:11:28.55

俺の頬に口付けをするマッキー。



義之「おわぁっ…」



真姫「わ、わわわわたしの口付けよ?か、感謝してよ、ねっ!ね?」



義之「な…」



真姫「もしあアンタが私に見合うようなお、男になっったらこんどはそ、その唇にしてあげるんだから、カクゴシテオイテヨネ!」



顔を真っ赤にしてテンパりながら言うマッキー可愛い。



義之「お、おお、おう…」



真姫「それと…ありがとね」ボソ



真姫「それじゃ!」ダダダッ



義之「oh…」



義之「どうしたことやら…」



義之「とりあえずパソコン切っておくか…」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 01:20:30.82

放課後



義之「よーし、練習始めるかー」



穂乃果「ジー…」



絵里「うぅ…」ソワソワ



ことり「…」チラッチラッ



海未「……」



星空ァ「………にゃ」



真姫「~♪」



希「リンピョウトウシャ…」ブツブツ



花陽「はぅ…」



にこ「///」



義之「どうしたみんな!なんかおかしくないか!?」



義之「やっぱり………俺のせいか?」



μ's「!!」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 01:24:23.85

穂乃果「え?どうしてみんな反応してるの?」



海未「もしかして…」



ことり「みんなコーチのことが…」



絵里「好き…なの?」



にこ「えええ?!」



真姫「はぁ!?」



他「あーだこーだ」



義之「お、おいみんな…」



μ's「あーだこーだあーだこーだ」ワイワイガヤガヤ

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 01:27:27.68

海未「コーチには私と絵里が告白したはずです!」



穂乃果「えぇ!?ダーリンに告白したのぉ!?」



にこまき「ダーリンってどういうことよ!」



ことり「こ、ことりも…告白したんだぁ…」



絵里「ことりも!?」



他「あーだこーだ」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 01:34:01.71

絵里「これはもう…」



にこ「コーチ様に決めてもらうしか無いわね」



穂乃果「一体…」



μ's「誰が一番好きなの!?」



俺に顔を近づける一同

改めてみてもみんな可愛くて正直誰か一人なんて選べないよ…



義之「お、俺は…」



μ's「お・れ・はぁ~?」



義之「俺は…」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/19(火) 01:41:58.66

義之「みんなが好きだ!誰か一人なんて選べない!みんなの気持ちは裏切りたくない!これで勘弁して下さい!!」











穂乃果「いいんじゃないかな?」



ことり「フフッ」



絵里「まったく…」



海未「そうですね」



穂乃果「今までどおりみんなでいちゃいちゃできるならそれでいいんじゃないかなぁ」



にこ「しょうがないわねぇ、ただし、私とのデートは週一でしなさいよ?」



ことり「ダブルデートっていうのもアリじゃないかな?」



真姫「ま、アンタらしいっちゃらしいわね」



他「あーだこーだ」



義之「み、みんなぁ…」ウルウル



義之「愛してるばんざーーーーい!!!」





終了



掲載元:http://yomiyama.blog.fc2.com/blog-entry-4064.html
関連記事

コメント欄

  1. :2014/09/19(金) 15:07:14 ID:-
  2. 殺してやる

  3. :2014/09/24(水) 18:48:25 ID:-
  4. 手遅れとか医者を紹介とかいろいろあるがとりあえず清々しかった

  5. :2014/12/04(木) 22:32:49 ID:-
  6. 消えろ

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク