fc2ブログ

凛「あ、プロデューサーからメール…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:30:13.39 ID:cwbMBnmg0

代行


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:34:44.25 ID:+nYn+CEe0

『オフにごめん!明日の取材の記者さんがアンケートを送ってきて、明日の取材に使いたいそうなんだ。手書き指定なんだけど今日なんとかして渡せないか?』



凛(うーん、ハナコの散歩がてらに事務所行こうかなあ)



「りーんー?ちょっとお店の番しててくれるー?」



凛(うわ、間悪っ…一旦プロデューサーに連絡して決めよ)



凛「ちょっと電話するから待ってー!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:36:27.22 ID:+nYn+CEe0

凛『あ、もしもしプロデューサー?メールの件だけど』



P『オフなのにホント悪い…どうだ?時間ありそうか?』



凛『時間はあるんだけど、今からお店の番しないといけないっぽい。夜なら外に出られるかも』



P『あ、家にいるのか?それじゃお店の方にお邪魔させてもらおうか』

凛『え、ちょっとプロデューサー本気?今から?』



P『おう、ちゃんと売上にも貢献するから。30分くらいで行けるかな。それじゃまた後で!』



凛『ちょ、ちょっと…』

プツッ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:37:53.37 ID:+nYn+CEe0

「りーんー、お母さんもう会合行かないといけないんだけどー」

凛「え、あ、ちょっと待って!5分!支度するから!」

「支度って、店番するだけよー?」

凛「いいからー!」

「もう、早くしてねー?」

・・・


16: >>15ちょっとtxtから変換したらすごいことに。直した 投稿日:2012/10/10(水) 02:39:10.13 ID:+nYn+CEe0

「あら、新しい服?こんな時に下ろしちゃっていいの?」
・・・

凛「いいの。ほら、行かないといけないんでしょ?」

「もう、この子は待てって言ったり行けって言ったり…それじゃ任せるからね」

凛「はいはい、行ってらっしゃい。気をつけてね」

「何かあったら大きな声出すのよ?アレンジメントはあるものだけね。注文が来たらお父さんに連絡してね。あと」

凛「もう、私高校生だよ?大丈夫だってば。早く行きなよ」

「とにかく気をつけてね。それじゃ行ってきます」

凛「はい、行ってらっしゃい」

・・・


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:40:15.97 ID:+nYn+CEe0

凛(服よし、爪よし、髪……あ、寝癖ついて…ないよね?よし、大丈夫)

凛(ってプロデューサーに会うだけなのに何緊張してんだろ)

凛(前も来てるんだし、何てことないのに)

凛「はぁ…」

トテトテ ハッハッ

凛「ハナコ…うん、なんでもないよ。ほら、おいで」

凛「ん、よしよし。今日はね、プロデューサーが来るんだよ」

凛「いい子にしててね。私の大切なプロデューサー……なんだから………」

凛(って何言ってんだろ私。しゃっきりしないと)

凛「よし、ハナコ、ブラシかけたげる。こっちおいで」

・・・


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:41:47.76 ID:+nYn+CEe0

凛「~~♪」

P「ごめんくださーい」

凛「はーい……ってなんだ、プロデューサーか」

P「ははは、押し掛けて悪いな。ほい、これがアンケート。雑誌に直接載せるかもしれないらしいから、明日の午前中に一度見せてくれ。丁寧に頼むぞ」

凛「ん、任せて。プロデューサーはこの後も仕事?」

P「いや、今日はこれで上がり。ちひろさんが今日はこのまま帰れって聞かなくてな」

凛「……大丈夫なの?」

P「まぁ雑務だけだったし、多分……っておー、久しぶりだなハナコー!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:42:54.02 ID:+nYn+CEe0

P「よしよし、おーいい毛並みしてんなお前ー!」

P「はははこそばいこそばい、ははは、よーしよし」

凛「さっきブラシかけたとこだからね。ふふっ、ハナコもプロデューサーのこと大好きみたい」

P「俺も大好きだぞハナコー!うりうり!」

P「うーんかわいい!かわいいなあお前!優のブサイク犬とは違うなあ!」

凛「え、ひどくない?」

P「なんとでも言えー!ハナコかわいい!おうそうだぞ、かわいいぞーお前!よしよしよしよし」


22: >>21ありがてえ 凛ちゃんは天使 投稿日:2012/10/10(水) 02:44:07.00 ID:+nYn+CEe0

凛「もう、プロデューサーはしゃぎすぎ。あ、おやつあげてみる?」

P「お、いいのか!?やったなハナコ、おやつだぞー!」

凛「はい、あんまり焦らしたりすると怒るから、」

P「よしハナコ、一口ずつだぞ…よーしよし、よしよしよしよし」

P「うまいか?うまいか?よしもう半分な……よしよし食え食え」

P「おしまい!え?もうおしまいだぞ!ははは、舐めても出てこないぞ!」

P「はははこそばい、ははは!」

P「お、お腹か?お腹か?よしよしいいこいいこ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:45:41.18 ID:+nYn+CEe0

5分後

P「ハナコふかふかだなお前ー!かわいいなあ!」

P「うりうり!お、耳の裏もいいのかー?いいのかー!」

P「ははは、よーしよしよし」

P「いやあ凛、ハナコはかわいいなあ!」

P「……凛?」

凛「………」ムッスー

P「えっと、凛、どうかしたか?」

凛「知らない。ハナコに聞けば?」

P「え、凛?ゴメン、何かしたか?」

凛「……」ムッスー

「ただいま~。凛ごめーん、会合来週だったみたい……ってあら、プロデューサーさん?」

凛「あ、うわ…」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:47:12.05 ID:+nYn+CEe0

P「どうもお邪魔してます。今日はちょっと凛に渡すものがあって」

「あら?急に支度とか言い始めると思ったら、あらあら?凛ちゃんったら、やぁねぇ」

凛「違うから、そういうのじゃないから。ほら、プロデューサーももういいでしょ、用済んだんだし」

「ねえプロデューサーさん、お夕飯食べて行かない?丁度角煮が食べ頃なのよ~」

凛「ちょっと、お母さん?」

「ほら、娘の仕事の話も聞きたいですし。この子あんまり話してくれないから」

P「え?えっと、凛、大丈夫か?」

「凛は勿論大丈夫よね?だって、ねぇ~」

凛「もうお母さん、やめてってば…」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:48:50.85 ID:+nYn+CEe0

P(まぁご家族に仕事について理解してもらうことも重要だしな…)

P「それでは、お言葉に甘えさせて頂きます」

「ええ是非是非。ほら凛、お茶とお菓子準備して。プロデューサーさんはこちら。どうぞ、上がって下さい」

P「ははは、それじゃお邪魔します…」

凛「もう、メチャクチャなんだから…」トテトテ

「(ふふっ、よしよし)あ、そう言えば居間は暫く作業に使うんだったわ、凛のお部屋でお夕飯まで待ってらして?」

P「え、いいんですか?え?え?」

「いいのよー。はい、ベッドでも椅子でも、お掛けになって?りーんー、お部屋に上がって頂いてるからねー?」

「え、ちょっと、お母さん!?」

「居間はお母さん使うからねー。それじゃあプロデューサーさん、ごゆっくり」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:49:53.62 ID:+nYn+CEe0

P「は、はあ…」

P(押しきられてしまった…凛、ゴメン…せめて床に座ろう…)

・・・

凛(うわ、うわ、どうしよう、急すぎだよ)

凛(えっと、誰かに相談……奈緒と加蓮……は茶化されそうだし)

凛(あ、そうだ、セイラさん!)

凛(えっと、『プロデューサーが家でご飯食べることになったんだけど、こういうときどうすればいいんですか?』っと)

ピロン
凛(返信早っ…『お、いいねーっ!チャンスだし思い切って甘えちゃえー!あ、節度はちゃんと守るんだよ?』)

凛(甘えるって、そんなのわからないよ…)

ピロン
凛(『こないだのみくちゃんみたいに、わーっと行けば大丈夫!勢いが大切だよ!ファイトっ!』……うーん、みくみたいに……)

・・・


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:50:54.60 ID:+nYn+CEe0

(ちょっと前、事務所にて)

聖來「あ、見て見て凛ちゃん、セントバーナード!かっわいいなぁ…うーん、モデルよりこっちに目が行っちゃうよ」

凛「あ、かわいい。私もその雑誌のそのシリーズ見るとき、いつも犬の方が気になっちゃって、先週号のコリーも…」

聖來「だよねだよねっ!あー、アタシもわんこと一緒に撮影とかしたいなー」

凛「ハナコと一緒にお仕事……うん、いいかも……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:52:12.40 ID:+nYn+CEe0

みく「む、PチャンPチャン」

P「んー?なんだー?」カタカタ

みく「犬派が活動してるにゃ、みくたち猫派も何かするにゃ」

P「そうだなー、仕事させてくれー」カタカタ

みく「Pチャン!そんなことじゃダメだにゃ!犬派の圧力に屈するワケにはいかないのにゃ!」

P「俺は別に猫派でもないぞ……まあ、猫好きだけど」

みく「にゃにゃ!?Pチャン、猫好きなのかにゃ!?いいこと聞いたにゃ!」

みく「PチャンPチャン、ここに可愛いにゃんこがいるにゃ、構う権利をやるにゃ!」グイグイ

P「はいはい、可愛いから仕事させろー」


32: >>28まあ、多少はね? 投稿日:2012/10/10(水) 02:53:20.69 ID:+nYn+CEe0

みく「にゃ、こうなったら・・・にゃんやん、Pチャン構ってにゃーん」スリスリ

P「……みく、いろいろ当たってるからやめなさい」

みく「にゃーん、Pチャンが構ってくれたらやめるにゃん」スリスリフニフニ

P「……よし、わかった。みく、おいで」

みく「にゃ、にゃ!?Pチャン!?ひゃっ」

P「ん~、可愛いなあ、みくにゃんはかわいいなあ。ほれ、ここがいいんだろ?」

みく「ひ、ひゃ、P、Pチャン、だめっ」

P「でも構う権利貰っちゃったしなー。ほれ、ここか?それともこっちか?」

みく「ん、ぁん、ひゃん…Pチャン、Pチャン、これヤバいって…!」

P「んー?聞こえんなあー?」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:54:22.50 ID:+nYn+CEe0

みく「ふぁ……Pチャン……」スリスリ

P「こら、スリスリはやめなさい。首揉めないだろ」

みく「ふにゃ……あ、Pチャン、肩も……ゴロゴロ」

P「ホントに猫だな…ん、凛、聖來、どうしたんだ?」

聖來「あはは、いやぁ、突然喘ぎ声が聞こえてきたから何おっぱじめたのかと…あはは」

凛「……セクハラプロデューサー」

P「俺は猫とじゃれてただけだ、他意はない。甘えてきた猫が悪い」

聖來「Pさんは猫派?」

P「いや、どっちかと言えば犬派かな。犬はいいよな、きっちり弁えて甘えてくるところとか」

聖來「あ、わかる!この間もうちのわんこがさー………」

・・・


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:55:58.68 ID:+nYn+CEe0

凛(え、あれをやるの?無理だよ、無理無理)

凛(……でも……チャンス、なんだよね……?)

凛(プロデューサー、動物好きだし。さっきもハナコ、あんなに懐いてたし)

凛(うん…セイラさん、私頑張るよ)

凛(そう言えばこの辺に、奈緒からCDのお祝いに貰ったアレが……)

・・・

P(凛遅いなあ…というか急に上がらせてもらう流れになったし仕方ないか)

P(それにしてもいかにも凛って感じの部屋だな)

P(あれ、奈緒と加蓮との写真の隣にあるの、初LIVEの後に俺と凛で撮った写真だよな…)


カタン

P「お、凛か?ごめんな、なんか勝手に…」

P「り、凛?」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:57:21.14 ID:+nYn+CEe0

P(頭に付けてるアレは…アレは……犬耳……!?)

凛「……………きゅ、きゅーん」

P「!?」

凛「きゅーん、きゅん、きゅーん」

P(これは犬が寂しがってるとき、甘えたがってるときの真似?)


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:58:24.00 ID:+nYn+CEe0

のそのそ

P(胡座かいて座ってる俺の隣まで四つん這いで歩いてきた)

P(犬の真似、だよな?ど、どうすれば)

こてん

凛「きゅーん、きゅん」

P(俺の膝に頭を乗せて寝転がった!?な、撫でて欲しいのか!?)

P(凛わんわん…かわいいなあ………)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 02:59:29.36 ID:+nYn+CEe0

P(いや落ち着け、俺はプロデューサーだ。アイドルとは良好かつ健全な関係を維)

凛「くぅーん」スリスリ

P「んーよしよし、いいこいいこ」なでなで

P(はっ!?俺は一体?)

P(……凛、目細めてる)

P(かわいい)

P(かわいい犬がいるから撫でる)

P(俺は何も悪くない)


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:00:39.41 ID:+nYn+CEe0

・・・

凛(あれ?私何してんだろ?)

凛(うわ、うわ、ホント何やってんの私、完全に変な子だよ)

P「凛ちゃんはいいこだなー」なでなで

凛(ん……プロデューサーの手、大きくて暖かい)

凛(って、そうじゃなくて!)

凛(あ、手櫛……ん、くすぐったいけど……気持ちいい……)

凛(や、じゃなくてやめないと…)

凛(でも人に触れられるの、なんか久しぶりかも)

凛(もうちょっとだけ……)

凛(えっと、ハナコはいつもここから……)
スリスリ

凛(こんな感じですり上がって、仰向けに……)


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:01:55.68 ID:+nYn+CEe0

・・・

P(うお、這い上がってきた…ととと、背中支えてやろう)

P(ってこれは)

P(胡座の上でゆるーくお姫様だっこしてるような体勢だが)

P(胸が強調されててエロい…)

P(凛わんわんが仰向けなったってことは)

P(お腹、だよな…?)


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:03:03.82 ID:+nYn+CEe0

さすり
さすり

凛「ん、ひんっ」

P(くすぐったかったかな?)

P(もっと撫でる感じで、掌を大きく使って)

P(よく締まってるなぁ……肌の張りもすごいし…)

P(それに、シャツの下から覗くおへそがなんとも官能的で…)

P(ゴクリ)


48: >>28まあ、多少はね? 投稿日:2012/10/10(水) 03:04:31.40 ID:+nYn+CEe0

・・・

凛(すごいゾクゾクする)

凛(さっきの、私の声、だよね…?)

さすりさすり

凛(ん、あ、何これ、すごい)

凛(大切なところを大事に撫でられてる)

凛(プロデューサー、ちょっと息が荒くなってきた)

凛(自分の心臓の音がハッキリ聞こえる)

凛(私、興奮、してる?)

凛(……ハナコもお腹触るとハッハッってなるし)

凛(普通、だよね)

P「り、凛?」

凛(あ、やめちゃいや…)

凛(もっと、触って…プロデューサーの温度、感じたい)

凛「きゅん、きゅん」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:05:36.90 ID:+nYn+CEe0

・・・

P(腰を左右に揺らしておねだり…)

P(頬も紅潮して、目もとろんとしてる)

P(あの凛が……)

さすりさすり

凛「ん……くふっ………ぁ………」

P(さする度に身体を少し捩らせるから、少しずつシャツが捲れてくる)

P(少しずつ、直接触れる範囲が広がってる)


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:06:49.79 ID:+nYn+CEe0

P(凛の肌…触ってるだけで気持ちいいな……)

凛「んっ…………ぁ、んんっ………」

P(凛、甘い声が出てる)

P(いつも気丈でクールな凛が)

P(俺の手で、撫でられて)

P(もっと聞きたい)

P(もっと…)


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:09:20.21 ID:+nYn+CEe0

・・・

凛「はぁ………ん、はぁ、はぁ、はぁ」

凛(直接触られると、さっきと全然違う)

凛(おへその下の方、きゅんってしてる)

凛(心臓の音がうるさい)

凛(なんか、おかしくなりそう)

凛(もっと、触って、もっと、もっと、足りない、足りない)

凛(お腹の奥が切ない、もっと、暖めて、もっと)


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:10:26.36 ID:+nYn+CEe0

・・・

P「凛、凛、凛」

P(止まらない、ヤバいのに、止まらない)

P(さっきから下腹部に手がくるよう、凛が身体を捩らせてる)

P(へその下を撫でる度に、凛が身体を震わせてる)

P(柔らかくて、滑らかで)

P(この下には、凛の、凛の…)

P「凛……はぁ、はぁ、凛、凛……」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:11:45.62 ID:+nYn+CEe0

・・・

凛(もっと、もっと)

凛(だめ、もう何もわからない)

凛(もっとPさんの温度が感じたい)

凛(もっと、違うの、触って欲しいのは、もっと…)


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:12:52.04 ID:+nYn+CEe0

・・・

凛「P、Pさん、もっと、下、触って」

P「こ、こうか?」

凛「ううん、もっと、もっと…」

凛(そう、この手、この温度を、もっと…)

P「り、凛、おい、」

凛「いいの、もっと、下…奥を………」

P「凛、凛、俺…」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:14:41.96 ID:+nYn+CEe0

ガチャ
「凛、プロデューサーさん、お待たせ、お夕飯の準備できたわよー…?」

「あ、あらやだ、凛ちゃん、ごめんなさい、お母さん凛ちゃんがそこまで頑張ってると思わなくて」

「あ、その、済んでからでいいからね?り、凛ちゃん、ゴムとか必要だったら言ってね?そ、それじゃあまた後でね?」バタン

凛「………」
P「………」

凛「………」
P「………」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:15:46.07 ID:+nYn+CEe0

凛(うわ私なにやってんだろちょっと構ってもらいたかっただけなのに完全に発情してたじゃんおねだりとかしちゃってたしうわ下着濡れてる今絶対顔赤い絶対プロデューサーの顔見れないヤバいヤバいなにやってんの私加蓮たちにバレたら一生笑われる絶対内緒にしないと)

P(おい俺なにやってんだプロデューサーのくせにアイドルのお腹撫でてしかも今明らかに危ない流れだっただろうわめっちゃ勃ってるてか今後どうやって凛と向き合えばいいんだ事務所にばれたらただじゃ済まないだろうしうわやばいどうしようどうしよう)

P・凛「「あ、あの!」」

P「……」

凛「……」

P「えっと、内緒な」

凛「う、うん。お母さんにもしっかり言っとく」

P「よし」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:16:56.56 ID:+nYn+CEe0

凛「ご飯の前に、着替えたいからちょっと先に居間行ってて」

P「いや、その、俺も立てん」

凛「え、なんで……あ、や、やだ、嘘!」

P「おま、仕方ないだろ、凛があんな」

凛「そ、そうだけど!……もう、じゃあちょっと隅っこ行って後ろ向いてて、着替えるから」

P「は、はい……」

凛「もう………うわ、びしょびしょ……」

P「え、何が………あ」

凛「~~~~~っ!!や、やっぱり部屋の外で待ってて!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:18:07.95 ID:+nYn+CEe0

・・・

聖來「凛ちゃん、こないだのメールの件、どうだったの?上手くいった?」

凛「あ、セイラさん……その、何もかも急すぎて、なんというか」

聖來「うーん、肩揉みくらいお願いすればしてくれると思うけどなー。あ、後でアタシが試してみよっか!」

凛「え、肩揉み?」

聖來「うん、みくちゃんへにゃへにゃになってたし、上手いんだろうなー。甘え方としてはまずまずだと思うし」

凛「え、あ、あ、あはは、そう、かも……あはは」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:19:14.54 ID:+nYn+CEe0

P「おはようさーん……お、セイラ、凛、おはよう」

聖來「あ、おはよーっ!ねね、Pさん、今度アタシの肩揉んでよ!最近ちょっと重いんだー」

P「おう、いいぞー。レッスン後にでもな」

聖來「やったっ!ほら、凛ちゃんも!」

凛「うん……ね、プロデューサー」

P「お、おう、どした?」

凛「……お腹撫でられるの、気に入っちゃったみたいだからさ。また、うちに来てね?」

聖來「お、ハナコちゃんの話ー?いーねーいーねー、ほら、Pさん!」

P「え、えーっと、その」

聖來「ダメだよーっ、男らしく『任せとけー』っていかないと!」

凛「ふふっ、プロデューサー?来てくれる?」

P「………今度の休みにでも、な」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:21:32.77 ID:+nYn+CEe0

おわり

スマホにぽちぽち書き溜めてたのPCに投げて投稿してるから、改行めちゃくちゃになったりしてごめんよ
続きは気が向いたら書くよ
代行してくれた>>1はありがとう、楽しく夜の単騎凸し合おうじゃないか


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:22:14.57 ID:QnJQ2hyRO



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:22:58.12 ID:qv6ysGf5O


素晴らしかった


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:23:13.01 ID:cwbMBnmg0

おつおつ

コブラP虹色でオナシャス!


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/10(水) 03:35:58.47 ID:fQ3RaiXI0

おっつおっつばっちし☆
みくにゃんを掘り下げてもいいのよ




掲載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349803813/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク