FC2ブログ

美琴「勝負しなさいよ!勝負!」ナルト「うるせェ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 16:44:53.59 ID:pVgROX0j0

ナルト「最近見かけねー姿の奴が多いな…」

サクラ「アンタ学園都市って知らないの?」

ナルト「なんだってばよそれ?」

サクラ「木の葉の隣にできた科学の街よ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 16:48:33.80 ID:pVgROX0j0

ナルト「妙なもん作るよな…忍がいんのに」

サクラ「今諸国の大名が忍は信頼できないからって理由で作ってるらしいわよ」

ナルト「ふーん、まぁあれだけデカイ戦争起こしたから分かるってばよ…」




サクラ「じゃあまたね!明日の任務も頑張ろ!」

ナルト「おう!」

ナルト(世界が平和になって忍の存在価値自体が危ういのかもな…)


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 16:51:27.97 ID:pVgROX0j0

ナルト「ただいまぁー」

禁書「おかえりなんだよ!ナルト!」

ナルト「お、お前ってば料理作れんのか?」

禁書「ふっふーん、この前サクラが教えてくれたんだよ」

ナルト「そりゃ期待できるな」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 16:53:06.64 ID:pVgROX0j0

ナルト「いっただっきまーす!」

ナルト「…」モグモグ

禁書「ど…どう!」

ナルト「うん!うめぇ!」

禁書「やったあ!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 16:55:22.92 ID:pVgROX0j0

ナルト「あのさ、あのさ、お前ってば昔から家事できんの?」

禁書「うーうん、でもナルト任務で良く居ないし、暇だからやろうと思って」

ナルト「その本…」

禁書「それ全部暗記したんだよ!」

ナルト「え」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 16:59:21.93 ID:pVgROX0j0

ナルト「完全記憶能力か…便利なもん持ってるってばよ…」

禁書「ふっふーん、魔術サイドを嘗めないほうがいいかも」

ナルト「分かったってばよ…」

ナルト「つーか…さっきから気になってたんだが…」

禁書「ん?」

ナルト「何か…変な調味料とかいれた?」ムラムラ


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:02:44.12 ID:pVgROX0j0

禁書「えぇ~まずかった?」アセアセ

ナルト「いや、そういうんじゃなくて…なんつーか…力が沸いてくるつーか…」ムラムラ

禁書「そういえばサクラが特製兵糧丸粉末型をくれたんだよ!」

禁書「それをいれればナルトが元気になるって!」

ナルト(サクラちゃん!)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:04:47.14 ID:pVgROX0j0

ナルト(手を出すなと言っておきながらなんだこの仕打ち!)

ナルト(完全に俺をおちょくってんじゃねーか!?)

禁書「どうしたの?ナルト?」

ナルト「いや、何でもない!旨いからどんどん喰うってばよ!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:08:17.05 ID:pVgROX0j0

ナルト(まぁこれでも我慢強いほうだからなんとか…)

禁書「ねぇ…ナルト…///」

ナルト「あっ…(こいつも喰ってるんだったー!)」

禁書「わたし…な…なんか体が暑いんだよ…」

ナルト「ね…熱でもあるんじゃねーか?」

禁書「特に…おまたが…」

ナルト「」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:10:32.98 ID:pVgROX0j0

ナルト「と…トイレに行くと良いってばよ…」

禁書「うーうん、そんなんじゃないの…」

禁書「何て言うか…ナルトの体に引き寄せれて…」

ナルト(これってば…ヤるしかねぇのかも…)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:13:03.41 ID:pVgROX0j0

ナルト「インデックス…」

禁書「ナルト…」








ナルト「うはぁっ!」

禁書「すぅ…すぅ」

ナルト「うわ…夢かよ…」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:15:00.07 ID:pVgROX0j0

ナルト「くっそー!中途半端な時間に起きちまった…」

ナルト「何か飲み物飲み物…ってねぇ」

ナルト「仕方がねぇ…外行ってジュース買ってくるってばよ」

禁書「すぅ…すぅ…」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:17:09.39 ID:pVgROX0j0

ナルト「こんな夜に散歩すんのも久しぶりだな…」

ナルト「にしても…」

DQNたち「あひゃあひゃwwwwwww」

ナルト「柄の悪い奴らがいっぱいいるってばよ…」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:21:33.44 ID:pVgROX0j0

ナルト(ん?あの女…)

DQN 「 ねぇ、君学園都市にからきてんの?」

DQN 「 俺たちと一緒に遊ぼーぜwww」

DQN 「 帰り送ってってやるよwww」

DQN 「 いつ帰れるかわからねーけどなwww」

美琴「…」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:24:51.87 ID:pVgROX0j0

美琴(やはりこの街も、似たような連中ばっか)

DQN 「ジロジロみてんじゃねーぞあん?」

ヒイイイ!

美琴(助ける度胸のある奴もいないし、つまらない)

美琴(さっさとかだつけて帰りますか)

ナルト「おぉいてめぇら、その辺にしとけぇ!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:28:08.15 ID:pVgROX0j0

DQN 「 あん?なんだてめぇ」

ナルト「女の子一人囲んで、いやがってるじゃねーか」

美琴(あれ?珍しいわね)

ナルト「こんなガキ相手に野郎が囲んだら怖がるに決まってるてばよ~」

美琴「ガキ…?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:31:18.15 ID:pVgROX0j0

DQN 「 あんだと?」

ナルト「ガキ相手に大人げなくてなさけねーっていってんだよ」

DQN A「よーしこいつ砂しちまうぜ」

美琴「…」バチバチバチ

DQN B「 何か様子おかしくね?」

DQN C「 ん?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:34:32.05 ID:pVgROX0j0

DQN A「 うらぁ!」

DQN D「ぶるぁ!」

DQN E「はぁっ!」

ドサドサドサ

DQN ×3「」

DQN F「な…なに!?」

ナルト「へへっ!」

DQN G「お前…一体何者だ!?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:39:50.93 ID:pVgROX0j0

ナルト「よくぞ聞いてくれたってばよ!」

ナルト「妙木山!通称ガマ仙人の意志を受け継いだ次期火影候補!」

ナルト「泣く子も黙るいい男!うずまきナルトたぁ俺のことだぁ!!」

DQN F 「 マジかよ!」

DQN G 「 暗くて分からなかったが!こりゃ勝てねぇ!」

DQN BC「ぐっ…」バタッ

DQN G 「 今度はなんだ!?」

美琴「私が一番ムカつくのは…」バチバチバチ

美琴「お前だああああああああああああ!!」

ズドドドドドーーーーン


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:42:04.96 ID:pVgROX0j0

DQN 「 」プシュー

ナルト「」プシュー

美琴「ハァ…ハァ」

ナルト「」ボン

美琴「なっ!?」

ナルト「あぶねぇじゃねーかお嬢ちゃん」

美琴「ちぃ!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:44:09.37 ID:pVgROX0j0

美琴「アンタ…この里で名が知れてるらしいわね!」

ナルト「ま…まぁ」

美琴「私と勝負しなさいよ!」

ナルト「は?」

美琴「だから私と勝負しなさい!」

ナルト「え…あ、つまり、どういうことだってばよ?」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:46:53.04 ID:pVgROX0j0

美琴「私はねぇ、自分より強い奴を見ると許せないの!」

ナルト(あーあ、こりゃシカマルじゃなくてもめんどくさがるな)

美琴「ねぇ聞いてる?」

ナルト「わりぃけど、お子さまは早く帰れってばよ、じゃあな」ドロン

美琴「あ!?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:49:27.67 ID:pVgROX0j0

ナルト(ったくなんだってばよ…せっかく助けてやったのに…)ザッザッ

ナルト「だが…あの電撃…かなりの威力だってばよ…」

ナルト「学園都市…か」」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:53:01.04 ID:pVgROX0j0

ナルト「ふぁ…」

サクラ「どうしたの?眠そうだけど」

ナルト「いやぁ、昨日夜中立て込んでてさぁ…」

サクラ「ふぅーん、インデックスとねぇ」

ナルト「ぶはっ!サクラちゃん!まさか!?」

サクラ「ん?どうしたの?」

ナルト(いや…あれは夢だ…夢に違いない!うんそうだ!)


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:56:08.07 ID:pVgROX0j0

サクラ「じゃあね」

ナルト「じゃあね、サクラちゃん」





美琴「あ!そこのアンタ!」

ナルト「げげっ!てめぇはあんときの!?」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 17:59:00.40 ID:pVgROX0j0

美琴「逃がさないわよ!」バチバチ

ナルト(しまった…隙突かれて電流を…)ブルブル

ナルト「コノヤロウ…いい加減にしろってばよ…俺に一体なんのようだ?」

美琴「勝負しなさいよ!勝負!」

ナルト「はぁ…」

美琴「ちょっと!そこでタメ息つかない!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 18:01:29.78 ID:pVgROX0j0

ナルト「何で?俺お前を助けてやったじゃん」

美琴「アンタがムカつくから悪いのよ!」

ナルト「はぁ…」

美琴「ちょっと!またタメ息つかない!」

ナルト「ならさ…」

美琴「!?」

ナルト「どうなっても知らねぇぞ?」ゴゴゴ

美琴「!」ゾワッ


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 18:04:44.58 ID:pVgROX0j0

美琴(こ…こいつ…本気で私より強いと思っている…)ガクガク

ナルト「…」ゴゴゴ

美琴(それに…この殺気…何か人とは違う何かを…感じる!!)ブルブル

美琴「ややややっと、その気になったみたいねぇ!」ガクガクブルブル

ナルト(大丈夫か…?過呼吸か?)


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 18:08:40.45 ID:pVgROX0j0

ナルト「というわけで河川敷にやってきました」

ナルト「そして万が一の為の…」

サクラ「はぁーい!どんな怪我でも治しちゃう天才医療忍者サクラちゃんだよぉ!」

サクラ「ってナルト、また何かやるの!?」

ナルト「どうも最近変な奴に絡まれるんだってばよ…」

美琴「早くしなさいよー!!」

ナルト「つーわけで待機宜しくだってばよ」

サクラ「おっす!」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 18:13:31.14 ID:pVgROX0j0

ナルト(最初は様子見だってばよ!多重影分身の術!)ボボボボン

美琴「凄い数…流石は忍者って感じね…」

ナルト「びびってんのか?もう降参してもいいんだぜ?」

美琴「ふざけんじゃないわよ!この時をどれだけ…」

ナルト×1000「うおおおお!」

美琴「待ち望んでいたか!」ゴゴゴゴゴゴ


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 18:18:05.51 ID:pVgROX0j0

ズパパパパパンボボボボボボン!!!

美琴「ざっとこんなもんよ!!」バチバチバチ

ナルト(すげぇ…分身全部消すほどのパワー…)

ナルト(カカシ先生ェ…は論外として…こりゃ雷影移住の雷遁だってばよ!)

サクラ「やるじゃないあの娘」

美琴「アンタこそびびってんじゃない?」

ナルト「ハハッ、まさか(影分身の術!」ボン


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 18:23:41.87 ID:pVgROX0j0

ナルト(多重影分身で軽く組み手で済まそうと思ったがそれじゃきりがねぇ)

ナルト「少し本気で行くってばよ!(風遁!螺旋手裏剣!!」ギュイイイイイイン

サクラ(アンタ、それは…)

美琴「なんか必殺技みたいね!だったら私も…)チャリン

ナルト「うらぁ!!」ブンッ

ギュイイイイイイン

美琴「とっておきよ!!」レールガン

ズドドドドドーーーーンズドドドドドーーーーンゴゴゴゴゴゴ


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 18:26:33.43 ID:pVgROX0j0

美琴「!?」レールガンゴゴゴゴゴゴ

美琴(レールガンが押されてる!?)

美琴「ぐっ!!」

ナルト「大した技だ…けど俺の勝ちだってばよ」

ナルト「風は雷に強い…」

美琴「ぐおお!」レールガンズドドドドドーーーーン

美琴「このままじゃまずい!」レールガンズドドドドドーーーーン


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 18:28:35.41 ID:pVgROX0j0

美琴「うわあはああはああああ」ラセンガアアアアアアン

ズドドドドドーーーーンズドドドドドーーーーンズドドドドドーーーーン

ナルト「すげぇ…」

サクラ「これってヤバイんじゃね?」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 18:45:24.24 ID:pVgROX0j0

サクラ「アンタ!跡形もなく彼女居なくなっちゃったじゃない!」

ナルト「いや…違う…螺旋手裏剣は細胞は破壊するが肉体は破壊しない」

ナルト「一体どこに消え」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ナルト「なっ、なんだってばよこの蟻地獄!?」

美琴「ふぅ…危なかったわね」ヌッ

ナルト「なっ!地中に隠れやがったのか!?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 18:49:06.65 ID:pVgROX0j0

美琴「私は普段から磁場レーダーを張っていてね…」

美琴「身体の危険をすぐ察知して、爆発の瞬間紛れて地中に逃げたわ」

美琴「そして私の磁場によって砂鉄を形成」

美琴「よっていまアンタが沈みかけている蟻地獄がらできたのよ」

ナルト「う…うごけねぇ…」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 18:52:51.07 ID:pVgROX0j0

美琴「このままじゃ沈み混んで窒息死するわよ?諦めて降参したほうが…」

ナル「へっ…それはないってばよ」ズブブブ

ナ「俺が諦めるのを諦めろ」ズブブブ

美琴「ほう…まだ策があると…」

「そうだな…強いて言うとすれば…」ズブブブ

力業かな?


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 18:57:58.13 ID:pVgROX0j0

ズドドドドドーーーーンズドドドドドーーーーンズドドドドドーーーーン

美琴「きゃっ!!」ドサドサドサ

サクラ「うっ…これは…」

ナルト「もうこうなったら終わりだってばよ…(九尾モード」ゴゴゴゴゴ

美琴「な…ばかな!数十トンの付加をかけたはず!」

ナルト「ほほう…マジで殺す気だったんだな…」ゴゴゴゴゴゴ

ナルト「じゃあ容赦しねぇ!!」ザッ


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 19:01:31.06 ID:pVgROX0j0

美琴「ぐっ!砂鉄の竜巻!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ナルト「かっ!!」

パァン!

美琴「なっ!?」

ナルト「うりやっ!」ブンッ

ビョイイーーーーン

美琴「腕が延びてっ!!」ガッ


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 19:06:54.74 ID:pVgROX0j0

美琴「ぐぅ!何この腕!?捕まれて動けない!」

美琴「はあはああ!!」バチバチバチ

ナルト「無駄だってばよ…この衣はそんなそこらの攻撃は効かねぇ」

ナルト「サクラちゃん!その河川敷に落ちているでっかい岩を投げてくれ!」

サクラ「しゃーんなろー!!」ブンッ

ナルト「はっ!」パシッ

美琴「そのオーラの手で掴んでどうするつもり?」

ナルト「うりゃ」バキバキバキガラガラガラ

美琴「」

ナルト「このように握り潰すことだってできる」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 19:11:07.06 ID:pVgROX0j0

ナルト「つーわけで降参する?しない?」

美琴「するわ!するする!」






ナルト「ったくよーこれで分かったか?」

美琴「…」

美琴(あと少しで…殺されるところだった…)

岩「ぎゃああああああ!」バキバキバキガラガラガラ

岩の破片「解せぬ」

美琴「……」ガクガクブルブル

ナルト「もうこれできがすんだか?って聞いて…」

美琴「うっ…うっ…」ポロポロ

ナルト「お…おい」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 19:16:54.44 ID:pVgROX0j0

美琴「うわあはああはああああんあああん!!」ギャーギャー

ナルト「えぇ!?」

サクラ「ったくナルト!アンタが螺旋手裏剣とか九尾モードとか

殺気丸だしの大技オンパレードやるから!!」

ナルト「ちょっと待ってくれってばよサクラちゃん!

勝負仕掛けてきたのはこいつだし、こいつも俺を殺そうと…」

美琴「…」ジトー

ナルト「えぇ…」

美琴「うわあはああはああああんあああん!わおおん!」ギャーギャー

サクラ「また泣いたじゃない!早くナルト謝りなさいよ!」

ナルト「あーあー悪かったってばよ!俺のほうがやり過ぎた!

だから何でもするから泣き止め!」

美琴「ん?今何でもするって言ったよね?」

ナルト「」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 19:21:20.21 ID:pVgROX0j0

テウチ「へい!おまち!」

美琴「いっただっきまーす!」

ナルト「はぁ…俺だけ何時も損してる気分だってばよ…」

サクラ「今回はナルトが悪い、うん悪い」ズズズズ

ナルト「おごってもらってる身分でそりゃねーよサクラちゃん」

サクラ「なにいってんのよー私も付き合ってあげて…」

ナルト「はいはい…」

サクラ「ちょっとーアンタこそ私に感謝しなさいよねー」ズズズズ


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 19:23:57.75 ID:pVgROX0j0

美琴「このラーメン美味しい!」

テウチ「あったりまえよ!」

ナルト「おい美琴…だっけ?満足したか?」

ナルト「だったらもうかえって…」

美琴「うーん、また遊びにくるわ」

ナルト「え」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 19:27:11.09 ID:pVgROX0j0

美琴「また勝負して私が勝ったらラーメン奢り!」

ナルト「なら…」

美琴「負けてもアンタが奢るのよ!」

ナルト「ふっざけんじゃねぇ!てめぇ!調子にのんのも…」

美琴「…」ウルウル

ナルト「わかったよ…」

美琴「…」パァ

ナルト(ぶっ飛ばしてぇ……)


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 19:31:40.17 ID:pVgROX0j0

ナルト「でもよぉ…一回の勝負であんだけびびってんならもう…」

美琴「違うわ!あれは目にごみが入っただけよ!勘違いしないでよね!」

ナルト(嘘泣きしようとするのに、ガチ泣きは否定すんのか…)

サクラ「なら!私もまた奢られんのね!やったー!」

ナルト「おいおい、おっちゃんからも何か言ってくれってばよぉ」

テウチ「わりいなナルト、うちも商売だから儲かりゃいいんだよ!」

ナルト(クズイ…)

美琴「流石はおじさん!わかってるう!」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 19:33:44.00 ID:pVgROX0j0

テウチ「またこいよー!」

サクラ「ごちそうさまー!」

美琴「ごちそうさまー!」

ナルト「はぁ…」

美琴「ねぇ、ナルト」

ナルト「あん?」

美琴「な…なんか、ありがとね」

ナルト「!?」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 19:38:31.11 ID:pVgROX0j0

ナルト「…」ムス

美琴「アンタみたいなぶっ飛んでるやつ…見たことなかったから…楽しかったよ」

ナルト「お前に言われたくないってばよ…」

美琴「あの…またあっていい?」ウワメヅカイ

ナルト「…」

サクラ「…」ジトー

ナルト「ああわかったよ!またいつでも遊びにこい!」

美琴「やったー!」

サクラ「やったわね!美琴!」ハイタッチ

ナルト「はぁ…」

美琴「じゃあね!ナルト!サクラさん!」

サクラ「ばいばーい!」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 19:41:33.74 ID:pVgROX0j0

ナルト「魔術シスターに電撃超能力者…次にくるのは誰だ?」

ナルト「もう勘弁してくれってばよー!」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 19:42:24.74 ID:Ac724rvdP

終わりか
乙乙


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 19:44:24.27 ID:Ac724rvdP

天才か




掲載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349077493/
関連記事

コメント欄

  1. :2015/05/30(土) 21:44:10 ID:-
  2. うんこSS
    拾ってくるにしても
    もう少しましなものがいくらでもあったはずなのに
    なんでこんなゴミを拾ってくるのか

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク