fc2ブログ

春香「……や、やぁ」冬馬「……おう」

1: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 17:59:19.11 ID:1E6nwvQKO


スタジオ


P「いやぁ~、今日の収録は凄かったな!真美飛んでたな!真美!」


真美「ワイヤーアクション何てなかなか出来ない体験だよね~、ちょー楽しかったYO!」


春香「見てるこっちがハラハラしたよぉ~」


「あとは、事務所に戻るだけですよね?」


P「あぁ、帰りに何か食いに行くか?」


真美「本当!?真美、シュークリーム食べたい!甘い物食べたい!」



2: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 18:02:48.27 ID:1E6nwvQKO


P「おう、シュークリームでもリクームでもどんと来い!奢ってやるぞ!」


真美「さっすが兄ちゃん!ポコッ腹!」


P「メタボ気味で悪かったな」


「太っ腹の間違えですよ……多分」


春香「私も、何か甘い物食べたくなって来ちゃったな……」


「一層の事、ケーキバイキングにしませんか?」


P「そうだな、それの方が安上がりになるし……」


冬馬「………おい」


3: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 18:06:58.13 ID:1E6nwvQKO


真美「え?……あ!本家あまとう!」


冬馬「誰が本家だ!あまとうでも無ぇ!」


「どうしたの?」


真美「ひょっとして、あまとう付いて行きたいんじゃ……」


冬馬「んなわけないだろ!そこを通りたいから道を開けてくれ!」


P「あぁ……次の収録ジュピターだったな、悪い」ススッ


冬馬「ったく……こっちは早めに入ってリハを多めにしたいんだよ」


春香「あの……本当、ごめんね?冬馬くん」


冬馬「……………」


冬馬「……お、おう…」


4: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 18:10:18.10 ID:1E6nwvQKO


真美「………あれあれ?」


真美「なーんか、はるるんには優しくない?」


冬馬「は、はぁ?何がだよ?」


真「プロデューサーにはキツイ口だったのに……」


真美「どけどけー!邪魔だ邪魔だバカヤローめ!って兄ちゃんには言ってたのに…」


冬馬「そ、そんな風に言ってねぇだろ!」


P「ココロオレル…」グスッ


冬馬「テメェも泣いたフリするんじゃねぇ!」


5: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 18:14:42.30 ID:1E6nwvQKO


冬馬「別に、は……天海だから優しく言ったんじゃなくて、少し怒り過ぎたと思ったから……」


真美「あ!今、はるるんの事春香って言おうとした!」


真「は……って言ったよね!?今!?」


冬馬「なっ……違っ……!!」


P「……冬馬、お前……もしや……春香の事が好きなんじゃ」


冬馬「だ、だから、違ぇって!!」


冬馬「あぁ!もぅ!俺はリハするから、じゃあな!」スタスタ


真「あぁっ!逃げるのか!?」


P「……行っちゃったな。すごい早歩きで」


6: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 18:21:38.00 ID:1E6nwvQKO


真美「いやぁ〜、モテモテで辛いですなぁ、はるるん殿?」


春香「…………………」


真美「……はるるん?」


春香「……え?あ、何?」ハッ


真美「……どったの?ボーッとしちゃって?」


春香「い、いやその、何でもないよ……」


春香「何でも……」


真美(………何かあるね)


7: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 18:27:16.31 ID:CiaSjqNd0




765プロ


真美「なんて事があったんですよ、亜美課長」


亜美「うむむ……これは怪しさプンプンですなぁ……真美部長」


亜美「ところで、課長と部長ってどっちが偉いの?」


真美「さぁ?」


伊織「何馬鹿なこと言ってんのよ」


亜美「でも、本当に何かありそうじゃない?」


9: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 18:32:41.71 ID:CiaSjqNd0


真美「きっと、2人には周りには知られてはいけないパズドラの箱があるんだよ……」


伊織「何よその課金収入貯金箱みたいな箱は……パンドラね」


伊織「でも、その話を聞く限り2人に何かはありそうね」


真美「でしょー!?そんでね、実際どうなのかを確かめる為にちょっと仕掛けようと思ってねー……」


伊織亜美「仕掛ける……?」



12: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 18:38:17.98 ID:CiaSjqNd0



次の日 スタジオ


スタッフ「収録お疲れ様です、冬馬さん」


冬馬「お疲れっす」


スタッフ「飲み物などご用意しましたので、こちらの席で少し休んでいってください」


冬馬「あ、どうも……ありがとうございます」


スタッフ「あ、あと……すみませんが、こちらの席で次の収録での出演者の方を待機させてよろしいでしょうか?」


冬馬「あぁ、大丈夫ですよ」ゴクゴク


スタッフ「ありがとうございます」ぺこっ


スタッフ「天海さーん!こちらでスタンバイお願いしますー!」


冬馬「……ッ!?」ゴフッ


14: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 18:45:08.72 ID:CiaSjqNd0


冬馬「はる……天海かよ……」ゴホッゴホッ


春香「は〜い……あっ」スタスタ


冬馬「…………………」


スタッフ「では、こちらの席でお待ちください」


春香「は……はい……」ストンッ


冬馬「…………………」


スタッフ「では、出番になりましたらお呼びしますのでお待ちください」スタスタ


15: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 18:48:35.06 ID:CiaSjqNd0





春香「…………………」


冬馬「…………………」


春香「……や、やぁ」


冬馬「……おう」


春香「…………………」


冬馬「…………………」




16: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 18:54:02.64 ID:CiaSjqNd0








スタッフ「……これでよろしいのでしょうか?」


真美「うんうん、ばっちしOK!ありがとね!」


スタッフ「いえいえ、こちらも御二方のサインありがとうございました…じゃあ」スタスタ


亜美「ちょうど2人の収録時間が繋がってる時があってよかったね〜」


真美「ここからの距離なら声もギリ聞こえるし……」


亜美「さてさて、御二方の会話から事情を暴くとしますか!」


真美「あまあま探検隊、スタート!」



17: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 18:58:59.51 ID:CiaSjqNd0


春香「…………………」


冬馬「…………………」


春香「…………………」


冬馬「…………………」


春香「…………………」


冬馬「…………………」ゴクゴク


真美(……喋んないね)


18: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 19:02:57.57 ID:CiaSjqNd0


亜美(ひょっとして……ケンタッキーとか?)


真美(倦怠期?)


亜美(そうそれ!ラブラブカップルには必ず来るそれ!)


真美(というか、2人がカップルなのは必然なの?)


亜美(……まずは、それをどうかを確かめないとね)


春香「…………………」


春香「あ……あのさ……」


冬馬「!」


真美(キェェェェェェアァァァァァァシャァベッタァァァァァァァ!!)


亜美(はるるんは一体、何の話題を切り出す気なのか!?)


19: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 19:08:37.31 ID:CiaSjqNd0


春香「…………」


春香「……寒いね」


冬馬「……あぁ」


春香「…………」


冬馬「…………」


真美(それだけかいズコーッ!!)


亜美(うあうあ〜!これじゃあ何の為に2人を鉢合わせさせたかわかんないじゃん!)


冬馬「…………あのさ」


春香「えっ?な、何?」


亜美(おおぉ!?)


真美(女の子の扱いに慣れてなさそうなあまとうから行ったぁ!)


20: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 19:16:33.66 ID:CiaSjqNd0


冬馬「……前さ……旅行行った時さ……」


真美(……え?旅行?)


春香「……あ、あぁ、あの時ね……」


亜美(旅行って……一緒にしたの!?カップルデート!?)


冬馬「最後、写真撮っただろ」


春香「うん」


冬馬「……ふふっ」


春香「?」


冬馬「お前、半目だったな……くくっ……」


春香「!?///」


21: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 19:24:51.99 ID:CiaSjqNd0


春香「う、嘘!?本当!?」


冬馬「写真みたら半目でピースしてたぞ……ふふふっ……」


春香「え、えぇぇ……私、やよいの宣材写真時みたいになってたの……?///」


冬馬「……やっぱお前、ドジだな……ふふふっ」フルフル


春香「も、もう!笑わないでよ〜!///」


真美(…………おやおや、これは)


亜美(どうみても……B・A・K・Aップルだね……)


22: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 19:31:15.52 ID:CiaSjqNd0


冬馬「………ふう、笑い疲れた」


春香「うぅ……やだなぁ、もう///」


冬馬「…………あのさ」


春香「何?」


冬馬「あいつとは……順調か?」


春香「あいつ……って?」


冬馬「……ほら、休みになる前に話した……」


春香「……あぁ、あの時に話した……」


春香「あの時話して以来、会ってなかったもんね」


冬馬「……まぁな」


真美(………え?別れてたの?リア充爆散した?)


亜美(さっき一緒に旅行行った話から、別れた時の話って……)


24: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 19:37:41.29 ID:1E6nwvQKO


冬馬「……それで、順調か?あのプロデューサーとは?」


春香「う……うん、昔よりは前進したかも……///」


真美(兄ちゃんの特殊召喚!お楽しみはこれからだ!)


亜美(兄ちゃん……罪な男よ)


春香「冬馬くんはどう?そっちのプロデューサーさんとは?」


冬馬「な、何がだよ……」


春香「だって冬馬くんも、担当のプロデューサーさんの事……」


冬馬「なっ……ち、違ぇよ!そんなんじゃねぇって!///」


冬馬「へ、変な勘違いすんなよな!///」


春香「ふふふ……はいはい」


真美(ほうほう……これは、マリアナ海溝より深い事情があって別れたとみれますな)


亜美(まこちんの読んでる少女漫画よりドロドロな予感……!)


25: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 19:43:04.44 ID:1E6nwvQKO


スタッフ「天海さーん、そろそろお願いしますー!」


春香「あ、はーい!」


春香「……じゃね」タタタ


冬馬「おぅ……ガンバ」


真美(家政婦は見た……)


亜美(別れたカップルのどこか儚い会話を……)


真美(……なんか、思ったより重い話だったね)


亜美(……なんか、罪悪感感じちゃうね)


亜美真美(……………………)


26: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 19:49:10.12 ID:1E6nwvQKO


冬馬「…………」ゴクゴク


冬馬(メロンソーダ飲みてぇ……)ゴクゴク


亜美「あまとう……」


冬馬「確かに甘党なのかもな俺……って、双海亜美!?いたのかっ!?」バッ


真美「あまとうは、本当に別れて良かったの!?」


冬馬「お前もいたのか……別れて良かった?何がだ?」


真美「はるるんとイチャラブカップルじゃなくなってもいいの!?」


冬馬「イチャラブカ……はぁ!?」


27: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 19:56:08.87 ID:1E6nwvQKO


冬馬「な、何を言ってんだよ……お前ら!」


冬馬「というか、大声で誤解を招くようなことを言うな!聞かれたらどうすんだ!」


悪徳又一「むっ」ピーン


真美「はるるんが兄ちゃんを好きになったから別れちゃったの!?」


亜美「それとも、あまとうの方が好きになっちゃったから別れたの!?」


冬馬「お、お前ら、話聞いてやがったな!」


冬馬「というか、その順番で話すと俺がお前らの所のプロデューサーに惚れてるみたいじゃねぇか!やめろ!」


真美「とにかく、どうなの!?あまとう!?」グイグイッ


亜美「捨てたの!?捨てられたの!?」グイグイッ


冬馬「こ、こらっ、そんなくっ付いてくんな!また変な誤解が生まれるだろうが!」


渋澤記者「むっ」ピーン



29: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 20:03:59.11 ID:1E6nwvQKO







真美「………同じ?」


亜美「………学校?」


冬馬「………そうだ、高校がたまたま一緒なだけだ」


真美「じゃあ、旅行って……?」


冬馬「俺の学校は、2年で修学旅行に行くんだよ……」


冬馬「そんで、写真ってのは集合写真の事だ」


30: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 20:07:47.32 ID:1E6nwvQKO


亜美「じゃあ、会ってないって……?」


冬馬「1年の時は同じクラスで、席が名前順で近かったからたまに喋ってたんだ」


冬馬「2年でクラス替えがあって、春香とは違うクラスになったんだよ」


亜美「なーんだ……会ってないって学校でって事かぁ……」


真美「じゃあ、何で仕事場ではるるんと会った時はそんなに喋んないの?」


冬馬「……何か気まずいだろ、学校の知り合いが仕事場で会うって」


真美「えぇ〜、そっかなぁ?」


冬馬「そういうもんなんだよ……仲が微妙な奴だったら尚更だ」


32: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 20:27:53.91 ID:1E6nwvQKO


亜美「でも、はるるんの事春香って言ってんじゃん、仲良いんじゃないの?」


冬馬「だぁぁあ!しまった!学校以外では天海って呼ぶようにしてたのに……!」


亜美「おやおや……これは怪しい匂いが……」


冬馬「違うって言ってんだろ!」


冬馬「学校で馬鹿な奴らがあまあまコンビとか言って茶化してくるから、互いに下の名前で呼んでんだよ」


亜美「なぁーんだ……でも、恋愛相談はしてたんでしょ?」


冬馬「……ま、まぁな……春休み前の終業式でな……」


冬馬「とにかく、春香とはそれくらいの話はするぐらいの友人関係だ」


真美「カップルじゃなかったんだね……」


亜美「あーあ、普通の事過ぎて、何か肩もみが凝りちゃったよ……」


冬馬「肩の荷が下りたと言いたいのか……?」


33: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 20:33:51.52 ID:1E6nwvQKO


春香「お疲れ様でーす……あれ?亜美?真美?」


亜美「あっ!今回の事件の核その2!」


春香「え?事件?核?その2?」


真美「はるるん、あまとうと同じ学校だったんだね」


春香「あ……ば、バレちゃったんだ……あはは」


真美「こいつが自分から吐いてくれましたぜ……リボン刑事」ポンッ


冬馬「お前らが無理矢理聞いて来たんだろうが!」


34: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 20:38:30.30 ID:1E6nwvQKO





次の日


真「なんだ……ただの友達かー」


春香「ちょ、ちょっと!それ以上の何を求めてたの!?」


伊織「ま、こんなこったろうとは思ってたわ」


亜美「何かありそうね……とか言ってちょ〜怪しんでたくせにぃ〜」ツンツン


伊織「う、うるさいわね……///」


35: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 20:44:04.88 ID:CiaSjqNd0


真美「本当、人騒がせなあまとうだよ……」


P「……そのあまとうが、色んな新聞に載ってるぞ」


春香「えっ?」


真美「本当!?……というか兄ちゃん、顔が真っ青だよ?どったの?」


P「………見ればわかる」ファサッ








『天ケ瀬冬馬、ホモォ疑惑!?他事務所のPにぞっこんLOVE!?』


『女を捨ててまで男を選んだ人気ユニット、ジュピターのリーダー天ケ瀬冬馬!!』


『彼女に捨てられた過去発覚!人気アイドルあまがせとうう!!』


37: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 20:50:09.90 ID:CiaSjqNd0


春香「」


伊織「な、何よ……これ」ワナワナ


亜美「……あっ」


亜美「……もしかして、昨日亜美達が、あまとうに叫んだ時の会話が聞かれたんじゃ……」タラタラ


伊織「新聞の内容は……『あの人気アイドルユニット、ジュピターはホモォだったのか?』」


伊織「『他事務所のプロデューサーとの恋愛疑惑が昨日、天ケ瀬冬馬本人の会話から浮上してきた』」


伊織「『そのプロデューサーが勤めている事務所で、関係者の事務員は「祭りじゃ祭りー!男と男が2人ならば恋を始めよぉーピヨー!」と語っている』」


伊織「………何よ……何よコレぇ!?」バンッ


真「あぁっ!」


伊織「今度は何よ!?」


40: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 20:56:52.69 ID:CiaSjqNd0


真「こ、このニュース番組で……」


真「人気アイドルに、ロリコン疑惑が!?……って」


真美「あっ……」


真美「もしかして……あの時あまうに詰め寄ってくっついたの見られたんじゃ……」タラタラ


真「………あ、人気カリスマギャルのアイドルだった」


真美「あ、あぁ、そなの……よかった」ホッ


伊織「……あんた達、また何かしたの?」


真美「ギクッ!!」え、えぇ?


亜美「ハラハラ!!」そ、そんなことないYO!


P「擬音と台詞が逆」



42: ◆p3yuNM37DY 2014/12/11(木) 21:02:15.98 ID:CiaSjqNd0








prrrr…prrrr…

ヴーヴー…ヴーヴー

ただいま、電話に出ることが……

留守電サービスに接続……

prrrr…ヴーヴー…prrrr…ヴーヴー…

ただいま、留守電サービスに出ることが……

prrrr…ヴー…ただいま…留守電…




冬馬「………………」ボーッ


冬馬「朝起きたら、自宅電話と携帯が凄いことになってるんだが……」ボーッ


冬馬「……………」


冬馬「なんだよコレぇ!!!!!」









43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 21:05:07.14 ID:T18YRhIdO

あまとうは不憫かっこいい
おつ


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/11(木) 21:48:37.90 ID:zvu592B60

名作の予感だったのになあ




掲載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1418288359/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク