FC2ブログ

煌「自由時間、すばらです!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:18:33.00 ID:XONUuyvx0

煌「大会の合間の自由時間です。先鋒戦は大変でしたけど今日はゆっくりと休めますね」

煌「それにしても東京の街は広いですねー」

煌「人も多いですし、お店もオシャレですばらです!」

照「……」

煌「…あれは宮永さん?何か嫌な予感がします。見つからないうちに、」

照「ん?誰かと思えば先鋒戦の」

煌「ぐっ…」スバラ


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:19:21.44 ID:XONUuyvx0

煌「こ、これはこれは宮永さん。こんな所で奇遇ですね」

照「菫に頼まれて買出しに出ているだけだ。別に暇なわけではない」

煌「それはご苦労様です。ではまた」

照「追い待て」グイッ

煌「…何でしょうか?できれば今日は自由に遊びたいんですけど」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:20:07.84 ID:XONUuyvx0

照「私が何をしに外に出てきたのか聞いていたのか?」

照「菫にいわれて買出しに出ているんだぞ」

煌「はぁ、その菫さんがどなたかは知りませんけどご苦労様ですね」

照「ふう、察しが悪いな。わからないのか?」

照「考えても見ろ。初めての東京で一人外出だぞ?」

照「帰り道がわからない」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:21:07.44 ID:XONUuyvx0

煌「…それで、宮永さんは私にどうしろと?」

照「別に、ただ一緒に私を集合場所に連れて行ってくれ」

煌「あのですね。連れて行ってくれと言われましても私宮永さんがどこに留まっているかなんて知らないんですけど」

照「!?」

煌「いや驚かれても」

照「それは困る。早くしないと菫に怒られる」ギュルルル


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:22:05.59 ID:XONUuyvx0

煌「すばらっ!」

煌「コークスクリューで脅すのはやめてください!」

照「けど一人では帰れないんだ」ギュルルルル

煌「わかりました、わかりましたから」

煌「それで、宮永さんの宿泊先のお名前は?」

照「さあ」

煌「…」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:23:39.66 ID:XONUuyvx0

煌「何で覚えてないんですか!」

照「何でって別にあそこは私の家じゃないし」

煌「…もういいですよそれじゃあお仲間の方にこちらに来てもらいましょう」

照「?菫たちと知り合いなのか?」

煌「この流れでなんでそう思えるんですか!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:25:47.15 ID:XONUuyvx0

煌「他の皆さんだって携帯電話ぐらいは持っているんでしょう?」

煌「仕方ないので連絡しましょう」

照「どうやって?」

煌「どうやってって……あの」

煌「宮永さん携帯はお持ちで」

照「母さんに持たされた」

煌「今は?」

照「ホテルに置いてきた」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:28:14.48 ID:XONUuyvx0

煌「すばらっっ!」

煌「万事休すですか…あの、まさかとは思いますけど番号は覚えてないですよね?」

照「ふぅやれやれ、これだから機械オンチは」

照「携帯電話は名前で登録できるから番号は覚えなくていいんだよ」

煌「」イラッ


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:29:45.82 ID:XONUuyvx0

煌「もうどうしようもないじゃないですか」

照「だが自分の番号なら覚えてるぞ」

煌「それを先に言ってくださいよ!とりあえず私の携帯でかけて誰かが宮永さんの携帯に出てくれることを祈って…番号は?」

照「○○○ー××ー□□□□」

煌「えっと、○○…あの、そこにかけるとどなたがでるんでしょうか」

照「ふむ、この時間だと母さんはいないから留守電かもな」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:31:49.36 ID:XONUuyvx0

煌「宮永さんのご自宅にかけたって意味ないじゃないですか!」

照「怒らないでくれよ」ギュルル

煌「…帰れたら菫さんに迷子札でも作ってもらってください」

照「まったくだ、菫がしっかりしてないから」プンプン

煌「……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:34:03.52 ID:XONUuyvx0

煌「もうどうしようもないです、仕方ないからもっと原始的な方法でやってみましょう」

照「狼煙か?」

煌「…宮永さん、せめてどっちの方向からきたかは覚えていらっしゃいませんかね?」

照「方角か…」

煌「ホテル出て右に曲がったとか、左に曲がったとか。右と左わかります?」

照「バカにするな、それくらい」ギュルルルr


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:35:45.55 ID:XONUuyvx0

照「しかし、それは少し難しいな」

煌「覚えていらっしゃらないと…」

照「いや、右だ左だといってもだな」

照「例えばこうしてお前と話していると右手はこっちに、左手はこっち。お前は今私の左手側にいる」

照「しかしこう後ろを向くと」クルッ

照「右手はこっちに左手はこっちに、お前も右手側に…これじゃあどっちが右がさっぱりわからない」

煌「さっぱりなのはこっちですよ…」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:37:16.77 ID:XONUuyvx0

煌「もう何でもいいから覚えてないんですか!?色とか形とか」

照「んー縦長だったような横長だったような、赤かったような青かったような」

照「いやそもそも赤いといっても薄かったのか濃かったのか、そもそも赤だって私の思っている赤とお前の赤は違うかも…」

煌「もういいです、私は間違ってました」

煌「宮永さんに何か考えさせてはいけませんでした」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:40:03.34 ID:XONUuyvx0

煌「とりあえず歩きましょう。それしかありません」

煌「私の前にいたんですから少なくとも私とは別方向に留まっていらっしゃるようですし」

煌「少しでも宮永さんが見覚えのある所まで出るのを期待します」

照「わざわざ大変だな」

煌「……」

照「待ってくれ帰らないでくれ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:43:37.34 ID:XONUuyvx0

煌「さて、結構歩きましたけど、何か思い出せました?」

照「いやさっぱり」モグモグ

煌「すばら!何を食ってますかあなたは!?」

照「こんなに歩いたらお腹が空くだろう」

照「買出しのアイスが溶けたらもったいないし」

煌「」イラッ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:48:31.30 ID:XONUuyvx0

照「冗談だ、ほらスイカバーをあげよう」

煌「スーパーカップが好きですけど、いただきます」

煌「けど、よろしいんですか?買出しのものをいただいてしまって」

照「しまった…」

煌「すばら…」

照「まぁ何か言われたら一緒に謝ってくれ」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:51:13.47 ID:XONUuyvx0

照「ん?そういえばこの通り…」モグ

煌「何か見覚えでも?」シャク

照「うーん、この前菫と一緒にここを通ったような」

煌「ということは、少しは近づいてるということですかね」シャクシャク

煌「行きましょうか」ゴックン

「おおーーっと!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:56:05.11 ID:XONUuyvx0

煌「おや?」

照「?」

福与「見覚えある後ろ姿だと思えばあの白熱の先鋒戦を演じた白糸台宮永照と新道寺女子の花田煌!」

煌「すばら!何者ですか」

小鍛治「ちょ、こーこちゃんいきなり失礼だよ」

煌「あなたは確か」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 22:58:07.07 ID:XONUuyvx0

福与「チャンピオンと、若き先鋒、2人は共に卓を囲むことでただのプレイヤーとしての一線も越えてしまった関係なのかー!」

小鍛冶「言い方おかしいから!」

煌「どこかで聞いたことのある声だと思えば実況の」

小鍛冶「こんにちは、小鍛冶健夜です」

福与「同じく実況は私、福与恒子でお送りしています!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:00:10.53 ID:XONUuyvx0

照「そういえばそうだった気がするな」

煌「というか、実況のお2人がこんなところで何を?」

福与「いや~すこやんがどうしても一緒にお昼したいって///」クネクネ

小鍛冶「ちょ!こーこちゃんが誘ったんでしょ!」

福与「つまりすこやんは誘えばホイホイ着いてくる女性であると!」

小鍛冶「だから言い方がおかしいって!!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:03:52.81 ID:XONUuyvx0

煌「流石東京、実況アナも愉快な方々ですね」

福与「それで、いったいお2人はどのような関係で!」

煌「別に、ただ迷子の宮永さんを私g「いえ」

照「ただ、私が迷子になって困っていたところにちょうど花田さんがいらしゃって」

照「道案内をしてくださっているんです」ニッコリ

煌「すばらっ…」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:07:20.04 ID:XONUuyvx0

福与「ほー、チームを超えた友情と言うわけですね!」

照「いえ、それほど大それたものではありません」

照「ですが私は共に同じ卓で競い合った仲として、花田さんとこうして再会できたことが嬉しいです」

照「これからも技術を磨きあっていける仲であれるように願います」ニコッッ

福与「以上、チャンピオンのインタビューでした」

小鍛冶「いつから!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:10:47.89 ID:XONUuyvx0

照「ニコニコ」

煌「…あの、まさかとは思いますが宮永さん、白糸台の皆さんがどちらにいらっしゃるかご存知ありませんよね?」

小鍛冶「うーん、ちょっと宿泊先までは。こーこちゃんは?」

福与「ぶら下がりのカメラマン達なら知ってると思うんですが」

煌「ですよね…いえ、お手数をかけました」

福与「ってすこやん!もう休憩終わっちゃうよ早くお店行こう!」

小鍛冶「えっ!?ちょこーこちゃん待って!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:15:41.88 ID:XONUuyvx0

照「ふう」

煌「その身の変わりようには何も言いませんけど」

煌「どうですか宮永さん、私たちもこの辺りで少しお昼にでも」

煌「動き回るよりも案外向こうのほうから探しに来てくれるかもしれませんよ?」

照「確かに、じゃあ私はあそこのラーメン屋がいい」

煌「また昼に重いもの食べますね」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:18:49.53 ID:XONUuyvx0

ラッシャッセーーー

煌「しかし東京はラーメン激戦区とも聞きますし、私は豚骨にしましょうか」

照「…けど空いている席がないようだ」

アイセキデーヨロシャースァーーーー?

煌「構いませんよ」スバラ

「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:22:28.32 ID:XONUuyvx0

憧「ちょっとシズここ相席にするって、もっとそっち寄って」

穏乃「おおおおお、って!」ガツガツ

玄「あっ!白糸台と新道寺の」

煌「おやまあ、会うときにはよく会うものですね、すばらです!」

照「阿知賀、皆ではないようだが」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:26:53.08 ID:XONUuyvx0

玄「…おねえちゃんは寒いから今日は部屋にいるって」

憧「灼さんは晴絵と一緒にいるっていうし」

照「そうか…」

玄「っ!」

照「ふむ…そんなに怯えないでください」ニコッ

照「試合である以上手は抜きませんが私は皆さんと仲できれば良いと思っています」ニッコリ

玄「えっ」

照「なんちゃって」ギュルルル

玄「ひぃ!!」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:29:37.55 ID:XONUuyvx0

憧「ああ!玄がレ○プ目に!」

穏乃「よくも玄さんを!!」ズルズル

玄「        」

煌「あの、注文するので少し静かにしていただけませんか」

ゴチューハイジョーデショロシャースカァー?

照「待ってくれ」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:31:27.27 ID:XONUuyvx0

煌「宮永さんはどうするんですか?私は豚骨にしましたけど」

穏乃「じゃあ私醤油もう1つ!!」

憧「あんた何杯食べるつもりよ…」

照「じゃあ冷やし中華で」

煌「おやラーメンでなくてよかったんですか?」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:33:41.52 ID:XONUuyvx0

穏乃「まだかなまだかな」

オマタセシャッシュター!

穏乃「うよおおおおおお」

煌「ほう、これはまたおいしそうな。いただきます」

穏乃「はふはふはふはう」ズルズル

照「……私のだけこない」

憧「一人だけ冷やし中華頼むから…」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:36:07.11 ID:XONUuyvx0

オッシャッシャシシァー!

照「やっと来たか」

照「では」ガッ

照「いただきます!」ギュルr

煌「あの!」

煌「できればその左手で卓を掴んで右手を振りかぶる食べ方は止めていただけませんか?」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:36:37.11 ID:XONUuyvx0

エロはない予定


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:39:04.81 ID:XONUuyvx0

照「モグモグ」

穏乃「ぷはぁぁぁ!」

玄「     」

煌「あの、そちら、松実さんは大丈夫なのですか?」

憧「ん?大丈夫大丈夫うちは晴絵直々のメンタルトレーニングをしてるんだから」

憧「この程度で折れる心は持ってない!ってね」

煌「折れてないといいんですけど」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:43:41.83 ID:XONUuyvx0

照「ふう、ごちそうさまでした」

煌「いやー何か東京に来てから久しぶりにゆっくりした気がしますね」

穏乃「ほんとほんと」モグモグ

憧「シズ、あんたその杏仁食べたら帰るからね」

煌「おや、皆さんお忙しいのですか?」

憧「一応ね、これでもミーティングとかあるんだから」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:47:08.94 ID:XONUuyvx0

煌「そうですか。あのもしかしてお2人は宮永さんがどちらに留まっていらっしゃるかは…」

照「知ってるわけないだろう。私は2人がどこに留まってるのか知らないんだから」ワハハ

煌「」

憧「え~っと…ちょっと知らないかな、はは」

煌「…どうもありがとうございました。この後も敵同士ですが頑張りましょう」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:51:43.30 ID:XONUuyvx0

煌「さて、どうしたものでしょうか」

煌「当たり前ですが誰も宮永さんの宿泊先はご存じない」

煌「連絡を取る方法もなし」

煌「万策つきましたか…」スバラ

照「仕方ないから一度会場に向かったらどうだ?」

照「さっき言ってたようにカメラマンでもいたら聞く事が出来るかもしれないぞ」

煌「宮永さんっ…まさか宮永さんがそんなまともな方法を思いつくなんて、すばらです!」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:55:53.36 ID:XONUuyvx0

煌「しかし考えてみれば宮永さんと一緒に宮永さんの宿泊先はどこですかと尋ねるのはかなりマヌケですね」

照「まるで私が恥ずかしい人間のように言うのは止めてくれ」

煌「まさしく恥ずかしい人間だと思いますが」

煌「さて、どなたに尋ねたものか…」

照「とりあえずあの着物のカメラマンに聞いてくる」

煌「何をどうしたらあの着物の人をカメラマンだと思うんですか!!」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/09(木) 23:58:41.48 ID:XONUuyvx0

咏「ホテル?いや知らんし」

照「そっかー」ガッカリ

煌「あきらかに的外れな人に聞いて落ち込まないでくださいよ」

咏「ていうかあんたら準決勝の先鋒じゃね?」

煌「ほほう、流石に私も会場内では有名ですか。、すばら!」

咏「いや有名かは知らんけど」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 00:03:03.61 ID:v1aqKhvr0

咏「ふーんホテルねぇ。やっぱわっかんねー」

煌「まあそうだとは思ってましたから良いんですけど」

咏「でももしかしたらえりちゃんなら知ってっかも」

咏「あの娘、どうでもいいことだけは真面目に覚えてっから~」フリフリ

えり「いえいえ、そんなお褒めに預かるほどでは」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 00:07:12.98 ID:v1aqKhvr0

咏「うひょう!えりちゃんビビッた~」

えり「いやまさか三尋木プロが私のことをそんな風に思っていてくれていたなんて」

えり「嬉しいですよぉ~」ニッコリ

咏「あのね、痛い、肩痛いからえりちゃん」

煌「なんというか、プロとはこういう世界なのでしょうか」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 00:12:36.97 ID:v1aqKhvr0

えり「えっ?白糸台の宿泊先?」

煌「ええ、宮永さんがどうしても思い出せないと」

照「ニッコリ」

煌「…何故かまた営業モードになってるし」

咏「いや~えりちゃ、えりさんならそういう細かいところまでしっかりと記憶しているかと思ってね~」

えり「いやあ流石に知りませんけど」

煌「ここでもダメでしたか…」

えり「でももしかしたら」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 00:17:00.96 ID:v1aqKhvr0

えり「いや確か私の出場校のことをまとめた書類にそのデータもあったような気が」

咏「マジっすか!」

煌「すばら!」

えり「ちょっと待っててください。今持ってきますから」

照「ありがとうございます」ニコ


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 00:21:26.06 ID:v1aqKhvr0

咏「うわ~わかんねー。えりちゃんの情報量わっかんねー」

煌「これでわかればいいんですけどね」

咏「えりちゃんパねえからなー、知らんけど」

えり「ありましたよ、白糸台の宿泊先」

煌「!すばらです」

煌「よかったですね宮永さん。これで帰れますよ」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 00:25:32.62 ID:v1aqKhvr0

煌「ふむ、何だかんだでここから結構近いですね」

照「針生さん、三尋木さん、どうもありがとうございました!」ニコッ

えり「気をつけて帰ってくださいね。大会これからも期待してますよ」

咏「じゃあね~」フリフリ


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 00:30:40.20 ID:v1aqKhvr0

えり「なんだかああいう姿を見てると若さってのを感じますね」

咏「おいおい、そりゃ小鍛冶プロのネタじゃね?」

えり「ネタでいってるんじゃないですよ!」

えり「何か一つのことに打ち込めるって、それが若いってことなのかなって思ったんです」

咏「えりちゃん」

咏「えりちゃんて意外と……若作り?」

えり「」

咏「痛い痛い痛い!!そこはどうなるかわかんねー!!」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 00:35:15.07 ID:v1aqKhvr0

煌「えっと、ここを曲がったらすぐですね」

照「やれやれ、これでやっと帰れる。今日は疲れた」

煌「何を帰れれば帰れたみたいな言い方してるんですか」

照「私は悪くない。悪いのはわかりにくいホテルのほうだ」グビグビ

煌「あの…それは飲んでしまってよろしいものなのですか?」

照「はっ!」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 00:38:30.92 ID:v1aqKhvr0

照「しまった…まいっか」グビ

煌「買出しに出て帰り道に食べたら意味ないじゃないですか」

照「何ださっきから、ほらオランジーナあげるから機嫌直して」

煌「ペプシNEXのほうが好きですけど、こうなりゃヤケですよ」グビグビ

照「あー、何か食べたり飲んだりしたらお腹痛くなってきたかも」

煌「本気でそろそろ帰らせていただきますよ?」グビ


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 00:43:25.09 ID:v1aqKhvr0

照「そんなこと言わないでくれ。どうせ外も暑いし少しそこの公園で休もう」

煌「はぁ…白糸台の皆さんも苦労されてるんでしょうかって」

怜「すぅすぅ」

煌「今日は何なんでしょうね。このエンカウント率は」

照「千里山の…ちょうどいいか」ヨイショット


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 00:45:47.62 ID:v1aqKhvr0

怜「んっ…竜華?うち寝てたんやな」

照「すぅすぅ」

怜「うわ!!」ドンッ

照「がはっ」

怜「あっ!つい反射的に。大丈夫やった?堪忍して」

照「たたた…」

怜「っ!宮永照……がなんでうちの隣で寝てたん?」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 00:49:34.56 ID:v1aqKhvr0

照「いや、園城寺さんがベンチで寝てたから、悪い虫がつかないように」

煌「はたから見てたら完っ全にあなたが悪い虫でしたけど」

怜「目覚めに心臓止まるかと思ったわ。うち病弱やから」

竜華「怜、目覚ましたん?ジュース買ってきた…ってあんたら!」

煌「こんにちは。ちゃんとお連れがいらしたんですね」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 00:53:06.88 ID:v1aqKhvr0

竜華「確か先鋒戦で怜と打った」

煌「すばらです!」

照「照です」

竜華「その2人がこんなとこで何しとるん?」

煌「ま、いろいろありましてね。といか園城寺さんはあの後大丈夫だったんですか?」

怜「まぁ、色々あったけど何とかしたら意外と何ともなかったんよ」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 00:57:24.86 ID:v1aqKhvr0

煌「それなら良いんですけど、そういうお2人はこちらで何を?」

竜華「…それがな、その」

怜「うちら、道に迷ってるんよ。竜華と2人で出かけたんやけど」

竜華「あかん、東京広すぎや、人の住むところやない」

照「ぷっ」

煌「少なくとも宮永さんには誰も笑うことはできないと思いますが?」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:01:18.86 ID:v1aqKhvr0

竜華「まあさっき浩子と連絡とれたから迎えに来てくれるんやけど」

怜「うち病弱やから、ここで休んどったわけ」

煌「何とまあ迷子になっても仲睦まじく頼れる仲間がいらっしゃるとは」

照「…私が悪いんじゃなくて携帯を持たせなかった菫たちが悪い」

煌「別に宮永さんとは言ってませんが」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:05:32.55 ID:v1aqKhvr0

怜「頼れる仲間…せやな、ホンマにうちはいつも助けてもらってばっかりやわ」

竜華「怜、そんなことない。うちらは怜の頑張ってるとこ知っとるから」

竜華「そんな怜の力になりたいだけや」

怜「竜華…」ギュ

竜華「怜…」ギュ

照「園城寺さん…」ギュ


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:07:59.00 ID:v1aqKhvr0

煌「あなたは何をやっているんですか!」

照「あまりにも違和感がなかったからつい」

怜「……新道寺も大変やね」

竜華「あんたらこれからどないするん?」

煌「宮永さんももう充ぅぅぅ分!体調は戻ったようなのでこの辺でお暇させていただきますよ」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:10:45.83 ID:v1aqKhvr0

照「ちょっと待ってくれ、わたし病弱だからもう少し、せめて清水谷さんに膝枕してもらってから」ズルズル

煌「ではまた、良い戦いをしましょう」

照「待ってくれ、痛い痛い首痛い」

怜「これが…」

竜華「全国っ…」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:14:48.68 ID:v1aqKhvr0

煌「やれやれ、ようやく帰れますよ。宮永さんもう寄り道はしませんよ」

煌「まったく今日は何だか試合よりも疲れた気がします」

照「本当に…私はいつも助けてもらってばっかりだ」

煌「…」

照「本当に…私はいつも助けてもらってばっかりだ」

煌「…」

照「そんなことない私は照の頑張ってる姿を知ってるから(すばらボイス)」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:17:32.14 ID:v1aqKhvr0

照「って言ってくれないと」

煌「唐突過ぎて意味がわかりませんから!」

照「まったくさっきの2人を見てなかったのか」

煌「言っておきますけど…私に抱きつこうとでもしたならすばらな速さでコークスクリューしますよ」

照「本当は?」

煌「フリじゃないですから!」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:21:15.58 ID:v1aqKhvr0

照「面白みのないやつだ」

煌「宮永さんと漫才やるつもりはありませんので」

照「おい、夫婦漫才なんて照れるだろ、照だけに!」テルゥ

煌「あのホテルじゃないですか?」

照「おい」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:25:54.96 ID:v1aqKhvr0

照「おお、こうしてみればまさに忘れがたき宿泊先という感じだ」

煌「もういちいち反応するのも疲れました」

照「しかし随分と時間がかかってしまったな」

煌「それでは宮永さん。私はこれで。流石にあと十歩で道には迷わないでしょう」

照「待ってくれ、せめて菓子の一つぐらい持っていってくれ」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:29:28.84 ID:v1aqKhvr0

煌「は?」

照「私を非常識な若者だと思ったか?礼ぐらいはさせてくれ」

煌「べ、別にかまいませんよ。人助けはすばらなことですから、わざわざお礼なんて」

照「それなら一緒に謝ってくれ。このまま帰るなんて寂しいだろ、あがっていってくれ」

煌「…まあそこまでおっしゃるならお言葉に甘えて」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:32:23.12 ID:v1aqKhvr0

菫「……いえ、そんなことが。どうも今日はうちの宮永がお世話をおかけしました」

照「そんなに謝るな菫。わざわざ礼はしなくていいとさっき言っていた」

菫「…」

照「…けどやっぱり礼は大切だな。その怖い目は止めてくれ」

煌「あの、気にしないでください。どうせ暇な時間でしたので」

菫「本当に、何から何までご迷惑をおかけして」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:35:26.72 ID:v1aqKhvr0

照「さてここがわたしの部屋だが」

煌「すばら!さすが白糸台ともなると一人一部屋ですか」

照「やはり一人だと落ち着く。えっと…あったこれだ」

煌「宮永さん?…これって」

照「スーパーカップとペプシNEXだ。ちょうど買い置きがあってな」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:36:55.93 ID:v1aqKhvr0

煌「…ぷっ」

照「む?何がおかしい」

煌「いえ、本当に卓の外ではただの人だなと思いまして」

照「それは褒め言葉か?」

煌「すばらな意味ですよ」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:39:08.07 ID:v1aqKhvr0

煌「さて、それじゃあ本当にこの辺りでお暇させてもらいますよ」

照「そうか、見送るよ」

煌「おや、玄関ロビーまでの出方覚えてるんですか?」

照「むっ」

煌「冗談です」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:43:16.94 ID:v1aqKhvr0

煌「それではまた、全国の舞台で」スバラ

照「そうだな…その」

煌「はい?」

照「いや、きょ、今日は…」

照「随分とあなたに世話をかけてしまった…もうしわけない」

煌「…宮永さん。こういう時はありがとうでいいんですよ?お互い様なんですから」

煌「それに私のことは花田とでも呼んでください」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:44:47.12 ID:v1aqKhvr0

照「!!」

照「花田さん!」テヲニギル

煌「すばら!ちょ、何してますか!?」

照「花田さん!私、その…」

煌「…宮永さん?」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:47:44.33 ID:v1aqKhvr0

照「私…私ね…」

煌「は、はい…」ゴクリ

照「戻れない…」

煌「は???」

照「今思い出した。オートロックの部屋の鍵、中に置いてきたままだ」

照「部屋は入れない。菫にいったらもっと怒られるどうしよう…」

煌「……すばらっ」



   カン!!


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:51:40.55 ID:v1aqKhvr0

照「うわああああん」ビー

煌「はぁ…やれやれ」

煌「泣かないでください宮永さん」ナデナデ

照「ううぅぅ」

煌「私が一緒に謝りますから」ギュ

  
  ホントにカン!!


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:53:33.34 ID:TnTsvxHV0



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:53:59.37 ID:yUXM4+wo0

乙!!

キマシタワーは立たなかったか


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/08/10(金) 01:55:07.21 ID:PW+mLmNV0

乙です
すばらでした!




掲載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344518313/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク