FC2ブログ

志狼「へへっ、聞いたぜ?」 女P「何を?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/14(日) 20:20:00 ID:sJLTxhaU



志狼「プロデューサーさんも、オオカミだったんだな? わっ、わおぉぉぉぉん///」

女P「……」


女P「ああ頭が痛い」クラッ

女P「誰がそんな事を言ってたのよ?」



志狼「はぇっ?」

志狼「山村のニーチャンだけど?」


女P「あんのアホがっ」

女P「いい志狼? そんなの嘘だから、忘れてね?」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/14(日) 20:24:27 ID:sJLTxhaU



志狼「オオカミじゃねーの?」

女P「私が、オオカミに見える?」


志狼「見えない」フルフル

女P「でしょ?」ニコリ



女P「それよりほらっ」

女P「いつものようにマッサージして上げるから、そこのソファーでうつ伏せになって」


志狼「やったー!!」

志狼「オレ、プロデューサーさんのマッサージ好きっ♪」ボフッ


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/14(日) 20:31:17 ID:sJLTxhaU



女P「激しいダンスをした後は、しっかりと身体をほぐさないとね」

志狼「おーっ、ほぐしてーっ」


女P「……」

女P「まずは……」



女P「お尻を最初にマッサージするから」

女P「半ズボンとパンツを、膝まで下ろしちゃうわね?」ズルズルッ


志狼「んっ」プルンッ

志狼「うぅっ……何回やっても、恥ずかしぃぜ」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/15(月) 08:24:56 ID:NHN7t9U6



女P「恥ずかしくても我慢するの」

志狼「うぃー」


女P「それじゃ、マッサージオイルを手に馴染ませて、っと」トローッ

女P「……」クチュクチュ



女P「今日も、括約筋を中心にマッサージして行くわよ?」

志狼「かつやくきん?」


女P「そっ。ここを柔らかくしないと、ダンスは上達しないから」ヌリヌリ

志狼「んっ、冷た……」ピクッ


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/15(月) 17:38:10 ID:NHN7t9U6



女P「ほらっ、ここにお尻の穴が有るでしょ?」スリスリ

志狼「うんっ」


女P「そして……よっ、と!!」グニィィッ

志狼「ひっ!?」ビクンッ



女P「はーい、動かない動かない」

女P「ここのシワを伸ばすようにマッサージして行くわよ?」グニグニ


志狼「うぇぇっ……」プルプル

志狼「なんか、ヌルヌルする」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/15(月) 22:57:00 ID:NHN7t9U6



女P「……」モミモミ

志狼「……」


志狼「んー」コクリコクリ

女P「眠い?」



志狼「うん。きもちーぃ……」コクリ

女P「眠いなら寝ても良いわよ?」モミモミ


志狼「ん、起きてる……」

女P「そっ? それじゃ、だいぶ柔らかくなって来たし、指を一本ずつ挿れて行くからね?」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/15(月) 23:08:01 ID:NHN7t9U6



志狼「っ……」キュッ

女P「はいはい、力ぬいてー」


志狼「んなこと言ってもっ」

女P「男の子ファイト。まずは中指……」スッ



女P「ほっ」ニュプッ

志狼「くんっ!?」ビクッ


女P「ほれほれー」ニュププッ

志狼「んあ゙あ゙っ!!?」ビクビクッ


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/15(月) 23:14:29 ID:NHN7t9U6



女P「……」スリスリ

志狼「ふぅっ、ふぅっ、ふぅっ!!」


女P「このコリコリした所が気持ちいいの?」グリグリ

志狼「そこっ!! ダ、メぇっ……」プルプル



女P「ふぅん」

女P「とりあえず薬指も挿れるね?」ニュプリ


志狼「きっ、ひっ!?」ピクッ

女P(そろそろか……)


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/15(月) 23:18:49 ID:NHN7t9U6




女P(永かった……)



,


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/15(月) 23:25:45 ID:NHN7t9U6




 回想 ○ヶ月前

 夜 315プロ事務所



女P「今日の自己紹介、アイドルの皆には良く伝わってたかしら?」

山村「ええ、問題有りませんよ」ニコリ


山村「美人なプロデューサーが来たって皆は喜んでましたし、あの冬馬君だって顔を赤くしてましたよ?」

女P「ふふっ。そっ?」



山村「……」

女P「……」


山村「誰も……誰も、貴女が本当は男だなんて、気付いてませんね」ニヤリ

女P「フッ」ニヤリ


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/16(火) 22:01:21 ID:AweqqiQA




 更に○ヵ月前 ダンスレッスン場




東雲「ひぐっ!? こないな事っ、あきまへん!! あきまへん!!!」フルフル

P「東雲さんの中、全然あかんく無いですよ?」パンパンパンパン



ガシャーン

P「ん?」クルッ

神谷「な、なにをしているんだっ!!!」


東雲「神谷!? 嫌やっ、こっち見んといてくれっ!!」

P「ああ、とりあえず、一回ナカに出しますねー」パンパンパンパン


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/16(火) 22:08:52 ID:AweqqiQA




P(と、言うのが有り……)

P(俺は、東雲をレイプした責任を取って退社する事になった)


P(本人の意向だろう。事件にはせず、俺も捕まらず……)

P(ただ、退社のみの処分となったのだ)



女P(それから○ヶ月。俺は全身整形で姿を変え)

女P(今度は女Pとして性別と名前を偽り、再び315プロに潜り込んでいた)


女P(次こそ、まっとうなプロデューサーになる為に!!)

女P(男としての時期を反省し、皆をトップアイドルとして育てる為に!!!)


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/16(火) 22:12:53 ID:AweqqiQA




※注意

ここから先にはホモ描写が有ります。

ノンケの方はすぐに戻って、どうぞ。


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 11:23:44 ID:D/dTK1I.




  そして現在



女P(女として、私はっ、私はっ……)

女P(最高のプロデューサーになる!!!)


女P(……)

女P「……」



女P「そろそろ太いの行くよ? 後ろを見ちゃ駄目だからね?」ヌギヌギ

志狼「うん……」コクリ


女P「それじゃ、ゴムも着けたし……小学生アイドル橘志狼君の処女、いただきまーす♪」ピトッ

志狼「んっ」キュッ


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 15:18:05 ID:D/dTK1I.



女P「ほっ」ヂュブブッ

志狼「ひぎぃっ!!?」ビクビクッ


女P「うっわ、すっごい締まるぅっ」

志狼「なっ、なぁなぁ!?」



女P「後ろは向かないでね? どうしたの志狼?」

志狼「っ……」


志狼「うんち、出てない?」

女P「ん? 出てないわよ?」


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 15:21:53 ID:D/dTK1I.



志狼「ホントに!? ホントに出てない!?」

女P「はいはい。志狼君のお尻から、うんちは出てませんよー」


志狼「なら、いーけど」プルプル

志狼「でっ、でもやっぱりさぁ!!」



女P「あー、最初はそう感じちゃうかなぁ?」

志狼「さいしょ、は?」


女P「そっ」ニコリ

女P「だから、こうやって……」グイッ


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 15:28:53 ID:D/dTK1I.



女P「奥まで挿れる時は、ちょっと苦しいねー」ニュププッ

志狼「ん゙んんんんっ!!?」ピクッ


女P「逆に抜く時は、ちょっと気持ちいいよねー」ズルルッ

志狼「あ゙あ゙あああああああ!!!」ビクンッ



女P「この抜く時に、うんちしてるーって感じちゃうのかな?」

志狼「はぁっ、はぁっ、はぁっ……」クテン


志狼「……」

志狼「うん。たぶん」コクリ


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 17:55:28 ID:D/dTK1I.



女P「でも、出そうなのはそれだけ?」

女P「フンッ!!」ズンッ


志狼「くひんっ!!?」ビクンッ

志狼「あ、ぁ、ぁっ、ああっ!!」



女P「おちんちんから、白いのも出ちゃいそうなんでしょ?」

志狼「わ、わかんねぇよそんなのぉっ!!」フルフル


女P「でもほらっ、志狼のおちんちん、ピクピクしてるっ」スリスリ

志狼「うあ、ああっ……」


25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 11:29:54 ID:RxGPssfQ



女P「どうする? 白いの出るまで続ける?」ニュプニュプ

志狼「ふぅっ、ふぅっ、ふぅっ……」ピクピクッ


女P「それともー、ヤメちゃう?」ピタッ

志狼「へっ!?」



志狼「……」

女P「どうするの?」


志狼「やっ……ぐっ、続けろよぉバカデューサー!!」

女P「りょーかい♪」グッ


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 15:32:43 ID:RxGPssfQ



志狼「なっ、なぁ……オレ、もしかしたらプロデューサーさんのこと」クルッ

志狼「……」


女P「あ」

志狼「は?」



女P「よっ」ズンッ

志狼「ひんっ!!?」ビクッ


志狼「なん、でっ……」

志狼「なんでプロデューサーさんに、ちんこ有るんだよぉ!!!」


27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 16:45:51 ID:RxGPssfQ



女P「あーあ、バレちゃった」パンパンパンパン

志狼「オレ、プロデューサーさんっ、すきっ、だったのにぃっ!! うわぁぁぁぁぁぁぁん!!!」ポロポロッ


女P「そっかぁ……」グッチュグッチュ

志狼「ふんん!? ちんこ、動かすなぁぁぁっ!!!」



女P「私は、志狼が好きだけどなぁ」ニコリ

志狼「ひっく、えくっ……だって、男じゃん!!」


女P「べっつにー? 男が男を好きになっても良いんじゃない?」

志狼「だってっ、だってぇぇっ!!」ポロポロッ


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/20(土) 07:31:38 ID:fzoG6KGo



女P「ずっと一緒に、アイドルとプロデューサーとして頑張って来てさ?」

志狼「……」


女P「私は志狼の為に一生懸命だったし、志狼も一生懸命にレッスンしてた」

志狼「……」



女P「こんな関係さ、なんて言うか知ってる?」

志狼「わかんない」フルフル


女P「セフレ……って言うのよ?」ニコリ

志狼「せふれ?」


31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/20(土) 10:27:08 ID:fzoG6KGo



女P「そっ」

志狼「オレ、プロデューサーさんとセフレだったんだ……」



ガチャッ

握野「待てっ!!」ダッ

握野「児童暴行の現行犯だ、逮捕させて貰う!!」


女P「……」クルッ

女P「握野か……」



握野「尊敬してたんだがな、見損なったぞ!!」ギリッ

女P「フッ」ニヤリ


32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/20(土) 11:06:55 ID:fzoG6KGo



女P「アイドルに恋人は厳禁……」

握野「ッ!!?」ビクッ


女P「正義(まさよし)君だっけ? 握野が隠してる恋人」

握野「な、何故それを!?」



女P「プロデューサーは、担当アイドルの事を把握してて当然」ニコリ

握野「ま、まさか……正義に、まさよしに何かしたのか?」ブルブル


女P「どうでしょ」

女P「でも、握野が逮捕逮捕って騒ぐようだと……」


35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/28(日) 11:01:54 ID:h65vDDrs



握野「ぐっ、アンタはっ!!」ギリッ

女P「別に、何もしてないわよ?」


握野「……」

女P「正義くんが、浮気してないと良いけどね」



握野「どうすればいい?」

女P「え、何が?」


握野「とぼけるな!!」ガシッ

女P「やだー、こわーい♪」


36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/28(日) 11:12:10 ID:h65vDDrs



握野「……」

握野「まさよしは、俺の全てなんだ……」


女P「……」

女P「じゃあ、冗談はここまでにして」



女P「志狼、ちょっと体制を変えるわよ? ほいっ、と」グイッ

志狼「うわぁっ!?」プルン


女P「背面座位、だっけコレ?」

女P「まぁ、と、言う訳だ握野……志狼のチンコをしゃぶれ」ニヤリ


37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/28(日) 11:21:55 ID:h65vDDrs



握野「っ……」

志狼「えっ!? えっ!? エエェッ!!?」キョロキョロ


女P「どうしたよ、ああ? 子供が好きなんじゃなかったのか?」

握野「そう言う意味じゃない!!」



女P「ふーん、どうでも良いけど……」

女P「握野が志狼のチンコをしゃぶれば、これはもう同じ穴のムジナ、つまりは秘密を共有する仲間だ。仲間の嫌がる事はしない」


女P「で?」

握野「プロデューサー、お前みたいな外道は初めてだ」キッ


38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/28(日) 17:11:34 ID:h65vDDrs



女P「お前に睨まれても、なんとも無いぞ?」

女P「それより、志狼が恐がって萎えちゃうだろ? ほら、笑顔笑顔。スマイルスマイル」


握野「ぐぅっ……俺は!!」ギリッ

握野「……」



握野「志狼くん?」

志狼「な、なに?」


握野「本当はこんな事、したくないんだが……」スッ

握野「ごめんな?」ニコリ


40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/30(火) 16:12:53 ID:9neUz7Us



女P「オラァッ!! 早くしろよ握野ぉっ、志狼の子供チンポをしゃぶるんだよぉ!!!」

握野「くっ……」


女P「……」

女P「ん?」



女P「……」

女P「……」


女P「おんぎゃあああああ!!!」

女P(何をやってるんだオレは!!?)ブルブル


41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/30(火) 16:18:46 ID:9neUz7Us



女P(一流のプロデューサーを目指していた筈なのに)ガタガタ

女P(一流のアイドルを育てる筈だったのに)ブルブル


女P(何をやってるんだ俺は!?)

女P(事情を受け入れてチャンスをくれた山村に、こんな恥ずかしい事を……自分が恐いぜ)



握野「どうした?」

女P「あ、何でも無いから。チンポしゃぶって、どうぞ」


志狼「?」

女P(このままじゃマズイ。このままじゃ……)


42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/01(水) 10:03:02 ID:OPi4nlyQ




 翌日


女P(そうだ、去勢しかないっ!!)ガタッ

女P(なまじ生殖器が有るから間違いが起こるんだ!!)


女P(そうと決まれば……山村に手紙を書いて置こう)

女P(山村へ。俺は一流のプロデューサーになる為、ちんこを切除し、カマPになって来ます)カキカキ



女P(ちんこの切除……こんな事はしたくなかったが、一流のプロデューサーになる為、一流のアイドルを育てる為)

女P(どうか山村には、俺の手術が成功するのを祈っていて貰いたい)カキカキ


女P(そして……)

女P(次に俺たちが会う時こそ、本当の仲間になる時だ!!)カキカキ


43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/01(水) 18:40:59 ID:OPi4nlyQ



男に二言無し!!有言実行の去勢を決めた男らしい覚悟の日本男児P(以下P)「……」グッ

P(すまんなp、ここから先、お前を連れて行く事はできない)ナデナデ


p「なんでPさん!? なんで!!?」

P(分かってくれp、これがお前の為なんだ!!)



p「Pさん!! Pさん!!」

P(俺は……カマPになる)ニコリ


p「Pさん!?」ビクッ

p「Pさああああああああん!!!」ポロポロ


45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 15:44:07 ID:.KHAqFbo




 裏路地 無許可医療所


手術室


トキ「本当に良いのだな?」

P「……」コクリ


P「俺のっ……」プルプル

P「俺のチンコを切除してくれ!!!」



トキ「その言葉が聞きたかった……」ニコリ

トキ「心霊台!!!」ドスッ


P「うぐっ!?」ズキンッ

P「ぐああああああああああああああアアッー!!!!!」


46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 15:48:49 ID:.KHAqFbo



 ……


 …………


 ………………




神楽「……ろ」ユサユサ

神楽「……きろ」ユサユサ


P「んあっ?」ピクッ

神楽「起きろ貴殿、いつまで昼寝しているつもりだっ」ユサユサユサユサ



P「あ、ああ、起きたよ。すまんな神楽」ニコリ

P(ここは、事務所か……)キョロキョロ


47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 15:56:46 ID:.KHAqFbo



P(それにさっきのは、夢? にしては、随分とリアルだったが……)

神楽「ほらっ、こっちに来てくれ。皆でゲームをするぞ?」グイグイ


P「お、おう」ガタッ

P「応接所のソファーか?」



神楽「うむ、そうだ」コクリ

神楽「メンバーは……まぁ、あちらを見ろ」チラッ


ピエール「あ、プロデューサーさん、ハヨハヨー♪」ピョン

P「はい、おハヨハヨー」


48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 16:03:39 ID:.KHAqFbo



直央「あ、おはようございます」ペコリ

志狼「こんにちはじゃねーの?」


P「おはよう直央、こんにちは志狼」ニコリ

P「メンバーって、お前らか?」



かのん「ハーイ♪」スッ

P「ターッチ」パチンッ


咲「にひひっ♪ 可愛い子に囲まれて、嬉しいでしょ?」

P「何の意味でだよ、みんな男だろうが……」


49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 16:06:13 ID:.KHAqFbo



P「で?」

神楽「?」


P「このメンバーで、何をするんだ神楽?」

神楽「ああ……」



神楽「それは」

神楽「王様ゲーム、を」ニコリ

P「王様ゲーム、だとっ!?」ビクッ

P「男だけでかっ!!?」


51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 18:53:18 ID:J9bYNSjM



神楽「む……王様ゲームとは、同性だけで出来ないのか?」

神楽「咲はそんな事を言っていなかったぞ?」


P「おい……」ジィーッ

咲「てひひー♪」テレテレ



咲「まぁ、いーじゃん↑いーじゃん↑ こっち座ってよっ」グイグイッ

P「はぁっ……お手柔らかに頼むぞ?」


P(もふもふえんやピエールが居るんだ)

P(あまり無茶な指令は来ないだろ)ボフッ


52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 18:59:38 ID:J9bYNSjM



 ルール説明後 王様ゲームスタート



「王様だーれだ!!」




かのん「はぁ~い!! かのんが王様だよっ」ピョン



志狼「ちぇっ、オレは三番じゃん」

直央「うわぁっ、言っちゃダメだってば」アセアセ


ピエール「うぅっ……ハズレ、かなしい」

咲「じゃあ王様、命令をどうぞー♪」ナデナデ


54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 19:05:40 ID:J9bYNSjM



神楽「うむ、何故か緊張するな」カチコチ

P(ふぅ。かのんで良かった。どうせ、抱っこしてくれとかだろ)チラッ


かのん「しろ……が三番、から……」ブツブツ

かのん「……」



かのん「えっとねぇ」ニコリ

神楽「来るかっ!?」


かのん「四番の人がー」チラッ

咲「……」ピクッ


55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 19:11:47 ID:J9bYNSjM



かのん「やっぱり、一番の人がー」チラッ

ピエール「うぅ……」ピクッ


かのん「……」

かのん「うん、決めたっ!!」



かのん「二番の人が、王様を、ぎゅぅぅーってして♪」

P「……」


P(二番……)

P「って、うおっ!? 俺かっ!?」ビクッ


57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 23:06:00 ID:J9bYNSjM



かのん「おーさまのめいれーはゼッタイなんだよっ」トテテッ

P「あー、はいはい。かのん、おいで」ニコリ


P「ぎゅーっと、このぐらいで抱き締めれば良いか?」ギュゥッ

かのん「えへへぇっ♪ あったかい」スリスリ




神楽「……」

咲「……」


神楽「長い長いっ、もうおしまいだ貴殿!!」バッ

咲「次のゲームに行くよっ!!」


58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/10(水) 11:19:47 ID:bNL3dTw2

※割り箸でしてます。



「王様だーれだ!!」



ピエール「クマー!!」ピョン

ピエール「キングはボクだよっ」


神楽「くっ、ピエールか……」

咲「ピエールくんなら、まぁ」



ピエール「んー、じゃねじゃね……」

ピエール「三番は死刑!!」ニコリ


志狼「よっしゃ、王様の命令は」

P「待ていっ!!!」ガタッ


59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/10(水) 21:04:20 ID:bNL3dTw2



ピエール「ほえっ? だって、ボクの国、オーサマは死刑って言うよ?」キョトン

P「ピエール……これはゲームだから」


ピエール「んん、むつかしい」

P「ピエール……これはゲームだから」



咲「ピ、ピエールくんが、して欲しい事を言うんだよ? だよっ?」アセアセ

ピエール「して欲しい事? うんっ、わかった♪」


神楽「ほっ」

ピエール「じゃーねー、じゃーねー、んー」


60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/11(木) 11:10:23 ID:93lNnR3s



ピエール「一番と二番が、ポッキーゲーム♪」

P「ポッキーゲームは知ってるのかよ……」


志狼「イエーイ!! 王様の命令」

かのん「わぁっ、ぜったいなんだよぉっ」



志狼「で、ポッキーゲームって何? オレは三番だからかんけーねーけど」チラッ

かのん「かのんも知らないよぉ……なおくんは?」チラッ



直央「……」プルプル

直央「うぅっ……」プルプルプルプル


61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/11(木) 11:36:25 ID:93lNnR3s



志狼、直央、かのん
ttp://l2.upup.be/gQVsbTSV1z

神楽、ピエール、咲
ttp://l2.upup.be/A856rDPJJ2


62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/12(金) 13:41:50 ID:dzTuFyUQ



神楽「もしかして……」

咲「直央くん?」


直央「……」コクリ

直央「ぼくが、二番、です」



P「ふーん」

P「じゃあ、俺とポッキーゲームするのは直央か?」


直央「へっ!?」ビクッ

直央「ぷ、ぷっ、ぷゅっ、ぷろりゅーさんが、ぼ、ぼ、ぼくとですかっ!!?」


63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/12(金) 21:17:21 ID:dzTuFyUQ



P「ははっ、まぁゲームだし、くっつく途中で止めれば良いから」ニコリ

P「ちょうどポッキーも有るし。ほれ、チョコの方とビスケットの方、どっちを咥えたい?」


直央「……」グッ

直央「じゃあ、チョコの方を」



P「了解」パクッ

直央「うぅっ……」


P「はずかしがらずに。はやくこい」

直央「よしっ!! ん……」パクッ


64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/13(土) 12:39:58 ID:lyd0qbi6



P「……」カリカリカリカリ

直央「……」カリカリカリカリ


志狼「おおーっ、すげぇっ!!」

かのん「すごーい♪」



P「……」カリカリカリカリ

直央「……」カリカリカリカリ


ピエール「わくわく、ワクワク♪」

神楽「貴殿、そろそろ……」


65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/13(土) 16:44:25 ID:lyd0qbi6



P(そろそろヤバいが、直央はまだ行くのかな?)カリカリカリカリ

直央「……」カリカリカリカリ


神楽「貴殿!!」

咲「近いよっ!!」



直央「ん……」

咲「なんで目を閉じるの直央くん!?」


神楽「離れろっ、破廉恥なっ」グイッ

P「うおっ!?」ヨロッ


66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/13(土) 23:58:16 ID:lyd0qbi6



咲「直央くんもっ!!」グイッ

直央「ああっ」トテッ


P「おいおい……何を言ってるんだ二人とも? 直前で止めたに決まってるじゃないか。なぁ?」チラッ

直央「え……は、はいっ」コクリ



神楽「……」

咲「……」


志狼「なぁなぁ、終わったんなら次やろうぜ次!!」

かのん「かのん、もいっかいおーさまなるよっ」


67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/14(日) 16:42:20 ID:fKtjddLQ




TEL「ヴォォッ♪ヴォォッ♪釘パン~チ♪ヴォォッ♪ヴォォッ♪連発~で♪」トゥルルル

P「ちょっと待て、電話だ」ピッ


P「はい、もしもし。お電話承りました。こちら315プロでございます」

P「あっ!? TMAの社長さんですか? どうしたんです急に?」



P「……」

P「クリスマスのコスプレイベントに、風邪で欠員分の人数をあてがって欲しい?」


P「ええっ、今ちょうど事務所に何人かアイドルが待機しておりますので、ええ。すぐに迎えると思いますが……」

P「それで、そちらのご要望は?」


68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/14(日) 19:14:23 ID:fKtjddLQ



P「あー、はいはい、小学生のチビッコサンタが三人? 大丈夫です」チラッ

志狼「お?」


P「それと……ミニスカエロサンタですか? はい、それも大丈夫です」チラッ

咲「およよっ?」



P「それと……トナカイ? 着ぐるみですか? はい、大丈夫です」チラッ

ピエール「ほえっ?」


P「後は……クリスマスツリー? 着ぐるみですか? はい、大丈夫ですっ!!」チラッ

神楽「なんで私がオチなんだっ!!」バンッ


69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/16(火) 09:42:29 ID:XEoSKlnA



P「では今から向かいま……えっ? そちらでですか? 分かりました。すぐに事務所の前で待機させておきます」

P「はい、お願いします。はい、はい。失礼します」


P「……」ピッ

P「と、言う訳だ。急で悪いけど頼む。バスが事務所まで来るから、すぐに身支度を済ませて外で待っててくれ」ペコリ


志狼「オレの王様まだだったのに……ちぇっ」

直央「仕事だし仕方ないよ」



志狼「わぁってるって!! いくぜー、もふもふえん!!」ダッ

かのん「おーっ♪」タタッ


直央「わっ、まってよっ」タタッ

P「おいおい、転ぶんじゃないぞー?」


70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/16(火) 09:57:32 ID:XEoSKlnA



ピエール「プロデューサーさんっ」スッ

P「お」


ピエール「ハーイ」パチン

P「ターッチ」パチン



ピエール「んんんっ♪ ボク元気デタデターッ!! いってきまーすっ」タタッ

P「いってらっしゃーい」フリフリ



咲「いってらっしゃーい、って……プロデューサーは来てくれないの?」

P「ん、ああ。お得様でお前たちは何度も行ってるし、仕事のメインが写真撮影だしな。俺が行かなくても大丈夫だろ?」


神楽「では、貴殿はここに残るのか?」

P「そー、だな。山村が買い出しから戻って来ないのに、事務所を空にする訳にもいかんだろ?」


71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/16(火) 10:04:52 ID:XEoSKlnA



神楽「まぁ、そう言う事なら仕方有るまい。では、行って来る」タッ

咲「行ってらっしゃーい♪」フリフリ


神楽「一緒に来いっ!!」グイッ

咲「ああん、行って来ますプロデューサー」ズルズル



P「はいよー。頑張ってなっ」フリフリ

P「……」


P「……」

P「行ったか……」


72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/16(火) 14:10:53 ID:XEoSKlnA

シェリー 俺は転がり続けて こんなとこにたどりついた
シェリー 俺はあせりすぎたのか むやみに何もかも捨てちまったけれど


P「どうして……どうして、俺のチンコは勃たないんだ? まさかEDか?」

P「普段なら、あんなスキンシップしたら軽く勃起しているのに!!」


シェリー あの頃は夢だった 夢のために生きてきた俺だけど
シェリー おまえの言うとおり 金か夢かわからない暮しさ


P「神はどこまで俺の人生を弄ぶんだ!! これを見て、まさか笑っているのか……」

P「転がり続ける 俺の生きざまを」


転がり続ける 俺の生きざまを
時には無様なかっこうでささえてる


P「何故だ……原因が思い出せないッ」プルプル

山村「知りたいですか?」ガチャ


シェリー 優しく俺をしかってくれ

そして強く抱きしめておくれ おまえの愛が すべてを包むから


73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/16(火) 14:37:23 ID:XEoSKlnA



P「ヤマムラー、お前も笑っているのか~っ」クルッ

P「転がり続ける……俺の生きざまを~ッ!!!」バッ


山村「プロ、デューサー!! 僕は絶対にぃ、笑ったりはしません~ッ!!!」タッ

山村「プロ、デューサー!! ここにはぁ、貴方が必要なんです~ッ!!!」バッ



山村「そんな……」チラッ

P「……」コクリ



山村&P「15の夜~~ッ!!!」

ジャジャジャジャーン


74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/16(火) 14:44:49 ID:XEoSKlnA



冬馬「盗んだバイクで走り出す!!」ガチャ

翔太「行き先も、わかるままぁ♪」

北斗「くら~い夜のとばりぃ~の、中へぇぇぇぇえええ!!!」


薫「誰にも縛られたくないと」

輝「逃げ込んだぁ、この~夜にぃ」

翼「自由になれた気がした~~」



ガチャッ、バタンバタン、ダッ、バッ


315プロオールスターズ「15のよ~~~~る~~~~っ!!」


75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/16(火) 14:49:11 ID:XEoSKlnA





 『315プロは、いつでも『アイドルになりたい』。そんな熱意を持った男性を応援します』


 このCMを見て、少しでも興味が湧かれた方は、是非とも×××-××××××へご連絡ください。

 事務員が丁寧な対応をお約束します。




山村「……」ジィーッ

P「……」ジィーッ


76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/16(火) 14:55:15 ID:XEoSKlnA



山村「ついに、315プロCMのロングバージョンが完成しましたねっ」

P「ああ、我ながら良い出来だ」ニヤリ


P「うちの事務所に足りないのは、多様性……つまりは数だからな。これで全国に居るアイドルの原石が集まって来るはずだ」

山村「はいっ!! 放送が始まったら、大忙しですねPさん!!」コクリ



P「さっそく、このVTRを各曲に持って行って来るぜ!!」ダッ

山村「行ってらっしゃい!!」





どこのテレビ局も、そのCMを放送する事は無かった…


おわり


77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/16(火) 14:57:05 ID:XEoSKlnA

すまん。

途中で二ヶ月空いて、どんな話にしたかったのかも、どんなラストにしたかったのかも忘れてしまったんで、無理やり終わらせた




掲載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1410693600/
関連記事

コメント欄

  1. :2015/02/12(木) 05:08:14 ID:-
  2. やっぱりな♂

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク