fc2ブログ

P「難聴が治った」


1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:45:37



p「早期発見だったから割とすぐに治ったのは不幸中の幸いだったな」



p「そして、クリアな聴覚を手に入れてから何だかんだあって」





2 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:45:59



春香「……」



千早「……」



雪歩「……」



やよい「……」



律子「……」



伊織「……」



あずさ「……」



亜美「……」



真美「……」



真「……」



美希「……」



響「……」



貴音「……」







p「事務所の空気が最悪です」




3 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:46:15



p「元々、アイドルたちと話していてたまに聞き漏らす事が続いていたんだ」



p「と言ってもぼそぼそっと、聞こえなくても良いみたいな言い方だったから気にしなくても良いかとも思っていた」



p「だが人間ドックでちょっとばかし聴力の項目がよろしくなかったので、再検査したら、難聴だったというわけだ」



p「そうして治療後、今までは聞き漏らしていたアイドルたちの言葉を聞いてみると」







p「あれ、これ俺に気があるんじゃね?」







p「と思ってしまったのだ」



p「いや流石にそれはないだろと」



p「アイドルが自分のことを好きかもしれないなんて中二男子でも考えないレベルの自意識過剰じゃないかと」



p「そう思っていた時期が僕にもありました」



p「でもそうじゃなかったから、そしてアイドルに好かれてるなんて思って調子に乗ってしまった結果が>>1というわけだ」




4 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:46:34



p「一例を挙げよう」




5 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:46:59



美希「おはようなのハニー!」



p「おはよう美希」



美希「ぎゅう~」



p「おいおい美希、朝っぱらから抱きついてくるなよ」



美希「夜なら良いの? いやん、ハニーのえっち♪」



p「そういう意味じゃないよ」



美希「でも、朝一番だからこそハニー分を補充しないといけないと思うな」



p「なんだそりゃ。はちみつでも食っとけ」



美希「ハニー分はハニー分なの! ミキはハニー分を摂取しないと生きていけないの!」



p「はいはい」



美希「もう!」



p「まったく、そういうのは彼氏にやることだぞ。いや、それもどうかと思うけどな」



美希「ミキの彼氏になるのはハニー以外ありえないからこれでいいの」



p「そんな無防備なこと言ってると襲われちまうぞ」



美希「ハニーならいくらでも襲ってくれていいのに……」ボソッ




6 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:47:22



p「え?」



美希「もう、何でもないの!」







p「と、いつもならこんな会話になるんだが」




7 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:47:37



p「……なら襲っちまうぞ」ガバッ



美希「え?」



p「え?」



美希「……」



p「……」



美希「……」



p「な、こういうことになるかr」



美希「……いいよ?」



p「……え」



美希「ミキ、ハニーなら何をされてもいいの」



p「ミキ……」



美希「ハニー……」




8 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:48:06



p「とまあこういう具合だ」



p「こうして、色々なアイドルたちとそれぞれちょっとした事件を経て、ちょっとずつ親密になっていったんだ」



p「そして気づいたら>>1だ」



p「補足すると、確かに空気は悪いがアイドル同士がいがみ合っているわけではない」



p「あくまでお互いをライバル視してるっぽいだけだ……と思う」



p「まさかうちのアイドルたちに限って、嫌がらせとかそういうことはしないと思うが……」



p「まあ、元々仲の良い友達同士なんだから大丈夫だろう」



p「それにしても」



p「どうしてこうなった……」



p「どうしてこうなった……!」




9 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:48:49



p「さて、本当にこれどうすればいいんだろう……」



p「どうすればいいですかね、小鳥さん」



小鳥「」



p「……」



小鳥「……それを私に聞きますか」



p「聞きます」



小鳥「聞いちゃいますか」



p「聞いちゃいます」



小鳥「はああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」



p「あらら、重い溜息ですね……幸せが逃げますよ」



小鳥「誰のせいですか」



p「はて」



小鳥「あんたや」



p「おっとこいつは一本取られたze。hahaha」




10 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:49:21



小鳥「…………」



p「……すみません」



小鳥「はい」



p「あのー、それで一体どうすればいいでしょうか」



小鳥「手を出したプロデューサーさんが悪いです。きっちり責任を取ってください」



p「いや、手は出してませんよ?」



小鳥「そうなんですか」



p「ええ、まあ」



小鳥「なんだてっきり最近の流行りみたいに『エッチだってしたのにふざけんな!』っていう流れかと」



p「まさか。というかうちの事務所ほとんど未成年じゃないですか」



小鳥「ええ」



p「ええって……」



小鳥「成人以上の男性が初めてなんて娘は山ほどいますよ」



p「それはそうかもしれませんけど……」



小鳥「まあ、うちの娘たちはみんな賢いですからね。わざわざ自分を安売りするようなことはしないと思いますけど」




11 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:49:43



p「俺も別に、未成年は性体験するなとは言いませんよ」



小鳥「ほう」



p「ちゃんと歳相応に恋愛をして、その過程でする分にはいい経験だと思います」



小鳥「青春ですね」



p「でも流石に十代の娘が二十歳以上の男とってなると、どうしても恋愛って感じがしないじゃないですか」



小鳥「まあ、場合によりけりでしょうけど。大体はそうかもしれませんね」



p「もしするにしても、個人的には最低でも16歳以上、そして自分で生計を立てている娘なら、まだいいと思います」



小鳥「その心は」



p「万一の事態があっても、あくまでも自己責任の範疇でしょう」



小鳥「ですね」



p「まあ、それにしたって正しいな判断が出来る年齢かと言われれば、微妙だと思いますよ」



小鳥「なるほど」



p「あ、別に女の子が処女なきゃいけないって意味じゃないですよ」



小鳥「わかってます。年上の男性側の問題ですね」




12 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:50:13



p「はい。まあその辺はいったん置いておきましょう」



小鳥「そうですね」



p「それで、俺は一体どうすればいいでしょうか」



小鳥「そうですね……まず、確認していいですか」



p「はいどうぞ」



小鳥「えっちはしてない」



p「はい」



小鳥「キスもしてない」



p「は……い」



小鳥「はい、詳しくどうぞ」



p「えー、あー」



小鳥「はよ」




13 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:50:42



p「はい。何というか両者同意の上で、という意味ではキスはしてないです」



小鳥「ひゃくとおばんはなんばんだっけ……」



p「待ってください、逆です」



小鳥「逆とは」



p「俺が無理やりやったわけではないです」



小鳥「ほう」



p「こう、ちょっと油断した隙にちゅっと……」



小鳥「なるほど」



p「まあ、女の子にそこまでさせてしまっている時点で、俺が悪いとも言えますけど」



小鳥「その辺は微妙なところですね」



p「はあ」



小鳥「ちなみに、それは誰のことですか?」



p「えーと」



小鳥「もう今さらですよ」



p「まあそうですね。雪歩と響です」




14 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:51:41



小鳥「あら、結構以外なところが」



p「ですよね。まあ、響はなんとなくわからないでもないようなって感じがするじゃないですか」



小鳥「うーん、私としては逆のつもりだったんですが」



p「え、雪歩ですよ?」



小鳥「雪歩ちゃんは、男性恐怖症でずっと男性と触れ合う機会がなかったから、反動で余計に大胆になることもあるかなって納得しちゃいました」



p「じゃあ響は?」



小鳥「響ちゃんは普段は誰とでも別け隔てなく接する分、男女の機微に関しては初心な部分があるんじゃないかなと」



p「なるほど。なかなかの観察眼ですね」



小鳥「それほどでも」



p「もう俺の代わりに小鳥さんがプロデューサーになったらいいんじゃないかな……」



小鳥「見える、アイドルたちの病む姿が……」



p「怖いこと言わないでくださいよ」



小鳥「怖いのは私ですよ。下手したら刺されます」



p「いや、流石にそれは……」




15 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:52:11



小鳥「人間、追い詰められると何をするかわかりませんからね」



p「うーん……」



小鳥「まあ、それはいいですね。では、キスをしたのは雪歩ちゃんと響ちゃんということでいいですね?」



p「はい……あ」



小鳥「はい、どうぞ」



p「えーと、ほっぺたなら他にも」



小鳥「誰ですか」



p「千早と亜美です」



小鳥「なるほど……」



p「意外ですか」



小鳥「わからないでもないような感じです」



p「ちなみに、亜美は冗談めかしてたくさんしてきます」



小鳥「それは何となく想像がつきます」



p「千早は、頑張ったご褒美にしてほしいと言ってきます」



小鳥「あ、する方ですか」




16 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:52:55



p「自分でも正直ギリギリのところだと思ってます」



小鳥「ギリギリアウトですね」



p「ですよねー」



小鳥「最初はなでなでだったのが、段々エスカレートしてって感じですか?」



p「貴様見ているな」



小鳥「大切なアイドルたちですからね。毎日見てますよ」



p「それでちゃんと事務仕事も出来てるのがすごいですね」



小鳥「ありがとうございます」



p「ちなみに亜美の方は、ちょっとそういう雰囲気になったのをごまかした翌日くらいにいたずらめかしてやってきました」



小鳥「それを許したらずるずると続いていると」



p「はい」



小鳥「なるほど」



p「というか、亜美がそういうことに興味を持つとは思わなかったんですよね」



小鳥「ああ。多分本人が一番戸惑ってると思いますよ。だからこそ冗談めかしてでもキスして発散してるんでしょうね」



p「ふむふむ」




17 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:53:30



小鳥「なんと言ってもうちの最年少ですからね」



p「ですね」



小鳥「はい、じゃあ次に行きましょう」



p「はい」




19 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:54:23



小鳥「えー、じゃあハグやそれに類することをしましたね?」



p「何か聞き方が変わってませんか」



小鳥「だってしたでしょう?」



p「はい……」



小鳥「どうぞ」



p「やよいと伊織と貴音です」



小鳥「アウトー」



p「やよいは亜美より年上ですよ」



小鳥「そう言ってる時点で自覚がありますよね?」



p「うっ」



小鳥「まあそれはそれとして、貴音ちゃんですか……」



p「俺もびっくりしました」



小鳥「是非はともかく、やよいちゃんと伊織ちゃんは何となく想像がつきますね」



p「ですかね」




20 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:55:19



小鳥「ええ、二人とも甘えたいけど甘えられないって感じですからね」



p「あー」



小鳥「やよいちゃんはご両親の忙しいお姉ちゃんとして」



p「伊織は家族へのコンプレックスから、とかですか」



小鳥「大体そんなところですよね」



p「ええ、まあそんな状況でした」



小鳥「お兄ちゃんとか呼ばれました?」



p「やよいには呼ばれました。あ、あと響も……」



小鳥「あー。にぃに、ですか?」



p「はい」



小鳥「あれは可愛いですね」



p「はい」



小鳥「で、伊織ちゃんは」



p「伊織は、プレッシャーとかがあったんじゃないかなと」



小鳥「なるほど」




21 :>>18 thx :2012/08/16(木) 23:56:09



p「家でも甘えられないし、職場でもリーダーだから。少しでも助けになればという思いでしたよ」



小鳥「やよいちゃんもそういう感じですか?」



p「まあ、近いですね。やよいの場合はいつも元気に振舞ってるので、少しは休めるようにと」



小鳥「そうですね」



p「まあ、抱き枕じゃないですけど、気分的にはそういう感じでした」



小鳥「把握しました」



p「で、貴音ですか」



小鳥「はい」



p「まず、月見に誘われたんですよ」



小鳥「ほうほう」



p「それで、俺が座ってるところに貴音も座って来ました」



小鳥「なんと、お膝ですか」



p「それでまあ、手持ち無沙汰というか何というか」



小鳥「お腹の辺りに手をまわしたと」



p「はい」




22 :>>18 thx :2012/08/16(木) 23:56:21



p「家でも甘えられないし、職場でもリーダーだから。少しでも助けになればという思いでしたよ」



小鳥「やよいちゃんもそういう感じですか?」



p「まあ、近いですね。やよいの場合はいつも元気に振舞ってるので、少しは休めるようにと」



小鳥「そうですね」



p「まあ、抱き枕じゃないですけど、気分的にはそういう感じでした」



小鳥「把握しました」



p「で、貴音ですか」



小鳥「はい」



p「まず、月見に誘われたんですよ」



小鳥「ほうほう」



p「それで、俺が座ってるところに貴音も座って来ました」



小鳥「なんと、お膝ですか」



p「それでまあ、手持ち無沙汰というか何というか」



小鳥「お腹の辺りに手をまわしたと」



p「はい」




23 :ミスったーorz :2012/08/16(木) 23:57:34



小鳥「貴音ちゃんから抱きつくイメージはなかったですけど、そういうことでしたか」



p「ええ。それから気に入ったのか、たまに俺の膝に座って来ましたけど、貴音から抱きつくということはありませんでした」



小鳥「それで?」



p「え」



小鳥「貴音ちゃんを後ろから抱きしめて、それだけですか?」



p「うっ、本当にどこから見てたんですか」



小鳥「とっぷしーくれっとです」



p「やかましいわ」



小鳥「失礼しました」



p「えー、まあ、あれですよ」



小鳥「はい」



p「こう、後ろから抱きしめるとですね」



小鳥「はい」



p「普段は髪に隠れがちな貴音の耳が目の前にあってですよ」



小鳥「はい」




24 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/16(木) 23:58:46



p「するじゃないですか?」



小鳥「ふーっですか? ぺろっですか? はむっですか?」



p「一通り……」



小鳥「こやつめ」



p「ハハハ」



小鳥「で?」



p「で、反応が可愛いわけですよ」



小鳥「わかります。わかります」



p「やめてくださいましとか言いつつも、毎回俺の膝に座ってくるわけですから。ねえ?」



小鳥「ですね」



p「ですよね」



小鳥「わかりました。では次はどうしましょう」



p「次ですか」




25 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 00:00:28



小鳥「(安価)+3とか+6とか+9もしちゃったりしました?」









※安価内容によっては未登場キャラが出てくる場合もありますがご了承ください




28 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 00:10:25

耳かき




31 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 01:24:26

婚約




34 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 01:54:31

タイマン勝負




35 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 02:35:02



小鳥「耳かき、とかされました?」



p「えっと、カメラはどこに設置してるんですかね……」



小鳥「まさかと思って聞いてみただけなんですが……」



p「ばっちりされちゃいましたよあはは」



小鳥「はあ」



p「本気で呆れた顔でため息つくのやめてもらえますか心が痛いです」



小鳥「それで、相手は誰ですか? あずささんとか?」



p「お、ハズレです。正解は真美ですよ」



小鳥「ドヤ顔で言わないでください通報しますよ?」



p「ヤメテ」



小鳥「それで?」



p「はい、あれはそう、ちょうどこんなのどかな昼下がりでした……」



小鳥「そういう語りも要らないです」



p「あ、はい」




36 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 02:35:47



小鳥「で?」



p「えー、まあ、こんな気持ち良い感じの事務所でですね」



小鳥「はい」



p「音無さんも出ててアイドルも誰も居なかったんです」



小鳥「ほうほう」



p「で、ちょっくら仮眠しようとソファに横になってたわけですよ」



小鳥「なるほど。みんなが働いてる間に空調の効いた部屋で仮眠と」



p「やめて、pのライフはもう0よ!」



小鳥「……」



p「はい。でですね、気づいたら膝枕で耳掃除されてたんです」



小鳥「なるほどねえ……」



p「真美っていうのは意外でした?」



小鳥「うーん。状況を聞くと、意外でもないかなと思ったりしますねえ」



p「そうですか?」




37 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 02:36:18



小鳥「寝てる間に耳かきって、正直ちょっと危ないですよね」



p「ああ、まあそうですね」



小鳥「その辺りに気が回らないのは最年少の真美ちゃんならではかなと」



p「なるほど」



小鳥「あと、本当はそれ、耳かきじゃなくて膝枕をしてみたかったんだと思いますよ?」



p「え?」



小鳥「それを誤魔化すために、耳かきしただけじゃないかな……と、私は思いますね」



p「あー、そういう解釈も出来ますねえ」



小鳥「真実はわかりませんけどね。私の妄想エンジンはそういう答えを弾き出してます」



p「ほうほう。今までの見てきたかのような推察もその妄想エンジンがあればこそですか」



小鳥「そうだったら面白いなって思ったことを言ってただけですね」



p「捗りました?」



小鳥「ええ」



p「それは重畳」




43 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 10:16:12



小鳥「まだ名前が挙がってないのは……あずささん、律子さん、真ちゃんに春香ちゃん、ですね」



p「うーん、特別なことは……あ」



小鳥「はいいってみましょう」



p「はい」




44 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 10:16:32



p「ちょっと前に、竜宮小町がミリオン達成したじゃないですか」



小鳥「はい」



p「その時に、律子に何でも願いを叶えるって言ったんですよ」



小鳥「おっと、これはまた……」



p「正直、考えなしだったかなーと、今では思います」



小鳥「それで?」



p「はい。結婚してくださいって」



小鳥「え?」



p「プロポーズですよ、プロポーズ!」



小鳥「…………」



p「すみません」




45 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 10:16:43



小鳥「それで、どうしたんですか?」



p「ちょうど難聴が再発しました」



小鳥「は?」



p「ちょっと聞こえないなーって」



小鳥「……」



p「いやだってあれはしょうがないですよ」



小鳥「ひどい人ですね」



p「うっ」



小鳥「あーあ、律子さん可哀想」



p「代わりに高いレストラン連れて行きましたし……」



小鳥「…………」



p「ごめんなさい」



小鳥「私に言ってもしょうがないですよ」



p「はい」




46 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 10:17:39



小鳥「他には?」



p「そうですね……俺が直接何かしたってわけじゃないんですけど」



小鳥「はい」



p「あの××って番組のオーディションがあったじゃないですか」



小鳥「ええ、春香ちゃんがレギュラーになったやつですね」



p「あれの時に、春香と真がタイマン対決しようって言い出して」



小鳥「ほうほう」



p「勝った方にご褒美をくれって」



小鳥「罪作りな人ですね……」



p「で、まあ知っての通り結果は春香が勝ったんですけど」



小鳥「はい」



p「真が泣き出しちゃって」



小鳥「あらあら」




47 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 10:18:01



p「負けたのは女の子らしさが足りなかったからだって」



小鳥「なるほど」



p「それで、まあ、何というか勢いで……」



小鳥「はよ」



p「お姫様抱っこして」



小鳥「ほう」



p「『真の可愛さは、ちゃんとわかってるよ』って」



小鳥「もうそれは責任を取るべきではないですか?」



p「すみません、何とか慰めようと思ったら……」



小鳥「スケコマシ」



p「はい」



小鳥「天然ジゴロ」



p「はい……」



小鳥「変態クソメガnp「もうやめて!」




48 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 10:18:16



小鳥「それで、春香ちゃんへのご褒美はどうしたんですか?」



p「本人に何が良いかって聞いたら、新しいリボンが欲しいってことで、頑張って選びましたよ……」



小鳥「プロデューサーさんが選んだのが良いってことですか」



p「よくわかりますね」



小鳥「わからいでか」



p「で、まあ何とか春香に似合いそうなやつを買ってきて」



小鳥「はいはい」



p「髪を梳かして付けました」



小鳥「なんとそこまで……春香ちゃん、きっと大事にしてくれますよ」



p「そうだと嬉しいですね」




49 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 10:18:50



小鳥「はい。で、あとは?」



p「うーん……なでなで、とか」



小鳥「今さらですか?」



p「まあ、他の娘ならそうなんですけど、相手があずささんなんですよね」



小鳥「あー、なるほど」



p「珍しいですよね」



小鳥「それで、そこに至る過程は?」



p「それはですね、さっき言った竜宮小町のミリオンとも関係があるんです」



小鳥「ほうほう」



p「ミリオン達成したからって、亜美をなでてた時にあずささんが来て」



小鳥「あーわかります」



p「じゃあもう良いですか?」



小鳥「そんなわけないですよね?」



p「ですよねー」




50 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 10:19:21



p「で、まあ、何かじっとこっちを見ていたので、どうしたんですかって聞くじゃないですか?」



小鳥「はいはい」



p「そうしたら、『私も……』ってぼそっと言うわけですよ」



小鳥「なるほどなるほど」



p「正直もう、色々と麻痺していたので、ね?」



小鳥「なでたと」



p「はい」



小鳥「わしゃわしゃと?」



p「いえ、しっとりと……」



小鳥「愛のささやきのオプション付きですね」



p「愛ではないですけど、『よく頑張ったね、偉いよ』って」



小鳥「なるほど」



p「はい」




51 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 10:19:33



小鳥「それで、どうするんです?」



p「どうしましょう……」



小鳥「もういっそ誰かと付き合ってみたらどうですか?」



p「それも少し考えましたけど、やっぱりアイドルとプロデューサーが付き合うっていうのはどうかなと」



小鳥「なるほど。では律子さんはどうです。それこそ結婚しても」



p「それはなかなか魅力的ですけどね。お互いの仕事のこともわかるわけですし。業界人との付き合いでの飲み会だとか、可愛いアイドルとずっと一緒にいることとかにも理解がありますから」



小鳥「まあ、それでも嫉妬するのを止められない律子さんも可愛いと思いますけどね」



p「ああ、それは良いですね……」



小鳥「では?」



p「でも、律子も俺も仕事がしづらくなるかなって」



小鳥「あー、まあそうかもしれませんね」



p「ほんとどうしよう」



小鳥「もういっそ、男性にしか興味が無いことにしてみては」



p「いや、それはちょっと……」



小鳥「ですよね」




52 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 10:20:01



小鳥「どうしましょうねえ……」



p「……事務員とか」ボソッ



小鳥「え、なんですか?」



p「いや、ナンデモナイデス……」



小鳥「こうなったらあれですね」



p「なんです?」



小鳥「最初にsランクになった娘と付き合うってことにしたらどうですか?」



p「いや、だからアイドルとは……」



小鳥「sランクアイドルなら、何しても許されますよ」



p「あぁ……前例がありますもんね」



小鳥「はい」



p「……余計なことを」ボソッ



小鳥「え、なんですか?」



p「いや、ナンデモナイデス……」



小鳥「そうですか」




53 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 10:20:30





















p「うちの事務員が難聴すぎて困る」




54 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 10:20:50

終わり




57 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/17(金) 10:32:38

というわけで、アイドルを出さないでアイドルの可愛さを伝える&お茶漬けみたいにさらっと読めるのを目指して書いてみた。

美希とか出てるし、ところどころ会話引用しちゃったけどね。

難聴すぎると腹立つけど、難聴が治っちゃうとそれはそれで爆発しろってなる不思議。



小鳥さんはアイドル達が大人になるまでそういうことはしないんじゃないかな(遠い目)



とりあえず出かけるので、続きを書くとしても夜になるかな。

夜になったら書くってことじゃないぞ、勘違いするなよ!




62 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/18(土) 11:15:06



おまけ



p「事務員にガッとやってチュッと吸ってはーんしてみた」




63 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/18(土) 11:15:26



p「あれから、結局先のことはひとまず考えないことにして飲みに行くことになった」



p「いつもは冷静にツッコミを入れてくれる音無さんだが、お酒には弱く、いつも俺が家まで送るハメになる」



p「それがわかっててなお一緒に飲みに行く理由は、推して知るべし、だ」



p「というわけで、既に見慣れた音無さんの部屋」



p「音無さんの服を緩め、ベッドに寝かせる」



p「こんな気持ちを抱きつつも今まで手を出さなかった俺は、紳士なのかヘタレなのか」



p「ともあれ、それも今日までのこと」



p「今夜の俺は、飢えた獣」



p「いや、ヴァンパイアボーイだ!」



p「…………最近は20~30でも男子とか女子とか言うから良いよな」



p「とにかく、今日の俺はいつもと違うんだ」



p「ここで行かねば男がすたr……」











小鳥「いつまで待たせるんですか、プロデューサーさん……?」




64 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/18(土) 11:15:45



p「アルコールのせいで上気した頬」



p「期待に濡れた瞳」



p「口紅の塗られた艶めかしくも赤い唇」



p「その時の音無さんは、まさしくヴァンパイアガールだった」



p「ガッとやろうとしたらチュッと吸われてはーんってなった」



p「何を言ってるかry」



p「結論。音無さんは魔性可愛い」





終わり






掲載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1345128337/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク