fc2ブログ

たまこ「うさぎ山にマジックミラー号がやってきた!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 16:32:37.94 ID:CWz+ZJn10.net

駅前

みどり「あ、大路じゃん」

もち蔵「ん。よう常磐」

みどり「今日はたまこと一緒じゃないんだ?珍しい」

もち蔵「たまこは今、店出てるからな。お前は何やってんの?」

みどり「ただの買い物だけど」

もち蔵「ふーん」

みどり「……」

もち蔵「……」

みどり「じゃ、私もう行くから」

もち蔵「おう。じゃあな」

――あ、ちょっといいかな?

もち蔵みどり「ん?」


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 16:38:26.47 ID:CWz+ZJn10.net

――今ちょっとだけ時間あったりします?

みどり「……」チラ

もち蔵「……」チラ

みどり「私は大丈夫ですけど」

もち蔵「俺も平気ですけど……えっと、何ですか?」

――軽いアンケートっていうか撮影みたいな事やってるんだけど、協力してもらえたりしませんか?謝礼は出すんで

もち蔵「撮影、スか」

みどり「いいじゃん、やれば?大路。映画とか撮影とか好きなんでしょ」

もち蔵「そりゃあ……うん。はい。全然協力しますよ」

――あ、女の子の方にもお願いしたいんですけど

みどり「……」

――謝礼は出すんで

みどり「……まぁ、はい。いいですよ」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 16:44:23.43 ID:CWz+ZJn10.net

MM号の中

――じゃ、とりあえずそっちのベッドに座ってもらって

もち蔵「あ、はい」

みどり「何するんですか?」

――あ、軽いアンケートみたいなもんなんで、ほんとすぐ終わるんで

みどり「はぁ」

――じゃまず、二人の関係を教えてもらっていいですか?

もち蔵「関係って言われても」

みどり「なんだろ。……知り合い?」

――恋人じゃないの?

もち蔵「違います」
みどり「違います」

――なんか、友達とかそういう感じ?

みどり「友達……でもないよね」

もち蔵「うん。それもちょっと違うよな」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 16:50:23.46 ID:CWz+ZJn10.net

――あ、元カレと元カノみたいな?

みどり「いやホント全然そういうのじゃないです」

――あんまり仲良くない?

もち蔵「まぁ……そうッスね。仲悪いってほどでも無いですけど」

――でも結構慣れてる感じするんですけど

みどり「そうですか?」

――相手の事わかってるみたいな(笑)

もち蔵「一応、付き合いは長いからな……」

みどり「うん。一応ね。ほんと『一応』」

――幼馴染みたいな?

もち蔵「あー……そうッスね。言われてみれば」

みどり「幼馴染と言われれば確かにそうだね」

――今まで意識したりとかは?

もち蔵「いや無いッス」

みどり「絶対ありえないです」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 17:01:12.03 ID:CWz+ZJn10.net

――でもちょっとくらいは?(笑)

みどり「無いです」

もち蔵「無いッスね」

――女の子の方すごく可愛いけど

もち蔵「いや……でも無いですって。モテるらしいですけど」

――男の子の方も割りとイケメンじゃない?

みどり「興味ないです」

――なんで?

みどり「なんでって言われても……」

もち蔵「えっと、もう一人共通の幼馴染の子がいて、その、あー……お、俺その子が好きで付き合ってるんで……///」

――なるほど。じゃあその子に獲られちゃった、みたいな?

みどり「いや、ほんっっっっとにこいつに対してそういうの一切無いんで。女々しくていちいちみっともないし」

――厳しい(笑)じゃあキスとかも全然考えないのかな?

みどり「絶対ありえないです。何なんですかさっきから」

もち蔵「無いです。マジで無いです」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 17:08:34.87 ID:CWz+ZJn10.net

――今ちょっとしてみてもらっていいかな?

みどり「え゛」

もち蔵「無理ですって。俺彼女いるし」

――謝礼は出すんで

みどり「嫌です。絶対イヤ」

――10万円くらい出すけど

もち蔵&みどり「10万!?」

――いやホントに出しますよ。ほら つ10マン

もち蔵&みどり(10万あったらたまこを誘って旅行とか行けるかも……)

もち蔵「い、いや、でも無理ですって!浮気とか絶対したくないですし」

みどり「……私もたまこを裏切るのはさすがに無理」

――ほんとちょっとキスしてもらえればいいんで

もち蔵「う、うーん……」

みどり「ちょっと大路!!キスくらいだったら別にいいかなとか思ったでしょ今!!」

もち蔵「はぁ!?思ってねーよ!!」


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 17:17:02.25 ID:CWz+ZJn10.net

みどり「嘘!今そういう顔してた!」

もち蔵「してねーよ!」

――まあまあ(笑)

みどり「最低。たまこが知ったら泣くよ」

もち蔵「だから思ってないっつの!」

みどり「言っとくけど私は100万積まれても大路とだけは絶対にイヤだから」

もち蔵「俺だってたまこ以外とは絶対する気無い」

みどり「大体、もうこの状況がありえないし。何で大路と二人でベッドに座ってんの?」

――まぁそう怒らずに

みどり「ていうかこれアレだよね。エロビデオとかそういうのじゃん。大路は最初からわかってたんじゃないの?」

もち蔵「はぁ!?」

みどり「わかっててオッケーしたんでしょ」

もち蔵「何でそうなるんだよ!俺だって今気付いたんだけど?」

みどり「私この事たまこに言うから」

もち蔵「なっ……!はあああ!?た、たまこは関係ないだろ!?」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 17:27:27.18 ID:CWz+ZJn10.net

みどり「関係あるよ。彼氏が浮気者だってちゃんと教えてあげないと」

もち蔵「俺がいつ浮気したんだよ!」

みどり「今。私の事エロビデオに出そうとして、ついでにやらしい事しようとしてるじゃん」

もち蔵「だから俺も気付かなかったって言ってるだろ!」

――あの

みどり「」ピポパ

みどり「あ、もしもしたまこ~?あのね、大路が」

もち蔵「うわっ!?ちょ、やめろ!!」バッ

みどり「返してよ。それ私のケータイなんですけどー」

もち蔵「……っ!なんなんだよさっきから!さっきからっていうか昔っからこうだよな!常磐って!」

――あのー……

みどり「何?悪い?」

もち蔵「もう俺とたまこの事は放っとけよ!常磐には関係ねーだろ!!たまこと俺は恋人で、常磐はただの友達じゃねーか!!」

みどり「っ……」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 17:35:45.15 ID:CWz+ZJn10.net

――あの、ちょっと

みどり「……友達より恋人の方が偉いって言いたいわけ?」

もち蔵「そうだよ!だからもう放っとけよ!」

みどり「……」

もち蔵「な、なんだよ……」

みどり「だったら……」

みどり「だったらたまこに辛い思いさせないでよ!!」

もち蔵「は、はぁ?いきなり何を」

みどり「知らないの!?たまこ、本当は我慢してるんだよ!」

もち蔵「な、なんの話だよ」

みどり「たまこは大路の受験を応援してるけど、本当は東京なんて行ってほしくないんだよ!?辛いけど大路のこと応援してるんだよ!?」

もち蔵「え」

みどり「でもたまこは大路の前ではそういうの隠してるの!何?全っ然気付いてなかった?恋人のくせに」

もち蔵「う……」

――あ、あのーそろそろ……


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 17:45:31.51 ID:CWz+ZJn10.net

もち蔵「う、うるせーな。常磐には関係ないだろ」

みどり「」カチン

みどり「さっきから聞いてれば関係ない関係ないってそればっかだね」

みどり「全っ然たまこの事幸せにできてないくせに」

もち蔵「う、ぐ……」

みどり「大路は知らないだろうけど、あの時たまこに新幹線の時間教えてあげたの私なんだからね」

もち蔵「え」

みどり「あーあ、後押しなんかするんじゃなかった。やっぱり大路なんかにたまこを任せるんじゃなかったよ」

もち蔵「……わ、悪かったよ。これからはもっとたまこの気持ちを考えて……」

みどり「信用できないし。今だってこうして私の事エロビデオ送りにしようとしてるじゃん」

もち蔵「だからそれは俺も気づかなかったって何度も言ってるだろ!!」

みどり「……おじさんはどう思います?こいつ最低ですよね」

――あの、もういいんでさっさと帰ってくれませんか?


撮 影 中 止 !!

みどり編 完


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 17:52:19.36 ID:CWz+ZJn10.net

駅前

もち蔵「あ、牧野」

かんな「おや、奇遇ですな。今日は奥様はご一緒じゃないんですね」

もち蔵「お、奥様って///ま、まぁ、うん。たまこは店の方が忙しいみたいだから」

かんな「働き者の妻ですな。それに引き換え……」

もち蔵「いや、俺も遊んでるわけじゃないって。参考書買いに来たし」

かんな「これは失礼」

もち蔵「……」

かんな「……」

もち蔵「ん、まぁ……じゃあな」

かんな「たまちゃんによろしく。ではでは」

――あ、ちょっといいですか?

もち蔵&かんな「ん?」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 18:00:37.38 ID:CWz+ZJn10.net

――今お時間あります?

かんな「私は大丈夫ですが」

もち蔵「あー……はい。何ですか?」

――ちょっとアンケートっていうか撮影的な事したいんで協力してもらえたらなーと

もち蔵「撮影……ですか」

かんな「いいんじゃないですか。大路くんプロですし」

――そうなんですか?

もち蔵「いや、プロってわけじゃ……。一応プロ目指してますけど」

――じゃあちょうどいい(笑)協力してもらえます?

もち蔵「あ、はい。俺でよければ」

かんな「……では私はこれで失礼いたしますよ」

――あ、男の子と女の子の両方にお願いしたいんですよ

かんな「なんと。スカウトってやつですか」

――まぁそんな感じで(笑)

かんな「でも私は大工の娘なのでそういうのは結構です。ではでは」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 18:11:00.56 ID:CWz+ZJn10.net

――あ、いや、そんな本格的なわけじゃないんで大丈夫ですよ

かんな「……」

――謝礼も出すんで

かんな「……ま、暇な身なのでいいですけどね」

――どうもどうも

もち蔵「で、何すればいいんですか?」

――じゃ、こっち来てもらっていいですか?



………


MM号の中

――とりあえずそっちのベッドに座ってもらって

もち蔵「あ、はい」

かんな「で、何でしたっけ。牧野かんなに聞く50のコト、でしたっけ」

――いや、そういうのじゃなくて(笑)


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 18:21:09.42 ID:CWz+ZJn10.net

――二人はどういった関係?

もち蔵「え。関係ですか」

かんな「ホクロの数を互いに知り尽くした仲です」

――あはは(笑)じゃあ恋人なんだ?

もち蔵「いや違いますから!何言ってんだ牧野……」

かんな「ジョークですよジョーク」

――じゃ、友達みたいな感じ?

もち蔵「まぁ、そうッスね。彼女の友達なんで、一応友達かな」

かんな「一応、ですか。私は大路くんと友達以上恋人以上のつもりでしたが片思いのようですね。ああ悲しい」

――あはは(笑)面白い子だね。一緒にいて楽しいでしょ?

もち蔵「え?うーん……二人で話す事あんま無いからよくわかんないですね……」

かんな「彼女の方がド変態なので。私じゃ見劣りするのも仕方ないでしょう」

もち蔵「いや、たまこは変態とかじゃないから……」

――でも結構可愛いよね。たまにドキッとしたりしない?

もち蔵「うーん、特には」


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 18:29:03.26 ID:CWz+ZJn10.net

――彼、結構イケメンだけど気になったりしない?

かんな「貧弱な男はタイプじゃないので」

――これは辛辣(笑) じゃあ付き合ったりとか全然考えない?

もち蔵「無いですよ。ていうか彼女いますし」

――でも今日二人で買い物してたみたいだけど

もち蔵「さっきたまたま会っただけですよ」

かんな「たまちゃんというものがありながら浮気なんてしたら私が真っ先にトンカチで脳天叩き割ってやりますから」モゾモゾ

――ん?何か気になる?

かんな「ええ。ちょっとこのベッドが」モゾモゾ

――やっぱりベッドがあるとエッチな事考えちゃう?

かんな「そうじゃなくて、このベッド、脚の高さがどうも合ってないですね」ゴソゴソ

もち蔵「え、お、おい」

かんな「しばしお待ちを」スッ トンカチ

トンテンカンテントンテンカンテン

――え、ちょ、ちょっと!何してるんですか!


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 18:34:41.47 ID:CWz+ZJn10.net

トンテンカンテントンテンカンテン
トンテンカンテントンテンカンテン

――ちょっと!!何壊してんすか!!

かんな「これで良し、と」フゥ

かんな「高さ揃えておきましたよ。これでとりあえず安眠できるかと」

――あ、ああ、そう。どうも……

かんな「家を建てる際は牧野工務店をどうぞよろしく」

――……。

かんな「おや?」

もち蔵「え?なに?」

かんな「ここって車の上に部屋作ってるみたいですが」

――あ、はい

かんな「……ちょっとよろし?」トンカチ

ガンガンガン!!ガンガンガン!!

――おおおお、おい!?何やってんだアンタ!?


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 18:45:06.87 ID:CWz+ZJn10.net

かんな「どこの工務店の仕事か知りませんがかなり雑ですよこれは」ガンガンガン!!シャーッ シャーッ

――や、やめろ!!勝手に車内を削るな!!!

かんな「これじゃ地震がきたら一発でお陀仏ですよ」トンテンカンテントンテンカンテン

もち蔵「……」

――ちょ……おい!!聞いてんのか!?

かんな「おまけに殺風景で棚も何も無い。こういうの、大工の娘として許せないんですよね」ガンガンガン



Ω 30分後 Ω

かんな「これでカンペキ。諸々の設計不備を修繕した他、棚もいくつか付けておきました」

かんな「さらにチープな内装を純和風にアレンジして、外側から見えない不良品の窓ガラスも普通のに変えておきましたよ」

もち蔵「あの、それで撮影の話は」

――……あるわけねえだろ……。もう帰ってくれ……。

かんな「あ、リフォーム代として20万円いただきますね」


撮  影  失  敗  !!!

かんな編 完


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 18:57:15.17 ID:CWz+ZJn10.net

駅前

もち蔵「あ!おーーい!あんこ~」

あんこ「あ、もっちー」

もち蔵「……『もち蔵さん』、な。で、何してんだ?」

あんこ「買い物して帰るところ。もっちーってお姉ちゃんに用事があると暇になるんだね」

もち蔵「いや遊んでるわけじゃないから。参考書買いに来たんだよ。たまやはどんな感じ?忙しそう?」

あんこ「ううん、普通。別にもっちーが手伝わなくても大丈夫だよ。私が出掛けてるくらいだし」

もち蔵「ああ、そっか」

あんこ「じゃあね」

もち蔵「おいおい。帰る方向同じなのにそれはねーだろ……」

あんこ「ヤダ。お姉ちゃんいっつももっちーの話ばっかりでこっちはいい加減もっちーの顔見ただけでうんざりだよ」

もち蔵「へ、へえ///そっか、たまこが俺の話を……///」


――(さすがに小学生は無理か……)

撮  影  失  敗  !!!

あんこ編 完


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 19:05:30.57 ID:CWz+ZJn10.net

もち蔵「あ、バッグ持とうか?」

たまこ「ううん、大丈夫!ありがと~」

もち蔵「この後どうする?マスターのとこ寄ってくか」

たまこ「お、イイネ!そうしましょう!」

たまこ「あ、そうそう。もうすぐおっぱい餅が完成するからもち蔵に試食お願いするかも!」

もち蔵「マジかよすげーな!」

もち蔵「……って、え?本当に作ってたのかよ」

たまこ「うん!みどりちゃんのおっぱいを参考にして作ったから中々いい感じだよ~」

もち蔵「それを俺が試食するのはまずいんじゃね?」

たまこ「え?なんで?まずくないよ、おいしいよ?」

――あのー、ちょっといいかな?

たまこもち蔵「はい?」


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 19:13:08.23 ID:CWz+ZJn10.net

――今時間あります?

たまこ「えっと……」チラッ

もち蔵「何か用事ですか?」

――今ちょっとね、アンケートっていうか撮影みたいな事してるんですけど協力してもらえたりしないかー、と

もち蔵「撮影」ピクッ

たまこ「お、すごい!もち蔵プロのカメラマンにスカウトされちゃった!おめでと~!」

――いや、そういうのじゃなくて

たまこ「??」

もち蔵「えーと、エキストラみたいな感じですか?」

――まぁ、そんな感じ

もち蔵「な、なるほど」ゴクリ

たまこ「もち蔵、映画好きだもんね。いいじゃん!やってみたら?」

もち蔵「あ、でもデート中だし……」

――女の子の方も一緒にお願いしたいからそのへんは大丈夫っすよ。時間もそんなにとらせないんで

もち蔵「そ、そうですか。じゃあ、ぜひ」


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 19:23:44.71 ID:CWz+ZJn10.net

………


MM号の中

たまこ「あ゛、あの゛!私、北白川たまこっていいま゛す!!よ、よろしくお願いしまず!!」カチコチ

――緊張しなくて大丈夫だから(笑) じゃあ、そこのベッドに座ってもらっていいかな

もち蔵「あ、はい……」

――改めて聞くけどお二人の関係は?

たまこ「え、あ……///」

もち蔵「か、関係って、それは、えーと……///」

――恋人でいいのかな?さっき手を繋いでたけど

たまこ「ううう……///」カァァ

――彼女さんが彼氏くんの後ろに隠れちゃったけど(笑)

もち蔵「あ、は、はい///こっ、こここ恋人です///」

――最近付き合い始めた感じ?

もち蔵「は、はい///あの、えっと、二ヶ月になるんですけど、お、幼馴染でずっと好きで、その///ああ、いや、何言ってんだ俺///」


38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 19:32:48.80 ID:CWz+ZJn10.net

――へえ、いいじゃん、一番楽しい時期だよね

もち蔵「は、はい!///あの、今までは糸電話で話してて、付き合ってからはたまこが俺の部屋に来てくれて、マジで楽しいっつーか幸せっていうか!///」

たまこ「わあああ!///やめてよもち蔵!!///」

――糸電話?

もち蔵「はい!///心と心を繋ぐ大事な糸電話で!!///」

たまこ「//////////////」

――めっちゃ青春って感じっすねー。もう結構進んじゃってる感じかな?

もち蔵「え?そ、それってどういう……」

――エッチとか普通にしちゃってる?みたいな

もち蔵「な……ええええええ!?///」

たまこ「し、してないですっ!///」

――そうなんだ?キスもまだ?

もち蔵「それは……その///」

たまこ「//////////////////」ブシュー

――あ、キスはしてる感じかな(笑)


40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 19:39:53.70 ID:CWz+ZJn10.net

もち蔵「ま、まぁその……そう、ッスね///」

たまこ「ううう///もう帰ろうよもち蔵ぉ~/////」

――いつもどんな感じでするの?

もち蔵「ええ!?///い、いや、それは……もう勘弁してもらえませんか///」

――えー?教えて下さいよ(笑)

もち蔵「いやホント普通っていうか……お、俺の方から、えっと、普通に///」

たまこ「//////////////////////////」

――ちょっとやってみせてもらっていい?

もち蔵「ええええええええええええええ!!?///」

――もちろん謝礼は出すんで

もち蔵「そ、そう言われても……///」

たまこ「///////////////////////////////」

――彼女さん的にはどう?人前だと恥ずかしい?

たまこ「う、あうう……///」


41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 19:48:43.85 ID:CWz+ZJn10.net

――あ、僕とかいないと思ってもらっていいんで。いつもしてる感じでやってもらいたいんですけど

もち蔵「で、でも……えー……?///ど、どうするたまこ?///」

たまこ「ええ?///も、もち蔵が決めてよぉ////」

――彼女は彼氏任せみたいだけど

もち蔵「マ、マジで……?///えー、いや、でも///」

たまこ「//////////」

もち蔵「じ、じゃあ一回だけ……///」

もち蔵「……////」スッ

チュッ

もち蔵&たまこ「//////////////」ボシュウウウウウウ

――あー、なるほど(笑)結構あっさりだね。舌入れたりしないの?

もち蔵「それは、た、たまに////」

たまこ「///////////」

――彼女めっちゃ恥ずかしがりだね(笑)人前でキスしちゃったけど平気?

たまこ「////////////////」フルフル


43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 19:55:19.03 ID:CWz+ZJn10.net

――もう一回だけやってみてもらっていい?

もち蔵「え、ええ~?//////」

――盛り上がってる時の感じで舌入れてもう一回だけ(笑)

もち蔵「わ、わかりました……////」

スッ チュッ

たまこ「ん……////////」

ぬるっ

チュッ  レロ~ チュッチュ

たまこ「ん、ふ/////////」

たまこ「ぷは……////////」

――あー、めっちゃエロいじゃないですか(笑)彼氏くんけっこうキス上手い?

もち蔵「い、いや、そういうのよくわかんないっす/////」

――どう?彼氏くんのキス上手いと思う?

たまこ「う……上手いと思います……すごく////////////」カアアアアア

もち蔵「バ、バーカ////////////」


45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 19:58:05.41 ID:CWz+ZJn10.net

   /^                                   /^
.   |  \            /^               /  j
.  _!     `ー― 、         し、}        , ―一 ´   /
  {  \{ \_  !         _ノノ__        j  _,/ } /
.  \  \     \   /::≠∧≠::\   /      / ー一 /
     \_  ` ー    `ア´    ^'^    ヽー'′ _,,/     /
.    ( ̄                               ー<_
     ` ー一ァ    /              :.   、___,,/
.       └一'(_/                :,人_)
           ′                ′
              |                     |
              !                     |
           :,                    ;
            ′                  /
                \              /
                  `  、         /
.            {      \( _,,.  ´


          ちょっと犬の散歩に行ってくるぞ!


51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 20:37:57.86 ID:CWz+ZJn10.net

――上手いって(笑) やるじゃん

もち蔵「ど、ども/////」

――これ以上はまだした事ないのかな?

もち蔵「そ、そうっすね////////」

――なんでしないの?彼女かわいいのに

もち蔵「え、あ、いや俺ホントに大事にしたいんで、たまこがいいよって言うまではやめておこうかなって思ってて/////」

――あー、なるほど。彼女の方が結構ガード堅いって事?

もち蔵「いや~ど、どうなんスかね////////」

たまこ「わ、私はえっと……も、もち蔵が何もしてこないだけで……///」

――えっ

もち蔵「えっ」

――じゃあ彼女の方はもうオッケーってこと?

たまこ「あ、そ、そうじゃなくて、あの////わ、わかんないです!///」

――オッケーって言ってるけど(笑)

もち蔵「え…え~……?///マジで?//////」


53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 20:45:52.11 ID:CWz+ZJn10.net

――ちなみに二人共経験無いのかな?

もち蔵「無いっす……////」

たまこ「はい/////」

――じゃあ初めて同士だね。せっかくだしここでしてっちゃえばいいのに(笑)

もち蔵「いや、それはさすがに////////」

――でも彼女は待ってるみたいだよ?

もち蔵「あはは……/////」

――よし、じゃあお願いします!

もち蔵「えええ?/////」

たまこ「////////////////////」

――あ、ゴムとかこっちで用意するんで。それとも最初はあえて生の方がいいかな?

もち蔵「いや、ていうか、え?本気ですか?/////」

――そういう仕事なんで(笑)

もち蔵「って言われても……ど、どうするたまこ?//////」

たまこ「……わかんないってば////もち蔵が決めてよ////////」


56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 20:55:51.36 ID:CWz+ZJn10.net

――早めに済ませちゃったほうがいいと思うよ

もち蔵「そ、そういうもんですかね……///」

――彼氏イケメンだし、彼女もかわいいし、ボヤボヤしてると……

もち蔵「……」

たまこ「……もち蔵って結構女の子と仲良いよね」

もち蔵「え」

たまこ「他のクラスの女子ともよく話してるし」

もち蔵「いや、あれは係の仕事とかそういうので……」

――あー、彼女の方は不安なんだね

もち蔵「ちょ、ちょっと待てって。マジでそういうの無いって。俺はホントにたまこだけだから!」

たまこ「東京に行っても?」

もち蔵「そうだよ!」

――ん?彼氏くん、東京行くの?

もち蔵「あ、はい。大学は東京の方に行く予定で」


57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 21:03:29.13 ID:CWz+ZJn10.net

――遠恋じゃん!

もち蔵「はい……」

たまこ「……」

――じゃあ一緒にいられる時間ももうあんまり無いよね

もち蔵「そうっすね……」

――あと半年くらい? 一日一回エッチしても180回くらいしかもう出来ないって事だよね

もち蔵「……」

たまこ「……」

――もったいないなぁ!ていうか遠恋するなら絶対エッチしておいたほうがいいと思うよ

もち蔵「……」

――遠恋ってマジで続かないからね。俺の周りとかみんな別れてる(笑) 特に身体の関係が無いカップルは

たまこ「そ、そうなんですか?」

――うんうん。あと東京は可愛い子も多いからな~。ぶっちゃけ彼女の方はすごく不安でしょ?

たまこ「……」

もち蔵「た、たまこ……」


58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 21:12:42.22 ID:CWz+ZJn10.net

――やっぱりさ~彼氏なら彼女の事安心させてあげなきゃ!

もち蔵「……」

――ごめんね~しんみりさせちゃって。いやでもマジで今のうちにエッチしておいた方がいいと思うよ

もち蔵「……そう、っすね」

――おっ!

もち蔵「たまこ……えっと……」

たまこ「う、うん///」

――じゃ、お願いしま~す(笑)


60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 21:25:28.26 ID:CWz+ZJn10.net

一方その頃 京都駅

デラ「うう……やはりこの国は寒い……」カタカタカタ

メチャ「大丈夫かい?デラ」

デラ「チョイ様……わたくしにも何か着る物を……」

チョイ「鳥の分際で贅沢を言うでない!」

メチャ「まぁまぁチョイ。元はと言えば僕達が新婚旅行でうさぎ山に行きたいって言ったんだし」

チョイ「それはそうですが……」

デラ「ええい、もう何でもいい!おい王子!お前の着てる物をよこせ!」

チョイ「お前はまたそのような口を!わざわざお前のような者を連れてきたのは駅からたまやまでの道を占いで案内させるためだという事を忘れているのではあるまいな?」

デラ「あ゛ー!はいはい!じゃあもうとっとと占って行っちゃいましょう!」


62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 21:41:47.28 ID:CWz+ZJn10.net

MM号車内

たまこ「ん///」「んっ///」「んーーーっ///」

たまこ「い゛っ……!」

たまこ「ちょ、ちょっと待って!い、痛いよもち蔵……」

もち蔵「ご、ごめん」

たまこ「ふう……」

たまこ「あの、ゆっくりめでお願いします……」

もち蔵「お、おう///」


ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

デラ「おっかしいな。確かにこの辺に娘がいるはずなんだが」パタパタ

メチャ「駅からほとんど移動してないね」

チョイ「申し訳ありません王子……。最近占いをする機会が無かったもので私の腕も鈍ってしまったのかも……」

デラ「娘の居場所がわかればそこがたまやのはずだったんだがなぁ」

チョイ「うむ……。全然見当違いの結果が出てしまっているな……。本当に申し訳ありません」

メチャ「私は平気だよチョイ。きっとたまこ様は外出してるんだよ。もう少し探してみよう」


63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 21:49:56.02 ID:CWz+ZJn10.net

たまこ「う……ううっ」

もち蔵「はぁ……はぁ……」

たまこ「う、動いていいよもち蔵……」

もち蔵「え、でも」

たまこ「もち蔵……気持ちいい?」

もち蔵「う、うん」

たまこ「えへへ///良かったぁ……。痛くても我慢するから、もち蔵の好きなように動いていいよ……///」


ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ


デラ「やはりこの辺りですな」パタパタ

チョイ「……しかしどこにも見当たらないな。やはり私の占いが鈍ったのかも……」

メチャ「ねえチョイ、デラ。あの鏡張りの乗り物はどうかな?」

デラ「ん?」

メチャ「もしかしてあれに乗っているんじゃないかな?」

デラ「なるほど。ではちょっと様子を見てくるか」


64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 22:00:03.37 ID:CWz+ZJn10.net

たまこ「あっ///」 「あ///」

もち蔵「たまこ……たまこっ……///」ギシギシ

たまこ「は///」「あ……///」「んっ///」

ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

デラ「んん?なんだこの鏡は」

チョイ「どうしたのだ?」

デラ「チョイ様。この鏡、どうやら窓になっているようですな」

チョイ「どういう事だ?」

デラ「なんといいますか……こちらからは鏡で向こう側からは窓になっているようで。私の優れた動物的本能がそう察しております」

チョイ「なるほど。ではちょっと透視して様子を伺ってみろ」

デラ「お任せあれ!!」 <○> <○> カッ!!

たまこ「あっ」「あっ」「あ」「あ~っ///」

デラ「な、なななななな!?///」

たまこ「うえ゛っ!!?デ、デラちゃん!?」

もち蔵「え」


65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 22:10:46.60 ID:CWz+ZJn10.net

もち蔵「な、なんでこいつがここに……。ていうかチョイちゃんと王子までいるんだけど……」

たまこ「ね、ねえ!これ向こう側にはこっち見えてないんだよね!?」

――うん。そのはずだけど

デラ「いやはやこれは……ウホホホホホ///」

もち蔵「めっちゃこっち見てるんだけど……」

――い、いや、大丈夫だって。ほら、続けて

チョイ「どうしたデラ。たまこはいたのか?」

デラ「あ、あーいやぁ……いるにはいるのですが……ここは一先ず退散した方がよいですな」

チョイ「何を言っておる!たまこには色々と世話になったんだから、いるならすぐに挨拶をするのが礼儀だろう!ほら、行くぞデラ」

デラ「お待ち下さいチョイ様!!今はまずい!ひっじょ~~~~~にまずいんですって!!」

チョイ「わけのわからぬ事を!!」

デラ「あーもーこのわからず屋!俺は逃げる!逃げるぞ!」パタパタ

チョイ「」ガシッ

デラ「あっ」


67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 22:16:34.18 ID:CWz+ZJn10.net

チョイ「この」

チョイ「恩」

チョイ「知らずが~~~~~~っっ!!!!」ブン

                          _,,,,,,,.........:::::::::::--::.,_
                  .,----─''''''''''""~        |  ~"'-:::.,_
                  .|                   .|      ~"'-:::.,_
                  .|                   .|          ~"l
                ._|_______        |             | イヤアアアアア
          ,:;::=ニニ"─────:::.,    ̄"'''''':, .. .|             |  
          /              ,l /''''''''''''''ー‐:,';  . |             |
       .  /               ,l l / ̄ ̄ ̄~~l'';   |             |  ○===   
    ;''''''l   /             ,---:,.l'''      .|.||.  |             |   ↑
    |  |  ./             |   |l |       | ||.. |             |  デラ
    '┬' ./  ____         |   .|.l  _,,,...:::::;:::' .||.. |             |
      ̄l''''''''"~ー--:::::::;,.:::''''',:''''''::, .l,,,,,,,,,,l.| ./ .,,.::''"  .||.....|             |
      '::,,_          '::..,,,.:''''''''''l | | ,,::::'"     ||.....|             |
      | | ~"'''''ー-:::::::::....,,,,,,___,....::'" | ""     ,::::.|| . |        _,.:::::-'
    .  ,::,|             l    |   _,,..::-‐'''"~~| .|     _,..:::-'::,~|
     . l ':,:ー-::::,,,_      . l   _,,...|.:‐''"~   _,,.::-‐'_l,..:::-''"~  /,:::,l |
      |~"';:,'''ー-::::二,''ー-;-:,::':'''"~  ||     ./...,,."':,      _,.:::l l:::l|..l
      ;'''ー'=::,,,,_/':,  ~"''''/,:'--:::::...:-'''|     / ,...,"'; ';l'''"|_,,..:::''ニ-'";'::'/
      |ニ; .;:.....,, ~"''''ー-:::' ,l   :: |.. .|_,,...:::'',l./ ,,,,'; | lニニ.::'"~ 'ー‐''
      ~"''-''=;:.|"''''┐-:::..,_~"''''''''ー‐''''|   l l' ::::::|,l__|
           ~"''ー''=::;;:::'  l'''''ー;   |,..::-'"l l  '''//
                 ~"'''''==---'‐''';"~.':,"'‐'',:'
                          ~"''''''''''"


68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 22:24:23.08 ID:CWz+ZJn10.net

ガッシャアアアアアアアアアアアアアア!!

もち蔵「うわああああああああ!!?」

たまこ「わあああああああああ!!?」

――ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアア

チョイ「たまこ!久しぶ……うげっ!!?///そ、その格好は……///」

――あああああああああ!!?カ、カメラが木っ端微塵じゃねえかあああああ!?

チョイ「す、すまぬたまこ!まさかこの様な事になっておるとは……///」

たまこ「え、えっと、あの……///」

――カメラがあああああああああああ!!!

チョイ「と、とりあえず時間を改めてまた挨拶に来るので、えーと……す、すまぬ!///」スタコラ

――カメラが……


69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 22:29:55.17 ID:CWz+ZJn10.net

                    ´ ̄ ̄ ̄`   、 /:.´ ̄ ̄)
                  ,.  ´             ∨ / ̄ヽ`ヽ
                /                 〈   ノ:.ノ
               ,.                      ,
           ´                      ′
           / r―v―y- 、             ⌒',   }
          ;  }: : : : : : : : :.ン                 ′ ;
           |       ´                | /
      r―‐{   x                 /        }′
      ゞ ̄:.:..,                ′         、
     <二二..,               {        `¨¨¨¨¨¨¨二ヽ
           、  、           :,         ー :.:¨¨¨¨ヽ
           \...}            入        :.:.:.ー< ̄ `
           {厂⌒¨¨ヽ         ,.  ´  \ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
      __//   {ノ―‐ゝ-- ⌒¨¨¨´        丶:.;,___ヽ ̄ ̄
          ーァ′

見てほしい。見られたくない。
人の想いは裏腹で。
嗚呼――恋路はいつも茨の道、獣道。
鏡が身体に突き刺さったぜ。



撮  影  失  敗  !!!


『たまこ「うさぎ山にマジックミラー号がやってきた!」』
         


70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 22:30:53.76 ID:XhgvcMh20.net



71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 22:31:33.88 ID:7ryqTU1+0.net

乙乙


73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/18(土) 22:48:21.31 ID:J20OPMhN0.net

エロかった




掲載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1413617557/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク