FC2ブログ

藍子「なんでも嬉しいと思いますよ」

1: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:23:07.51 ID:8NNxtisu0

奈緒の誕生日プレゼントを悩む加蓮と、その相談に乗る藍子ちゃんのお話。
 


2: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:23:56.93 ID:8NNxtisu0

加蓮「……」

藍子「……?」にこにこ

加蓮「……あのさぁ」

藍子「はい?」

加蓮「もう1回聞くね?」

藍子「はい」

加蓮「奈緒の誕生日プレゼント、なにをあげたらいいと思う?」

藍子「奈緒ちゃんならなにをもらっても喜んでくれると思いますよ」

加蓮「だーかーらー!」


3: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:25:01.86 ID:8NNxtisu0

藍子「じゃあ加蓮ちゃんは、なにをあげたらいいと思いますか?」

加蓮「それが分からないから聞いてるの! ……もしかして藍子、おちょくってる?」

藍子「うーん……少しだけ?」

加蓮「……あのさぁ」

藍子「なんでしょう?」

加蓮「……藍子、変わったよね」

藍子「そうでしょうか?」

加蓮「最初はこんなひどいことする子じゃなかった」


4: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:25:49.39 ID:8NNxtisu0

藍子「ひどいことなんてしてませんよ?」

加蓮「どの口が言うの」

藍子「この口、でしょうか」

加蓮「」ぐにー

藍子「いひゃいれす」

加蓮「……アタシさ、これでも結構真剣に悩んでるんだよね」

藍子「はい」

加蓮「その……なんて言うの? いつもはいじってるけどさ、やっぱり年上だし頼りにしてるとこもあるし、そういう気持ちを伝えたいっていうか……あーやめやめ、やっぱりこんなのアタシらしくない」

藍子「つまり、加蓮ちゃんは奈緒ちゃんに日頃の感謝を伝えたい、ってことですよね?」

加蓮「もう少しオブラートに包んでよ……そういうことなんだけどさ……」

藍子「そうしたら、今の言葉を奈緒ちゃんに伝えてあげたらどうですか?」

加蓮「はぁ!? 無理だってそんなの」


5: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:26:38.76 ID:8NNxtisu0

藍子「気持ちをそのまま伝えてあげれば奈緒ちゃんも喜んでくれると思いますけど」

加蓮「……そんなこと、できると思う?」

藍子「できるか、じゃなくてするんです……って茜ちゃんがよく言ってます」

加蓮「はぁ……相談する相手間違えたかな」

藍子「じゃあ奈緒ちゃんに直接聞いてみましょうか」

加蓮「え!? 待ってそれはさすがに無理だって!!」

藍子「奈緒ちゃんがなにをもらったら嬉しいかは、奈緒ちゃん本人に聞くのが一番だと思いますよ?」

加蓮「そりゃそうだけどさ……今日の藍子、機嫌悪い?」


6: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:27:13.11 ID:8NNxtisu0

藍子「機嫌、ですか? いつも通りだと思いますけど」

加蓮「うそでしょ……絶対いつもより意地悪いって」

藍子「うーん、いじわるなつもりはないんですけど」

加蓮「その割にはいつもより厳しいと思うんだけど」

藍子「厳しい、というよりは……加蓮ちゃんは、たまには奈緒ちゃんに素直になってもいいと思うんです」

加蓮「……素直に?」

藍子「はい」

加蓮「素直にって……私は奈緒じゃないんだし」

藍子「じゃあ加蓮ちゃんは、奈緒ちゃんに感謝の気持ちを伝えたことありますか?」

加蓮「それは……」


7: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:27:56.66 ID:8NNxtisu0

藍子「……おせっかいをしてるってことは分かってます。でも未央ちゃんも茜ちゃんと一緒にいると、加蓮ちゃんたちはもう少し素直になってもいいんじゃないかな、って思っちゃうんです。も、もちろん仲が悪いとは思ってないですけど……」

加蓮「アタシたちにポジパみたいに正面からぶつかり合えってのは難しいんじゃないかな……もちろん、たまにはそういうのもいいんだろうけどさ」

藍子「そのたまに、を今回にしてみるのはどうですか?」

加蓮「それは恥ずかしいから無理」

藍子「ふふっ」

加蓮「……今アタシ、なんかおかしなこと言った?」

藍子「いえ、いつもは奈緒ちゃんに『本当は?』って言ってるのに、加蓮ちゃん自身は本音を言えないんですねって思って」

加蓮「……アタシにはそういう煽り、効かないからね」

藍子「そうですか。残念ですっ」


8: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:28:28.14 ID:8NNxtisu0

加蓮「あーあ、ほんと今日のちょっと藍子は怖いよ」

藍子「でも、気持ちを言葉で伝えてあげるのがいいって思うのは本心ですよ?」

加蓮「本心だから余計たちが悪いというかさ……」

藍子「これまでの誕生日は奈緒ちゃんになにをプレゼントしたんですか?」

加蓮「去年はフルボッコちゃんのフィギュアだったなぁ……その前はなんだったけ……無難にケーキとかだったかな」

藍子「フルボッコちゃんって、奈緒ちゃんが好きなアニメでしたっけ?」

加蓮「そうそう。ちょうどマ○クのおまけになってたときがあってね、何種類かフィギュアがあったんだけどひとつだけどうしても手に入らなかったらしくて」

藍子「それで、加蓮ちゃんが取ってあげたんですか?」

加蓮「アタシと凛でね。まぁポテトはアタシの得意分野だし」

藍子「あんまり食べすぎちゃダメですよ……?」

加蓮「去年の話だって。……まぁしばらくはポテトはいいかなって思ったけど」

藍子「どれだけ食べたんですか……それで、今年はどうしましょうか」


9: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:29:12.21 ID:8NNxtisu0

加蓮「それなんだよね……藍子はポジパの2人の誕生日になにあげたの?」

藍子「未央ちゃんと茜ちゃんに、ですか? えぇと、この間の茜ちゃんの誕生日には、一緒にカフェに行きました」

加蓮「カフェ? なにかプレゼントをしたりはしなかったの?」

藍子「それも考えたんですけど、あまりいいものが思いつかなかったので、ものづくりカフェというところでブレスレットをつくってプレゼントしました」

加蓮「へぇ、ものづくりカフェなんてあるんだ」

藍子「はいっ、私のお気に入りのカフェです」

加蓮「じゃあ未央のときは?」

藍子「未央ちゃんのときは、和菓子喫茶に行きました」

加蓮「やっぱりカフェなんだ……プレゼントとかはしないの?」

藍子「もちろんプレゼントももらったら嬉しいと思いますけど、普段行かないところに行ったっていう思い出もいいかなって思ったので」

加蓮「思い出、ねぇ……そっか、そういうのもありか」


10: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:30:10.72 ID:8NNxtisu0

藍子「はいっ。もちろん形に残るものもいいとは思いますけど、みんなとはちょっと違ったものをプレゼントするのもいいかなって」

加蓮「それで、ちょっと違ったカフェに行ったってことね」

藍子「そういうことです」

加蓮「じゃあ、奈緒と普段行かないところ……かぁ」

藍子「普段は奈緒ちゃんたちとどんなところに行くんですか?」

加蓮「んー、やっぱり一番多いのはマ○クかなぁ」

藍子「だ、ダメですよ? あんまりポテト食べすぎちゃ」

加蓮「心配しすぎだって。……なんというか、落ち着くんだよね。あの中途半端にがやがやしてる感じ」


11: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:30:39.41 ID:8NNxtisu0

藍子「がやがや、ですか」

加蓮「そう。みんながみんな自分たちの話に集中してるから、アタシたちがアイドルだってなかなかばれないんだよね」

藍子「でも、あんまり食べ物が体によくなさそうというか……」

加蓮「気にしすぎだって。最近は2週間に1回くらいしか行ってないし」

藍子「最近は……?」

加蓮「……」

藍子「……加蓮ちゃん?」

加蓮「……ところで、さ。奈緒とどこに行けばいいと思う?」

藍子「……加蓮ちゃん」

加蓮「す、すぎたことだからしょうがないでしょ! アタシだってさすがに行きすぎたって反省したし」

藍子「それなら、いいですけど……」


12: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:31:05.52 ID:8NNxtisu0

加蓮「なんかさ、最近の藍子ってちょっとずつ響子に似てきたよね」

藍子「え? 響子ちゃんですか?」

加蓮「うん、栄養にうるさい感じが特に」

藍子「そうでしょうか……」

加蓮「いっつもまたコンビニ弁当ですか! って怒られてる響子のプロデューサーの気持ちが少し分かった」

藍子「……私、そんなに加蓮ちゃんに言ってないですよね?」

加蓮「いや、結構言ってるって」

藍子「そんなことないですよ」

加蓮「そんなことあるよ」

藍子「そうしたら、言われるような加蓮ちゃんがよくないんだと思います」

加蓮「えー、人のせいにする?」

藍子「加蓮ちゃんが心配されないような食事をすればいいんですっ」


13: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:31:34.98 ID:8NNxtisu0

加蓮「じゃあ藍子がアタシのお弁当つくってきてよ」

藍子「いいですよ?」

加蓮「えっ」

藍子「たくさんお野菜入れないとですねっ。野菜炒めにブロッコリーの塩茹でに……」

加蓮「待って待って、アタシが悪かったって」

藍子「うふふっ」

加蓮「もう……ほんとなんというか、したたかになったよね」

藍子「そんなことないですよ……そういえば聞きました? 響子ちゃん、最近プロデューサーさんにお弁当をつくってきてるみたいです」

加蓮「えっ、本当につくってくるようになったの!?」

藍子「そうらしいですよ。響子ちゃんがそう言ってました」

加蓮「さすが響子は押しが強いなぁ」

藍子「あはは……確かに、プロデューサーさんのことになるとちょっとだけ変わりますよね」


14: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:32:08.06 ID:8NNxtisu0

加蓮「なんというか、P.C.Sのときは王道キュートって感じがするのに、プロデューサーが絡むとパッションになる気がする」

藍子「それ、ちょっと分かります。響子ちゃんがプロデューサーさんのお話をしてるときは、すごい元気だなぁって思っちゃいますし」

加蓮「藍子に太鼓判を押されるってことは相当だね」

藍子「えっ、そうでしょうか……」

加蓮「そうだよ」

藍子「私、よくパッションっぽくないねって言われますけど……」

加蓮「アタシも最初はそう思ってた。でも、あの未央と茜を操れるんだからまがうことなきパッションでしょ」

藍子「あ、操るなんて……」


15: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:32:38.67 ID:8NNxtisu0

加蓮「普通あの2人と一緒にいたら振り回されるって。でも藍子はそんなことないでしょ」

藍子「未央ちゃんも茜ちゃんも、そんなに振り回してくるような子たちじゃないですよ?」

加蓮「いや振り回されるって……アタシじゃ1人相手にするだけでも疲れちゃうもん。楽しいけどさ」

藍子「うーん、一緒にいて疲れるって思ったことはないですね」

加蓮「藍子もやっぱりスタミナがパッションなんだよ」

藍子「そうだったんでしょうか……」

加蓮「自覚なかったんだ……そういえばさ、藍子って響子と仲良かったっけ? 美穂とはたまに一緒にいるイメージあったけど」

藍子「いつだったかな……響子ちゃんとカフェで偶然会ったことがあって、そこから仲良くなったんです」

加蓮「へぇ、響子もカフェ行くんだ?」

藍子「私もそのときはじめて知りました。たまに行くらしいですよ」

加蓮「響子が、ねぇ。なんか意外かも」


16: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:33:07.63 ID:8NNxtisu0

藍子「私もびっくりしました。それに、カフェに行くときの響子ちゃんってすっごくおしゃれで」

加蓮「響子って結構服のセンスいいよね。でも、カフェのときは普段と違うの?」

藍子「うーん、なんというか……大人っぽい、って感じがしました」

加蓮「大人っぽい響子か……。いつもはかわいい感じのイメージが強いけど」

藍子「響子ちゃんの最初の宣財写真覚えてますか? ああいう感じの、もしかしたら大学生の方かなって感じの」

加蓮「あー、なんとなく言いたいこと分かった。確かにああいうおとなしめかわいいの似合うかも……あっ」

藍子「え? どうかしましたか?」

加蓮「あぁ、いや……奈緒がさ、この間かわいい服がほしいってぼそっと言ってたことを思い出してさ」

藍子「奈緒ちゃん、かわいい服も似合いそうですよね」


17: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:33:39.91 ID:8NNxtisu0

加蓮「でしょ? なのに奈緒ってば、興味はあるくせに恥ずかしがって着ないからさ……決めた! 誕生日は奈緒と洋服買いに行くことにする」

藍子「ふふっ、楽しそうですね」

加蓮「あんまりからかわないで、真面目に奈緒に似合いそうなかわいい洋服選んであげよっと」

藍子「でも加蓮ちゃんが奈緒ちゃんのことからかわずに褒めてたら、かえって不思議な感じがするかもしれませんね」

加蓮「……藍子さ、ほんと言うようになったよね」

藍子「そうでしょうか?」

加蓮「そうだよ。……そうと決まったら、凛に連絡しなくちゃ」

藍子「上手くいったら教えてくださいね?」

加蓮「おっけー。かわいい奈緒の写真いっぱい見せてあげる」

藍子「ふふっ、楽しみです♪」


18: ◆STv2N39zIfEc 2017/09/19(火) 23:40:01.24 ID:8NNxtisu0


 以上です。
奈緒が甘ロリを着せられて「こ、こんなの私には似合わないって!」と言いながらも満更でない表情を浮かべるのはまた別のお話。

奈緒誕生日おめでとう!


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 00:17:56.19 ID:QFWjWPgJO

別のお話じゃない
いいから書くんだ


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 12:04:20.39 ID:K8RirX2zo

おつ
で、その奈緒の話はどこだい?




掲載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505830987/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク