FC2ブログ

【ミリマス】ミリP「星梨花のお父さんですか?」

1: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 21:59:11.26 ID:e3dNHs5z0


ミリP(以下、P) 「それって、確か箱崎財閥の……」

高木社長(以下、社長) 「その通りだ。彼が今日キミと話がしたいという事でね」

P 「話ですか……星梨花のプロデュース方針についてかな」

社長 「キミ、予定は大丈夫なのかね?」

P 「はい、今日の営業は午前だけの予定ですし……終わった後なら迎えると思います」

社長 「そうか!それなら、彼にはそう伝えておこう」

P 「そういう事なら、星梨花のプロデュース資料も色々持っていこうかな……」

P 「音無さん、最近の活動の成果まとめてもらっても良いですか?」

音無小鳥(以下、小鳥) 「はい!お任せください!」

P 「……それにしても、急に呼び出しなんて珍しいな。何があったんだろう」
 


2: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 21:59:39.25 ID:e3dNHs5z0

――――― 

P 「失礼します……」

箱崎父(以下、父) 「ああ、プロデューサーくん。いつも星梨花が世話になっている」ペコリ

P 「ご無沙汰しております、箱崎さん」

父 「……どうぞ、座ってくれたまえ」

P 「ありがとうございます」スッ

P 「それで、お話とはなんですか?プロデュース方針について質問があるという事でしたら、今日資料を持ってきていますが……」

父 「ああ、別にそんな大層な話をしようというんじゃないんだ……前もって資料を持ってくるあたり、君は仕事の出来る人間だな。うちの部下に欲しいくらいだ」ハハハ

P 「褒めてもらう事でもないですよ……それでは一体?」



3: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:00:15.16 ID:e3dNHs5z0


父 「うむ……君、星梨花になにか男の気配を感じたことはないかね?」

P 「気配、といいますと……」

父 「星梨花に恋人が出来たのではないか、という事だ」

P 「ええっ!?そ、そんな事はないと思いますが」

父 「だが、現に誰かに恋しているようなのだ……そうだな?」

執事 「はい。この前、お嬢様が熱心に恋愛に関する事をメイドに聞いていたのを小耳にはさみまして」

父 「星梨花が仕事に打ち込むためにやっているというのなら問題ない。だが、娘がどこの骨とも知れぬ男に靡いているかもしれないと考えると……!」ワナワナ

P 「は、箱崎さん!落ち着いてください!」

父 「す、すまない。少し焦ったようだ」



4: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:00:57.95 ID:e3dNHs5z0


P 「俺としても、アイドルが隠れて恋愛に走るというのは少し困りますし……こちらで、調べを入れておくということでよろしいですか?」

父 「うむ、任せ――」

ガチャリ

箱崎星梨花(以下、星梨花) 「パパ、プロデューサーさんが来てるってホント!?」

P 「おっ、星梨花!こんにちは、今日のレッスンは上手くいったか?」

星梨花 「はい!この前プロデューサーさんに教わった通りに出来ました!」

P 「そうか!それなら良かった」ホッ

星梨花 「……あの、プロデューサーさん。しばらくウチにいますか?」

P 「いや、話が終わったから帰る予定だけど……」

星梨花 「そ、そうなんですか……」ショボン


5: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:01:34.38 ID:e3dNHs5z0


P 「どうかしたのか?個人的に何かあるなら、折角だし聞いておくけど」

星梨花 「し、質問って事じゃないです!ただ、少し待っててもらっても良いですか?」

P 「構わないけど……なんでまた」

星梨花 「春香さんから美味しいクッキーの焼き方を教えてもらったんです!だからご馳走しようかなって思ったんですけど……」

P 「そうか!それは嬉しいな、是非待たせてもらう事に……」

P 「箱崎さん、よろしいでしょうか?」

父 「……ああ、構わない」

星梨花 「ありがとうパパ!それじゃ、すぐ作ってきますね!」トコトコ

P 「おう、火傷とかするなよー!」フリフリ

父 「…………」


6: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:02:58.75 ID:e3dNHs5z0


P 「お嬢さんは本当に出来た子ですね……将来がたのし」

父 「なぁ、プロデューサーくん」

P 「はい?」

父 「つかぬ事を聞くのだが……君、まさか星梨花に手を出してはいないだろうな?」

P 「……はい?」

父 「先ほどの星梨花……私が普段見ないような顔をしていたような気がするんだが」

P 「いやいや!気のせいですよ!」

父 「……本当かね?」

P 「そりゃお父さんに向ける表情と俺に向ける表情が違うのは当然でしょう。実の家族と仕事仲間では、認識に大きな差があるでしょうし」

父 「お義父さん!?君は急に何を……!」ワナワナ

P 「な、何をそんなに怒ってるんですか箱崎さん!」ガクガク


7: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:03:55.49 ID:e3dNHs5z0


父 「ともかく座りたまえ!幸い、時間はある事だしな?」ギロッ

P (な、なんでこんなに急に怒り始めたんだ!?)

P 「と、とにかく落ち着いてください箱崎さん……なにか、お気に障ったのなら申し訳ありませんでした」

父 「……すまない、頭に血が上り過ぎたようだ」

P 「それで、何をしようというんです?」

父 「普段の星梨花について、聞いてもみても良いかね?表舞台だけでない、レッスンの様子とか」

P 「はい!それじゃ、何から話そうかな……」

父 「それでは、さっき星梨花が話していたレッスンについて聞いても良いかね?どうやら君が一役買ったようじゃあないか」

P 「あれは星梨花自身が頑張ったからですよ。俺は、それを少しだけサポートしただけで……」

父 「謙遜はよしたまえ!それで?なにも普段からずっと教えているわけではないんだろう?」


8: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:05:17.92 ID:e3dNHs5z0


P 「はい……昔はそれぞれ見ていたんですが、最近は色々と仕事も増えまして」

P 「申し訳ありません」ペコリ

父 「プロデューサーがトレーナーを兼ねるのがそもそも間違っているんだ、それを責めるつもりはないよ」

P 「そういって貰えると少し気が楽になります」

P 「この前、少し遅くなってしまった日がありましたよね?」

父 「ああ、そうだな。君が送迎してくれたんだったか……家の者から報告は受けたよ」

P 「はい。その折はご挨拶できず、すみませんでした」

父 「気にすることはない、私も家にはいなかったからね」

P 「お心遣い感謝します……その日、星梨花が自主レッスンをしていたのを帰る時に目撃したので、その折に指導しました」

父 「ああ、あの日だったのか……」


9: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:05:44.59 ID:e3dNHs5z0


P 「星梨花の覚えが早くて助かりましたよ。おかげで、早めにレッスン自体は終わったんですが……」

父 「寄り道でもしたのかね?」

P 「はい。何かご褒美に何か奢ろうって話になったので甘味処に」

父 「ほう……あの子は喜んだかい?」

P 「とても喜んでくれました!自分のあんみつをこっちに分けてくれたりして……」

父 「……ん?」

P 「貰ってばかりじゃ悪いって言ったんですけどね。そうしたら、俺が食べてるぜんざいを食べさせてほしいって言い出して――」

父 「なぁ」ズン

P 「……な、なんでしょうか」ビクッ



10: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:09:13.92 ID:e3dNHs5z0


父 「分ける……というのは?星梨花がやってきたのかね?」

P 「そうですね。二人で抹茶が美味しい店で食べていたんですが……星梨花がこっちにスプーンを差し出してきて」

父 「差し出してきて……か」

P 「何か?」

父 「それは、俗にいう『あーん』という奴なのではないかね?」ビキビキ

P 「そんな……形だけ見ればそうかもしれませんが、星梨花はまだ13歳ですから」

P 「恋愛的な意図とかそういうのはないと思いますよ?美味しいって感覚を共有したかっただけかと」

父 「でも、君も彼女に食べさせてあげたんだろう?」

P 「まぁ、貰ってばかりでは居心地が悪いですから……」


11: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:10:53.38 ID:e3dNHs5z0


父 「その時どうだった?」

P 「喜んでましたよ?」


星梨花 『わぁ……プロデューサーさんが食べさせてくれたから、いつもよりも美味しい気がします!』エヘヘ


P 「って感じで称賛してました!」

P 「まぁ、初めて食べに行って美味しいかどうかなんてわからないと思うんですけどね」ハハハ

父 「……ふぅむ」ギロッ

P 「……な、なんで睨みつけてくるんですか」ビクビク

父 「いや?君の星梨花に対する距離が近いように感じられてな」

P 「星梨花の歳は甘えたい盛りの歳ですし……そんなものだと思われますが」

父 「本当にそうなのだろうか……」



12: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:12:14.09 ID:e3dNHs5z0


ガチャリ

星梨花 コソッ

P 「星梨花?クッキーはどうしたんだ?」

星梨花 「今、オーブンを予熱してる途中なんです!」

P 「へぇ……あれ?でも、それじゃなんで戻ってきたんだ?予熱し終わったら焼き始めるんだろ?」

星梨花 「プロデューサーさんとパパがどういうお話をしてるのか気になったんです!」

P 「そんな事心配してたのか?大丈夫、仕事の話をしてただけだよ」

星梨花 「……どういう話だったの、パパ?」ドキドキ

父 「ああ……褒めていたよ。よくやっているようだな、私も嬉しいよ」

星梨花 「やったぁ!……でも、わたしが出来るのはプロデューサーさんのおかげだから……」クルッ

星梨花 「いつもありがとうございます、プロデューサーさん!」ペコリ

P 「礼を言われる事じゃないだろ?頑張ったのは星梨花なんだからさ!」

星梨花 「そ、そうですか?えへへ……」

父 「…………」


13: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:12:54.13 ID:e3dNHs5z0


星梨花 「それじゃあ、お願いしたい事があるんですけど良いですか?」

P 「俺が出来る事なら喜んでするよ」

星梨花 「それじゃ……その」スッ

父 「星梨花?なぜ、プロデューサーくんに近づいて……」ポツリ

星梨花 「えっと……頭を撫でてもらってもいいですか?」

P 「そのくらいならお安い御用だ。よしよし」ナデナデ

星梨花 「えへへ……」

P 「……どうだ?」

星梨花 「……はい!とっても、温かい気持ちになりました!」

P 「そうか、満足してもらえたなら良かったよ」

父 「…………」

P 「でも、これだけってのもアレだな……最近構ってやれてなかったし、他にご褒美をあげたいと思うんだけど」

星梨花 「本当ですか?嬉しいです!」


14: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:13:59.23 ID:e3dNHs5z0


P 「それじゃ、何かやりたい事とか行きたい場所とか考えてみてくれないか?」

星梨花 「行きたい場所……あっ、わたし遊園地に行きたいです!」

P 「遊園地?」

星梨花 「はい、この前仕事で行ったあそこです!」

P 「そうか、分かった。覚えておくよ」

星梨花 「約束ですからね?」

P 「分かってるよ……さ、行っておいで」

星梨花 「はい!美味しく焼いてきますね!」トコトコ

P 「あの遊園地に思い入れでもあるのかな……」



17: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:16:57.28 ID:e3dNHs5z0

父 「プロデューサーくん、質問良いだろうか」

P 「はい、なんでしょうか?」

父 「いつも……所属アイドルに、あのような事をしているのか?」

P 「はい……最初はどうしたものかと思っていたんですが」

P 「一度やってしまったら、それ以来色々な子から要求されるようになりまして」ハハハ

父 「そうか……いや、星梨花にもやってあげてくれ。喜ぶなら、その方がいい」

P 「はい!ありがとうございます!」

父 (娘が遠くに行ってしまったような気分だ……)

父 「それで、先ほどの遊園地というのは?」

P 「はい!この前、遊園地で写真撮影をしまして……」

http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira144759.jpg

P 「はい、これがその時の写真ですね」

父 「ほう……楽しそうだ」


18: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:17:23.47 ID:e3dNHs5z0


P 「星梨花は遊園地に行ったことがなかったんですか?」

父 「いや、家族でテーマパークに行ったことはあるが……」

父 「アイドルとして笑う星梨花は、こういう表情をするんだな」

P 「はい……皆も笑顔にしてくれる、微笑ましいアイドルです」

父 「ありがとう、プロデューサーくん……私は、君を誤解する所だったかもしれない」

P 「誤解、ですか?」

父 「君は星梨花を本当に大事に思っているだけだというのにね……星梨花に手を出そうとした不逞の輩ではないかと疑ってしまった」

父 「この通りだ、許してほしい」ペコリ

P 「そんな!顔を上げてください、箱崎さん!勘違いさせるような事をした俺に原因があるんですから」

父 「君は優しいな……重ね重ねありがとう」


19: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:17:56.70 ID:e3dNHs5z0


父 「星梨花はその後、遊園地で楽しくやれていただろうか」

P 「ええ。メリーゴーラウンドが気に入ったみたいで、ずっと乗ってましたよ」

父 「そうか……馬にずっと乗るのも疲れるだろうに、余程楽しかったんだな」

P 「いえ、馬車にも乗ってましたよ?しばらくは星梨花一人で乗っていたんですが」

父 「……ん?しばらくは?」

P 「はい……休憩時間に、馬車に乗るお姫様の絵本を読んだらしくて」

P 「一緒に馬車に乗って欲しいとせがまれてしまって……」ハハ

父 「……隣に乗ったのかね?」

P 「まぁ、他に乗る場所はないのでそうなりますね」

父 「…………」ニッコリ

P 「…………」ダラダラ


20: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:19:17.51 ID:e3dNHs5z0


父 「それだけかね?」

P 「……あ、あと馬にも」

父 「詳しく聞こうか?」ビキビキ

P 「え、絵本を貸してくれた人が王子様に連れられるお姫様の絵本も貸してくれたので……」

父 「乗せた、と……」

P 「…………」ガクブル

父 「もう、別にそんなに責めたりはしないともさ」フゥ

P 「えっ、良いんですか?」

父 「星梨花も、君の事を信用しているからこそ身を預けているのだろう……どうか、星梨花をよろしく頼んだよ」

P 「勿論です!」

父 「……ただ、くれぐれも手は出すなよ?」ギロッ

P 「は、はい!」ビクッ


21: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:19:43.85 ID:e3dNHs5z0


ガチャリ

星梨花 「プロデューサーさーん!クッキー焼けました~!」

P 「おっ、楽しみだな!」

星梨花 「……あれ?パパ、どうかしたの?」

父 「いや、星梨花は本当にプロデューサーくんが好きなんだと思ってね」

星梨花 「はい、大好きです!」パァアア

P 「星梨花……そういう事を、女の子が軽々しく言ったらダメだぞ?男は勘違いする生き物なんだからな」

星梨花 「そうなんですか?それじゃ、覚えておきますね!」パァアア

P 「分かってくれたらいいんだ……それで、クッキーはどうなったんだ?」

星梨花 「はい、これです!」スッ

父 「ほう……綺麗に出来ているじゃないか。頑張ったんだね、星梨花」

星梨花 「こっちがパパの!それで、こっちがプロデューサーさんのです!」

父 「……ん?」


22: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:20:14.46 ID:e3dNHs5z0


P 「それじゃ、早速……あれ?ハート型なのか」

星梨花 「はい!……ダメでしたか?」

P 「いや、可愛くていいと思うぞ!」

星梨花 「可愛いかぁ……えへへ」テレテレ

父 (私のクッキーは普通に丸型とか星型ばかりなのだが……?)

P 「いただきまーす……」サクリ

父 「…………」サクリ

P 「おっ、美味いな!こんなにきちんと出来るなんてすごいじゃないか!」

星梨花 「そうですか?」

父 「美味しい……頑張ったんだな」

星梨花 「えへへ……ありがとう、パパ!」

父 「…………」ホッコリ



23: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:20:47.63 ID:e3dNHs5z0


星梨花 「あっ、それじゃプロデューサーさん……春香さんに聞いてみた事、もう一つ試しても良いですか?」

P 「良いけど、何をするんだ?」

星梨花 「えーっとですね……はい、あーん!」スッ

父 「……は?」ピタリ

P 「星梨花?これは……」

星梨花 「これすると、もっと美味しくなるって言ってたんです!」キラキラ

P 「あ、ああ……ありがたく頂くよ」パクリ

星梨花 「どうですか?」

P 「ああ、さっきよりも美味しい!」

星梨花 「それなら良かったです!はい、まだまだありますからね!」スッ

P 「…………」パクリ

父 「…………」ギロリ

P (その後も星梨花にクッキーを食べさせてもらいながら、箱崎さんににらみを利かされ続けたのを……俺は、忘れることはないだろう)

おしまい


24: ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 22:23:25.88 ID:e3dNHs5z0

書いてて精神がお父さんよりに近づいていった謎

楽しんでもらえたなら幸いです


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/07(木) 22:29:25.08 ID:Mmido8g8o


桜守家に呼び出される日も近そう


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/07(木) 23:17:16.33 ID:D5x+w3Yyo


星梨花みたいなかわいい娘がいたら溺愛したくもなるよね




掲載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504789150/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク