FC2ブログ

男「俺は本当に切実に友達が少ない」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 20:50:21 ID:KqHdvuh2

昼休み

男「・・・・・・」もぐもぐ

女「あはは、えーほんと?」

女友「いや、マジだから!」

女「笑えるー」

女友「てか、放課後カラオケでいい?」

女「あー、いいね」

女友「チャラ男達誘っていい?」

女「また? 女友、最近チャラ男誘うの多くない?」

女友「ブハッ!? いや、いいじゃんか」

女「あはは、ブハッて」

男「・・・・・・」もぐもぐ


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 20:51:26 ID:KqHdvuh2

サッカー部「見んなって!」

野球部「見せろって! 彼女からなんだろ!」

サッカー部「何で彼女のライン見せなきゃいけないんだよ」

野球部「やっぱ彼女なんだろ! あ、からあげ一個くれ」

サッカー部「嫌に決まってるだろ」

野球部「部活で腹へるんだって!」

サッカー「俺も同じだろ」

男「・・・・・・」もぐもぐ


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 20:52:07 ID:KqHdvuh2

漫研「だからあれはリアルな友情を的確に表しているところが」

アニ研「いや、リアルなエロさが良いんだって」

漫研「リアルなエロなんて俺達知らないだろ」

アニ研「あはは、その通りだ」

漫研「アニ研はさ、アニ子とかどうなの? 部活同じなんだし」

アニ研「ないって! いやちげーし」

漫研「そうかぁ」

男「・・・・・・」もぐもぐ


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 20:53:18 ID:KqHdvuh2

放課後、校門

男「・・・・・・」スタ、スタ

後輩「あ、先輩昨日寝ちゃったでしょ」

○ッカー部「おう、ごめんごめん。また夜ラインするわ」タッタッタ

後○友「――え、結局好きなの?」

○輩「そーじゃないって!」

○○友「でも土曜日の試合みにいくんでしょ?」

○○○「・・・・・・うん、後輩友も一緒に来てね?」

○○○「わかってるってば!」

男「・・・・・・」スタ、スタ


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 20:54:01 ID:KqHdvuh2

駅のホーム、夕方

○○○「また明日ねー」

○○○「あ、明日忘れるなよー」

○○○「わかってるってー」

○○○「申し訳ありません。電話もなんですから、明日御社に直接――」

男「・・・・・・」

○○○「どうよ、今日」

○○○「いやーすいません。今金欠で」

○○○「奢るって」

○○○「ほんとですか!? 頂きます!」

○○○「おーう」

男「・・・・・・」

○○○「まもなく、普通列車が――」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 20:54:58 ID:KqHdvuh2

住宅街、夕方

男「・・・・・・」スタ、スタ

○○○「うちの子なんて一川高校よー?」

○○○「いいじゃない! 進学校なんだから」

○○○「そうじゃなくて。ほら、大学っていったら学費が」

男「・・・・・・」スタ、スタ

○○○「おそいってば!」

○○○「待ってよお兄ちゃんー!」

男「・・・・・・」スタ、スタ

○○○「あ、兄ちゃん。お疲れ」

男「・・・・・・」スタ、スタ

弟「・・・・・・おーい」

男「・・・・・・」スタ、スタ

弟「おいってば!」

男「・・・・・・あ」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 20:55:32 ID:KqHdvuh2

近所、夕方

弟「・・・・・・はあ、今日もカレーだろ」スタ、スタ

男「え? ああ・・・・・・なんで?」スタ、スタ

弟「いや、昨日の夜の残り」スタ、スタ

男「・・・・・・ああ、そっか」スタ、スタ

弟「・・・・・・」スタ、スタ

男「・・・・・・」スタ、スタ

弟「高校どうなの?」スタ、スタ

男「え?」スタ、スタ

弟「二年でクラス替えしたんだろ、可愛い子とかいるの?」スタ、スタ

男「いや、あー・・・・・・うん」スタ、スタ

弟「彼女とかできそー?」スタ、スタ


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 20:56:04 ID:KqHdvuh2


男「いや、出来ないって。そんなの」スタ、スタ

弟「ふーん」スタ、スタ

男「・・・・・・」スタ、スタ

弟「・・・・・・あのさ」

男「・・・・・・え?」

弟「・・・・・・もうちょっとさ、しっかりしろって」

男「・・・・・・」

弟「・・・・・・先帰るわ」タッタッタッタ

男「あ・・・・・・」

男「・・・・・・」スタ、スタ


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 20:56:56 ID:KqHdvuh2

男の部屋、夜

テレビに映るゲーム

男「・・・・・・おらッ・・・・・・」ピコピコ

男「・・・・・・おっ・・・・・・おっけ・・・・・・」ピコピコ

コンコン

男「はーい」ピコピコ

弟「風呂、出た」ガチャ、バタン

男「うんー」ピコピコ

弟「あー懐かしいな。なんだっけそれ」

男「スーパードンキーコング」

弟「猿の方俺やっていい?」

男「ディディーだって」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 20:57:32 ID:KqHdvuh2

弟「いや、うわっ! 待てって!」ピコピコ

男「違う違う、回転してジャンプだって」

弟「分かってるって! うお、あっ! あー・・・・・・」

男「ドンマイ」

弟「・・・・・・あのさ」

男「ん?」

弟「・・・・・・さっき、ごめん」

男「え?」

弟「・・・・・・帰りのあれ」

男「・・・・・・ああ、いや」

弟「久しぶりに楽しかったわ。早く風呂はいれよ? 母さんうるさいから」スタ、スタ

ガチャ、バタン

男「・・・・・・」ピコピコ


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 21:02:46 ID:KqHdvuh2

玄関、朝

母「男ー! あんたお弁当持った?」スタ、スタ

男「うん、大丈夫だってば」

母「・・・・・・学校はどう?」

男「・・・・・・普通だよ」

母「楽しい? 新しいクラスでお友達は出来た?」

弟「・・・・・・」スタ、スタ、ピタ

男「・・・・・・うん、出来たよ」

母「そう、それならよかった。もう寂しくない? ほら、中学の時は――」

弟「ごめんどいて! 遅刻する!!」タッタッタ

母「きゃあ! あ、ごめんね弟君。今日も部活遅いの?」

弟「うん、遅い! ほら、行くぞ兄ちゃん」グイ

俺「うわっ!」

ガチャ、バタン


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 21:03:39 ID:KqHdvuh2

教室、始業前

男「・・・・・・」

○○○「あのー」

男「・・・・・・え? あ、はい」

女「日直、今日男君と私だよ」

男「あ、うん」

女「・・・・・・えーと、号令どっちからかける?」

男「あ、ああ。じゃあ、あの、女、女さん、から?」

女「はーい。後、昼休みにプリント取りに職員室だって」

男「あ、それは俺が、俺が行くよ」

女「ありがとう」ニコ

男(・・・・・・名前、覚えてたんだ)


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 21:04:15 ID:KqHdvuh2

女友「ちょ、女と話すからどけてくれない?」

男(彼氏とか、居るのかな)

女友「おーい」

男「え? あ、ごめん・・・・・・」

女「ちょっと女友、元々男君の席でしょ。あっちで話そ」

○友「やさしーな、女は」

○○○「女友がずうずうしいんだって」

○○○「あはは、そんなことないって!」

○○○「てか、あいつ男って名前だっけ」

○○○「女友、それは酷いって」

男「・・・・・・」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 21:04:46 ID:KqHdvuh2

昼休み、廊下

男「・・・・・・」スタ、スタ

○○○「なに、お前アニメとかみんの?」

○○○「弟が無理やりみせてくんだって」

男「・・・・・・」スタ、スタ

○○○「試験とか謎でしょ」

○○○「いや、お前が謎だって」

男「・・・・・・」タッタッタ

○○○「おーい、廊下は話すとこじゃないぞー」

男「・・・・・・」タッタッタッタッタ!

○○○「はーい、つーかあいつ走ってますよ?」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 21:05:32 ID:KqHdvuh2

昼休み、屋上

ガチャ、バタン

男「ぜえ、ぜえ・・・・・・」

男「・・・・・・ぜえ・・・・・・ぜえ」

男「・・・・・・」

男「・・・・・・ぁぁぁぁあああああ!! 分かってるって!!」

男「俺だって誰かと話したい!! 彼女だって欲しい!! 分かってる!!」

男「なんだよ!! しらねーよ!! 友達の作り方なんかわからねえよ!!」

男「分かってるって!! 分かってんだって!!!」

男「・・・・・・はあ、はあ・・・・・・・・・・・・なんだよこれ・・・・・・」

男「・・・・・・寂しい」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 21:06:22 ID:KqHdvuh2

○○○「・・・・・・」もぐもぐ

男「・・・・・・寂しいって、俺だって・・・・・・」

○○○「・・・・・・ごふ、ごほッ! お、お茶」ゴクゴク

男「!? あ・・・・・・」

○○○「ぷはぁぁ死ぬかと思ったー・・・・・・あー、どうも」

男「いや! あの、これ、これは!!」

○○○「分かるよ」

男「あ! いや、だからこ・・・・・・え?」

○○○「寂しいんでしょ? 分かるよ。私も中学まで友達なんて居なかったし」


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 21:07:02 ID:KqHdvuh2

男「・・・・・・あの、え、と」

○○○「いじめられてるとか、そういうんじゃないんだよね。なんていうか、あー・・・・・・」

男「・・・・・・こ、どく」

○○○「あーそれそれ! 孤独ってやつ。超きついんだよね」

男「・・・・・・」

○○○「なんていうか、皆、友達をつくれつくれって言うじゃん。いや、じゃあ作り方おしえろよーって感じ」

男「・・・・・・」

○○○「みんな訳わかんないよね。だから気持ち分かるよ、すごく分かる」

男「あ、うん・・・・・・えっと、あり、がとう」

○○○「あはは! 何でありがとうって」

男「え? あ、ごめん」

○○○「どうした、さっきはあんなに話せてたじゃんか。超叫んでたのに」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 21:07:38 ID:KqHdvuh2

男「! いや、あれは、一人だったから!!」

○○○「・・・・・・一人じゃないって。私も居たじゃんか」

男(そういうことじゃ、なくて)

○○○「そういうことじゃないって?」

男「あ・・・・・・ごめん」

○○○「・・・・・・よし」

男「・・・・・・?」

○○○「友達になるか!!」スタッ

男「うわッ!」


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 21:08:14 ID:KqHdvuh2

○○○「あはは! 怯えるなって! ほれ、ほれ」チョイチョイ

男「いやっちょっやめ、て、ください」

○○○「うさぎかっ! なんだよーほれほれ」チョイチョイ

男「だ、から! やめ、あ、あはは、はは」

○○○「! あははは! ほれほーれ」チョイチョイ

男「えへあははは! やめて下さいって!」

○○○「なんだよえへあははって! あはは!」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 21:08:56 ID:KqHdvuh2

男「あはは・・・・・・はは・・・・・・はあ」

キーンコーンカーンコーン!

○○○「やばっ! まだお弁当食べきってない!」

男「・・・・・・あ、うん」

○○○「明日もきなよ、ここ」

男「は、え?」

○○○「はいでいいんだって! はいって言え!」

男「あ、えっと・・・・・・はい」

○○○「うんうん! これから私達は友達だ!」

男「! ・・・・・・いい、の? だって、俺、そ――」

友「よし! そしたら私は行く! また明日!!」タッタッタッタ

ギイ、バタン

男「・・・・・・」

男「・・・・・・あ・・・・・・名前、聞いてなかった」


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 21:09:57 ID:KqHdvuh2

続きは書き溜めたら更新します。


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:15:18 ID:KqHdvuh2

夜、リビング

弟「ただいまー・・・・・・あ、もしかして今日カレーうどん?」

母「よく分かったわね」

弟「玄関まで匂ってた。兄ちゃんは?」

父「今風呂入ってるぞー、ご飯の前に弟も入れ」

弟「分かってるって」

母「・・・・・・ねえ、お兄ちゃんのことなんだけど」

弟「ん、なに?」

母「学校ではちゃんと出来てるの?」


25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:16:30 ID:KqHdvuh2

弟「・・・・・・大丈夫でしょ。つーか、俺高校違うから分かんないって」

母「今朝、友達が出来たって言っていたのだけれど、あれ・・・・・・本と――」

弟「兄ちゃんのことだろ、兄ちゃんに聞けよ」

母「だって、そんなこと聞けないわよ。男が中学生の時のこと、知ってるでしょ?
あの子は恥ずかしがり屋だから、一人も友達が作れなくて、もう高校生二年生なったのにま――」

弟「だから! 聞きたいことがあるならちゃんと兄ちゃんに聞けってば」

母「弟君は友達一杯いるでしょう? ほら、そういうこと、聞きやすいのかなって」

弟「・・・・・・俺じゃ駄目だと思う」


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:17:03 ID:KqHdvuh2

母「どうして?」

弟「よくわかんないけどさ、兄弟じゃ駄目なんだって、こういうの」

母「・・・・・・はあ」

弟「大丈夫だって」

母「大丈夫って・・・・・・だって、あの子は・・・・・・ねえ、お父さん」

父「あいつは大丈夫だ」

母「あなたまで・・・・・・どうしてそんなことが分かるのよ・・・・・・だってあの子は」

父「あいつ、今日は楽しそうな顔してたぞ」

母「え?」


27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:18:04 ID:KqHdvuh2

ガチャリ、バタン

男「・・・・・・あ、弟おかえり」スタ、スタ

弟「・・・・・・はは、ほんとだ」

男「・・・・・・え? なに?」

母(・・・・・・そう、かしら?)

弟「あはは、何でもない。ほら、今日はカレーうどんだってさ」

男「ああ、お風呂にまで匂ってた」

父「弟、風呂」

弟「わかってるってば」

母「男、牛乳飲む?」

男「うん」


28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:18:36 ID:KqHdvuh2

翌日、朝、校門

○○○「やばッ! 美術の資料集忘れた!」

ダッダッダッダッダッ

○○○「別のクラスの奴から借りるしかないな」

男「・・・・・・」スタ、スタ

○○○「俺達のとこ以外に今日美術あるクラスあったっけ」

ダッダッダッダッダッ

○○○「俺が知ってるわけないだろ」

男「・・・・・・」スタ、スタ

ダッダッダッダッダ!

友「おーっす!」ドン

男「うわっ!」

友「おはよー!」


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:19:10 ID:KqHdvuh2

男「あ、あの、おは」

友「あはは、ロボットか! おはよー!」

男「お、おは――」

○○○「おっ、友じゃん! おはよー」

友「あ、おはよー!」

男「あ、あ」

○○○「あ、そうだ。友のクラス今日美術ある? こいつ資料集忘れたらしいんだけど」

友「あるよー! 貸して上げようか?」

○○○「まじ? 助かる!」

友「いいよーっ。あ、でも落書きすんなよー」

○○○「ははは、しねーって! 小学生じゃないんだからさ」

○○○「いや、お前ならしそうだろ」

○○○「しねーって!」

男「・・・・・・」スタ、スタ


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:20:04 ID:KqHdvuh2

○○○「じゃあお礼に購買のパン買うわ。今日昼休み空いてる?」

友「あ、ごめん! 昼休みは駄目だ」

○○○「あれ、友達と食うの?」

友「そうだよー。なー?」

男「え? あ・・・・・・うん」

○○○「・・・・・・いや、誰?」

男「あ、俺は、その」

友「だから、私の友達だって」

○○○「・・・・・・へー。仲良いんだな。友、こういう地味系も友達なのか」

○○○「ほら、こいつどんな奴とでも仲良くなるじゃん」

友「そういう言い方するな」

○○○「こわっ! マジになんなって!」

○○○「・・・・・・まあいいや。じゃあ放課後は? カラオケ奢るぞ、バイト代入ったし」

友「おーいいね。皆誘っていこーか」

バイト「おう! そしたら後でなー」スタ、スタ、スタ


31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:21:43 ID:KqHdvuh2

友「・・・・・・」

男「・・・・・・」

友「今日お弁当何入れてきた?」

男「え!?」

友「鮭? からあげ? ハンバーグ?」ズイ

男「え、と・・・・・・多分、ハンバーグ」

友「おっしゃ! じゃあさ、私のハムカツと交換しない?」

男「え、ハム、カツ?」

友「ほーう、うちのハムカツを甘くみてるな? そこら辺のトンカツの十倍は美味しいぞ! 保障する」


32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:22:35 ID:KqHdvuh2

男「あ、いや、その・・・・・・」

友「え? なんだよー」

男「・・・・・・そんなに、美味しいなら、何で交換するの?」

友「・・・・・・え?」

男「・・・・・・あ、いや、ごめん」

友「あーもう。白状しますよ。ハンバーグが食べたいんですよ!! これで満足か!!」

男「あ、うん」

友「あはは。よし、じゃあ約束な! じゃあまた昼休みにー」タッタッタッ

男(友って名前だったのか)


33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:23:40 ID:KqHdvuh2


二次限目、終わり

キーンコーンカーンコーン

○○○「ノート書いた?」

○ッカー部「俺に聞くか?」

男「・・・・・・」

○○○「ねえトイレいこー」

○○○「待って! コテもってくー」

○○○「え、巻くの? 10分で?」


34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:24:17 ID:KqHdvuh2

○○○「ねっみい!」

○○○「なに、徹夜?」

○○○「徹夜ゲーム」

○○○「はは、アホだな」

○○○「いや、マジであれはヤバイから。今度貸すぞ」

○○○「おっマジ? つーか今日見に行っていい?」

○友「女ーもう駄目だー」

女「ちょっと、重いって!」

男「・・・・・・」


35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:25:01 ID:KqHdvuh2

昼休み、屋上

友「うまっ! なにこれ!?」

男「あ、ああ、母さん、ハンバーグ得意だから」

友「いいなぁ・・・・・・で、どうよ。うちのハムカツは」

男「あ、うん。おいしい、です」

友「ああ!!」ガバッ

男「!」ビクッ

友「そういえば名前教えてなかった!!」


36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:26:12 ID:KqHdvuh2

男「・・・・・・友さん、でしょ」

友「え!? こわっ! エスパーか!」

男「あ、いや・・・・・・ほら、今朝」

友「ああーなるほど。ごめんごめん」

男「・・・・・・あ、あの」

友「んー?」

男「・・・・・・あ、俺、男って・・・・・・いいます」

友「よろしくな」ニコ

男「あ、あは・・・・・・うん」


37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:26:59 ID:KqHdvuh2

友「あ、そういえば放課後空いてる?」

男「え?」

友「ほら、今朝話してたじゃんか。カラオケ。一緒どう?」

男「あ、いや、でも・・・・・・」

友「楽しいぞっきっと」

(――へー。仲良いんだな。友、こういう地味系も友達なのか)

男「・・・・・・ごめん、俺、あの、いいや」

友「あれ、何か用事あった?」

男「うん、いや・・・・・・うん」

友「なら仕方ないかっ。また誘うよ」

男「あ、うん・・・・・・ごめん」

友「あはは、だから謝るなって!」

男「あは、はは」


38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:27:54 ID:KqHdvuh2

友「・・・・・・あー、ごめん」

男「え?」

友「困らせてるなら、ごめん」

男「あ、いや! 困ってないし、その、楽しいっていうか、楽しいです」

友「・・・・・・うん、そっか」

男「あ、その・・・・・・はい」

友「・・・・・・」

男「・・・・・・」


39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:28:36 ID:KqHdvuh2

友「・・・・・・えい」

男「ちょ、それ、やめてくだ、さいって」

友「えいえい」

男「いや、あは、えへはは、はは」

友「・・・・・・」

男「・・・・・・あれ? あ、あの」

友「えい」

男「うおっ!」

友「あははは!」


40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:29:43 ID:KqHdvuh2

放課後、校門

男「・・・・・・」スタ、スタ

野球○「おっ後輩じゃん!」

(――いいなぁ・・・・・・で、どうよ。うちのハムカツは)

○○○「あ、野球部先輩」

○○○「なに、ま○サッカ○○の奴のこ○見に行○○?」

○○○「い、いいじゃな○○○か」

(――よろしくな)

○○○「あー・・・・・・あいつ、彼女居○○たい○○○」

男「・・・・・・」スタ、スタ


41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/06(月) 23:30:38 ID:KqHdvuh2

○○○「○? ○○!!」

○○○「○○○○○○。○○○○」

男「・・・・・・」スタ、スタ

○○○「○○○○!」

○○○「○○○。○○」

(――ほら、今朝話してたじゃんか。カラオケ。一緒どう?)

男「・・・・・・」スタ、スタ

○○○「なんかあの人、笑ってないですか?」

○○○「え? あー、あれクラスメイトかも」

○○○「かもってなんですか! あはは」


45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:28:49 ID:ViaHC7ds

放課後、駅前、コンビニ

男「・・・・・・ジャンプ、は」ボソ

男「・・・・・・」ペラ、ペラ

ウィーン

○○○「いらっしゃーせー・・・・・・あ、バイト君。何、手伝いに来てくれたの?」

バイト「あ、ども。今からカラオケなんすけど、ちょっとトイレ借りに」

○○○「はあ、ちゃんと洗ってけよー」

バイト「あ、おす・・・・・・あ?」

男「・・・・・・」ペラ、ペラ

バイト「あれ、友の知り合いじゃね?」

男「え? あ、ああ、今朝の」

バイト「え、あ、ああ、今朝の」ニヤ

男「あ、ごめん」


46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:29:27 ID:ViaHC7ds

バイト「はは、何キョドッてんだよお前。何してんの? 立ち読み?」

男「あ、ごめん。そう、ジャンプ」

バイト「ガキかよ。俺はこれからカラオケだわ」

男「あ、知ってる」

バイト「は? お前友と俺達の話聞いてたの? うわ、盗聴かよ」

男「あ、いや・・・・・・友さん、に誘われたから」

バイト「は? お前誘ってねえから」

男「あ、いや」

バイト「・・・・・・お前さ、友と友達なの?」


47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:30:09 ID:ViaHC7ds

男「いち。おう・・・・・・友達? かな、はは」

バイト「・・・・・・朝も言ったけどさ、あいつ、どんな奴とでも友達になるから」

男「・・・・・・」

バイト「お前、特別じゃねーから。調子乗んな」

男「・・・・・・」

○○○「バイトくーん。結局トイレ使わないの? 清掃時間何だけど」

バイト「あ、おす。使って洗っときまーす。・・・・・・あとここ、俺のバイト先だから。立ち読みすんな」スタ、スタ

男「あ、えと・・・・・・ごめん」

バイト「・・・・・・」スタ、スタ


48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:30:43 ID:ViaHC7ds

翌日、昼休み、屋上

友「――それで! カラオケに行く途中でバイトが転んだんだよ!」

男「・・・・・・はは」もぐもぐ

友「凄い笑ったよ! だって何もないのに転んだんだよ」

男「あは、は。えっと、どんな、風に、転んだの?」

友「そーだなぁ。いひひ、確かこんな感じ!」ズテーン

男「・・・・・・」

友「? こんな感じで面白かった!」ズテーン

男「・・・・・・」

友「・・・・・・あれ、どーした」


49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:31:14 ID:ViaHC7ds

男「・・・・・・いや、あの、何で」

友「んー?」

男「なんで、俺、なんかと、友達に」

友「こら」

男「え?」

友「なんかじゃないって」

男「あ、えと、その」

友「だーかーら、俺なんかとか言うなって」

男「・・・・・・」

友「・・・・・・なんかあった?」


50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:31:44 ID:ViaHC7ds

男「・・・・・・ううん、何も、ないよ」ニコ

友「なんだよーそのぎこちない笑いはー」

男「ほんと、ただ、気になったって、いうか、はは」

友「そっかそっか。・・・・・・友達になった理由かぁ」

男「・・・・・・」

友「あー・・・・・・叫んでて面白かったから?」

男「! いや、あれは、その」

友「あはは! 分かってるって。冗談冗談」

男「・・・・・・」


51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:32:34 ID:ViaHC7ds

友「うーん。昨日も言ったけどさ、あの時男が叫んでたこと、凄い分かるっていうか」

男「あれ・・・・・・孤独?」

友「うん、そうそう」

男「・・・・・・でも、ほら、友さんは、友達、一杯いるっていうか、その」

友「・・・・・・ああ、それは高校に入ってからでさ。中学までは一人も居なかったんだよ」

男「・・・・・・」

友「何だよその顔は。ほんとーだぞ? 
小学生の頃にクラスで無視されたことがあってさ、その時にふざけんなーって暴れたら、
そのままそれが続いちゃってさ。ほら、中学って同じ小学校の人もくるじゃん?
なんとなーくその空気が中学でも続いて、私も変にムキになってさ、友達なんて一人も出来やしなかったよ」

男「・・・・・・あ、その・・・・・・ごめん」

友「あはは、だから謝りすぎだって。・・・・・・うん、だから男の気持ちは凄い分かる」


52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:33:25 ID:ViaHC7ds

男「・・・・・・」

友「あーもう!!」スタッ

男「!」ビク

友「ごめん! なんか自分語りすぎて私キモいよね、あはは」

男「いや、そんなこと、ない」

友「あははは、そう? さんきゅー」

男「うん、そうだよ」

友「・・・・・・よし、今日遊びにいくか!」

男「え? いや、俺は、いいよ」

友「どーしてさ」


53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:34:08 ID:ViaHC7ds

男「あ、ほら、皆の、邪魔になるっていうか」

友「・・・・・・よし、2人で遊ぼう!」

男「え!? あ、いや、だって、ほら」

友「なんか用事あるの?」

男「・・・・・・ない、けど」

友「ないならいいだろ! 決まりだ」

男「・・・・・・あー・・・・・・うん」

友「よっしゃ! なら放課後ね」

キーンコーンカーンコーン

友「あ! またお弁当半分食べそこねた!」

男「あ、あは、は」


54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:35:08 ID:ViaHC7ds

放課後、教室

○○○「腹減ったーマックいこーぜー」

○○○「いや、モスだろ」

○○○「女ーかえろー」

女「あ、うん」

男「・・・・・・」ソワソワ

○○○「今日ラピュタだっけ」

○○○「はは、何回やんだよって話」

男「・・・・・・」ソワソワ

ダッダッダッダッダッ!

ガラガラ!

友「おつかれー行くぞ」

男「!」ビクッ


55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:35:53 ID:ViaHC7ds

○○○「あ、友じゃん」

友「あ、おつかれー」

女「あ、友ちゃん」

友「女ーおつかれ!」

○○○「なに、どっか行くの?」

友「遊びにいくー。ほら、男。早く鞄持って」

男「え!? あ、いや、はい」

○○○「・・・・・・男と行くの?」


56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:36:38 ID:ViaHC7ds

友「うんー友達だし。よし、準備出来たら早くいこーう」

男「・・・・・・あ、はい」スタ、スタ

友「じゃあまた明日ー!」スタ、スタ

アニ研「お、おーう」

漫画研「・・・・・・てか、あいつ、男って名前だったっけ」

女「・・・・・・そっかそっかー」

女友「どした? 早くいこ?」

女「いや、別にー。いこっか」


57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:37:16 ID:ViaHC7ds

夕方、街中

友「これからどーするー? カラオケとか?」

男「・・・・・・あ、あの」

友「んー?」

男「あ、あれは、やめて、ほしいっていうか」

友「あれ?」

男「さっきの、教室の」

友「あれ、私なんか変なことした?」

男「いや、変っていうか、その、呼びにくるっていうか」

友「あー・・・・・・駄目だった?」


58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:37:49 ID:ViaHC7ds

男「あ、ごめん」

友「いや、こっちこそごめん。なんていうか、普通だと思ってた」

男「・・・・・・あー・・・・・・あの、俺が悪い」

友「そんなことないって! ごめん、今度から控えるよ」

男「・・・・・・あ、うん」

男(・・・・・・今度も、あるのか)

友「あ、おなか空かない?」

男「え? あー・・・・・・空いた、かも」

友「サイゼリアだ!」


59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:38:38 ID:ViaHC7ds

夕方、サイゼリア

男「や、安い」

友「あ、はじめてだった? そーなのさ、安いんですよ。食べ放題ですよ、もう」

男「た、食べ放題なの!?」

友「あはは! そんな訳ないでしょ!」

男「あ、ごめん」

友「ドリンクバー頼んでいい?」

男「・・・・・・あー・・・・・・」

友「え? 嫌だった?」

男「いや、その、やったこと、ないから」

友「よし、挑戦だ!」


60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:39:09 ID:ViaHC7ds

男「・・・・・・」ゴク、ゴク

友「・・・・・・ぷはぁ、夏はやっぱりメロンソーダだな、うん」

男「う、うん」

友「あ、そういえば普段は何してんの?」

男「え? 普段?」

友「そうそう、普段」

男「あー・・・・・・学校、行って、帰って」

友「うんうん」

男「お風呂入って、ご飯食べて」

友「うんうん」

男「あ、昨日はプリンも、食べた」


61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:39:52 ID:ViaHC7ds

友「ぷっはは!」

男「!」ビク

友「あはは、ごめんごめん。そこでプリンかってね。それで?」

男「・・・・・・ゲームとか、したり」

友「へえ! あんまりやったことない! どんなゲーム?」

男「言っても、分かんないかも、その、古いゲームが、好きで」

友「あーいいよ、新しくても分からないんだしさ」

男「スーパドンキーコングとか」

友「・・・・・・あーなんか聞いたことある。ゴリラが出てくるやつ」

男「そう、それがドンキーコング」


62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:40:22 ID:ViaHC7ds

友「あとあれだ、猿も」

男「ディディー」

友「え?」

男「あ、ごめん。その、猿が、ディディーって名前」

友「ディディーン!」

男「!」ビク

友「あはは、ごめん、なんか言ってみたかった。それでそれで?」

男「あ、えと、それで、キングクルールっていう、ワニが居て」

友「うんうん」


63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:41:20 ID:ViaHC7ds

――――
―――
――


男「それで、あの、ふぶきの山だけ、何故か、難し、くて、て・・・・・・」

友「・・・・・・どーした?」

男「あ・・・・・・あは、は」ポロポロ

友「うわっ! ごめん。私が泣かせたのか?」

男「い、いや、そうじゃなくて、その、なんて、言うか」

友「ん?」

男「・・・・・・すごい、楽しい」ポロポロ

友「うん、私もだよ」ニコ

男「ごめん・・・・・・いや、うん・・・・・・うん」

友「・・・・・・ポテト一つ食べる?」

男「うぐっ・・・・・・ひっく・・・・・・ごめん、うん、食べる」


64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:42:00 ID:ViaHC7ds

夜、街中

友「あはは、三時間は居たな。記録更新だ」スタ、スタ

男「あ、うん」スタ、スタ

友「いやー本当にゲームが好きなんだな」スタ、スタ

男「あ、あは・・・・・・うん、凄く、好きだ」スタ、スタ

友「いいなー、私そういう趣味がないからさー。ゲームに興味が沸いた」スタ、スタ

男「・・・・・・あ、あ・・・・・・」

友「んー?」

男「あ、あれ、よか、たら、今度」

友「うんうん」


65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:42:59 ID:ViaHC7ds

男「こん、今度、ゲーム、うちに沢山、あるし、よか、よか」

友「あ、いくいくー」

男「え? あ、うん」

友「いつ? 明日? 休みだし」

男「え!? あ、ああ、あ」

友「駄目?」

男「いいや、いや、いいんですよ?」

友「あはは、いいんですか! よし」ニコ


66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:43:45 ID:ViaHC7ds

夜、リビング

男「・・・・・・」もぐもぐ

弟「・・・・・・」もぐもぐ

父「・・・・・・お母さん、醤油」

母「はいはい」コト

父「ん」

男「・・・・・・」もぐもぐ

母「弟君、もうすぐ大会なんだっけ」

弟「あ、うん。来週ね」

母「応援行こうかしら」

弟「いいって、地区大会に来る親なんていないし」


67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:44:20 ID:ViaHC7ds

父「・・・・・・あれだ、いつかはアルシンドだな」

弟「いや、プロなんて無理だって」

男「・・・・・・」もぐもぐ

母「そうそう。男も弟君きちんと大学に行って、それから――」

弟「いや、無理って決め付けるなよ」

母「あなたがそう言ったんじゃないの」

兄「・・・・・・」もぐもぐ

弟「人に言われるのはなんか嫌だ」


68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:44:51 ID:ViaHC7ds

※すいません。
兄→男です。


69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 16:46:02 ID:ViaHC7ds

男「・・・・・・あのさ」

母「え? どうしたの?」

男「・・・・・・あの、明日さ。とも、友達が家、来てもいい?」

弟「!?」

母「え!?」ガタ

父「・・・・・・お母さん、ソース」

男「・・・・・・あ、駄目?」

弟「い、一々聞かなくていいって。ほら、俺の友達もよく来るし」

母「そうそう! お菓子、ケーキでいい?」

男「・・・・・・こういう時ってさ、ケーキで、いいの?」

弟「いや、俺の時はポテチとかだぞ」

父「お母さん、ソース」


75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 22:31:31 ID:ViaHC7ds

土曜日、昼過ぎ、男の部屋

友「おじゃましまーす」

男「い、いらっしゃい、ませ」

友「あはは! なんだよそれ」

男「あ、あは」

友「おー凄い、本当にゲームだらけだ」

男「う、うん、うん」

友「おっ、これがドンキーコングだね」

男「! そう、そう」

友「やるか!」

男「や、やる」


76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 22:32:22 ID:ViaHC7ds

――――
―――
――


友「うあ! な!? 跳ねてる! このワニ跳ねてる!」ピコピコ

男「お、おち、おちおち、落ち着いて」

友「男がだよ! あはは! ごめん、笑わせないで!」ピコピコ

男「あ、ごめん」

友「よーし、ここであれだ、回転ジャンプだ」ピコピコ

男「う、上手い、ね」

友「そうー? さんきゅー」ピコピコ

男「あ、そこ」

友「ぎゃー! 猿が落ちたー!」


77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 22:33:10 ID:ViaHC7ds

コンコン、ガチャ

母「お、男ー、おやつ持ってきたわよ」

友「ありがとうございます」

母「い、いえいえ、こちらこそ、お土産まで頂いちゃって」

男「あ、そこに置いといて?」

母「はーい、じゃあ、あの、ごゆっくりね」ニコ

友「はいっ」ニコ

ガチャ、バタン

友「男、普通に話せるじゃん」

男「あ、え?」

友「ぎゃーまた猿が!」ピコピコ


78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 22:33:54 ID:ViaHC7ds

リビング

父「・・・・・・」ペラ、ペラ

母「・・・・・・」スタ、スタ、ストン

父「・・・・・・」ペラ、ペラ

母「・・・・・・ねえ、あなた」

父「なんだ」ペラ、ペラ

母「男のお友達、女の子よ」

父「ああ、さっき見たじゃないか」

母「・・・・・・ねえ、あなた」

父「なんだ」ペラ、ペラ

母「あの子が、女の子を」

父「ああ、そうだ」ペラ、ペラ


79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 22:34:28 ID:ViaHC7ds

夕方、玄関

友「遅くまでお邪魔してすいませんでした」

母「いいえー、ま、またいつでも来てね」

男「あ、じゃあ、あ」

友「うんっ、また来週学校でな!」

父「男、その子送って行け」

友「いえいえ、駅まで近いですし。大丈夫ですよ」

男「う、うん」

友「それでは!」

ガチャ、パタン


80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/07(火) 22:42:09 ID:ViaHC7ds

夜、友の家

ガチャガチャ、ガチャ、バタン

友「ただいまー!」スタ、スタ

友「あー面白かった」

友「今日はハムカツでも作るかなー」

友「今日もか、あはは」

友「あ、宿題あったなー」

友「はっはっはー、日曜日があるじゃないか。明日やろ」

友「・・・・・・」

友「よーし」


84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 03:58:47 ID:W0ROFV3.

月曜日、始業前

○○○「あのさ、もう土日日日日木金って感じでいくね?」

○○○「・・・・・・二日だけでも学校来ようとするだけ偉い、のか」

男「・・・・・・」

○○○「目の下隈出来てない?」

○○○「え? マジ?」

○○○「いや、私が」

男「・・・・・・」

女「おはよう、男君」

男「!」ビク

女「・・・・・・あれ?」


85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 03:59:41 ID:W0ROFV3.

男「あ、あ、おは、よう」

女「先週の金曜日、友ちゃんと遊んだの?」

男「あ、ああ、うん」

女「そっかそっか。ていうか、男君友ちゃんと友達だったんだね」

男「あー・・・・・・はい」

女「・・・・・・友ちゃんって明るいし、誰にでも優しいし、話していて楽しいもんね」

男「は、はい」

女「はいって! はは、男君面白い」

女友「なに話してんのー?」スタ、スタ

女「おはよー、男君が友ちゃんと友達って話だよ」


86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:00:38 ID:W0ROFV3.

女友「あー金曜のあれか。てか、お前友達居たんだ」

女「ちょっと!」

男「・・・・・・あ、あは」

女友「はあ? 何で笑う訳?」

女「やめなって」

女友「え、どした。女変じゃない?」

女「そんなことないって。あっちで話そ?」スタ、スタ

女友「いーけど」スタ、スタ

男「・・・・・・」ドキドキ

男(凄い・・・・・・教室で、会話を)


87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:01:31 ID:W0ROFV3.

昼休み、屋上

男「そ、それで、はいって、言ったら、女さんに、わら、笑われて」

友「うんうん! 凄いじゃないか!」

男「それで、女友さんに、お前友達、居たんだって! 言われて」ドキドキ

友「・・・・・・あー、いや、それは」

男「な、なに?」ドキドキ

友「いや、ううん。大進歩だ!」

男「うん! 教室で、はじめて、人と会話した!」

友「あはは! そんな宇宙人と会ったーみたいな言い方するなって」

男「・・・・・・あ、ごめん」

友「謝るなってば。良かったね」ニコ


88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:02:17 ID:W0ROFV3.

男「あ、そういえば、あの、ど、土曜日、ありがとう」

友「いやいや、こちらこそ。凄い楽しかった。猿は一杯死んだけど」

男「ディディー、ね」

友「・・・・・・男の家族も皆良い人だったなー」

男「! うん。お、弟も居る」

友「お! 帰り際すれ違ったかも」

男「うん、多分、それ」

友「へー。背も高かったし、なんか男より大人っぽかったな」

男「あー・・・・・・そう、そっか」

友「あはは! 落ち込むなって!」


89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:03:10 ID:W0ROFV3.

友「あ、そうだ! 今日もバイト達にカラオケ誘われてるんだけど、どう?」

男「・・・・・・あ、いや、俺は、いい、かな」

友「・・・・・・バイトのこと嫌いなのか?」

男「いや、いやいや。そんな、そんなことは」

友「なら来てみなって。今朝はクラスメートと話せたんだし、これで友達も増えたら凄くない?」

男「う、うん」

友「どうする?」


90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:03:42 ID:W0ROFV3.

男「・・・・・・わ、わかった。行くよ」

友「よっしゃ! じゃあバイト達に伝えてくる!」スタ

男「・・・・・・あ」

友「んー?」

男「あ、あの。弁当、半分、残ってない?」

友「ああ! 危ないところだった!!」

キーンコーンカーンコーン

友「ぎゃー!」


91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:04:24 ID:W0ROFV3.

放課後、教室

男「・・・・・・」ソワソワ

○○○「はあー疲れた。あと四日も続くのかー」

○○○「お前朝からそればっかりな」

○○○「カカオって?」

○○○「あーほら、ラインが黄色くなった感じのアプリ」

○○○「いや、余計分かんないんだけど」

男「・・・・・・」ソワソワ

○○○「・・・・・・つーか、扉のとこのあれ、友でしょ? 仁王立ちで何やってんだろ」

男「・・・・・・え?」チラ

友「・・・・・・!」ニカ


92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:05:02 ID:W0ROFV3.

男「え? あ、え?」

友「・・・・・・」ブンブン

○○○「なにあれ、ダンス?」

○○○「いやいや。来い、来い、でしょ」

友「・・・・・・!!」ブンブンブン

○○○「やっぱダンスだって」

男「あ、いや、え?」

友「あー、もう!! 男がこうしろって言ったんだろー! 早く来なって!」

○○○「ほらやっぱり」

女「あ、友ちゃん! 今日も男君と遊ぶの?」

友「お疲れー! そうそう。今日はカラオケだ!」

女「ねえ、私も行っていい?」


93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:05:42 ID:W0ROFV3.

男「!」

友「全然いいよん。なー?」

男「あ、うん」

女友「あ、女行くなら私も行くわ」

友「おー! 女の友達も全然おっけー」

○○○「あ、なに、カラオケ?」

○○○「友ー、俺らもいっていい?」

友「おーおー。あはは、今日は宴会か!」

女「ごめんね? 男君」

男「え? あ、いやいや、俺は全然、いいって、いうか」ドキドキ


94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:06:17 ID:W0ROFV3.

夕方、カラオケ、パーティー室

○○○『まるでありえないぃぃやつらぁぁだぁけさぁぁ!!』

○○○「あはは、ちょっと古くね!?」

○○○「あ、ライン来た」

バイト「・・・・・・で、こいつら全員連れて来た訳?」

友「おう!」ニコ

バイト「まあいつものことだからいいんだけど。・・・・・・お前も来たのか」

男「あ、うん、その」


95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:07:06 ID:W0ROFV3.

バイト「はは、まじキョドッてんな」

友「やめろって」

バイト「・・・・・・分かってるって」

友「ほれ、次は男が曲入れる番だぞー、何歌う?」

男「え? あ、いや、その」

友「ん?」

男「・・・・・・カラオケ、行ったこと、なくて」

バイト「だはは! それマジかよ」

友「おい、バイト」

バイト「何か歌えよ。せっかく来たのに歌わないんじゃ、しらけんだろ」

友「男、無理しなくていいから」

バイト「・・・・・・お前、友の友達だっていうなら、盛り下げるようなことすんな」ボソ

男「・・・・・・わ、わかった。う、うた、歌う」ピッ、カチ、カチ


96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:07:54 ID:W0ROFV3.

男(あ、ああ、どれを、なにを、歌えば)ピッ、カチカチ、カチ

○○○『かぁみーさーま、ありがとうー!うんーめいのー』

○○○「うわぁこれオタクの歌でしょ」

○○○「オタクじゃなくてアニメな」

○○○「漫画研、詳しいんだな」

男(こ、これ? いや、あ、あ!!)ピピピ

女「これかーらーも! どっうっぞよろしくね! こんなわったっしだーけーど!」

○○○「かわいいなぁ」

○○○「やっぱカナだよねー」

○○○「わかるー」


97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:08:34 ID:W0ROFV3.

○○○「あ、次誰ー?」

バイト「こいつこいつー。ほれ、マイク」ポイ

男「わ、あ、ああ、あ、その」

バイト「・・・・・・こいつ前で歌うらしいぞ!!」ドン

男「うわっ! いや、あ、ごめ、その」ドタタ

○○○「はは、気合入ってんな」

○○○「あれ誰だっけ」

○○○「あーあれ、いつも黙って端に座ってる奴」

男(ど、どど、どう、どう、どど)カタカタ

○○○「あ、この曲なんだっけ」

○○○「さあ?」

男(いや、これ、あ、ああ、あ)カタカタ


98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:09:10 ID:W0ROFV3.

○○○「おーい前奏終わったぞー」

○○○「がんばれー」

男『わ、わ、あ、た』カタカタ

○○○「あはは! 何してんだよ」

○○○「うける!」

男(ああ、あ、あああ)クラ

友『ふっふっふー、ここからはデュエットだ!』スタッ

男『あ、え?』

○○○「はは、マジか!」

○○○「いーぞー!」


99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:09:46 ID:W0ROFV3.

友『だきしめぇていぃたいぃぃぃ!! こーんなにー! えーぶりーでえいー!』

○○○「ははは! この曲全然しらねぇ」

○○○「あれ、古い奴だよ確か」

○○○「なんだかわかんねえけど上手いぞー!!」

男『は、はなしーたーくはー』ボソ

女「・・・・・・」

――――
―――
――


100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:11:20 ID:W0ROFV3.

夕方、街中

漫画研「じゃあバス組こっちだから」

アニメ研「また明日なー」

ギャル「降りたらドンキ行かない?」

バイト「・・・・・・友、また明日な」

友「おうっ、みんな気をつけてバスに乗るんだよー」

ギャル「はは、気をつけて乗るってなに」

友「あはは! じゃあまた明日! ほら、男も」スタ、スタ

男「・・・・・・み、みんな、ま、また、明日」スタ、スタ

アニメ研「おーう」


101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:12:06 ID:W0ROFV3.

友「はーすっきりしたー! もう喉ガラガラ」スタ、スタ

男「・・・・・・」スタ、スタ

友「・・・・・・」スタ、スタ

男「・・・・・・」スタ、スタ

友「・・・・・・えーと、ごめん」スタ、スタ

男「うえ!? え? なんで」

友「ほら、男、無理やり歌わされたじゃん」

男「あ、いや、こっちこそ、ごめんっていうか、曲、良く知ってたなって、いうか」

友「あー・・・・・・あはは、お父さんが好きだったんだよね」

男「あ、そう、なんだ。お、俺も、父さんが、あの曲、好きだから」

友「あはは! 確かに好きそうな顔してた!」

男「え? そういうの、顔に出るの?」


102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:12:41 ID:W0ROFV3.

友「冗談だって! ・・・・・・今日、楽しめた?」

男「う、うん。楽しかった。ほら、最後の方、他の人、とかと、話せたし」

友「そっか。それなら良かった」ニコ

女「ごめーん遅れた!!」タッタッタ

友「あれー? 女バスじゃなかったっけ」

女「今日は電車なの!」

男「・・・・・・あ」ドキドキ

女「一緒にかえろ?」

男「あ、いい、いいよ」

友「じゃあ行こうかっ」スタ、スタ


103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:13:12 ID:W0ROFV3.

夕方、駅、ホーム

女「――でね、久しぶりに会ったんだけど、その人が」

友「うんうん」

男「・・・・・・」

女「なんか変っていうか、髪型が・・・・・・アフロ? ボンって」

友「あはは! 凄いなそれ」

男「・・・・・・」

女「――料理が凄い上手でね」

友「あ、料理といえば男のお母さんも凄い料理上手なんだぞー。なー、男」

男「え? あ、ああ」


104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:13:53 ID:W0ROFV3.

女「え? 友ちゃん食べたの?」

友「うん、おかず交換した!」

女「・・・・・・一緒にお昼食べてるの?」

友「うん、そうだよー。なー、男」

男「あ、はい」

女「じゃあ、明日私も一緒に食べていい?」

友「あ、私はいいけど?」チラ

男「・・・・・・あ! あ、うん、俺も、いい」ドキドキ

女「ありがと! じゃあ明日一緒に食べよう!」

○○○『まもなく三番線に、千歳行き、普通列車が到着致します。お待ちの方は白――』


105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:14:32 ID:W0ROFV3.

プシュー、ガシャン

女「じゃあ、私これだから」スタ

友「うんっ! また明日!」

男「あ、また、明日」ドキドキ

女「また明日ねっ」

プシュー、ガシャン

○○○『千歳行き普通列――』


106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:15:10 ID:W0ROFV3.

男「・・・・・・はあ」ドキドキ

友「・・・・・・」

男「・・・・・・?」

友「やったじゃん」ニヤ

男「え!? いや、俺、その」

友「なんだよー。えい、えい」

男「ちょ、ちょっと、だか、ら、あ」

友「あはは! なんだよー、ほれほれー」

男「い、いや、はは、えあははは」


107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 04:15:45 ID:W0ROFV3.

※続きは書き溜めたらまた更新します。


109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 16:51:46 ID:W0ROFV3.

夜、リビング

ガチャ、バタン

母「おかえり、今日は遅かったわね」

男「うん、友達、カラオケに行ってきたよ」スタ、スタ

母「え?」ガシャーン

父「お母さん、皿が」

母「そ、そう。良かったわね」ニコ

男「うん! 部屋に鞄置いてくる」タッタッタ


110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 16:52:30 ID:W0ROFV3.

翌日、始業前

○○○「大会なのは分かるけどさ、野球部と吹奏楽部だけ授業サボりってずるくね?」

○○○「じゃあ野球部入れば?」

○○○「え、坊主は無理」

男「・・・・・・」

アニメ研「本屋が選ぶ漫画のやつあるじゃん」

漫画研「うん、書店員が選んだおすすめコミックな」

アニメ研「あれさ、書店員だからなんだっていうの? 何者なの?」

男「・・・・・・」

漫画研「俺に聞くなよ、知らんわ」

アニメ研「お前漫画詳しいだろ」

漫画研「書店員に詳しい訳じゃねーよ」

アニメ研「なんだよー、男はどう思う?」


111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 16:53:19 ID:W0ROFV3.

男「・・・・・・え?」

アニメ研「だから、書店員は一体何者なんだって話」

男「あ、あ、うん。しょて、書店員は、本屋の、店員だよ?」

漫画研「・・・・・・」

アニメ研「・・・・・・」

男「あ・・・・・・ご、ごめ――」

漫画研「ははは! それは分かってるっての」


112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 16:54:08 ID:W0ROFV3.

アニメ研「男って天然かよー、はは、今の返しは凄いわ」

男「あ、え? あ、あは」

漫画研「あれだ、書店員の資格があんだよ、きっと」

アニメ研「書店員三級とかか? あはは、ねえよ! そんなこと言ったら俺の親父も建築の資格が必要だわ!」

漫画研「それは必要だぞ」

アニメ研「・・・・・・え、まじ? 男も知ってた?」

男「う、うん」

漫画研「はは、知らねえのお前だけだって。どうやってこの高校入ったんだよ」


113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 16:54:46 ID:W0ROFV3.

昼休み、屋上

女「あーほんとだ! 男君のお弁当美味しい!」

男「あ、あは、そう、かな」ドキドキ

友「いいなぁ、私も美味しいお弁当食べてーよう」

男「友、さんの、お母さん、のも、美味しかった」

友「ああ、あはは。ありがと」

女「あ、そうなの? 私も食べてみたい!」

友「ぎゃー! それはメインのフライなのにー!」

女「美味しい!」

男「あは、ははは」ニコ


114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 16:55:21 ID:W0ROFV3.

放課後、男の部屋

男「・・・・・・てい、よし、うりゃ・・・・・・」ピコピコ

友「あー違うって! そこに入ったら赤い風船があるのに」

男「はは、いや、今、タイム、アタック、してるから」ピコピコ

友「何それ? あ! そこも確か入れるんだぞ!」

男「ああ、はは」ピコピコ

友「やっぱり男はゲーム上手いなぁ」

男「友、さんも、上手だよ」ピコピコ

友「ああー! そこには緑の風船が!」

男「うん、タイムアタック、だってば」ピコピコ


115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 16:55:51 ID:W0ROFV3.

翌日、三次限目

キーンコーンカーンコーン

サッカー部「やっべ寝てた!!」

野球部「はは、ばーか。俺も寝てたけど」

サッカー部「ノート取ってねえ・・・・・・あ、男ー。お前ノート取った?」

男「あ、う、うん」

サッカー部「頼む、写させてくれ! 明日ノート提出だし」

男「あは、い、いいよ」

野球部「マジで!? 俺も俺もー」


116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 16:56:25 ID:W0ROFV3.

夜、リビング

男「で、でね。ノートを写させて上げた」もぐもぐ

弟「うんうん」もぐもぐ

母「そう」ニコ

男「あ、あと母さんの弁当、美味いって」もぐもぐ

母「お昼も一緒に食べてるの?」

父「母さん、塩」

母「はいはい」

男「うん、屋上で、友さんと。・・・・・・あ、あとたまに、女さんも」ドキドキ

弟「おおー、男は兄ちゃん一人か」もぐもぐ

男「え? どういうこと?」


117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 16:57:02 ID:W0ROFV3.

週末、書店

漫画研「おいー新刊売り切れてんぞ」

男「・・・・・・」ペラ、ペラ

アニメ研「なあ、やっぱり書店員には何か秘密があるんだって」

漫画研「だからないってば。あ、男ー。お前これ読んでるんだっけ」

男「え? あ、うん。好きだよ」

アニメ研「おっこれアニメにもなってるぞ!」

男「そ、そう、そうなんだ」

漫画研「男、思ったよりこういうの詳しいよな」

アニメ研「DVD貸してやろうか?」

男「あ、あり、ありがとう」ニコ


118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 16:57:45 ID:W0ROFV3.

翌週、昼休み、屋上

友「あはは! だから謝るなってば」もぐもぐ

男「あ、ごめん」

友「ほれまた! 謝り大臣か!」

男「・・・・・・え? 謝り、大臣って?」

友「適当に言っただけだって! あはは」

ガチャ、バタン

バイト「・・・・・・よお」

男「・・・・・・あ」

友「おうバイト! どーしたー」

バイト「今日は連れが学食だから」ドサ

友「よーし! なら一緒に食べよーか」ニコ

バイト「おう」ドキドキ


119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 16:58:16 ID:W0ROFV3.

男「・・・・・・」もぐもぐ

バイト「あ、そうだ。明日ボウリングいかね? 週末だし」

友「ほーう、私のアベレージを忘れているのかな?」

バイト「分かってるって」

男「・・・・・・」もぐもぐ

バイト「・・・・・・あー・・・・・・お前も来るか?」

男「・・・・・・あ、え?」

バイト「どうせ友が誘うんだろ? 来いよ。・・・・・・前みたいに、無茶ぶりしねーから」

男「あ、あは・・・・・・うん」ニコ

友「うんうん、皆で行こう」ニコ


120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 16:58:56 ID:W0ROFV3.

金曜日、放課後、ボウリング場

野球部「おっしゃぁぁストライク!!」

ギャル「あれ、あんた部活は?」

野球部「・・・・・・地区二回戦、落ち・・・・・・来週まで、オフ」

ギャル「・・・・・・あー・・・・・・ボウリングで甲子園目指せば?」

野球部「ねえよそんなの!!」

女「きゃー! スペア取れた!」

女友「やるじゃん女! あ、ライン来た」

女「チャラ男君とどうなの?」

女友「あ、いや、別に?」

女「・・・・・・ふーん」

女友「な、なんだよその顔はー」


121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 16:59:51 ID:W0ROFV3.

友「おお!! 凄いぞ男! 速すぎてボールが見えない!?」

バイト「いや、ちゃんと溝走ってんぞ。ガーター」

男「・・・・・・」

友「ど、どんまーい。もう一回あるよー」

男「・・・・・・わ、脇を、締めて・・・・・・こう! ・・・・・・あ」ガタン、ゴロゴロ

友「あははは! 下手くそー!」

男「あ、あは、は」

友「はっはっは。男、私の技を盗め! おりゃー!!」

ゴロゴロ、ガタン

友「・・・・・・こ、これぞ消える魔球だ」

アニメ研「消さなきゃいけないのはピンだけどな」

バイト「お前アベレージ25だもんな」


122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 17:00:40 ID:W0ROFV3.

夜、駅のホーム

友「うひー、腕がパンパンだ! ほら、指もなんか震えてるし」

男「・・・・・・ボウリング、はじめて、やった」

友「うんうん! 男のおかげで私はブービー賞が取れたぞ」

男「・・・・・・ははは、ありが、とう?」

友「溝にボールを転がすスポーツなら、私達がトップなんだけどなぁ」

男「う、うん」

友「あはは、そうだったら楽しいかもな」ニコ

男「うん」ニコ

男(・・・・・・あれ? “だったら?”)

○○○『まもなく、新千歳空港行き、快速エアポートが――』

友「お、電車来るってさ」

男「あ、え? うん」


123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 17:01:18 ID:W0ROFV3.

夜、近所

男「・・・・・・」スタ、スタ

近所の住民「こんばんはー」

近所の住民「あら、こんばんはー。どう? 息子さんは」

近所の住民「それがもう遊んでばかりでー。せっかく進学校なのに」

男「・・・・・・」スタ、スタ

弟「あ。お疲れ、兄ちゃん」

男「あ、うん」

弟「・・・・・・」スタ、スタ

男「・・・・・・」スタ、スタ

弟「・・・・・・最近学校どう?」スタ、スタ

男「楽しいよ」スタ、スタ

弟「そっか」ニコ


124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 17:01:52 ID:W0ROFV3.

翌週、始業前、教室

男「・・・・・・」スタ、スタ

ガラガラ、ピシャ

女友「・・・・・・あ」

男「・・・・・・? お、おは、おはよー」ニコ

サッカー部「・・・・・・」

野球部「・・・・・・」

漫画研「・・・・・・」

アニメ研「・・・・・・」

男「・・・・・・あ、あれ? あ、あ・・・・・・」ニコ

女友「行こ? 女」スタ、スタ

女「う、うん」スタ、スタ


125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 17:02:47 ID:W0ROFV3.

男「・・・・・・」スタ、スタ、ストン

サッカー部「・・・・・・最低だな」

男「え?」キョロ

野球部「・・・・・・おっ、そうだ! お前んとこも地区敗退だろ? オフ期間遊ぼうぜ」

サッカー部「ばーか、練習だよ」

男「・・・・・・あ、あれ?」ニコ

漫画研「・・・・・・おっそうだ、前言ってたDVDだけど」

アニメ研「おうっ! 持ってきたぞー」

男「あ、あの、ああ、あの」

漫画研「サンキュー! 今日観てみるわ」

アニメ研「傷つけんなよー?」

漫画研「はは、俺の漫画にお茶ぶっかけた奴が言うなって」

男「・・・・・・あ、あ」


126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 17:03:31 ID:W0ROFV3.


○ッカー部「でー? お前は○フ期間何○○の?」

野球○「へへ、最近一川高校の女○○ライ○してる○○○」

○画○「○○○だろー、お前こそ○○○」

ア○○「あ○は! ○○○○○○」

男「あ、え? あ、あ・・・・・・」ニコ

○○○「○○○○○○、○○○」

○○○「○○、○○○○○○」

○○○「○○○○○」

○○○「○○○○、○○○○○」

男「・・・・・・あ、あは」

○○○「○○○○○○」

○○○「○○○○」

男「・・・・・・」


127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 17:04:19 ID:W0ROFV3.

昼休み、廊下

男「・・・・・・」スタ、スタ

○○○「○○○、○○○○○○」

○○○「○○○○○○」

バイト「・・・・・・おい」

男「・・・・・・え? あ、ああ」ニコ

バイト「・・・・・・」グイ

男「!? あ、あれ? な、なんです、か?」ヨタタ

バイト「・・・・・・お前、最低だな」

男「え? な、なに?」

バイト「うるせーカス。・・・・・・お前、もう友に近づくなよ」

男「・・・・・・え?」

バイト「お前みてえな奴と関わると、友まで誤解されんだろ」


128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 17:05:03 ID:W0ROFV3.

男「あ、あは? なに、を」

バイト「ヘラヘラしてんじゃねえぞ!! カス野郎」

○○○「おい、お前らどうした。喧嘩かー?」

バイト「・・・・・・とにかく、二度と友に近づくな」スタ、スタ

男「・・・・・・」

○○○「・・・・・・ん? なんだ、大丈夫か?」

男「あ、あは。・・・・・・はい」スタ、スタ

○○○「○○○○○○」

○○○「○○○○」

男「・・・・・・」スタ、スタ

男(・・・・・・あ、あれ? あはは、何処に行けば、いいんだろう)


129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 17:05:35 ID:W0ROFV3.

※続きは書き溜めて更新します。


131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 17:18:39 ID:W0ROFV3.

放課後、街中

男「・・・・・・」スタ、スタ

○○○「どうぞー、試供品はいかがですかー?」

○○○「あれ、電波わりいな、ここ」


女「男君!」タッタッタ

男「・・・・・・あ、え?」

女「・・・・・・はあ、はあ・・・・・・やっと追いついた」

男「・・・・・・あ、はい」

女「・・・・・・はあ、はあ・・・・・・話が、あるの」


132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 17:19:17 ID:W0ROFV3.

放課後、カラオケボックス

女「――だからね、何故だか分からないけど、男君が中学時代に、女の子に乱暴したって噂が広まってるの」

男「・・・・・・え? いや、俺、そんな」

女「分かってるよ、男君はそんなこと絶対しない」

男「あ、うん。・・・・・・あり、ありが、とう」

女「・・・・・・でも、こういう誤解ってそう簡単に解けるものじゃないと思う」

男「そう、かも」


133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 17:20:00 ID:W0ROFV3.

女「私、頑張ってみんなに話してみるよ!! 男君はそんなことしてない、無視するのはやめようって」

男「う、うん」

女「だからそれまでさ・・・・・・友ちゃんとも話したりしない方が良いと思う」

男「・・・・・・え?」

女「ほら、こういうのって一緒に居る人も誤解されるでしょう?
だから、学校では私も男君とは話せない。男君の味方って思われたら、私の話を誰も聞かなくなるでしょう?」

男「・・・・・・うん。ごめ、ごめんね」

女「友達なんだから、当たり前だって・・・・・・私こそ、こんなことしか出来なくて、ごめん」

男「・・・・・・あ、ああ・・・・・・」ポロポロ


134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 17:20:35 ID:W0ROFV3.

夜、近所

男「・・・・・・」スタ、スタ

友「おっす!」

男「え? あ、あれ。何で?」

友「昼休み屋上来なかっただろー! 放課後に探しても見つからなかったから、ここまで来てみた」

男「・・・・・・あ、いや、ごめん」スタ、スタ

友「・・・・・・おーい、何処に行く」

男「・・・・・・か、かえ、帰る」スタ、スタ

友「待てって。どうしたんだよー」スタ、スタ


135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 17:21:13 ID:W0ROFV3.

(だからそれまでさ・・・・・・友ちゃんと話したりしない方が良いと思う)

男「は、話し、かけないで」スタ、スタ

友「・・・・・・え? 訳分かんないぞ。あはは、何かのゲーム?」スタ、スタ

男「・・・・・・」スタ、スタ

友「・・・・・・おーい・・・・・・」

友「ごめん、私、何かした?」

男「・・・・・・」スタ、スタ

友「・・・・・・私のこと、嫌いか?」

男「・・・・・・」スタ、スタ

友「あはは、は・・・・・・待てって・・・・・・待てってば」


136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 17:22:11 ID:W0ROFV3.

※すいません、もう少しありました。
続きは書き溜めをしてから更新します。


139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:31:51 ID:W0ROFV3.

翌日、昼休み

男「・・・・・・」もぐもぐ

○○○「あはは、えーほんと?」

○○○「いや、マジだから!」

○○○「笑えるー」

○○○「てか、放課後カラオケでいい?」

○○○「あー、いいね」

○○○「チャラ男達誘っていい?」

○○○「また? 女友、チャラ男と二人で行けばいいじゃんか」

○○○「ブハッ!? いや、いいじゃんか」

○○○「あはは、ブハッて」

男「・・・・・・」もぐもぐ


140: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:32:32 ID:W0ROFV3.

○○○「見んなって!」

○○○「見せろって! また彼女からなんだろ!」

○○○「何で彼女のライン見せなきゃいけないんだよ」

○○○「やっぱ彼女なんだろ! あ、からあげ一個くれ」

○○○「だからさ、嫌だってば」

○○○「部活で腹へるんだって!」

○○○「・・・・・・お前今オフ期間だろ」

男「・・・・・・」もぐもぐ


141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:33:05 ID:W0ROFV3.

○○○「だからあれはやっぱりリアルな友情を的確に表しているところが」

○○○「いや、絶対リアルなエロさが良いんだって」

○○○「前も言ったけどさ、リアルなエロなんて俺達知らないだろ」

○○○「あはは、その通りだ」

○○○「アニ研、そういえばアニ子とデートしたんだって?」

○○○「はあ!? 出かけただけだ」

○○○「ほー」

男「・・・・・・」もぐもぐ


142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:33:41 ID:W0ROFV3.

放課後、校門

男「・・・・・・」スタ、スタ

○○○「あ、先輩! 次はいつ遊べますか?」

○○○「だから俺彼女いるんだって」タッタッタ

○○○「ちょ! まってくださいよー」

○○○「後輩、もうあきらめときなって」

○○○「やだ!」

○○○「つ、強いなぁ」

男「・・・・・・」スタ、スタ


143: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:34:17 ID:W0ROFV3.

駅のホーム、夕方

○○○「また明日ねー」

○○○「あ、明日も忘れるなよー」

○○○「わかってるってー」

○○○「何度も申し訳ありません。電話もなんですから、また御社に直接――」

男「・・・・・・」

○○○「どうよ、今日」

○○○「いやーすいません。今日も金欠で」

○○○「ははは、お前最初から俺の財布当てにしてんだろー?」

○○○「そんなことないですよー」

○○○「心配しなくても奢りだ、いくぞー」

男「・・・・・・」

○○○「まもなく、普通列車が――」


144: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:35:15 ID:W0ROFV3.

住宅街、夕方

男「・・・・・・」スタ、スタ

友「よっ!」

男「・・・・・・」スタ、スタ

友「あはは! 早退して待ち伏せしたぞ! あはは! 怖いだろーストーカーだぞー」スタ、スタ

男「・・・・・・」スタ、スタ

友「・・・・・・噂、耳に入った。あんなの嘘に決まってる」スタ、スタ

男「・・・・・・」スタ、スタ

友「だから、気にするなって。私もそんなの気にしないから」スタ、スタ

男「・・・・・・」スタ、スタ

友「・・・・・・あはは、何か、言えって」グイ


145: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:35:46 ID:W0ROFV3.

男「・・・・・・も、もう、放っといて」

友「・・・・・・え?」

男「もうほっといてくれよ!! め、迷惑なんだって!!」

友「ちょ、ちょっと、なんだよ」

男「友さんは友達一杯居るだろ!! そ、そいつらと話せよ!!!」

友「・・・・・・あは、は、男だって、友達、だろ」

男「やめろって!! 俺は一人で良いんだって!!! い、い、いつもそうだったからいいんだって!!!」


146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:36:37 ID:W0ROFV3.

友「・・・・・・」

男「・・・・・・はあ、はあ。・・・・・・も、もう帰る」スタ、スタ

友「・・・・・・待ってよ」グイ

男「・・・・・・え?」

友「・・・・・・もう、やだよお・・・・・・ヒック・・・・・・一人は、嫌だよう」

男「と、友、さん?」

友「行く、なよー・・・・・・うぐ、ヒック。行ぐなってば・・・・・・」

男「・・・・・・友さん」

友「ひ、とり、に・・・・・・しないで」


147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:37:16 ID:W0ROFV3.


――
―――
――――

四年前

友の家、リビング

友「・・・・・・」もぐもぐ

友弟「やっぱりお姉ちゃんのハンバーグの方が大きい!!」

友母「あはは、大きくないったら」

友「・・・・・・」もぐもぐ

友母「・・・・・・友ちゃん、学校はどう?」

友「・・・・・・別に」もぐもぐ

友母「そう・・・・・・お友達は、出来た?」

友「・・・・・・うちにだってお父さんが居ないんだから、そういうこと言われたくない」

友母「・・・・・・ごめんね」

友弟「あー! お姉ちゃんがお母さんのこといじめたー!」


148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:38:03 ID:W0ROFV3.

三年前


中学、教室

○○○「○○○○○、○○○○○○○」

友「・・・・・・」

○○○「○○○○○、○○」

○○○「○○○○○○○○○」

友「・・・・・・」

友(別に、他人なんかどうでもいい。誰も私のことなんか分かってくれない)

○○○「○○○○○、○○○○○」

○○○「○○○○○○○○、○○○○」

○○○「○○○○、○○○○○○○○」

○○○「○○○」

○○○「○○○○○○○○○、○○○」

友「・・・・・・」


149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:38:44 ID:W0ROFV3.


二年前

友の家、リビング

ガチャ、バタン

友「・・・・・・ただいま」ボソ

友「・・・・・・あれ? お母さん? 友弟ー?」

プルルルル、プルルルル

友「・・・・・・?」ガチャ

友「はい」

○○○『やっと繋がった・・・・・・友さんのご自宅ですか?』

友「・・・・・・はい・・・・・・あ、あの?」

○○○『第一病院の者です、落ち着いて聞いてください』

友「・・・・・・え?」


150: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:40:33 ID:W0ROFV3.

第一病院、廊下

友父「・・・・・・おい」

友「・・・・・・う、うぐっ・・・・・・ヒック・・・・・・あ、お父、さん」

友父「もう違うと言っただろう」

友「・・・・・・」

友父「金のことは心配しなくていい。このままあの家で暮らしなさい」

友「・・・・・・お父、さんは?」

○父「前にも言っただろう、もう俺は別の子のお父さんなんだ。
あいつは身内も居ないから、葬式もいらないだろう? あいつと弟の火葬だけ手配をしておく」

友「・・・・・・ま、待って、待ってよ」

○○○「とにかくまた電話する。じゃあ」スタ、スタ

友「・・・・・・」

○○○「・・・・・・酷いわね、今の聞いた?」ヒソヒソ

○○○「あの子、一人なんでしょう? どうするのかしら」

友「・・・・・・あ、あは、は」ポロポロ

友(・・・・・・私、一人だ)


151: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:41:20 ID:W0ROFV3.

一年前

高校、教室

○○○「じゃあ二人は同じ中学なんだね!」

○○○「うんっ。まだ何人か同中の子来てるよー、後で紹介するね」

友(・・・・・・もう、一人は、孤独は嫌だ。か、変わらないと)

友「は、はじめまして! 友だよー」ニコ

○○○「うんーよろしくー」

○○○「ねえねえ、中学何処だったのー?」

友「あ、恵庭、だよ」

○○○「結構遠いんだね! 他の子は来てるの?」

友「う、ううん。私一人」

○○○「勇気あるんだね! 私は札幌だよー」

友「あ、あははは! でしょ? 勇気百倍だよー」

○○○「なにそれー! 友さん面白い」

友(・・・・・・あ、あれ? これ、誰? このヘラヘラ笑ってるのって、私?)


153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:43:12 ID:W0ROFV3.

一ヵ月前

高校二年目

始業前、教室

○○○「○○○○○、○○○○○○○」

友「あはは! そーだな! 私もそれ好きだよー」ニコ

○○○「○○○、○○○○○○○○○!」

友「そうそう! こんな感じ! あはは!」

○○○「○○○○○、○○○○○○○」

○○○「○○○○○○○○」

友(あはは・・・・・・一年経っても・・・・・・声も、顔も、何も分からないや)


154: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:43:42 ID:W0ROFV3.

○○○「○○、○○○○○○!」

友「それ最高じゃん!」

○○○「○○○○」

○○○「○○○○○○○○」

友「そんなことないってば! 私達は友達だよー」ニコ

○○○「○○○○○、○○○○○○○」

○○○「○○○、○○○○」

友「あはは! はははは!!」ニコ


155: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:44:30 ID:W0ROFV3.

昼休み、屋上

友「・・・・・・」もぐもぐ

友「あは、は・・・・・・自分で作ったお弁当って、やっぱり美味しくないなぁ」

友「・・・・・・」

友「私は、誰なんだろう。みんなは、誰なんだろう・・・・・・友達って、何なんだろう」

友「・・・・・・」ニコ

友「・・・・・・あはは・・・・・・寂しいなぁ」ポロポロ

『カキーン! おーいそっち行ったぞー』

友「・・・・・・ここから飛び降りたら、お母さんと弟に会えるのかな」

ガチャ、バタン

友「!?」コソ


156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:45:18 ID:W0ROFV3.

○○○「ぜえ、ぜえ・・・・・・」

友(な、なに?)

○○○「・・・・・・ぜえ・・・・・・ぜえ」

○○○「・・・・・・ぁぁぁぁあああああ!! 分かってるって!!」

友「!」ビク

○○○「俺だって誰かと話したい!! 彼女だって欲しい!! 分かってる!!」

○○○「なんだよ!! しらねーよ!! 友達の作り方なんかわからねえよ!!」

○○こ「分かってるって!! 分かってんだって!!!」

○とこ「・・・・・・はあ、はあ・・・・・・・・・・・・なんだよこれ・・・・・・」

男「・・・・・・寂しい」

友(・・・・・・)

――――
―――
――


157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 18:46:16 ID:W0ROFV3.

※続きは書き溜めてから更新します。


160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 21:07:13 ID:W0ROFV3.


夜、男の家、玄関

ガチャ、バタン

男「母さん!」

『男ー? 帰ったのー?』

男「母さん、来て」

『ちょっと待ちなさいー』タッタッタッタ

母「どうしたのよー、あら?」

友「うぐ、ひっく・・・・・・こん、ばんは」


161: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 21:07:53 ID:W0ROFV3.

母「友ちゃん・・・・・・? 泣いてるじゃない! 男、何があったの?」

男「今日、友さん、泊めたい」

母「え、ええ!? ちょ、ちょっと待ちなさいよ。お、お父さんー!!」

父「どうした」スタ、スタ

母「男が、友ちゃんと・・・・・・」

弟「え、なにこれ」スタ、スタ

父「・・・・・・どうした、男」


162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 21:10:00 ID:W0ROFV3.

男「・・・・・・友さん、今日泊めたい」

母「泊めるっていったって、親御さんにも連絡しないと」

男「居ない」

母「居ない!? それに、ほら、友ちゃんは女の子じゃないの」

男「友さんは、友達だよ」

父「いいぞ」

母「あなた!」

父「友さん」

友「ひっく・・・・・・はい」

父「ゆっくりしていきなさい」ニコ

弟「大丈夫だって、母さん。俺の友達もよく泊まってるだろ」

母「・・・・・・そうね。友ちゃん、お風呂沸かしてるから、入っちゃいなさい」


163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 21:38:48 ID:W0ROFV3.

深夜、男の部屋

男「・・・・・・」

友「・・・・・・」

男「・・・・・・」

友「・・・・・・男、寝た?」ボソ

男「ううん」ボソ

友「・・・・・・ごめん」

男「こっちこそ、ごめん」

友「・・・・・・私さ、男と、友達、やめたくない」


164: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 21:39:35 ID:W0ROFV3.

男「・・・・・・友達だよ」

友「・・・・・・うん」

男「俺、友さんと、友達だから」

友「はは、二回も言わなくても、聞こえてるよ」

男「うん」

友「・・・・・・」

男「・・・・・・」

友「あはは」

男「え?」

友「枕やわらかい」

男「ご、ごめん」

友「あはは、なんで謝るの?」ニコ


165: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 22:15:43 ID:W0ROFV3.

翌日、始業前、教室

ガラガラ

○○○「おはよー」

友「おっ! アニメ研おはよー」

○○○「え? 友? お、おはよー」

友「それでさー、ハムカツっていうのはなかなか奥が深いのだよ。私は卵に少し塩を――」

男「うんうん、なるほど」

友「男ー本当に分かってるのかよー」

男「あはは、分かってるってば」

○○○「え、男と話してるし」ヒソ

友「んー? どうしたの? ギャル」

○○○「え? いや、別に」

○○○「おーい女、どうした?」

女「・・・・・・え? ううん、何でもないよ」ギリ


167: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 22:19:06 ID:W0ROFV3.

三時限目、教室

キーンコーンカーンコーン

ガラガラ

友「お疲れ様ー!」

○○○「あ、ああ」

男「お疲れ様」ニコ

友「鞄の中が昨日のままだから数学の教科書貸してくれない?」

男「うん、いいよ」

友「あはは、ありがと!」

○○○「・・・・・・」ヒソヒソ

○○○「・・・・・・」ヒソヒソ


168: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 22:23:35 ID:W0ROFV3.

昼休み、屋上

ガチャ、バタン

友「ふあぁぁ。あはは、良い天気だね!」タッタッタ

男「うん、そうだね」

友「・・・・・・やっほぉぉぉ!!」

男「え!?」ビク

友「あははは! こんなに楽しい学校ははじめてだよ!!」

男「はは。でも、やっほーはおかしいよ」

友「あれ? そういえば普通に話せてるね」

男「え? ・・・・・・あ」

友「あはは! 良かったよかった」ニコ

男「あはは」ニコ


169: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 22:26:35 ID:W0ROFV3.

ガチャ、バタン

女「・・・・・・」スタ、スタ

友「あ、女ちゃんも一緒にご飯食べる?」

男「・・・・・・あ、あ、おつ、おつか、お疲れ」

女「なんでよ!?」

友「・・・・・・え?」

女「何で話すの!? 男君、友ちゃんと話さないでって言ったよね!!?」

男「あ、え? いや、い、そ、そ」

友「友達なんだ、話しちゃ駄目な理由なんてないよ」


170: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 22:31:48 ID:W0ROFV3.

男「あ、あ」

女「・・・・・・きもいんだよ」ボソ

男「・・・・・・え?」

女「きもちわりぃんだよ!! いつもキョドキョドしやがって!! そのまま一生黙ってれば良かったんだ!!
なんで、なんで友ちゃんと友達になれんだよ!! 笑ってんじゃねえよ!! 友ちゃんに、友ちゃんにお前は合わねえんだよ!!!」

友「・・・・・・な、なにいってんの?」

男「・・・・・・あ、え? あの、あ」

女「どれだけ、どれだけ私が!! 女だから、どうしようもなくて! それでも! 少しずつ話せてたのに!!
お前が、お前が突然邪魔したんだ!! ふざけんなよ!! 消えろ!! 消えろよ!!!」

男「あ、いや、そ、の」

女「友ちゃんが・・・・・・す、き・・・・・・なんだよう・・・・・・なな、何で、邪魔するの・・・・・・」


171: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 22:38:38 ID:W0ROFV3.

女「離れ、てよ。友ちゃん・・・・・・こんな、変態野郎と居たって面白くないよ? 知ってるでしょ?
こいつ、中学生の時同級生襲ってるんだよ? きもいでしょ? ねえ、離れなって」

友「男はそんなことしない」

女「するんだよ!! 男なんてみんなそうなんだよ!! ニタニタニタニタ笑って胸とかお尻しか興味ないんだよ!!
気持ち悪い、気持ち悪い!!! どーせこいつそうだよ!? 何かあったらどうするの?」

男「あ、ああ、あ」ポタ、ポタ

友「男は違う」

女「違わない!! なんでこいつ庇うの? ねえ、何で庇うんだよ!!!
入学した時私に話し掛けてくれたよね!? 仲良くしてくれたよね!? 信じてよ!!!」

友「・・・・・・お前が男の噂流したの?」

女「あ、あは。そうだよ」

友「嘘ついたってこと?」

女「それの何が悪いの!? どうせ本当にやるでしょ! こいつ!! こっち見るな!!!」

男「・・・・・・あ、うぐっ、ごめ、ごめ」ポタ、ポタ


172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 22:44:57 ID:W0ROFV3.


女「・・・・・・ねえ、また私に笑ってよ。わた、私には、友ちゃんしか居ないんだよぉ・・・・・・」

男「あ、ああ、うぐ、ヒック」ポタ、ポタ

友「泣くな、男。こんな奴、好きにならなくていい」

女「・・・・・・?」

友「気持ち悪いよ、お前」

女「なに、それ」

友「男は、私の友達だ。泣かせんな」

女「・・・・・・待ってよ、ねえ、友ちゃ――」

友「もう隠すのはやめたんだ。私はもう、無理に笑ったりしない」

女「・・・・・・」

友「ごめん、女とは友達になれない」


173: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 22:48:51 ID:W0ROFV3.


女「・・・・・・もういい」スタ、スタ

ガチャ、バタン

男「・・・・・・」ポタ、ポタ

友「・・・・・・泣くなってば」

男「・・・・・・う、ん」ポタ、ポタ

友「・・・・・・初恋?」

男「・・・・・・多、分」ポタ、ポタ

友「・・・・・・ごめん」

男「なん、で、友さんが謝るの?」

友「・・・・・・分かんないや」


174: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 22:53:50 ID:W0ROFV3.

昼休み、教室

男「・・・・・・」スタ、スタ

友「・・・・・・そしたら、後で」スタ、スタ

男「うん」

ガラガラ

○○○「・・・・・・お前、女ちゃんに何したんだよ」

男「・・・・・・え?」

○○○「え? じゃねえだろ!! 泣いてんだぞ!!」

女「・・・・・・うう、ぐす・・・・・・」

○○○「どうしたの? 女。ちゃんと言ってくれないと分かんないよ」

女「・・・・・・さっき、男、君に、無理やり・・・・・・」

○○○「うそ・・・・・・やっぱ変態じゃん」

○○○「気持ち悪! てか犯罪じゃん!!」

○○○「最低だぞお前!」


175: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 23:00:16 ID:W0ROFV3.

友「・・・・・・」ピキ

○○○「何か言えよ! 男!!」

男「あ、いや、俺、その、そん、な、そんな、こと」

○○○「はっきり話せ!! お前これどういうことか分かってんのか!!!」

友「・・・・・・」ブン

○○○「うわっ!! いって・・・・・・友?」

友「いい加減しろ!!! 男がそんな事する訳ないだろ!!!」

○○○「なに言ってんの? なに、女が嘘ついてるってこと?」

○○○「そんな訳ないじゃん」


176: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 23:01:46 ID:W0ROFV3.

友「ふざけんな!! 何も知らない癖に男のことを決め付けるな!!!
何で一人も男の話を聞こうとしないんだよ!」

○○○「おちつけって!!」

友「離せ!!」

○○○「おいおい何やってたんだお前ら!」

○○○「あ、いや、友が暴れだしたんですよ」

○○○「とりあえず指導室来い、友。話聞くから。あとお前も」

○○○「俺はただ殴られただけですって!」

○○○「いいから来い」

○○○「先生、男が」

女「いい!! ・・・・・・いいから」

○○○「ん? どうした」

○○○「あ、いや、別に」


177: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 23:18:24 ID:W0ROFV3.

五時限目、教室

○○○「・・・・・・」ヒソヒソ

○○○「えー例えば、戊辰戦争も六十干支にある戊・辰の年に起こったことからそう名付けられていて――」

○○○「・・・・・・」ヒソヒソ

○○○「・・・・・・」ヒソヒソ

男「・・・・・・」

○○○「・・・・・・」ヒソヒソ

○○○「・・・・・・」ヒソヒソ

○○○「・・・・・・」ヒソヒソ

○○○「・・・・・・」ヒソヒソ


178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 23:19:05 ID:W0ROFV3.

男(・・・・・・俺のせいだ。俺のせいで、友さんは)

○○○「・・・・・・」ヒソヒソ

○○○「・・・・・・」ヒソヒソ

○○○「・・・・・・」ヒソヒソ

○○○「・・・・・・」ヒソヒソ

ガラガラ、ピシャ

○○○「同じような例えを出せば、壬申の乱も――? 何をしてる、授業中に」

友「ぜえ、ぜえ・・・・・・駄目だ! 全然話しにならなかったから逃げてきた!」

男「・・・・・・え?」


179: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 23:19:55 ID:W0ROFV3.

○○○「・・・・・・おい、友じゃん」

○○○「指導室行ったんじゃなかったっけ」

女「・・・・・・あ」

友「もう駄目だろここ!! 訳分かんない奴しかいない!! 全員男の話なんて聞こうともしない!!」ポロポロ

○○○「何だか分からないが、今は授業中だから、元のクラスに戻りなさい」

友「来い! 男!! もう行こう!!」ポロポロ

男「・・・・・・」スタ

○○○「待ちなさい、男。何処に行く! 君も!」

友「スクールエスケープだ!」ギュ

男「あっ!」

友「走れ!」グイ

男「あ、ああ!」タッタッタッタ


180: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 23:21:43 ID:W0ROFV3.

学校、廊下

友「あはは! 誰も居ない!!」タッタッタッタ

男「う、うん」タッタッタッタ

友「空気も全然違う!!」タッタッタッタ

男「あ、あの、友さん、何処いくの?」タッタッタッタ

友「分かんない!! 外!!」タッタッタッタ

男「・・・・・・あは、ははは! 何だよ、それ!」タッタッタッタ

友「あはは! だから分かんないんだったら!」タッタッタッタ

――――
―――
――


182: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 23:43:38 ID:W0ROFV3.

一週間後

昼、友の家


ピンポーン

友「・・・・・・はーい」ガチャ

男「こんにちは」

友「・・・・・・あ、え? 嘘! なんで!?」

男「職員室に、名簿があったから」

友「盗み見たの? あはは、ストーカーじゃん」ニコ

男「あ、ごめん」

友「何で謝ま――あ、いやこれは謝って当然か。あはは」

男「あ、それで、えっと」

友「んー? とりあえず入りなよ」

男「あ、うん。お邪魔します」スタ、スタ


183: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 23:44:12 ID:W0ROFV3.

友の家、リビング

男「・・・・・・」カタカタ

友「お茶でいいー? え、どうしたの?」

男「と、友達の家に入るって、はじめてだから」

友「あはは! ほら、そこのソファー座りなよ」

男「は、はい」ストン

友「はいどうぞ」コト

男「あ、これは、これは」

友「固過ぎだってば」

男「・・・・・・あと、何日だって?」

友「ん? 明後日には学校行けるよ。同級生を一発殴っただけだしね。怪我もしてないし」

男「あ、そのー、暴力は駄目だよ」

友「分かってるってば。相手にもちゃんと謝ったよ」


184: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 23:44:51 ID:W0ROFV3.

男「・・・・・・ごめん」

友「もう会ってから百回は謝られてるな、私」

男「あ・・・・・・ごめん」

友「謝ることないよ、あれは私が勝手にやったことだから、自宅謹慎は自業自得だ!」ニコ

男「・・・・・・」

友「男こそ、大丈夫なの? 学校」

男「うん。女さんの噂も誤解が解けたし・・・・・・無視っていうか、まだ変な空気ではあるけど、大丈夫」

友「・・・・・・そっか」

男「うん」

友「・・・・・・」

男「・・・・・・」

友「あ!」

男「・・・・・・」ビク

友「友達を家に入れるの、私も初めてかも!!」

男「そうなの?」


185: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 23:50:48 ID:W0ROFV3.

友「うん、初めてだ」ニコ

男「・・・・・・そっか」

友「うんー・・・・・・」

男「・・・・・・」

友「・・・・・・うわー、学校行きづらいよーう」

男「あー・・・・・・そうだろうね」

友「明後日迎えに来てくれる?」

男「いいよ?」

友「なら行くかー・・・・・・はあ」

男「・・・・・・」ニコ


186: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 23:52:03 ID:W0ROFV3.


友「・・・・・・ていうかさ、本当は今授業中じゃない?」

男「え? ああ・・・・・・うん」

友「サボったの?」

男「あ、あは、はは」

友「不良だー! 男が不良になったぞー! 出あえ出あえー」

男「ち、違うよ。スクール、エスケープだよ」

友「・・・・・・私が変なこと教えちゃったのか」

男「さっきやっと住所が分かったから、そのままきちゃった」

友「もうしないように!」

男「あ、うん。ごめん」


187: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/08(水) 23:56:08 ID:W0ROFV3.

友「・・・・・・お茶飲まないの?」

男「あ、飲みます」ゴク

友「・・・・・・」ゴク

男「・・・・・・ふう」

友「・・・・・・」

男「・・・・・・」

友「気まずい! なにこれ!!」

男「ああ、うーん・・・・・・何でだろう」

友「う、うーん」チラ

男「・・・・・・うーん」

友「・・・・・・ぷっあはは! 分かんないね」

男「うん、分からない」ニコ


188: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/09(木) 00:02:59 ID:/FUCHOrI

友「・・・・・・今日さ、晩ご飯食べてく?」

男「あ、う、うん」

友「よーし、ならハムカツ作っちゃうぞー」

男「分かったよ」

友「じゃあ後で買い物行こうか、近くのスーパー」

男「材料が足りないの?」

友「材料もそうだけど・・・・・・あはは、お箸とかお茶碗が一膳分しかないんだよね」

男「・・・・・・そっか」

友「でも今日から二つだ! 使わないともったいないから、沢山来るんだぞー」

男「は、はーい」


189: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/09(木) 00:04:12 ID:/FUCHOrI

友「絶対来るんだぞー? 来ないと寂しいぞー」

男「はーい・・・・・・ぷっあはは、はは」

友「えー! 何でそこで笑うの?」

男「いや・・・・・・俺って、本当に、切実に、友達が少ないけど」

友「す、凄い悲しい言い方だな・・・・・・これから沢山作ろうよ」

男「・・・・・・でもさ、今、凄く楽しいよ」ニコ

友「・・・・・・ああ、私もだ」ニコ



190: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/09(木) 00:04:57 ID:/FUCHOrI

※終わりです。ありがとうございました。
またお刺身の上にSSを載せる作業に戻ります。


192: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/09(木) 00:34:20 ID:yeYaAKtk


楽しかった


193: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/03/09(木) 02:06:39 ID:BW.RkUZA





掲載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1488801021/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク