FC2ブログ

ミリP「紬の親愛度が限界突破した……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:28:01.76 ID:kNF0HWkdo

とある朝

P「うーん、今日もいい天気だ。絶好のプロデュース日和だな!
 ……と、あそこで歩いているのはもしかして……」

紬「……」

P「おはよう、紬! ずいぶん早いんだな」

紬「きゃあっ!? プ、プロデューサー……!」

P「おっと、悪い。驚かせちゃったか?」
 


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:29:09.39 ID:kNF0HWkdo

紬「い……今の私の反応を見て、聞かなければ分からないのですか?」

P「いや、そんなことはないけど……」

紬「まったく、あなたという方は……。
 大体、突然あのように爽やかに声をかけるなど、
 一体どこまで私をドキドキさせれば気が済むのですか?」

P「ごめんごめん、悪かっ……ん?」

紬「? どうかしましたか、プロデューサー?」

P「ああ、いやなんでもない。それよりほら、劇場に行こう。
 紬も今から行くところだったんだよな?」

紬「……!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:29:40.64 ID:kNF0HWkdo

P「なんだ? 今度は何が……」

紬「い、今から劇場までの距離を、並んで歩けと仰るのですか……」

P「え? ああ、うん、まあそうだけど」

紬「まさか、いつか行うデートの練習のために……?」

P「は?」

紬「そ、そんなんいきなり言われても、うち……!」

P「いや、言ってない。誰もそんなこと言ってないぞ紬」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:30:55.70 ID:kNF0HWkdo

とある日、劇場控え室

P「おーい、紬、居るか?」

紬「! プロデューサー……何か御用ですか?」

P「ああ。今度のステージで着る衣装が届いたんだ。
 サイズなんかも見たいから、ちょっと着てみてくれないか?」

紬「……!」

P「? どうした、紬?」

紬「ステージ衣装……。
 それはプロデューサーから私への贈り物、ということでしょうか」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:31:36.78 ID:kNF0HWkdo

P「贈り物? うーん……まあそういう言い方もできなくはないか」

紬「……だ、男性が女性に洋服を贈る時は、『自分の手で脱がせたい』という意味だと聞きました」

P「え?」

紬「まったくあなたという方は……
 も、物事には、もう少し順序というものがあると思います」

P「いや何言って……」

紬「ま、まだ手も繋いで居ないのに、そのように大胆な迫り方をするなど、
 もっと恋愛というものを勉強なさってはいかがですか?」

P「いや迫ってない。誰も迫ってないぞ紬」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:32:27.02 ID:kNF0HWkdo

とある日、レッスンスタジオ

P「おっ、レッスン頑張ってるな紬」

紬「! プロデューサー……。レッスンなのですから、頑張るのは当然なのでは?
 わざわざ口にして確認することではないと思うのですが……」

P「あ、ああ、それは確かにそうだけど」

紬「それとも、私がレッスンの手を抜く不真面目な人間に見えていたということでしょうか。
 それで、監視をしにやって来たのですか……?」

P「違う違う! ちょっと様子を見に来ただけだよ」

紬「そうですか……。なら、良いのですが」

P「まあそういうわけだから、しばらく見させてもらうよ」

紬「えっ……!?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:33:01.43 ID:kNF0HWkdo

P「? どうした、何か問題でもあるのか?」

紬「そ、そんなん、恥ずかしい……」

P「恥ずかしいって……。
 人に見られて恥ずかしがってたらアイドルなんてできないぞ?」

紬「そ、それはそのとおりですが……。
 汗をかき息を荒げる姿を二人きりの空間で間近に凝視したい、などと仰られては……」

P「は?」

紬「ま、まさか、将来、も、もっと恥ずかしい姿を見せ合うことになるのだから、
 その練習のためとでも、仰るつもりですか!?
 そ、そんなん言われても、うち……!」

P「いや言ってない。言ってないぞ紬」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:35:10.40 ID:kNF0HWkdo

とある日、撮影スタジオ

P「お疲れ、紬。いい宣材写真、たくさん撮れたな!」

紬「はい。以前と比べれば随分リラックスできて、自分でも少々驚きました」

P「カメラマンさんの注文にもしっかり答えられていたし、
 いつの間にか紬もアイドルになってたんだって実感したよ」

紬「……? 私がアイドルになったのは、
 プロデューサーのスカウトを受けて765プロへやって来た時ではないのですか?」

P「いや、そういうことじゃなくて……。
 っと、そろそろ時間だな。次の仕事に向かおう」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:35:46.77 ID:kNF0HWkdo

紬「ところでプロデューサー。その大量の写真は、一体どうなさるおつもりなのですか?
 もしかして、また全部を宣材に?」

P「いや、これは流石に多すぎるから、ある程度までは絞るよ。
 まあその作業は家に帰ってからかな」

紬「! つまり、家に帰ってまで仕事を……?
 プロデューサー、あなたはまさか過労で倒れるおつもりですか?」

P「え? いや別にこのくらいは全然……」

紬「! もしかして、私に看病してもらうことを期待して……。
 そんなん言われても、うち……」

P「いや言ってない。言ってないぞ紬」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:36:24.54 ID:kNF0HWkdo

P「とにかく、看病を頼むつもりもないし過労で倒れるつもりもないから。
 それに写真を選ぶのって結構楽しかったりもするしな」

紬「そう、なのですか?」

P「ああ。特にいい写真ばかりの時は、
 見てるだけでなんだかこっちの気分も良くなってくるものだよ。
 そういう意味ではファンが写真集を見るのと似たようなものかもな」

紬「ファンが、写真集を……?
 つまり私の写真を見ることが、プロデューサーにとっての喜びであると?」

P「まあ、そういうことだ。よし、この話はもういいな? 次の仕事の準備にかかるぞ」

紬「……はい、わかりました」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:37:36.28 ID:kNF0HWkdo

その日の夜

P「さて、それじゃあ紬の宣材写真を選ぶとするか。
 どれがいいかなーっと……」

 ピピピーピピピ♪

P「っと、メールか。誰だろう……って、紬? こんな時間に何を……」


 件名:お使いください

 本文
 本日もお仕事、大変お疲れ様のことと思います。
 ですから、突然ではありますが、
 「私の写真を見れば元気になる」というプロデューサーの言葉を信じて、
 不慣れではありますが、自撮り、というものをしてみました。

 また、色々と調べて、男性が喜ぶ写真というものにも挑戦しました。
 信じられないほど恥ずかしい思いをしましたが、
 他でもないプロデューサーの頼みと思い、頑張りました。
 送付致しますので、ご覧下さい。


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:38:30.20 ID:kNF0HWkdo

P「……」

 プルルル プルルル

紬『はい、紬です』

P「もしもし、プロデューサーだけど。メール、届いたよ」

紬『! そうですか……良かったです。よ、喜んでいただけましたか?』

P「うん、ありがとうな。まあ写真は全部消したけど」

紬『え!?』

P「何を見て男が喜ぶ写真とやらを勉強したのかは知らないが、
 年頃の女の子があんな写真を撮るんじゃありません」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:39:04.18 ID:kNF0HWkdo

紬『そんな……あんなに恥ずかしい思いをしたのに……』

P「それは申し訳ないと思うけど……」

紬『プロデューサーに頼まれたから頑張ったのに……』

P「いや頼んでない。頼んでないぞ紬」

紬『……』

P「と、とにかく、紬の方も写真は消しておくこと。
 あんな姿を形に残しておくのは良くないし、紬も嫌だろ?」

紬『! つまり形に残らないよう……直接見せに来い、と……!?
 そ、そんなんいきなり言われても、うち……!』

P「いや言ってない。言ってないぞ紬」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:41:34.69 ID:kNF0HWkdo

とある日、駅

紬「……」

P「さてと、今日は久しぶりに電車に乗るわけだけど……やっぱりまだ慣れないか?」

紬「……私の様子を見ても、改めて確認しなければわかりませんか……?」

P「いや……慣れてないんだな。
 でもあまりキョロキョロしすぎると人にぶつかって危ないぞ。
 それに、俺からはぐれたりしても困るしな」

紬「! それはつまり、俺だけを見ていろと……?」

P「いや違う。見るのは前にしてくれ」

紬「では、迷わないように手を繋いで歩くとでも……!?
 い、いきなりそんなん言われても、うち……」

P「いや言ってない。言ってないぞ紬」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:42:05.75 ID:kNF0HWkdo

紬「しかし、どうして東京というのはこれほどに、色々と複雑で雑多なのでしょう。
 アイドルのお仕事には慣れましたがこればかりはどうにも、
 いつまで経っても慣れる気がしません……」

P「そうだな、確かに東京は色々と複雑だ。でもいつかは慣れないとな。
 これからも毎回俺が付き添えるとは限らないし」

紬「……!? そ、そんな、どうして……!」

P「どうしてって、お互い色々スケジュールとかも……」

紬「……ぐすっ……」

P「えっ」

紬「あ、あなたは、私のプロデューサーのはずですよね……?」

P「いやもちろんそうだけど……」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:43:01.16 ID:kNF0HWkdo

紬「ではなぜ、あのような……別れることを前提にしたようなことを仰るのですか……!」

P「いや、何を言って……。
 スケジュールの関係で付き添えないこともあるかもってだけで、
 別に一生付き添えなくなるなんて言ってないぞ」

紬「え……? で、では、これからもずっと私と一緒に、居て頂けるのですか……?」

P「ああ、もちろんだ」

紬「……ま、まったく、あなたという方は……。
 妙な誤解を生むようなことを言わないでください……」

P「そんなつもりは全くなかったけど、まあ気を付けるよ」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:43:33.38 ID:kNF0HWkdo

数日後、P宅

P(さて、今日は久しぶりのオフだ。何をして過ごそうか……)

 ピーンポーン

P「ん、なんだ? 宅配を頼んだ覚えないけど……」

 ガチャッ

P「はい、どちら様……」

紬「こんにちは、プロデューサー」

P「え?」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:44:09.13 ID:kNF0HWkdo

P「紬……? どうしたんだ、オフの日にわざわざ訪ねてくるなんて。
 っていうかその大量の荷物は一体……」

紬「もちろん、衣類等の私物です。それ以外に何が?」

P「は? 私物? なんで?」

紬「……? 今日からここでお世話になるのですから、
 私物を持ってくるのは当然だと思うのですが。
 まさか、いちいち私の家まで必要なものを取りに帰れと仰るつもりですか?」

P「いや待て紬。話がまったく掴めないんだが……」

紬「プロデューサー……もしかして、あなたは馬鹿なのですか?
 先日、一生を添い遂げるとプロポーズしてくださったのはあなたでしょう?」

P「……え?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:45:39.67 ID:kNF0HWkdo

紬「下宿先は引き払って来ましたし、式場もいくつか候補を挙げています。
 それから、子供の名前も。婚姻届も、既に私が記入するべき項は記入して持ってきました」

P「……」

紬「? あの、プロデューサー? どうかなさいましたか?」

P「いや、なんというか……」

紬「……まさかとは思いますが……あの言葉は、あてがいな……う、嘘やったん……?」

P「……」

P「いやそんなことはないぞ! これからよろしくな、紬!
 (言ってない。言ってないぞ紬!)」



  おしまい


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:46:48.52 ID:kNF0HWkdo

付き合ってくれた人ありがとう、お疲れ様でした。


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:50:23.85 ID:0s+YVsclo

クレーマー紬の人かな?


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 23:17:23.28 ID:NIOCimsA0

いいねいいね


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/13(金) 00:48:29.72 ID:yS7jGkO6o

いつの間にかPの紬への親愛度も限界突破してて草




掲載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507814881/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク