女「額に鉄板入れてみた」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 04:00:09 ID:m/zbMCJA

女「だよー」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 04:02:10 ID:m/zbMCJA

男「なにゆえ」

女「ある漫画の影響でね」

男「それだけで納得しろと?」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 04:08:05 ID:m/zbMCJA

女「ちょっとー、私の彼氏ならもっと喜んでくれてもいいじゃない」

男「どこの世界に、自分の彼女のデコに鉄板入って喜ぶ奴がいるかよ!」

女「そうは言っても私が鉄板を入れたからには、君には事実を受け入れてもらうわ」

男「そうやって自分の考えを押しつける事しかしないから!」

女「私の彼氏の言う事かぁー!」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 04:14:06 ID:m/zbMCJA

男「俺は普通の彼氏だ…普通の彼氏でたくさんだ!」

女「だとしても…君には額に鉄板を入れた彼女をもつ者として彼氏をやるのよ!」

男「言うにことかいて…女のエゴを強化した、化け物めぇぇぇ!」

女「化け物結構!私は化け物よ!」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 04:18:22 ID:m/zbMCJA

男「ならその慢心…鉄板ごと撃ち貫くのみ!」

バシュゥゥゥ

男「魂武装【ソウル・ウエポン】…パイルバンカー!」

女「そう、それが君の答えなの…鉄で固めた、その右腕が!」

男「もはや問答無用!」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 07:12:08 ID:m/zbMCJA

女「そんな時代遅れの鉄屑に!」

男「当たれば終わる!」

女「当てるなどと!」

バシュゥゥゥ
ザザッ
グワァ サッ

男「くっ、蚊トンボみたいに動いて!」

女「当たらなければいいと言っている!」

サッ

女「諦めて!君には…君だけには認めて貰いたいの、私は!」

男「だからエゴだと言った!」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 07:15:00 ID:m/zbMCJA

グワァ

男「捉えた!額のど真ん中!」

バシュゥゥゥ

女「撒いた餌に食らいつく!やっぱり素人だよ、君という奴は!」

サッ

男「なっ、このタイミングを!?」

女「その信念ごと右腕を!」

ザンッ
バキィ

男「ば、バンカー!」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 07:26:23 ID:m/zbMCJA

ダラリ

女「もうその右腕は使えない…神経を超振動させ破壊したから」

男「ぐうっ、女ぁ!」

女「私は…ずっと君の気を引きたかったの…髪型を変えたり、服を変えたり、メイクをしたり…でも、君はぜんっぜん、気付いては、くれなかった…」

男「だ、だからって…」

女「だから、よ。さすがに額に鉄板を入れたら、君も気付いてくれるでしょ?」

男「お、俺の鈍さが君を狂わせたのか…!」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 07:31:05 ID:m/zbMCJA

女「狂う?いいえ、これが私よ」

男「違う!お前は…少なくとも俺の知っている女って奴は!間違っても額に鉄板なんて入れはしなかった!」

女「!」

男「お前が変わっちまったって言うのなら、俺が…俺が何度だって!」

バシュゥゥゥ

男「だから、俺の右腕よ!力を…力を…貸しやがれぇぇぇ!」

バシュゥゥゥ

女「ば、馬鹿な…もう右腕は!」

バシュゥゥゥ

男「お、お、おおお!」

『魂武装【ソウル・ウエポン】!!!』


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 07:48:42 ID:m/zbMCJA

バシュゥゥゥ
ガキィィィン

女「嘘…ありえない…一度壊れた魂武装は、二度と戻らない筈!なのに!」

男「言ったろ…何度だって…俺は!」

ガキィィィン

男「ただ、撃ち貫くのみ!」

~BGM:鋼鉄の孤狼~


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 16:18:33 ID:m/zbMCJA

女「そんな…嫌、嫌よ…男、本当に私の額の鉄板を…撃ち貫くの?」

男「あぁ」

女「私がどうしても嫌だと言っても?」

男「あぁ」

女「貴方に気付いて欲しかっただけなのに?」

男「あぁ」

女「そんな…君は私の彼氏でしょ!?だったら、どうして!私の気持ちを!」

男「なら何故お前は泣いている?」

女「!」

ポロッ…


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 16:20:25 ID:m/zbMCJA

女「え、私…泣いて…?」

男「俺はお前以上にお前の事を知っているつもりだ…だから、助ける。偽りの言葉の奥底で泣いている…本当のお前を…助ける!」

ガシャコン

男「何度だって言うさ…ただ、撃ち貫くのみ!」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 16:43:58 ID:m/zbMCJA

ダッ

男「はぁっ!」

グォッ

女「その踏み込みは!」

男「反応する前に!」

女「見えているなら、かわせる!」

男「それが遅いと、分かれ!」

ガキィィィン

男「額、捉えた!」

女「しまっ…」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 16:53:24 ID:m/zbMCJA

ズドォォォォォン!

男「手応え…あり、だ!」

ケムリ モクモク
ボヤ~

男「…!」

デコ ムキズ

女「…」

男「馬鹿な…額が無事だと…!?」

女「ウィークポイントをむき出しのままにする筈がないでしょう?」

男「なっ…」

女「額の表面に、オリハルコン・コーティングを施してあるの…鉄屑ごときで貫ける訳ないでしょ!」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 16:58:39 ID:m/zbMCJA

男「オリハルコン…!」

ピシピシッ バキィンッ

男「お、俺のパイルバンカーが!」

女「鉄とオリハルコンがぶつかり合えば、どちらが壊れるかは明白…でしょ?でしょ?」

ボウケン デショ デショ

男「まいったね、こいつは…」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 21:09:49 ID:m/zbMCJA

女「さぁ、もはや私の額を貫く方法は無い。男…その身を委ねて…私と一緒になりましょう…ひとつに、なりましょう…」

テ サシノベ…
パシッ

女「!?」

男「ふ、くふふふふ…一緒に?ひとつに?馬鹿いえ…」

チャキッ

女(左手で拳銃を!?)

男「お前となんか」

男「お前となんか」



男「お前となんか、ひとつになれるか」


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 21:13:15 ID:m/zbMCJA

ぱきゅーん☆

女「ぐふっ…」

バタリ

女「男…男男男!何故!何故君が私を撃つ!?何故!何故何故何故!銃を!何故君が!あ、あああ!」

ノド ガリガリガリ

女「何故何故何故!ぎひぃぃぃぃぃ、あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!」


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 21:20:30 ID:m/zbMCJA

男「ふ、違う。違うよ、お馬鹿な雌豚ちゃん」

女「!?」

男「私はこの体を借りているだけ。だって私の体、さっき貴方が壊しちゃったから」

女「!?」

男「私は、パイルバンカーの宿神【やどりがみ】…入蛮華」

女「宿神…愛を込めて使用された魂武装に宿るといわれる精霊神…まさか実在するとはね」


23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 21:24:43 ID:m/zbMCJA

男「ご主人がピンチだったからね、少し手を出させて貰ったの。発射【だ】したのは鉛弾だったけどね」

女「笑えないジョークをどうも…ぐふっ…」

男「いくら額に鉄板を入れ、表面をオリハルコン・コーティングしていようとも、喉を撃ち抜かれちゃ、死んじゃうよね」

女「確かに…ぐふっ…」


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 21:30:43 ID:m/zbMCJA

男「依り代を無くしちゃったから、私もご主人の側にはいられない…今回のご主人はけっこう気に入ってたのになぁ…もぅ」

女「ふ、女の恨みっていうのは、本当………ぐふっ…」

男「貴方もそろそろ時間切れね…私も…おな、じ…ね…」

女「…」

男「それ、じゃ、さよな、ら…ごしゅ、じ…」

パァァ

男「…」


25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/12(水) 21:35:40 ID:m/zbMCJA

・ ・ ・ ・ ・

――風が吹いている――

――あぁ、呼んでる――

――いつか聞いた――

――あの声――



『ねぇ』

『私』

『額に』

『鉄板―――――』

【完】


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/13(木) 00:51:31 ID:.jKOYOtk

いいよねパイルバンカー
ロマンの塊だよね
おつ


27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/13(木) 04:47:37 ID:M6HfF1Og

悲恋でしたね


28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/13(木) 14:19:42 ID:ZuyDjqDM

通りすがりの神来いよ 報われねえな、おい


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/14(金) 01:28:02 ID:T2tuY1RQ

なんかよくわからんが少年漫画っぽいw


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/14(金) 01:30:03 ID:4iM8iZrY

デデーン




掲載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1476212409/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1144)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (77)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1530)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (468)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1519)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (12)
けいおん! (120)
コードギアス (43)
ご注文はうさぎですか? (271)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (671)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (77)
ジョジョの奇妙な冒険 (91)
進撃の巨人 (264)
新世紀エヴァンゲリオン (118)
涼宮ハルヒの憂鬱 (279)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (202)
中二病でも恋がしたい (6)
とある魔術の禁書目録 (185)
NARUTO (68)
ニセコイ (30)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (103)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (47)
魔王・勇者 (367)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (381)
みなみけ (28)
ミリマス (362)
モバマス (3975)
名探偵コナン (179)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (447)
結城友奈は勇者である (68)
ゆるゆり (393)
ラブライブ (1855)
リトルバスターズ! (97)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (4)
ひなビタ♪ (42)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (22)
Fate/GrandOrder (91)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (53)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (22)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (4)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (18)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (12)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (4)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (237)
けものフレンズ (51)
鉄血のオルフェンズ (9)
ファイアーエムブレム (4)
バンドリ (5)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
グラップラー刃牙 (1)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク