まほ「まぽりんの座は渡さない!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 00:34:32 ID:JtFgs9kc

黒森峰
まほ「エリカ。今日の練習は中止だ」

エリカ「中止ですか?突然どうしたんです?」

まほ「人は闘わなければならない時がある。そして今がその時だ!」カッ

エリカ「ちょっ、隊長どうしたんですか!?」

まほ「エリカ、大洗までヘリを飛ばしてくれないか?」

エリカ「・・・隊長が言うのなら私はどこにでも行きますけど」

エリカ「(それに大洗に行くならあの子にも会えるし・・・///)」

まほ「待っていろ・・・!西住流に敗北はない!」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 00:47:13 ID:JtFgs9kc

ヘリの中
エリカ「―――それで、大洗で何をするんですか?」

まほ「よくぞ聞いてくれた。実は大洗に私の地位を脅かすものがいる」

エリカ「えぇ・・・。そんな人いますかね」

まほ「いる!・・・奴は・・・虎視眈々と狙っていたんだ・・・。絶対にまぽりんの座は渡さない!」

エリカ「・・・・・・まぽりん?」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 00:51:58 ID:JtFgs9kc

大洗
まほ「みほはいるか!」

優花里「これはこれは、西住殿の姉上殿ではありませんか!」

まほ「む。みほの友達の・・・秋山、といったか?」

優花里「覚えていただけてるなんて光栄ですぅ!」

優花里「西住殿なら教室にいましたよ!」

まほ「ありがとう。助かる」ニコ

優花里「ふええ!姉上殿に感謝されていまいましたああ」

エリカ「対みほ以外だとしっかりしてるのに・・・」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 00:56:11 ID:JtFgs9kc

まほ「みほ!」ガララ

みほ「お姉ちゃん!?大洗に来てたんだ!」

エリカ「!ふ、ふん。相変わらずぼーっとした顔しt

まほ「みほ!1つ確認したいことがある」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 01:01:39 ID:JtFgs9kc

みほ「う、うん。どうしたの?」

まほ「実はここに私の地位を脅かす者がいる」

みほ「お姉ちゃんの地位?」

まほ「そうだ。Ⅳ号に乗っている操縦手なんだが―――」

麻子「西住さん。沙織を見なかったか」ガララ


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 01:06:19 ID:JtFgs9kc

まほ「!出たな!私からみほを奪おうとしている泥棒猫!」フンス

麻子「?確か黒森峰の・・・って何だと?」

エリカ「落ち着いて下さい隊長!」

まほ「これが落ち着いていられるか!奴はみほの中の『まぽりん枠』を私から奪おうとしているのだぞ!」

みほ「ま、まぽりん枠・・・?」

麻子「何を言っているんだ?」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 01:17:05 ID:JtFgs9kc

まほ「説明しよう!まぽりん枠とは!みほの中にあるまぽりん的存在を指す枠である!」

麻子「全然意味がわからないぞ」

エリカ「要はみほに親しい人かつ名前が『ま』で始める人・・・ってこと?」

まほ「理解が早くて助かる。流石エリカだ」ナデナデ

エリカ「ちょっ///隊長ぉ///」ニヘラ

みほ「えぇ~・・・?」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 01:23:31 ID:JtFgs9kc

みほ「よくわからないけど、麻子さんは私の中のまぽりん枠じゃないよ?」

まほ「!だったらやはり私g

みほ「っていうか!まぽりん枠なんて初めからないよ!だからお姉ちゃんも違うよ!」

まほ「そ、そんな・・・みほ・・・」グス

エリカ「(めちゃめちゃショック受けてる・・・)」

麻子「帰っていいか?」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 01:30:32 ID:JtFgs9kc

麻子「そもそも名前が『ま』から始まるってだけで私を疑うのは見当違いだぞ」

麻子「私と西住さんは確かに同じあんこうチームの仲間だが、個人的に2人で交流があるほど仲がいい訳じゃないからな」

みほ「・・・・・・そうだね」

麻子「・・・」

エリカ「(何よ、なんか変な空気・・・)」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 01:37:33 ID:JtFgs9kc

まほ「うう・・・。だったら私はみほにとって何になるんだ・・・!?」

みほ「うーん」

みほ「お姉ちゃんは・・・・・・『お姉ちゃん』、だよ」ニコ

みほ「世界に1人だけの私の大切な・・・大好きなお姉ちゃん」

まほ「みっみほ・・・!」ジーン

まほ「み、み、み、みほぉぁぁあぁ!」ガバッ

みほ「ちょっ、お姉ちゃん!?」

エリカ「はいストップ!隊長!いつもの発作が出てますよ!」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 01:46:06 ID:JtFgs9kc

まほ「・・・はっ!すまない、みほ」

みほ「あはは・・・」

エリカ「誤解が解けたことだし、そろそろ帰りますよ」

まほ「あ、ああ」

みほ「あっ、待って!エリカさん!」

エリカ「っ!馴れ馴れしく名前で呼ばn

みほ「いつもお姉ちゃんを支えてくれてありがとう!」テヲニギ

エリカ「えっ///あ・・・うん・・・///」

麻子「(チョロいなこの人)」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 01:52:12 ID:JtFgs9kc

ヘリの中
まほ「聞いたか、エリカ。みほは私の事を世界で一番愛しているお姉ちゃん、と言っていたぞ」キラキラ

エリカ「ええ、そうですね」

エリカ「(ヘリに乗るなり何度も聞かされてるし、聞くたび誇張されてくわ・・・)」

まほ「聞いているのかエリカ!みほは私に『お姉様!私はお姉様がいないと生きていけません・・・!・・・・・・抱いて下さい』と言っていたんだぞ!」

エリカ「(言ってくるスパンも短くなってきた)」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 02:00:15 ID:JtFgs9kc

みほ「・・・ふむ。しかしあの2人には何か感じる所があったんだが」

みほ「私のみほセンサーが狂っていたとはな。どうやらまだ修業が足りないようだ」フフッ

エリカ「一生修行してて下さい」

エリカ「(・・・でも確かに変ね。隊長のみほセンサーはアホらしい事にみほに何かある時は必ず当たっていたのに)」

みほ「ところで聞いたかエリカ。さっきみほが―――」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 02:21:56 ID:JtFgs9kc

夜 みほの家

みほ「今日は久しぶりにお姉ちゃんとエリカさんに会ったなぁ」

みほ「でもお姉ちゃんもエリカさんも相変わらず」クス

みほ「相変わらず・・・・・・チョロくてかわいい私のお人形さん♪」

ピンポーン
みほ「はーい。どうぞー」

???「・・・・・・お邪魔する」





みほ「いらっしゃい。・・・・・・麻子さん♪」

麻子「・・・」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 02:29:14 ID:JtFgs9kc

みほ「あは。偉いね、ちゃんと約束守れて・・・・・・麻子」

麻子「あっ・・・///はい・・・///」

みほ「ふふ・・・。麻子、服を脱いでこっちにおいで?今日も可愛がってあげる」

麻子「・・・よろしく頼む///」

みほ「!」パシン

麻子「っ!?」

みほ「麻子。どうしてかわかるよね」

麻子「は、はい・・・」

みほ「そう。賢い麻子ならわかるはずだよ。・・・じゃ、やりなおそっか」

麻子「よろしく・・・お願いします。今日もこの駄犬を可愛がって下さい・・・みほ様///」三つ指土下座


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 02:34:56 ID:JtFgs9kc

みほ「・・・」ゾク

みほ「ふふ。偉いね、麻子。よくできました」ニコ

みほ「おいで」

みほ「麻子は私のかわいい・・・『忠犬枠』、だよ」


……
………


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 02:40:44 ID:JtFgs9kc


……
………

みほ「麻子、そろそろ帰って寝ないとだね」フゥ

麻子「はっ・・・はっ・・・はぁ・・・はぁ・・・はい///」

みほ「ここで寝ちゃうと朝に麻子を起こしにきた沙織さんに怪しまれちゃう」

みほ「朝練もあるし、ちゃんと寝坊しないでね」

麻子「・・・」コクン

みほ「それじゃ・・・。おやすみ、麻子さん♪」

麻子「・・・ああ、おやすみ。西住さん」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/06(火) 02:49:21 ID:JtFgs9kc

翌朝

沙織「も~!麻子ったら私が麻子を起こしに行くまで寝てたんだよ!?私がいなかったら絶対今日も遅刻じゃん!」プンスカ

麻子「う・・・。仕方ないだろ、眠いんだ」

華「あらあらうふふ」

沙織「まったく、麻子ったら・・・。みぽりんからも何か言ってやってよ!」

みほ「ふえっ!?ええっと・・・。麻子さん、気をつけようね?」

麻子「!あ、ああ」

沙織「も~!みぽりんには素直なんだから!」

麻子「そ、そんな事・・・ない」




みほ「ふふ・・・。今晩もお仕置きしなきゃね、麻子」ボソ

麻子「!・・・・・・はい///」

おわり


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/09/14(水) 13:46:13 ID:nteCFQB6

あら^~




掲載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1473089672/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1160)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1588)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (501)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1560)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (43)
ご注文はうさぎですか? (276)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (674)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (79)
ジョジョの奇妙な冒険 (93)
進撃の巨人 (269)
新世紀エヴァンゲリオン (121)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (207)
中二病でも恋がしたい (6)
とある魔術の禁書目録 (190)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (103)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (51)
魔王・勇者 (385)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (387)
みなみけ (28)
ミリマス (423)
モバマス (4315)
名探偵コナン (181)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (452)
結城友奈は勇者である (69)
ゆるゆり (398)
ラブライブ (1948)
リトルバスターズ! (98)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (4)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (99)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (62)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (26)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (5)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (4)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (287)
けものフレンズ (69)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (8)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (3)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク