【sao】シリカがヤンデレだったら

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:03:00.48 ID:Z4CK75+SO

キリト「アスナ、明日のことなんだけど…」

アスナ「あぁ、うんその話ね…」

~?~!

リズ「いぃなぁーアスナばっかり…たまにはあたしたちにも振り向いてくれないもんかねぇ~」

シリカ「そうですよねぇ…いつも一緒ですもんねぇ…」

リズ「全くけしからんですなぁ…」

シリカ「本当っ、キリトさんってばなんで、アスナさんなんて…」ブツブツ…

リズ「シリカ?」

シリカ「絶対私の方がうまく支えて上げられるのに…)ブツブツ…あっ!ハイなんでしょう?」

リズ「どうしたの最近…なんか怖いわよ?」

シリカ「ぁあ、ごめんなさいっ!つい…」
 


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:03:30.20 ID:Z4CK75+SO

こんな感じで書いていくんだけど需要ある?


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:06:29.67 ID:Z4CK75+SO

リズ「気持ちはわかるけどさぁ、あれはもうっムカつくけど、私たちがどうこう挟める関係じゃないん気がするよー?私は」

リズ「そうしそうあいってのぁあ言うのを言うんだろーねー、あー!鬱陶しいったらなんの」ふぬぬぬぬ!!

シリカ「リズさん…顔怖いです(苦笑い」

シリカ(でも、やっぱりそうなのだろうか…でも、でもっ!私だってキリトさんのことが好きですし、アスナさんの何倍、何十倍も好きなのに…)トオイメ

シリカ(なんでキリトさんはアスナさんなんて選んだんだろう…)

シリカ(あんなに優しくしてくれたのに…)

シリカ(…やっぱりキリトさんも私のこと好きだったりしたのかなぁ///)カァッ!

シリカ(私がキリトさんに好意を抱き始めていた時、キリトさんは私に優しくしてくれた…それってもしかして私に気があったのかなぁ?)


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:15:17.08 ID:Z4CK75+SO

シリカ(どうすればキリトさんに見てもらえるかなぁ?)

シリカ(やっぱり色仕掛け!……は、アスナさんには勝てないし///)ブンブンッ!

シリカ(…アスナさんがもしいなかったら…キリトさんは私を選んでくれたのかな?(ボォッ//)

シリカ(私がもっと早くキリトさんに出会えてたら…私がもっと年が上がってたら、キリトさんは私を見てくれましたか?)

シリカ(キリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさんキリトさん…)


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:15:59.26 ID:Z4CK75+SO

リズ「おーぃ。」

キリト「なんだラグってんのか?」

シリカ「…さん…キリトさん!って!ひゃいっ!!?//////」

キリト「うぉうっ!?・・・コホン...俺がどうかしたのか?」

シリカ「あっ!?いえっ、なにを話されてたのかなーぁっと…アハハハハ...」シュポォオオ!!

キリト「えっ、ぁあ…今度、アスナと2人でどこか出かけようかなーって話してたんだ」

シリカ「そ、そうなんですかっ!楽しんできてくださいねっ!?」

キリト「ぉ、おうっ…」

キリト(あれ、なんかよそよそしい…)

リズ「えーまた二人ー?」

アスナ「えっ?何か問題あるの?」(素朴な質問)


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:17:46.97 ID:Z4CK75+SO

リズ「べべべ、べっつつにぃー?!///ただ変なこと起きないか不安になっただけよ(ボソッ」

アスナ「お・き・ま・せ・ん!」

キリト「…アスナ」

アスナ「なに?キリトくん」

キリト「俺はいつでもウェルカムだぜ?」キリッ!

アスナ「」

シリカ(…アスナさん…羨ましいなぁ…)

シリカ(そしてキリトさん可愛いなぁ…)ボ-ッ…


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:20:02.13 ID:Z4CK75+SO

リズ「シリカぁーおーい。」ブンッブン!

ユイ(…?)

キリトくん「・・・。シリカ後でちょっといいか?」

シリカ「へっ?・・・カァァ////えっとなんですか?!きりとしゃんっ?!」

シリカ(なんだろう!?///もしかして告白?!)////

アスナ「・・・キリトくん?」ジロ

キリト「大丈夫。少し話をするだけだよ」

アスナ「…っ、はぁああ、わかったゎ、浮気じゃなさそうだし…」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:21:08.31 ID:Z4CK75+SO

キリト「ありがとっ!っで、さっきの話なんだが後でメールで送るよ」

シリカ「わ、わかりましたっ!後で確認しておきます」

リズ「…」ジ-...←(抜け駆けする気?と疑う目)

シリカ「…っ!!?」アセアセ←(別にそういうことじゃぁ…と訴える目)

リーファ「ちょっと?目だけで会話しないでくれる?!あと、なんか仲間外れなきがすごくするんだけど?!」

シリカ「作品上。仕方ないことです」

ピナ<アゥ-アァッ!


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:21:52.10 ID:Z4CK75+SO

リーファ「ぇええ~。」


~その夜(ログアウト済み)~

シリカ「…~///(クルっ)…~///」クルッ

Pirin~♪

バッ!!

シリカ「あっ。キリトさんからだ」ワクワク!!

キリト『今日なんか変だったぞ?何かあったのか?』

シリカ「ぅっ・・・。鋭い…。」

シリカ「とりあえず送り返さないと…」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:23:16.30 ID:Z4CK75+SO

シリカ「えーっと、
『なんでもありませんよ!ちょっと疲れてただけです!』っと」ピロ-ン!

ビロリロリン♪

シリカ「はっ、早い…!3秒しか経っていない…」

キリト『それならいいんだが…あんまり無茶しすぎるなよ?』

シリカ「やっぱりキリトさんは優しいなぁあ///」

シリカ「あっ!!…返信しなくちゃ…」シリカ『…キリトさんは昔私を助けてくれたこと…覚えてますか?』

キリト『ん?ぁあ。ぼんやりとだけど少し覚えてる』


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:23:57.94 ID:Z4CK75+SO

シリカ「『少し』…か、まぁ、そんなものですよね。でも話したら思い出してくれるかな?」

シリカ『昔、まだアインクラッドに閉じ込められていた頃。どうすればいいのかもわからなく、ただ始まりの街にさまよっていた時です。そんな明日の過ごし方もわからなくなってくれた、私にキリトさんがこの世界の生き方を教えてくれたじゃないですか』

キリト『そう…なるか。いや。俺はただこの折角、世界は面白いことがたくさんあるのにここでただ一人過ごすのはもったいないって教えただけだったんだがなぁ…でも、まぁそれのおかげでシリカに出会えたんだから、結果的に良かったと思ってるよ』

シリカ「…そんなこと思ってくれてたんだぁ…」

シリカ『はい私も良かったと思います!こうして


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:24:36.30 ID:Z4CK75+SO

シリカ「・・・。素敵なキリトさんにじゃぁ流石に変かな?ここは皆さんにしておかなきゃ…」

シリカ『~素敵な皆さんに会えたのですから、私も良かったと思います』

シリカ『今日は、ありがとうございました。少し気が楽になった気がします^^』

キリト『ん、頑張れシリカ!』

シリカ『はいっ!』

シリカ「…キリトさん優しいなぁ…」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:25:07.11 ID:Z4CK75+SO

シリカ(…私だけのキリトさんになればもっといいのに)トオイメ…

シリカ(はっ!!///ダメダメ!キリトさんにはアスナさんという人がぁ…)ブルンブルン

シリカ(・・・キリトさん…)ハァ...

シリカ「今日はもう寝よう…明日は学校だし…」フクァ-...

先生< ~?~!デアルカラシテェ…

シリカ<Zzz…(*´~`*)。o○


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:25:55.72 ID:Z4CK75+SO

とりあえずここまで書いてます。ここからは今から書いてきます。


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:47:06.21 ID:Z4CK75+SO

先生<~って聞いてんのか

パコン←教科書の角で頭を小突いた音

シリカ「へぐぅ?!」

先生「人の話を聞きなさい(; ̄ェ ̄)」

シリカ「ず…ずみません」ヒリヒリ...

クラス<アハハハハww

シリカ(うー。なんだよみんなまで…いたたた)

鐘<キ-ンコ-ン(ry

先生「ぁあくそっ。今日はここまで」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 23:48:02.91 ID:Z4CK75+SO

シリカ(やっ、やっと終わった!キリトさん達の所に行こう!)タッタッタッ

センセイ<オレコノシゴトムイテナイノカナァ...

セイト<キニスルナヨセンセイ モトカラデショ?


~2年教室~

シリカ「はぁ…はぁ…何気に階段キツイ。。。」ゼェゼェ

キリト<~?ー!

シリカ「あっ、きりとさ…」ピタッ...

シリカ(アスナさん…どおしてここに…いや、彼女さんなんだし当たり前か…)

シリカ(そうだよね、きっと私も彼女だったらそうしてる…ううん。現に今きてる…)

シリカ(戻ろう…自分の教室に…)

テッテッテ...


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 05:46:39.54 ID:tjZ7oBFgO

キリト「ん?今シリカがいたような…」

アスナ「やっぱり浮気かゴルァア」

キリト「ごごご、ごかいだあすなぁああっ!!」

ァァアアアアッ!!



リズ「ふんふふんふふーん♪ん?おーいシリカーどうしたんだよぉ~」

シリカ「えっ?(グスッ)」

リズ「うゎっ。涙まで流してるしっ!本当にどうしたのよっ!?」

シリカ「ぅっぐ。えっぐっ…」

リズ(なんだろうすごく嫌な予感ががが()

シリカ「?ぇええぇええええ~」ダキ-!


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 05:47:10.43 ID:tjZ7oBFgO

リズ「ちょっ!制服っ…いや!本当に何があったよーシリカー!!」

~少女説明中~


リズ「…で、なんとなく自分が惨めに思えたと」

シリカ「はい…」しょぼん…

リズ「ここが女子トイレだったから良かったものを…廊下でやったら本当に変なあだ名つくからね!?」

シリカ「・・・はぃ…」

リズ「はぁ…あんたねぇ…」

リズ「気持ちはわかるけど、いまはキリトもアスナもすでにできちゃってるんだし、私たちは…もぅっ…」

リズ(あっ、やばい私まで泣きそう()

リズ「諦めて、そばで見守る事くらいしかできないのよ?」

シリカ「…」

リズ「それでもまだ諦められないんだからいまは、胸の奥にしまってなきゃダメじゃない!」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 05:47:58.21 ID:tjZ7oBFgO

シリカ「はい、ご迷惑おかけしました。リズさん…」

リズ「わかればいいのよ、じゃぁもう私は鐘がなるから教室に戻るけどシリカもすぐ戻るのよ?」

シリカ「…」コクッ...

シリカ(わかってる。本当はわかってる…でもその上でキリトさんのことが大好きです…)

シリカ(でも、今の話でわかったことがある…私がキリトさんと一緒にいるにはアスナさんがどうしても邪魔になる…)

シリカ(私は…私は…どうしたいんだろう…?)


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 12:27:40.86 ID:zqSTimDUO

シリカ「はい、ご迷惑おかけしました。リズさん…」

リズ「わかればいいのよ、じゃぁもう私は鐘がなるから教室に戻るけどシリカもすぐ戻るのよ?」

シリカ「…」コクッ...

シリカ(わかってる。本当はわかってる…でもその上でキリトさんのことが大好きです…)

シリカ(でも、今の話でわかったことがある…私がキリトさんと一緒にいるにはアスナさんがどうしても邪魔になる…)

シリカ(私は…私は…どうしたいんだろう…?)


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 12:30:37.48 ID:zqSTimDUO

シリカ「はい、ご迷惑おかけしました。リズさん…」

リズ「わかればいいのよ、じゃぁもう私は鐘がなるから教室に戻るけどシリカもすぐ戻るのよ?」

シリカ「…」コクッ...

シリカ(わかってる。本当はわかってる…でもその上でキリトさんのことが大好きです…)

シリカ(でも、今の話でわかったことがある…私がキリトさんと一緒にいるにはアスナさんがどうしても邪魔になる…)

シリカ(私は…私は…どうしたいんだろう…?)


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 22:07:39.77 ID:UvGAi1ojO

シリカ(…いっそ殺しちゃおうかな?)

シリカ(そうすれば…キリトさんは永遠に私と一緒?)

シリカ(私は貴方、貴方は私。私は私で貴方は貴方。お互いに心の通じ合う…一心同体のようなもの…キリトさんは私であり、私はキリトさんです…)トオイメ

シリカ(…なんかすごく怖いこと言ってる気がする)

シリカ「授業に戻ろう…(ーー;)」


キ-ンコ-ンカ-ンコ-ン

<…zZZ~

<オキロ-モウジュギョウハハジマッテンゾ-!!

<ヘブッ?!


シリカ「ひっ、ひどい目にあった…」ズ-ン

友達A「ずっと寝てるんだもん当たり前だよーw」

シリカ「うぅっ…」

友達B「自業自得だってw」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 23:19:15.92 ID:UvGAi1ojO

シリカ「もう何しに学校来るんだろう…」

シリカ(あっ、でもキリトさんに会えるからいいか()

友達A「ほらっ!あと1時間!がんばろっ!」

シリカ「…うん。」

シリカ(彼女が消えれば、キリトさんは私だけを見てくれる…よね?)

シリカ(でも、それはいけないこと…キリトさんも望まない。第1みんな悲しむ…)

シリカ(・・・。)

シリカ(コ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スコ□スヤァ…(´ω`)

~zZZ

先生「…」ワナワナ...

先生オキロォオオオオオ!!!

ポカ-ン!

シリカ<フギャァ!?


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:18:14.29 ID:5MlElcp4O

その夜。

シリカ(だれも悲しまない、かつ。警察にもかかわらない方法を考えなきゃ…)

シリカ(私とキリトさんの幸せのために…)

シリカ(何か方法はないかなぁ…)

( ̄^ ̄)
っlスマホl
イジイジ

シリカ<アッ コノキジオモシロイ...アッコレモ...

シリカ<アレッ?コレッテ...


(考える必要がありそう…

キリトさんを自殺に追い込む方法を…)


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:26:33.55 ID:5MlElcp4O



WARNING


グロというより犯罪ちっくになります

これから一気にグロくなります。無理な人は一番最後に大まかな結末だけ書いておきます。気になるのであればスレ完結後に、後ろから数えてスレを遡ってください。最初の文に

【結末】と書いてざっくりと、大まかなストーリー説明を書いておきますので、そちらで結末をご覧ください。


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 03:39:01.23 ID:7MQFsVVlO

閲覧注意です





42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 03:40:27.17 ID:7MQFsVVlO

ALO

キリト「…最近シリカきてないな」

アスナ「そうね…学校にはきてるんだけど、顔を見ても、なんかそっけないっていうか…」

アスナ(…まぁ、キリト君の周りの悪い虫が消えてちょうどいいのだけど…)

リズ「シリカ…」

リズ「きっと何か事情があるのよ!」

シリカ「呼びました?」チョコン...

リズ「へ?」

シリカ(目の前)

リズ「シリカ?!どうしてたのよ今まで!心配してたのよ!?」

シリカ「ごめんなさい…親に、しばらく勉強するように、友達と遊ばないようにと言われていたので…」

アスナ「ぁあそれで……」ッチ

ユイ「…ママ?」

アスナ「んー?どうしたの?ユイちゃん」

ユイ「いぇ…なぜか、ママがしたうちしたようにみえたので…」

アスナ「気のせいよ☆」

シリカ「そうですよアスナさんがそんなことするわけありません!」

ユイ「そぅ…ですよね!よかった!いつものママだぁ!」

キリト「ぃゃっ、いま、絶対…」

アスナ「…」ジロリ

キリト「いや!なんでもないなんでもない!」

ユイ「?」

リズ「もう話すらしてくれないんじゃないかって心配したんだよぉおっ?!」ダキ-


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 03:44:22.28 ID:7MQFsVVlO

シリカ「あっははは、苦しいです。リズさん…」

シリカ「もう大丈夫ですから、今日から毎日遅れた分、取り返します!!」フンスッ=3

シリカはこの時、笑顔でいつも通りに接していた…

そう。最後に会う友達とぐらい、仲良くしてあげないといけないと考えたから

アスナ「でも本当に良かったぁ…シリカ、今度クエスト手伝うわよ」

シリカ「ありがとうございます!じゃぁ早速お願いしてもいいですか?」

アスナ「もちろん♪」

キリト「おぅ。いい狩場あるぞ?」

クライン「俺っち、は今日は仕事だからよぉ…あんまり長くはできないかもしれんが手伝うぞ」

リーファ「うゎっ、その一言余計~」

クライン「うそぉおん」

アスナ「じゃぁ行きましょっか!」

シリカ「はいっ!」

ユイ「ゆいもいくー」

キリト「おっ、じゃあ一緒にモンスター倒すか!?」

アスナ「もー調子に乗らないの!」

シリカ(…キリトさんは私だけの人…私はキリトさんだけの物、そこに邪魔な人はいらない…)


この後無事クエストを終え、明日に約束をしてログアウトした。ログアウト後のシリカの口元は引き攣った満面の笑顔だった。

その日、シリカは事前に調べたキリト達の家の場所、家族の時間予定全て記憶していた。

そして、全員が寝静まった時間に行動に出た。

体毛や唾液が飛ばないようニット帽とマスクをして

シリカ「恨みはないけど、ごめんなさいちょっと死んでください」

その言葉の後、シリカは、親をまず殺しダイイングメッセージの有無を確認し、無言のまま、リズを数十箇所に刺し、殺した。

シリカにはこの時リズの断末魔なんてものは耳には入っては来なかった。もぅ、シリカにはキリトのこと以外興味がなかったのだ


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 03:45:22.81 ID:7MQFsVVlO

そしてできるだけ、花壇にあった花でで飾り付けその部屋に飾る。

それをリズの携帯で撮影。通信の使わない音声読み上げアプリで頭のイカれた、犯罪者のように装い、車で移動中、その画像を犯行声明と共に某、動画サイトにのせた

その際。使った名前は、ラフィンコフィンだった。

タイトルは「愚かな鍛治師の末路」

シリカにとって、これらはどうでも良かったが、せめて身内のだれもせめさせないための、せめてもの思いやりだった。

次に、部屋にあったリズの、服を着てその死体を、その家の車に乗せ、運んだ…今度はクラインの家に強襲をした。

こちらはずさんなもので、空いていた窓から侵入し、催眠スプレーを使い眠らせた。必要になったからだ。

それを運び、車に乗せる。なんのために体は縛っておいた。

それをアスナの家に運び、配電線を破壊したのち眠っているクラインを気付かれないようにアスナの部屋まで持って行き、念のためアスナにも催眠スプレーをかけたのちに、親を殺し、持って来た車のガソリンや、ガスを使い火災を起こした。

また動画サイトに乗せる。

タイトルは「ヤンデレ男の、心中殺人風」

今度のタイトルには意味があった。撹乱するためである。

そして火災が起きたことと、動画サイトにこんな動画が乗せられたことで、警察と消防はほぼ出払った。

シリカはアスナの部屋付近を特に燃やしやすいように。ガソリンを巻いていた。私怨たっぷりで、自分を疑われるように、首を絞めているように見えるが、ラフィンコフィンにはその動機が十分にあるので、問題ないと思ったからだ

その時シリカには、やっと邪魔者がいなくなったくらいとしか、考えていなかった

次にシリカはアスナの家の車を使い、自宅に行き、親を殺し立ち去る。一応催眠ガスを少量、手で遮蔽物をつくった状態で、枕元に噴射する。


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 03:45:54.27 ID:7MQFsVVlO

自分もさらわれた風に装うために。次にやっとやっと

シリカ「やっとついたよぉ?キリトさん?」ウットリ...

シリカ「ごめんね、家族殺しちゃった☆でもキリトさんなら許してくれるよね?だって私は貴方、貴方は私、つまり一心同体なんですもの。。。」シュ-...

キリト「…シリカ…何を…む...」スヤァ...

シリカ「やっと最後かぁ…長かったなぁ、でも…これでやっと一緒だね?」

今度は事前に宣言した。アスナの携帯から違うアカウントまで作って。そしてその次の、作品のタイトルも、

「キリトの家族の根絶やし風」

そして

「愚かなな少女の心中殺人風」

というものだった

シリカはこの時リズの服の上からカッパを着ており、ほとんど血しぶきを浴びていなかった。

シリカ「ありがとうね?リズ」

最後に。顔をふき、着ていた衣服の全てを、家に置き、家ごと燃やした。



シリカ「…これで私の記録は残らない…」

シリカ「さて後はこの紙袋を使って…」ガサガサ...

今度は自分とキリトの頭と手にかぶせた

一応。もう一度催眠スプレーをかけてから…

そしてその家の車に乗せた。自分はもちろん運転である。


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 03:46:26.51 ID:7MQFsVVlO

そこで、今度は、以前シノンを襲った人が山の上に用意してあったという。監禁用の家まで走る。検問は、深夜帯とのこともあり薄かった。だから抜ける道を探すのも、そう時間はいらなかった。

そしてその家に着くと、大好きなキリトを監禁部屋に置き、キリトの紙袋と紙袋を交換。

そして鎖で壁とくっついた手錠を二つキリトの腕につけ、自分も同じようにした。部屋は防音。かつ、出口までには鎖は届かない仕組みだ…

その代わりお互いが接触できる距離はある。
一応。キリトの家から持ってきた簡易食料をキリトの届かない自分のところに置き、次に、キリトの家に置いていた包丁を1丁キリトの近くに置いた。
最後にシリカは持っていた、催眠スプレーを自分に使った。

シリカ(次に起きてもこれが夢でありませんように…)

そこでシリカの記憶は一時途絶えている。

?「…カッ...シ.カ..! シリカ!」

シリカ「はっ!?」

シリカはこの日一番大好きな人の声で目が覚めた

キリト「良かった…やっと起きた…!」

シリカ「はぃ、おはようございますキリトさん」ニコォ

キリト「起きて早々で悪いんだがここはどこだかわかるか?」

シリカ「キリトさんたら、記憶ないんですね…」


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 03:47:01.93 ID:7MQFsVVlO

キリト「なんだかぼんやりしていてな…」

シリカ「そんなうっかり屋さんなキリトさんにも教えてあげます…」

シリカ「ここは、山奥の誰も知らないような家です。」

シリカ「車のGPSを切ってここまできました」

キリト「…どういうことだ?」

シリカ「そのままですよ、キリトさん」ウットリ...

シリカ「私はキリトさんと一緒に入るために皆さんを殺しました。アスナさんも、クラインさんも妹さんも、リズさんも、その親も含めてぜーんぶですよ?」

キリト「まて、何を言っている…?シリカ…!お前何を言っているのかわかっているのか?」

シリカ「ええ、真実をお伝えしています」

ひょい…

シリカ「この缶で皆さんを眠らせました、そして、私とキリトさんを残して一人残らず殺しました」ぺたぺた

キリト「うそだろ?なぁ、嘘って言ってくれ…」

シリカ「事実ですよキリトさん、リズさんは八つ裂きにして、クラインさんとアスナさんはアスナさんの部屋に放り投げて放火して殺しました。そしてリーファさん達も、恨みはなかったんですが、仕方ないので殺しました。」

キリト「…うそだ…シリカがそんなことするわけない…」

シリカ「私が望んだものはキリトさんだけですので、私は他の方がどうなっても良かったのですが」

シリカ「私たちが死んでもだれも悲しまないように、キリトさんが気兼ねすることなく[ピーーー]るように、私なりの配慮だったんですよ?」


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 03:47:27.37 ID:7MQFsVVlO

キリト「ふざけるな…」

シリカ「今日から食事トイレの管理は私がしますね」

シリカ「キリトさんは私がいないと生きていけないんです。安心してください!私はキリトさんを見放したりしませんから」

キリト「ふざけるな!ふざけるなふざけるなふざけるなふざけるな!!!!」

キリト「ころ…コ□してやる…!!」チャキッ…

シリカ「そうですか…」

ザクッ!!!

(嬉しいです。

私の望んだ結末になってくれて…)

シリカ「お腹じゃなくてここですよ」ひょい

ざくっ…

ブシャァッ!!!


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 03:48:56.72 ID:7MQFsVVlO

キリト「あ…ぁあ…あっ!!!」

キリト「ぁぁああああああああ!!!!!」


こうしてキリトの愛を求めたシリカの最後は自分での自害でした、しかしそこに苦しみの顔はなく、とても嬉しそうな笑顔一つでした

なんてったって…


キリト「俺の…俺のせいだ…」

キリト「アスナ達が死んだのも、シリカがこうなったのも…」

キリト「今いくよ…アスナ…」


彼女が望んだものは、二人の自殺だったのだから…

しかも、同じ殺人者として自殺まで追い込めたのだ悔いはない。


シリカがあの時みた、サイトの内容は


           曰く…

ー自殺者の霊は、その土地に残り続けるー

つまり、死んだ後、魂がずっとその場に残り続けるというガセかどうかもわからないようなネタ

それを信じ、大好きな人と魂から一緒に世界の終わりまで寄りそう、ことを望んだのだ


みんなと会わなくなった期間の日の半分を、葛藤で過ごした。その果てに精神が瓦解したのであった

残りは全て、どう実行するかと、場所の暗記に勤めていたという。


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 03:49:42.92 ID:7MQFsVVlO

リズ「~っていうお話考えたんだけどー」

シリカ「怖すぎですっ!!!!?」

リズ「あっ、やっぱり?だよねぇ~自分でも引くわ…」


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 03:51:26.62 ID:7MQFsVVlO

ここでこの作品は終わりになります。おつきあいありがとうございました。

書いてる自分が怖くなるレベルでした_:(´?`」 ∠):


53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 03:51:59.92 ID:7MQFsVVlO

【結末】

その後シリカはみんなの家をコロコロして周り、キリトを拉致って、山の奥の家で心中しました。

っていう話をリズが妄想話としてシリカに聞かせたっていうオチ




掲載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487426580/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1149)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (78)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1559)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (485)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1535)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (43)
ご注文はうさぎですか? (271)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (671)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (78)
ジョジョの奇妙な冒険 (92)
進撃の巨人 (265)
新世紀エヴァンゲリオン (120)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (204)
中二病でも恋がしたい (6)
とある魔術の禁書目録 (189)
NARUTO (68)
ニセコイ (30)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (103)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (49)
魔王・勇者 (370)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (382)
みなみけ (28)
ミリマス (386)
モバマス (4136)
名探偵コナン (180)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (447)
結城友奈は勇者である (69)
ゆるゆり (394)
ラブライブ (1904)
リトルバスターズ! (98)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (4)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (24)
Fate/GrandOrder (95)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (57)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (24)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (4)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (18)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (4)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (258)
けものフレンズ (58)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (5)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク