ガヴリール「ドロップアウト」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 01:47:10.46 ID:bmcBjaYX0

---A---

今まで本当に欲しいものなんてなかった

もしかしたら欲しいと思ったことがなかったのかもしれない

だからこの感情をどう処理していいのか分からない

はじめて出会った時に欲しいと思った

俗に言う一目惚れだと思う

最初は一緒に居るだけで、遊ぶだけで満足していたのに気持ちは大きくなっていく

「どうしても手に入れたい」その感情が私を苦しめる

 


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 01:49:10.64 ID:bmcBjaYX0

---1---

「起きなさい!ガヴ!」

いつからガヴを起こすようになったのだろう
天使なんだからしっかりはして欲しいのだけど、ダメダメなところを見ると今のままでもいいのかなって思ってしまうのだから不思議なものね
それにしても相変わらず汚い部屋……掃除をしてもほんとすぐに汚くしちゃうのよね
いったいどんな生活を送ればこんなことになるのかしら……

「ん~……あれ?ヴィーネ?なんで家にいるの?」

「あんたを起こしに来たのよ!今日学校よ。ほら早く起きなさい」

「えーヤダよ……今日学校休みって聞いたし」

「誰から聞いたのよ……朝ごはん用意してあげるから顔洗ってきなさい」

「はぁー仕方ないなー」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 01:50:57.30 ID:bmcBjaYX0

いつも起こしに来てあげているのにほんとひどい態度なのよね
じゃあ起こしに来なければいいだけなんだけど……
ガヴの寝顔がかわいいのよね
普段からかわいいとは思うんだけれど生意気なのがねー

やっぱり冷蔵庫に何も入ってないわね……
パンを買って来て正解ね

「ヴィーネ、ごはん」

「はいはい」

「ん、ありがとう」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 01:52:34.74 ID:bmcBjaYX0

ガヴはなんだかんだお礼を言うのよね
こういうところを見ると天使なんだって実感する
お礼を言うのは天使悪魔関係なしに当たり前のことなんだけど

「ヴィーネは食べないの?」

「家で食べてきたのよ」

「ふーん。ねぇヴィーネ。また勝手に入ってきたの?」

「勝手にって?」

「また合鍵使って入ってきたの?」

「そうよ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 01:54:10.08 ID:bmcBjaYX0

「友達だからって勝手に合鍵作るのも部屋はいるのもどうかって思うけどな」

「仕方ないじゃない。直接じゃないとあなた起きないし、開けてくれないこともあるんだから」

「はぁーまあいいけどさ。ヴィーネって変なところだけ悪魔っぽいよね」

「どういう意味よ!」

失礼なことを言う。確かに悪魔っぽくないってよく言われるけど私はれっきとした悪魔なんだから!
たしかに勝手に合鍵作ったり家に入るのは悪いことだとは思うけど……ガヴのためなんだし……
……?ん?なにか違和感が……?


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 01:55:13.62 ID:bmcBjaYX0

「おーいヴィーネ?どうした?」

「え?ああいや何も」

「腹も膨れたし出るかー」

あれ?もうそんな時間?今日は余裕をもって来たと思ったんだけど……

「どうした?行かないの?」

「え、あー行きましょうか」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 01:58:32.44 ID:bmcBjaYX0

---B---

時間が経つにつれて私の欲求は大きくなる

もう一緒に居るだけでは、ただただ遊ぶだけでは全然満足ができない

もっと私を見てほしい……私だけを見てほしい

なぜ彼女は私のものになってくれないのだろう

強引に私のものにしようと何度考えたことか

無理やり手に入れても彼女の心は私に向かない

そうだ、私に気持ちが、心が向かないと意味がないのだ

ああ、どうしたらよいのだろう

この欲求を満たすにはどうしたらよいのだろう


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 01:59:41.76 ID:bmcBjaYX0

---2---

「おはよう、サターニャ」

「おはよう!ヴィネット、ガヴリール」

「あーおはよう」

「あんたたちいつも一緒に来るわね」

「そうか?」

「たまに別々な日もありはするけど、ほとんど一緒じゃないの」

「ああ、ヴィーネってお節介だからよく私を起こしに来るんだよ」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 02:01:12.13 ID:bmcBjaYX0

「えぇヴィネットそんなことしてるの……?」

「だって放っておくとガヴ学校に来ないじゃない」

「たしかにそうだけど、普通そこまでする?ヴィネットが甘やかすからこんなんになるんじゃないの」

「うっさいなー」

「うーん言われてみればそうね。もしかしたら、私がガヴをダメにしてる……?」

「でもやるわね。ヴィネットは全然悪魔っぽくないと思っていたけ」

「ちょ!ヴィーネ!数学の宿題やるの忘れてた!見せてくれ!」

「ちょっとガヴリール!私が話してるとちゅ」

「おいサターニャは宿題終わらせたのか?またグラサンに立たされるぞ」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 02:02:49.57 ID:bmcBjaYX0

「なっ……コホン。ふふふ、この大悪魔サタニキア様がそんなことでおびえるとでも思っているの!もちろん宿題はやってないわ!!」

「おいおい。まだそんなこと言ってるのかよ」

「はいはい、もう。宿題見せはしないけど教えてあげるからサターニャも一緒にやりましょう?」

「……仕方ないわねー私に教えさせてあげるわ!感謝しなさい!」

「ははは……」

私がガヴをダメしているか……そんな気がするわね
でも、ガヴを起こしに行かないってことをやめることはできないのよね
寝ているガヴがかわいいし、それにあの時間が私は好きだから……
そういえばサターニャ何を言おうとしてたのかしら?


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/17(金) 02:04:38.38 ID:bmcBjaYX0

---C---

いつも彼女のことを考えていた私には彼女のことを考えない時間が欲しかった

ある日偶然見つけた「それ」はそんな私にはぴったりだったのだ

「それ」をやっているときは彼女を忘れることができる

ただただ、そう考えていた


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:15:45.04 ID:MpHlS7xn0

---3---

授業は好き

新しく物事を知ることがとても楽しく感じるの

先生の話も面白いと思うのだけど、いつもガヴは授業を聞いていない

一応天使学校主席なんだからきちんと授業を聞いていればできるようになると思うんだけどね

今日のガヴは何をしてるのかしら?

あっ、珍しいこともあるのね……

いつも寝ていて、ひどいときはゲームをしてるガヴが本を読んでる


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:16:43.93 ID:MpHlS7xn0

まあ、どっちにしても授業は聞いてないのね……


……なんの本を読んでるのかしら?

うーんタイトルが見えそうで見えない……

んー?あれはなんて書いてあるのかしら?

天界の文字かしら……読めないわね

後で直接聞いてみましょうか


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:17:30.53 ID:MpHlS7xn0

「おい月乃瀬!」

「は、はい!」

「珍しいなお前がボーっとしてるなんて、大丈夫か?」

「だ、大丈夫です!」

「そうか。ならこの問題を解いてもらおうか」

あーやっちゃった……ガヴのこと考えてたら授業を聞いてなかったわ

恥ずかしい……


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:18:35.22 ID:MpHlS7xn0

「ヴィネット、どうしたの?」

「考え事していたら授業聞いてなかったのよ」

「授業聞いてないなんて珍しいじゃない。何かあったの?」

「何もないわ」

「ふーん」

「お前授業中私のことみてただろ」

「う、うん」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:19:46.69 ID:MpHlS7xn0

「私のことが好きすぎるからって授業中まで私を見てちゃダメだろー」

「別にそんなんじゃないわよ」

「へぇーじゃあなんでこっちみてたんだ?」

「あなたが珍しく本を読んでたから気になって……何の本読んでたの?」

「……ヴィーネには関係ないだろ」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:20:26.01 ID:MpHlS7xn0

「えっ」

「ちょっとガヴリール言葉がきついんじゃない!」

「サターニャにも関係ないだろ」

「そ、そうだけど……」

「はあ、帰る」

どうしたんだろう?
さっきのガヴちょっと怖かった……
何か悩み事があるのかな?
でも触れてほしくなさそうだし……力になれないのかな……


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:21:29.06 ID:MpHlS7xn0

---D---

「それ」との出会いに私は感謝をしている

なぜなら、「それ」にのめり込むことで彼女が私を見ることになったのだ

彼女の性格を考えれば分かりきったことだった

ああ、これで彼女は私を見てくれる、私だけを見てくれる

やっと私は満たされる

彼女は私のものになってくれる

もう離したりなんかしない




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:22:38.73 ID:MpHlS7xn0

---4---

「ああ!もう何なのよ!」

サターニャとの帰り道
サターニャはさっきのガヴの態度に怒ってるみたい

「ちょっと機嫌が悪かっただけよ」

「そうなのかもしれないけど!」

サターニャの怒りは収まらないみたい
話題を変えてみましょうか……


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:23:22.99 ID:MpHlS7xn0

何かいい話題あったかしら……あっ!

「そういえば、あのとき何言おうとしたの?」

「えっ?あのときって?」

「ガヴがああなった原因が私って話しをしてるときよ。何か言おうとしてたじゃない?」

「んーそうだったかしら……」

「覚えてないの?」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:24:18.13 ID:MpHlS7xn0

「んー……あっ!あのときね!」

「えーと、ヴィネットって悪魔っぽくないじゃない?」

「うっ……そ、そうね」

「それなのにガヴリールをダメにするなんて悪魔っぽいことしてるのね」

「うーん?悪魔っぽいことかしら?」

「だって天使をあんな状態にしたのよ!SS級悪魔行為じゃない!」

「SS級?」

「すっごい悪魔的ってことよ!」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:25:05.85 ID:MpHlS7xn0

「言われてみればそんな気もするけど……でも私、仕送り金額上がってないわよ。むしろ下がってきてるわね」

「そ、そうなの?おかしいわね、絶対悪魔的行為だと思ったんだけど……」

「面白そうなことを話していますね?」

「ひゃ!」

「ラフィエルはいつも突然現れるわね」

「ふふふ、面白そうな気配を感じたので飛んできました」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:26:16.73 ID:MpHlS7xn0

び、びっくりしたー
ラフィっていつもいきなり現れるから心臓に悪いのよね……
サターニャは驚いてなかったけど慣れてるのかしら?

「なんの話をしていたんですか?」

「えーと私がガヴをダメにしたって話よ」

「ヴィーネさんがガヴちゃんを?」

「ほら、ヴィネットはいつもガヴリールの面倒見てるじゃない?あれが原因で落ちぶれたんじゃないのって話よ」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:27:18.53 ID:MpHlS7xn0

「あーなるほどです」

「しかもほぼ毎日起こしにまで行ってるみたいなのよ」

「あらあらそれはもう彼女ですねー」

「ちょ、ち、違うからね!」

何を言い出すのよ!もう!
たしかに起こしに行くのは少し変かもしれないけど……
あれ?変……変なのかしら……?



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:28:16.47 ID:MpHlS7xn0

「でも、ガヴちゃんってインターホンの音で起きるんですか?」

「……」

「ヴィーネさん?」

「えっ?」

「ちょっとヴィネット大丈夫?」

「大丈夫よ。でラフィ?なんの話だっけ」

「ガヴちゃんってインターホンの音で起きるんですか?」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:29:45.92 ID:MpHlS7xn0

「あー私ガヴの家の合鍵持ってるから直接起こせるのよ」

「えっ……」

「あらあら」

「?」

「えーあんたガヴリールの家の鍵まで持ってんの……ちょっと引くわよ」

「えっ、なんで?鍵持ってないとお世話できないし普通じゃない?」

「えーと普通ではないと思いますよ」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:30:55.85 ID:MpHlS7xn0

「あのガヴリールが合鍵を作らせるとは思えないんだけど……もしかして」

「えーと、そうよ……勝手に作ったの」

「もうそれ犯罪じゃないの!」

そこまで言われることなのかしら?
合鍵を作るくらい普通だと思うんだけど……
えっ……合鍵を作る……
私いつ合鍵なんて作ったんだろ……?


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:31:43.16 ID:MpHlS7xn0

「それにしても不思議ですねー」

「なにがよ?」

「ヴィーネさんが勝手に合鍵を作ったことですよ」

「……そんなおかしいかな?」

合鍵を作ることはおかしい?
そうよね、勝手に作るのはおかしいことよね
あれ?おかしいかしら……


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:32:29.64 ID:MpHlS7xn0

「だってヴィーネさんの性格ですよ」

なんでだろう、考えがまとまらない……
それなのにラフィの声が頭に響く……
心臓が痛いほど音を立てている

「合鍵を作るにはオリジナルがいるはずですよね」

聞いてはいけないと何かがささやく……

「ヴィーネさんはオリジナルをどうやって手に入れたんですか?」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:33:19.72 ID:MpHlS7xn0

オリジナル……?
頭が痛い……イタイ……イタイ

「そんなの盗んだんじゃないの?」

「盗みはないと思いませんか?だってヴィーネさんですよ」

「そうねー盗みなんてS級悪魔行為なんてヴィネットにはできそうもないわね」

「そうですね。それにもしガヴちゃんに何かしらの理由で鍵を渡されたとしてもヴィーネさんがそれを勝手に複製するとも思えないんです」

ガヴの家の鍵……オリジナルなんて見たこともない……
じゃあ、なんで私は合鍵なんて持ってるの……


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:34:48.16 ID:MpHlS7xn0

「言われてみれば確かにそうね」

「……て」

「ん?ヴィネット何か言った?」

「やめて」

頭が痛いイタイいたい

「ちょっとヴィネットどうしたの?」

イタイ痛いいたいイタイ……
目がちかちかする
頭が痛くて何も考えられない……
あ……意識が……消えていく


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:35:20.71 ID:MpHlS7xn0

---E---

おかしいおかしいおかしい

彼女は私だけを見てくれていたはず……

だって私の面倒を見てくれていたんだから

それなのになんで最近来てくれないの……

久しぶりに会えたと思ったら私の顔を見て泣きそうになるのはなぜ



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:36:09.03 ID:MpHlS7xn0

「ごめんね……私にはもう無理……」

ってどういうこと

なんで私から離れようとするの

嫌だ、離れてほしくない……

そうだ……もう離さないって決めたんだ

もう絶対離さないから……私から離れなんてさせないから……

いけない事だってわかっている

だけど、あなたを離さないためだから……

待っていてね……ヴィーネ


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:26:02.97 ID:XeQduQz40

--間1---

「ちょっとヴィネット?ヴィネット?」

前からたまにヴィーネさんから天使の力を感じることがありました

いつもガヴちゃんの近くにいますし、ヴィーネさん自身天使みたいな悪魔でしたから特に気にはしていなかったのですが……

今回は明らかにおかしいですね

ヴィーネさんから天使の気配がものすごく感じられます

これはヴィーネさんに何か天使の術がかけられていますね


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:26:46.20 ID:XeQduQz40

「ちょっとラフィエル!ヴィネットが……!」

「落ち着いてください、私の家までヴィーネさんを運びましょう」

「え、ええ分かったわ」

ヴィーネさんにかかわりのある天使はおそらく三人……

私とガヴちゃんとタプちゃん

考えるまでもありませんね……

ガヴちゃん……いったい何を……



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:27:49.84 ID:XeQduQz40

「ねえ、ラフィエル?ヴィネットはどういう状態なの?」

「なんで私に聞くんですか?」

「あんたって想定外のことや理解できないことには弱いじゃない?それなのにあんた落ち着いてる。どういう状態かはわかっているんじゃないかしら?」

普段私のことを見てなさそうなのに結構見ていてくれているのですね……うれしいです

「そうですね……おそらくヴィーネさんには天使の術がかけられています」

「天使の術?」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:28:40.69 ID:XeQduQz40

「そうです。天使には天使にしか使えない力があるんです。例えば前にガヴちゃんのパンツやスカートだけが学校に来たことがあったと思います。それも天使の神足通という力です」

「パンツやスカートだけを飛ばす力なの?何に使うか分からないわね……」

「いえ、本来は瞬間移動みたいなものです」

「へぇー便利なものね」

「そして、そんな天使の力がヴィーネさんにかけられているんです」

「誰がそんなことをしたのよ?」

「ヴィーネさんは天使の知り合いはどれほどいたか分かります?」



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:29:34.10 ID:XeQduQz40

「いや、分からないわね。でも多分ガヴリールとラフィエルとタプリスの三人だけだと思うわ」

「ですよね。その三人だけだと考えるならヴィーネさんに術をかけた方はすぐに分かります」

「え、なんで?」

「今ヴィーネさんにかかっている術は結構高度なものなんです。タプちゃんにはかけられないレベルのです。そして私ではないことから……」

「ガヴリールって訳ね……でも、おかしくないかしら?その神足通?をあんたの説明だとガヴリールは失敗してるってことでしょ」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:30:29.08 ID:XeQduQz40

「今はああなってますけどガヴちゃんは天使学校主席ですよ?本来失敗することの方がおかしいんです。おそらく、ヴィーネさんにかけてる術に力を多く持っていかれているからだと思います」

「なるほどねー。それでヴィネットは治るのかしら?」

「私が解析して解除します」

「そんなことができるの?」

「一応私は天使学校次席ですよ。できないってことはないと思います」


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:31:13.36 ID:XeQduQz40

「そう。ならヴィネットをお願いね。私はガヴリールに会ってくる」

「待ってください……ガヴちゃんがこんなことした理由があると思うんです。だからせめてヴィーネさんにかかっている術を解除してからヴィーネさんと話し合いませんか?」

「……分かったわ。だったら早くあんたの家に行きましょう」

本当は大体の理由を推測することができます

もし、この推測があっているのなら、ガヴちゃんと話すべきはヴィーネさんだと思うんです……


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:32:00.90 ID:XeQduQz40

---F---

記憶の改竄と軽い催眠

元来捕らえた悪魔を尋問するときに使っていた術らしい

現在、もしもの時として教わりはしているが、もちろんこんなことに使ってはいけない

しかし、仕方ない

彼女が、ヴィーネが私から離れようとするのだから

私はもう離さないと決めたんだ

絶対に離さないと……

そのためになら私は悪魔にだってなってやろう



47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:32:45.29 ID:XeQduQz40

---5---

あれ?ここはどこかしら?
私の部屋じゃないわよね……

「あ!ヴィネット!目が覚めた!」

「サターニャ?ここってサターニャの家?」

「違いますよー私の家です」

「ラフィ……あの、私なんでラフィの家で寝ているの?」

「覚えてませんか?下校中にいきなり気を失ったんですよ」

「うーん……覚えてないわ……ありがとう。迷惑かけたわね」


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:33:23.68 ID:XeQduQz40

「いえいえ、ところでヴィーネさん確認したいことがあります」

「え、ええ」

「友人の家の合鍵を持つことは普通ですか?」

「え、それは流石に普通じゃないわね……」

親しき仲にも礼儀ありっていうものね
流石に鍵を持つのは友達関係だとしてもやりすぎな気がするわ

「相手がガヴちゃんでも同じことが言えますか?」

「相手がガヴだって関係ないわよ……親友だからこそそこはしっかりしないと」


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:34:16.49 ID:XeQduQz40

「ですが、ヴィーネさんはガヴちゃんの家の合鍵をお持ちですよね?」

「え……そんなの持ってないわよ!」

「でも毎日ガヴちゃんを起こしに行ってますよね」

「そうだけど……?あれ?どういうこと?」

考えてみれば確かに私はガヴの家の鍵を持ってる……
でもなんで?私はなんで鍵を持ってるの……?

「……よかったです……解除はできたみたいですね……まだ少し天使の気配が残っている気がして不安だったんですけど」


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:35:03.98 ID:XeQduQz40

「よくやったわ!ラフィエル!」

「え?何?なんのこと?」

「ヴィネット!あんたガヴリールに変な術をかけられていたらしいのよ!」

「変な術?」

「あーえっとですね。説明させていただきますね」

「え、ええお願い」


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:35:51.98 ID:XeQduQz40

「前からなんですけど、ヴィーネさんから天使の気配を感じることがあったんです」

「もちろんヴィーネさんは天使じゃありませんし、そんな気配を感じられるのはおかしいですよね」

「そうね」

「そこで先ほど調べてみたところどうやら天使の術がかけられていることが分かったんです」

「先ほどのヴィーネさんの反応を見る限り、常識を改変させる術だったみたいですね」

「それをガヴがかけていたってこと?」

「そうです」


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:36:34.88 ID:XeQduQz40

……
言いたいことは分かるけど納得がいかない


だって、ガヴがなんでそんなことをしたか分からないし

私にそんな術をかけてガヴに何のメリットがあるのかしら……

ガヴが私にそんなことをしたなんて信じたくない……

「納得いかないって顔をしてますね」

「だって……ガヴがなんで私にそんな術をかけたか分からないじゃない」

「もしかしたら、違う天使がやったってことも……」



53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:37:21.51 ID:XeQduQz40

「ヴィネットはガヴリール、ラフィエル、タプリス以外に天使の知り合いがいるの?」

「い、居ないけど……タプちゃんがやったって可能性も」

「残念ながらそれはないんです……この術は結構高度なものでタプちゃんには使うことができません」

「だったら、私の知らない天使がやったって可能性が」

「ヴィネット……それこそやる理由がないじゃない」

「で、でも……」

「信じたくない気持ちも分かります……でも、ガヴちゃんがやったって考えると納得がいくんです」


54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:38:18.83 ID:XeQduQz40

「下校の中、サターニャさんとヴィーネさんは何の話をされていたか覚えていますか?」

「えーと……ごめんなさい」

「ヴィネットの仕送りの話よね」

「そうです。実はその話をしているときから後ろにいたんです」

「ガヴちゃんを堕落させた原因がヴィーネさんのお世話だって話をしていましたよね」

「魔界の制度はよく知りませんけど、悪魔的な行為を行うと仕送り金額が上がるってことでよろしいですか?」

「ええ、その通りよ」

「でしたら、ガヴちゃんをあの状態にしたのがヴィーネさんのお世話だと考えると仕送り金額は上がるはずです」


55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:38:59.62 ID:XeQduQz40

「天使学校の主席をあんな状態にしたら悪魔的じゃないですか」

「でも実際はヴィーネさんの仕送り金額は上がっていない」

「つまり、ヴィーネさんはガヴちゃんを堕落させたわけじゃないんです」

「……?それってガヴリールが勝手に落ちぶれたってこと?」

「そういうことです。ヴィーネさんのお世話が原因で落ちぶれたのではなくて、ヴィーネさんにお世話をしてもらうために落ちぶれたと考えられます」

「ちょっと待ちなさいよ!ガヴリールがネトゲにハマって落ちぶれて、ヴィネットを体の良い労働力にしようと考えただけかもしれないじゃない」


56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:39:34.64 ID:XeQduQz40

「それはあり得ません。理由は二つあります。まず一つ目はヴィーネさんの性格です。世話をして欲しいだけなら術をかける必要がないんです。ヴィーネさんは何も言わずとも勝手にお世話をすると思いませんか」

それは確かにそうね……
自分のことだからよく分かる……だらけ始めたガヴをほっとくことはできないかも

「もうひとつの理由はですね。鍵を渡す必要がないんです。鍵を渡してしまうとヴィーネさんが何時でも来られることになってしまいます。他人にあまり干渉したがらないガヴちゃんですよ。考えられますか?」

「それに、もし見られたくないことがあったときにヴィーネさんが来てしまうかもしれません。それはかなりリスキーじゃないですか?」

「だから、ヴィーネさんにお世話をしてもらうために落ちぶれたって考えられるんです」


57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:40:22.58 ID:XeQduQz40

「おそらく、常識の改変は鍵を渡すときに使ったんだと思います。鍵を渡したのは、ヴィーネさんが何時でも家に来られるように……」

「これがどういうことかヴィーネさんにはお分かりですよね?」

「え、ええ……」

そういうことだったのガヴ?
私と一緒に居たいからこんなことをしたの……
もしかしてガヴも私のことを好きなの……?
ガヴに会って確認しなくちゃ
そして、私もガヴのこと好きだって伝えたい!

「私、ガヴに会ってくる!」

「ええ、いってらっしゃい、頑張ってくださいね!」

「ありがとう!ラフィ、サターニャ!」



58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:40:56.15 ID:XeQduQz40

---間2---

「ねぇ、ラフィエル?ヴィネットには分かるってどういうこと?」

「私には分からないんだけど……」

「サターニャさんはまだまだ子供ですね」

「なによ!失礼ね!」

サターニャさんにはまだ恋愛は早いのでしょうか?
はぁ、相手が鈍感だとつらいものですね……



59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:41:41.75 ID:XeQduQz40

「私もガヴちゃんみたいにサターニャさんに術でもかけましょうか……」

「えっ……ラフィエル?今なんて……」

「も、もしかして声に出てました……」

「い、いや、こっち来ないで……怖い、こわい」

「あ、あの冗談ですよ?誤解ですよ?」

「あー逃げないでくださーい!」



65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:33:44.06 ID:XeQduQz40

---6---

本当にガヴが私のことを思ってくれているのなら……

早くあなたに会って私の気持ちを伝えたい

もちろんガヴがやったことはいけないことだし、許せない気持ちもあるけど

私は、私はガヴと一緒に居たい!


「はぁ……はぁ……」


走ってきたから呼吸が乱れてる……

早くガヴに会いたい……

インターホンを鳴らすのももどかしい

ああ、鍵を持っていてよかった


66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:34:37.04 ID:XeQduQz40

「ガヴ!」

家の中にはいつものようにだらけてるガヴが居て少しほおが緩む

「な、なに?ヴィーネどうしたの?そんなにあわて」

……?ガヴが私の顔を見た瞬間に固まった

何かついてるのかしら……?

ついてたら嫌だな、恥ずかしい



67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:35:41.77 ID:XeQduQz40

「……」

「あれ?ガヴどうしたの?」

ふらっと立ち上がったガヴが私の顔を見ながら近づいてくる
なんか様子がおかしいんだけど……

「……」

「ガ、ガヴどうしたの?何か言ってよ……いたっ……」

無言で無表情で寄ってくるガヴが怖く後ずさると何かを踏んで転んでしまった……
ガヴが私に目線の高さを合わしのぞき込んでくる


68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:36:41.67 ID:XeQduQz40

「……おかしいな」

「えっ?」

「なんで解除されてるの……」

「……ラフィのやつか」

「お、落ち着いてガヴ!そのことを話に来たのよ」

「へぇ……何?また私から離れたいだの、もう面倒見切れないだの言いに来たの」

「えっ……な、何言ってるの?」


69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:37:41.39 ID:XeQduQz40

「何って前にヴィーネが言ったことだろ……ん?あーそうか記憶の改竄は解けてないのか」

「記憶の……改竄?」

「ラフィ、腕が鈍ったのかな。まだ微かに天使の力が感じられるのに……」

そう言えば、「……よかったです……解除はできたみたいですね……まだ少し天使の気配が残っている気がして不安だったんですけど」って

「何も覚えてないヴィーネちゃんに教えてあげるよ」

ガヴが、いつも表情をあまり出さないガヴが、見たこともないような歪んだ笑みで私を見つめている……


70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:38:52.55 ID:XeQduQz40

「ヴィーネはね。私を捨てたんだよ」

「ひどいよなー私のことを面倒見てくれるって、私のことを見てくれるって、私のことを一番に考えてくれるって、そう思っていたのにさー」

「私にはもう無理って何?なんで?どうして?おかしいよね?おかしいよね!」

「やっと相思相愛になれたと思ったのに……ヴィーネが私から離れていく……」

「せっかく術を使ってでも私だけを見てもらえていたのに……」

「ひどいなーヴィーネそんなに私から離れたいの?」

「でもね……でもね!もう離さないって決めたから!何があってもヴィーネは私のものだから!ね?ヴィーネもそれでいいでしょ?」


71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:40:03.76 ID:XeQduQz40

怖い怖い怖い……

今私の前に居るのはいったい誰?

ガヴ?いや、ガヴじゃない……!

ガヴはあんなこと言わない……ガヴはあんな顔をしない!

じゃあ、あいつはだれ?

そうだ……そうなんだ。こいつは、こいつが「悪魔」なんだ……

「い、嫌よ!あんたは誰よ!私の知ってるガヴを返してよ!この悪魔!」

「へぇーそんなこと言うんだ……ひどいなー」


72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:41:07.66 ID:XeQduQz40

「それに悪魔って」

「ヴィーネは面白いことを言うね」

「悪魔はヴィーネでしょ」

「それにね、ヴィーネ。良いことを教えてあげる」

「悪魔ってね、サタンってね、元々は天使なんだよ」

「だから、私が悪魔だからって何にもおかしくない。そうだろ?」


73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:41:51.41 ID:XeQduQz40

「そ、それって……」

「そう、堕天したの。もちろん『駄』天使じゃなくて『堕』天使ね」

「ほら、頭の輪っかも真っ黒でしょ?」

ガヴがいつものように天使の格好をする
天使の衣装に白い翼、そして真っ黒になった天使の輪
嘘だ……嘘だ……
信じない……そうだ、こいつはガヴじゃない!

「嘘だ!あんたなんかガヴじゃない!」


74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:43:09.08 ID:XeQduQz40

「だからひどいなーそうだ、こうしたら分かってくれるかな?今までお世話してくれたヴィーネだったら分かってくれるよね?」

ガヴに抱きしめられた……
ああ、この匂いが、温かさが、柔らかさが、ガヴだって語り掛ける……
どうして?なんでガヴは堕天なんかしたの……
嫌だよ……いつものガヴに戻ってよ……

「ほらね?私は本物のガヴリールだよ。理解できた?」

「……うん」


75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:43:58.07 ID:XeQduQz40

私の返答を聞きガヴがうれしそうに羽を動かす
きれいな、本当にきれいな真っ白い羽……
しろい……はね?
堕天使の悪魔の羽って何色だったっけ?
……!
そうだ、だったらまだガヴは堕天しきってないはず
まだ、天使のガヴに戻ってもらえるんじゃ……!

「ねえ?ガヴ?」

「ん?なに」



76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:45:05.39 ID:XeQduQz40

「私、実はガヴのことが好きだったんだ……」

「いつもやる気のなさそうな顔、だらしない恰好、いたずらをしてる時の笑顔」

「全部、全部が好きだった……」

「それにね、もしかしたらガヴに仕組まれてたのかもしれないけど、毎朝ガヴを起こしに行くの楽しみにしてたんだよ」

「ガヴの寝顔が見られるのが楽しみだった……」

「ガヴが朝ごはん食べてる姿が愛おしかった……」


77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:46:05.45 ID:XeQduQz40

「覚えてないけど、過去の私はガヴにひどいことを言ったのかもしれない」

「でもね、でも今の私はガヴを好きだって、愛してるって言える!」

「ガヴが私のことでどれだけ悩んでいたかは分からない……」

「だから、今日みたいに言ってよ!」

「二人でさ……二人で互いの望み合う形を作っていきましょう」

「それにまだガヴは堕天しきってないんでしょ?」

「……なんでそう思うの?」


78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 22:48:16.60 ID:XeQduQz40

「だってガヴの翼とってもきれいじゃない」

「穢れを知らない真っ白な羽、そんな羽を持ってるガヴが悪魔だなんて、堕天使だなんてそんなのありえない」

「ね?まだ戻れるの……二人で頑張って新しく関係を築いていこ?」

「……ヴィーネは私がしたことを許してくれるの?」

「たくさんひどいことをした、術をかけて思い通りにしようとした……」

「それでも、それでもヴィーネは私のこと許してくれる?」


1:「馬鹿ね?当たり前でしょ、許してあげる」

2:「……そうね、絶対に許さないわ」

>>85
まで多数決で


86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 23:41:52.29 ID:XeQduQz40

今日中には集まるとは思ってなかった

1が4票
2が3票
なので1をやります

何気に接戦で驚いた


87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 23:43:16.48 ID:XeQduQz40

「馬鹿ね?当たり前でしょ、許してあげる」

「ヴィーネ……!」

「ありがとう!ヴィーネ!」




「じゃあこれからも許してくれるよね?」

「えっ……」


88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 23:44:08.57 ID:XeQduQz40

---7---

「起きなさい!ガヴ!」

今日もガヴを起こす朝から一日が始まる
ガヴの寝顔はかわいいからいつまでも見ていたいけど、そうは言ってられないわよね

「ん~……ヴィーネ?おはよう」

「うん、おはよう」

「朝ごはんの用意するから顔洗ってきなさい」


89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 23:45:53.87 ID:XeQduQz40

「はーい」

いつも憎まれ口を叩くのに寝起きは素直でかわいいわね

たしかに冷蔵庫には……うん、ちゃんとそろってる

昨日一緒に買い物行ったんだから当たり前か……

「ヴィーネ、ごはん」

「はいはい」

「ん、ありがとう」


90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 23:47:41.49 ID:XeQduQz40

ガヴのお礼を聞くとぽかぽかするのよね
天使の力なのかしら?

「ヴィーネは食べないの?」

「えっ、食べるわよ!ガヴとの朝ご飯を毎日の楽しみにしてるんだから」

「ふふ、私も一緒!今日は何する?」

「んーそうね、映画でも借りてきましょうか」

「映画だったら映画館がいいな」


91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 23:49:14.70 ID:XeQduQz40

「昔はほぼ引きこもりだったのに最近は外に出るようになったわね」

「うん、だってヴィーネと一緒だから」

「ふふ、嬉しいこと言ってくれるわね」

「だってヴィーネが大好きだから」

「ありがとう。私も大好きよ」

「うん、知ってる」


92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 23:50:40.01 ID:XeQduQz40

「そうなの?」

「うん。あ、そうだヴィーネ!」

「何?」

ガヴがうれしそうに羽を動かしながら言う

「もう絶対離さないから」

きれいな、本当にきれいな真っ黒な羽を


終わり



93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 23:52:06.47 ID:XeQduQz40

以上です

キャラクター動かすのって難しいね
そして書いていて気付いた、自分はガヴ→ヴィーネが好きなんだと……


99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 03:22:59.44 ID:L/Lk2RA00

折角だし
2の場合も書くか


100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 03:24:39.25 ID:L/Lk2RA00

「……そうね、絶対に許さないわ」

「えっ……」

「だって私悪魔だもの!そんな簡単にゆるさない。それにガヴには厳しくいかないとね」

「……はは、ヴィーネには叶わないな……」

「本当にこれからも一緒に居てくれるの……?」

「ええ当たり前でしょ!」


101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 03:25:42.50 ID:L/Lk2RA00

「もしかしたら、また悪いことするかも」

「その時は私が止めるし怒ってあげる」

「ほんと?」

「ええ、本当よ!」

「……ありがとう」

その時見せた笑顔は本当にきれいだった……


102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 03:26:51.33 ID:L/Lk2RA00

---7---

「起きなさい!ガヴ!」

いつものようにガヴを起こす
いったいいつになったら自分で起きられるようになるのかしら……
でも、かわいいガヴの寝顔を見られるのは役得ね

「ん~……あれ?ヴィーネ?来るの早くない?」

「早くない!今日学校よ。ほら早く起きなさい」

「えーヤダよ……今日学校休みって聞いたし」

「誰から聞いたのよ……朝ごはん用意してあげるから顔洗ってきなさい」

「はぁー仕方ないなー」


103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 03:27:55.93 ID:L/Lk2RA00

定型句みたいになった朝の会話
なんだかんだでこの会話も楽しみにしている自分がいるのよね
昨日は一緒に買い物に行ったから冷蔵庫の中も……うん完璧!

「ヴィーネ、ごはん」

「はいはい」

「ん、ありがとう」

そんなに前と変わらない風景だけど一つ大きく変わったことがある


104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 03:29:20.71 ID:L/Lk2RA00

「ヴィーネは食べないの?」

「もちろん食べるわ!早く食べないと学校遅刻するからね」

朝は一緒にご飯を食べている
あの後、最初にガヴが言ったのは、一緒に朝ご飯を食べたいだった

「うん、わかってるよ」

「……ねぇ、ヴィーネは私のこと好き?」

「うーん、そうね、秘密」



105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 03:32:12.95 ID:L/Lk2RA00

「えっなんで?」

「ふふ、今日の小テストで8割以上取ったら教えてあげる」

「えーそれはだるいなー……でも頑張る」

本当は伝えてあげたいけど、私は悪魔だから秘密


こんな日常が続くように、ガヴが何時でも笑っていられるように
私はいつもガヴのそばにいる
やっぱり私はガヴが好きだから、私は私の意思で隣に居る
ねぇ、ガヴ

「これからもずっと一緒だよ!」

終わり


106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 03:36:33.36 ID:L/Lk2RA00

以上です

書いていて思ったけど、こっちのルート「ドロップアウト」してないから題名と食い違いが……
まあでもハッピーエンド?だから許して

感想や改善点は教えていただくと次回へのモチベーションになるのでぜひお願いしたいです

おそらくまたどこかでガヴィーネ書くんでその時はよろしく


107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 03:36:56.85 ID:uQjSUeOPo



108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 04:19:55.43 ID:V3aJOHVQO

おつおつ

ハッピーエンドありがてえ
分岐を両方書いてくれるとお得感があるという発見


109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 05:06:27.11 ID:9RHePBdYo

おつおつー


110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 06:52:37.05 ID:9JNz0XGyo


1ルートのほどよい病み具合よかった


111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 09:23:59.28 ID:HC8TSlUdo


ガヴ→ヴィーネの関係すごい好き




掲載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489682830/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1132)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (77)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1509)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (455)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1494)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (65)
黒子のバスケ (12)
けいおん! (119)
コードギアス (43)
ご注文はうさぎですか? (271)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (663)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (76)
ジョジョの奇妙な冒険 (91)
進撃の巨人 (263)
新世紀エヴァンゲリオン (118)
涼宮ハルヒの憂鬱 (277)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (196)
中二病でも恋がしたい (6)
とある魔術の禁書目録 (183)
NARUTO (68)
ニセコイ (30)
のんのんびより (40)
化物語 (42)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (102)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (46)
魔王・勇者 (356)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (379)
みなみけ (28)
ミリマス (326)
モバマス (3815)
名探偵コナン (176)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (444)
結城友奈は勇者である (68)
ゆるゆり (392)
ラブライブ (1803)
リトルバスターズ! (95)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (4)
ひなビタ♪ (41)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (22)
Fate/GrandOrder (85)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (50)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (20)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (4)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (14)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (12)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (4)
ブレイブウィッチーズ (8)
Re:ゼロから始める異世界生活 (2)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (214)
けものフレンズ (45)
鉄血のオルフェンズ (9)
ファイアーエムブレム (4)
バンドリ (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
グラップラー刃牙 (1)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク