FC2ブログ

蘭子「芳乃ちゃんが闇に飲まれた」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:11:42.64 ID:iDHzawPeo

わりとくだらない話です
 


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:12:50.99 ID:iDHzawPeo

蘭子「くっ……なんと強大な闇の力……っ! 我が瞳に宿りし"魔眼"すら通用しないだと……!?」

芳乃「ふふふ……でしてー」ゴゴゴゴ

蘭子「かくなる上は奥の手……禁術の"邪眼"を目覚めさせるしか……!」

芳乃「わたくしにーそのような小手先の技が通じるとでもー?」ゴゴゴゴ

蘭子「……この力を解き放てば、確かに我が身も無事では済まないだろう……しかし!」

蘭子「我らが友、堀裕子の尊い犠牲をここで無駄にするわけにはいかない! 覚悟!」

歌鈴「あわわわ……」

蘭子「顕現せよ! 狂気の瞳に蘇りし究極奥義、エターナルフォース――――




美穂「あれ、蘭子ちゃんと芳乃ちゃん。それと歌鈴ちゃんも。そんな所でなにしてるの?」

蘭子「あっ美穂ちゃん! あけましておめでとうございます」ペコリ

美穂「あ、うん。あけましておめでとう」ペコリ

芳乃「あけましておめでとうございますー。今年もなにとぞー、よろしくお願い申し上げますー」ペコリ

美穂「こちらこそ、今年もよろしくおねがいします……それで、三人一緒に初詣?」

歌鈴「はい。あ、でも本当は裕子ちゃんも一緒だったんですけど、ちょっと色々あって……」

美穂「?」

蘭子「そんな事より美穂ちゃん! 芳乃ちゃんが闇に飲まれたんですよっ」

芳乃「でしてー」

美穂「???」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:13:34.09 ID:iDHzawPeo

蘭子「さっき参拝した時にね、去り際に『闇に飲まれよ!』って言ったら……」

芳乃「がおー」

蘭子「ほらっ、手違いで芳乃ちゃんが闇に飲まれちゃったんです!」フンス!

芳乃「闇のまー、でしてー」

美穂「そ、そうなんだ??」

歌鈴「それで今、芳乃さんと蘭子ちゃんの光と闇の戦いが始まるところだったんです」

芳乃「聖戦《じはーど》でしてー」

美穂「えーっと……よく分からないけど、なんだか楽しそうだね」

蘭子「それに芳乃ちゃん、すごく強いんですよ! さっきも裕子さんが返り討ちにあっちゃって……」

美穂「えっ? 返り討ち?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:14:28.97 ID:iDHzawPeo

――数分前――

裕子『なんと! 芳乃ちゃんが!? そりゃコトだ!』

裕子『蘭子ちゃん、ここは私に任せてください! 私のサイキックパワーでもって見事、闇を追い払ってみせましょう!』

裕子『ムムムム……サイキック~……あれ? ち、力が抜けていく……なぜっ!?』

裕子『!! 芳乃ちゃん……その構えは!』

裕子『ああっ、ダメです! 芳乃ちゃんの手のひらにMPがどんどん吸い取られていくぅ~!』ガクッ

裕子『サイキッカーはMPがなければただの人……ムムム……無念……!』

裕子『……ハッ! そうか、ここは神社……パワースポットでMPを回復すれば……!』

裕子『というわけでちょっとパワースポット探しに行ってきまーす!失敬!』ドヒューン


――――
―――
――


歌鈴「……それっきり戻って来ないんですぅ」

芳乃「ふーむ、少し心配になってまいりましたー。探しに行った方がいいのではー……?」

歌鈴「あの、私が様子を見てきましょうか?」

芳乃「おねがいいたしますー。歌鈴殿もー、足元にご注意をー」

歌鈴「は、はい。行ってきますぅ」

美穂(芳乃ちゃん普通に優しい)

蘭子「裕子さんは犠牲になったんです……犠牲の犠牲に……」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:15:38.60 ID:iDHzawPeo

芳乃「ふっふっふー……それでは蘭子、続きをしましょうぞー」

蘭子「うん!」キラキラ

美穂(なるほど、芳乃ちゃんは蘭子ちゃんに付き合ってあげてるんだね。大人だなあ)

蘭子「ククク……芳乃ちゃ……じゃなくて、漆黒を纏いし神の子よ。運命は我々に味方したようだ……」

芳乃「ほー……? そなた、まだわたくしに勝てると思っているのでー?」

蘭子「笑止! 我ら、火ノ国の業を背負いし双子の力を思い知るがいい! さあ、美穂ちゃん!」

美穂「えっ、わ、私っ!?」

蘭子「我がエネルギーを溜めている間、足止めを!」

美穂「あ、足止めって言われても……」

芳乃「次はそなたがわたくしを楽しませてくれるのでー……?」ゴゴゴゴ

美穂(う……あんまりノリが悪いと、蘭子ちゃんにも芳乃ちゃんにも悪いよね……よ、よ~し……)

美穂「えっと……し、漆黒?をまといし、神の子?とかいうそこのあなた! 私が……ミ、ミホタンが相手しますっ」

蘭子「みほたん?」

芳乃「ずいぶん可愛らしい名前の味方でしてー」

美穂「~~~~っ///////」カァーッ


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:16:36.67 ID:iDHzawPeo

芳乃「そのような小童ー、右手一本で十分でしてー」

蘭子「なにをっ!? 紅蓮に燃えさかる光の勇者を甘く見るとどうなるか、思い知らせてくれるわ!」

美穂「………………」←精一杯のファイティングポーズ

蘭子「……美穂ちゃん、何かすごい技を……!」

美穂「は、はいっ!? えーっと、えーっと……ミホタンカッター!!」えいっ

蘭子「おおっ! 飛び道具!」

説明しよう!
ミホタンカッターとは、美穂のアホ毛をブーメランのように飛ばして敵を切り刻む技である。

芳乃「遅いのでしてー」ヒョイヒョイ

蘭子「くっ、やはりかわされる……けど、まだまだです!」

美穂「えいえいえいっ」スパスパスパ

芳乃「ぬるい……ミホタンの技が一番、なまっちょろいのでしてー」パシッ

蘭子「な!? ミホタンカッターが……右手の指二本で止められた!?」

芳乃「お返しでしてー」ブォン

グサッ

蘭子「うぐっ! に……二指真空把……まさか北斗の血……っ!?」ガクッ

美穂(なんの話をしてるんだろう……)


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:17:52.71 ID:iDHzawPeo

芳乃「今ので終わりでしてー?」

美穂「……ま、まだです! こうなったら蘭子ちゃん直伝の氷魔法を……!」

蘭子「そんな! それを使ったら美穂ちゃんまで……」

美穂「え、そんな設定あるの?!」

説明しよう!
昨年の初詣の時、美穂は《アブソリュートブリザード》という究極魔法を蘭子から伝授していた。
しかしこの技を使うと美穂の中に眠る氷の魔女も目覚めてしまうので禁術とされている。

美穂「じゃ、じゃあどうすれば……」

芳乃「……ではー、そろそろわたくしから行かせてもらいましょうー」

スッ――

蘭子「!! あの構えは……!」

美穂「ラジオ体操?」

蘭子「違います。あれは福音《天照》降臨の儀式……究極の光魔法! まさか、この地上をもろとも破壊するつもりかっ」

芳乃「心に光がー、満ち満ちてゆくー」

美穂「あれ? 闇に飲まれたんじゃ……」

蘭子「光と闇がそなわり、最強に見えるんです……!」

芳乃「わたくしの怒りも有頂天でしてー」

美穂「怒ってるみたいだね」

蘭子「こうなったら……美穂ちゃん! あれを使うわ!」

美穂「ええ、よくってよ!」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:18:26.40 ID:iDHzawPeo

芳乃「もはや何をしようとー、わたくしを止めることはできないのでしてー!」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

蘭子「美穂ちゃん!」

美穂「うん!」


芳乃「無駄無駄無駄ー。これで……終わりでしてー!」ブオン


「「石破!!」」

「「LOVE LOVE……!!」」



蘭子「天驚け 美穂「ミホタンカッター!!!!!」ドヤアアアア



蘭子「え?」

美穂「あれ?」

芳乃「おやおやー」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:19:16.66 ID:iDHzawPeo

美穂「あっ……ま、間違えた~……////」カァーッ

蘭子「あ~ん、もうっ。クライマックスだったのに~」

美穂「ごめんなさい、つい……」ショボン

蘭子「あ、いえ、そんなつもりじゃなくて……なんていうかその、スーパーイナズマキックにしなかった私も私だし……」



芳乃「……ぐわああー」でしてー


蘭子「!!」

美穂「よ、芳乃ちゃん?」

芳乃「……はっ。ここはー……私は一体なにをー……?」キョトン

蘭子「み、美穂ちゃん! もしかしたら今の合体技が効いて……!」

美穂「え? あ、うん」

芳乃「二人がわたくしを助けてくれたのですかー」

蘭子「然り! 芳乃ちゃんの魂を覆っていた漆黒の闇は我らが火ノ国の絆が見事打ち滅ぼしたり!」

芳乃「ありがたきー」ナムナム

蘭子「なァーっはっはっは!」

美穂(よく分からないけど、めでたしめでたし。かな?)





裕子「おーっと! そうはいきませんよ!」ムムムムーン

蘭子「!??」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:19:57.84 ID:iDHzawPeo

歌鈴「裕子ちゃん待って~」ドタバタ

芳乃「裕子殿ー、無事でしたかー」

美穂「歌鈴ちゃんもおつかれさま」

裕子「さあ芳乃ちゃん! MP全回復した私ことサイキックユッコがお相手しますよ!」

蘭子「それもう終わったよ」

裕子「なんと!? せっかくサイキックアイテムも拾ってきたのに!」

美穂「サイキックアイテム?」

裕子「あれ、美穂ちゃんも来てたんですね。そうそう、アイテムというか、コレです!」ジャジャーン

美穂「おふだ……?」

蘭子「なんと禍々しい……!」

裕子「これで芳乃ちゃんの闇を追い払おうと思ったんです! こんな風に!」ペタッ

歌鈴「ふぅ~っ……あっちの方は人がたくさん居て探すの大変でしたぁ~……あれ? いま背中に何か……?」モジモジ

美穂「もう、ユッコちゃん。あんまり変なことばかりしてると



罰が当たっちゃうよ。

言いかけた、その時でした。



私の着物の袖を、誰かがものすごいスピードで掴み、後ろへ引っ張ったのです。




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:20:55.83 ID:iDHzawPeo


突然の出来事で、一瞬わけがわかりませんでした。


よろめき、倒れそうになる中で、私の視界に映ったのは、いつの間にか目の前に移動していた芳乃ちゃんの後ろ姿。


私と同じように後ろへ引っ張られ、つんのめっている蘭子ちゃんとユッコちゃんの、驚いたような表情。


瞳を灰色に濁し、身体を強く震わせ、膝から崩れ落ちそうになっている歌鈴ちゃんの、死人のように真っ白な顔。


すべての時間が止まってしまったように、それらの風景が私の記憶に焼き付けられました。


そして、その静止した世界で、芳乃ちゃんだけが、ゆっくりと歌鈴ちゃんに歩み寄り(実際は走って駆けつけていたのでしょうけれど)


そっと彼女の額に手を添え、何かを念じるようにぶつぶつと言葉を唱えているのが見えたのです。


次の瞬間、暗転するように世界がぐるりと回り、私は地面に手をついていました。


「きゃっ!?」


その時、私たちの頭上を何か恐ろしいものが通過していくのが分かりました。


やや遅れて、突風。


参拝客たちのささやかな悲鳴と、周囲の木立が風にきしむ音。


次に私が顔を上げると、歌鈴ちゃんの背後、低い空に、神社の石灯篭の上半分がふっとんで、くるくると舞っているのが見えました。


歌鈴ちゃんが芳乃ちゃんの腕の中に倒れこむのと、池の中に墜ちた灯篭が巨大な水柱を上げたのは、同時でした。…………。



…………。



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:21:52.63 ID:iDHzawPeo

裕子「すみませんでしたあっ」サイキックドゲザー

芳乃「まったくー、わたくしが居なかったらどうなっていたことやらー」

歌鈴「あの、そんなに危ない御札だったんですか?」

芳乃「左様ー。もう少しで歌鈴殿は悪霊に取り憑かれるところでしたー」

裕子「ぅゎょιのちゃんっょぃ」

美穂「神社の人、大丈夫かなあ? 灯篭ひとつ壊しちゃったことになるよね……」

芳乃「ふむー。それは裕子殿がさいきっくぱわーで直してくれるでしょうー」

裕子「あ、あはは…………ゴメンナサイムリデス」

芳乃「冗談でしてー」


美穂「……そういえば蘭子ちゃんは?」

蘭子「こわいこわい見えない聞こえない見えない聞こえない……」プルプル

芳乃「さすがの蘭子もー、本当の神霊には立ち向かえないようでしてー」

美穂「大丈夫だよっ蘭子ちゃん! 何かあったら私がミホタンカッターでやっつけてあげるから!」グッ

蘭子「美穂ちゃん……いや、救いの女神よ!」ウルウル

裕子「決めました! 今年の抱負は『サイキック除霊』をマスターする事とします!」ムムムムーン

歌鈴「わぁ、がんばってください~」パチパチ



芳乃(ふふふ……今年も良い年になりそうでしてー)



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:22:27.29 ID:iDHzawPeo

なんとなく終わり


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 04:24:55.74 ID:jQpr3RSjO


よしのんはつよい。

美穂は何しても漏れなく可愛いのはズルいと思うのです


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 06:08:02.41 ID:HB6wvLl/0


子守りの大変さを教えてくれるSSでした


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 11:38:48.07 ID:xIag5Z6jO

熊本弁……




掲載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483384302/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク