FC2ブログ

十時愛梨「炬燵へ潜ってぎゅうっとちゅうっと」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 17:51:19.31 ID:qbZmhicG0

「……プロデューサーさん」

「ん……何、どうしたの……?」

「いえ、えっと、用みたいなことは特に何もないんですけど……その、ちゃんと居てくれてるかなーって思って」

「居てくれてるか、って……こんなに近くで、こんなにくっついて、こんなに抱き締めあってるのに?」

「こんなにしてるのに、です。……目の前には、もうそれしか見えないくらいプロデューサーさんの顔が見えて。濡れた吐息の焼けそうな熱さまで感じられるくらいくっついてて。固さも柔らかさも何もかも、心地よく伝わってくる心臓の音まで分かるくらい抱き締めあってて。……でも、それでもです。だって……」

「だって?」

「……だって、こんなの幸せ過ぎます。一日の間をずっとずうっと、プロデューサーさんと一緒にいられるなんて。こんなに近くで、寄り添って、二人で明日までを迎えられるなんて。幸せで……幸せすぎて、まるで、夢みたいで」

「夢。……不安になっちゃったんだ」

「はい。……こんな本当の夢みたいに幸せな時間、本当は、本当に夢なんじゃないかって。私、不安で」

「そっかぁ。――それは、僕に解決してあげられる?」

「もらえます。きっと、プロデューサーさんにしか解いてもらえません」

「どうすればいい?」

「簡単です。ちょっと触れてくれれば、それで……」

「触れれば?」

「はい」

「でもそれ、今日こうして一緒になってから何度も――というか、ついさっきだってしたような気がするんだけど」

「……足りなくなっちゃったんです。さっき不安を消してくれたあれじゃ、もう、今の不安には足りないんです」
 


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 17:51:56.47 ID:qbZmhicG0

「愛梨は欲しがりさんだなぁ」

「そうです。私は欲しがりで、堪え性がなくて、わがままなんです。……さっきのじゃ、さっきのキスじゃ、もう足りません。……もっと、もーっと欲しいんです」

「もう。――いいよ、どこに?」

「もちろん、んっ……ここです。いーっぱい愛情の込もったキス、唇に、ください……」

「分かった。それじゃあ、ほら、目を閉じて」

「……閉じなきゃ駄目ですか?」

「いや、べつに駄目ってことはないんだけど……」

「それなら、このままで。このまま、プロデューサーさんが見えてるままで、したいです」

「……そんなにまっすぐ見つめられたままなのは、流石に照れるなぁ」

「えへへ、顔、赤くなっちゃってますもんね。炬燵に潜って、抱き締めあって――でも、そういう暑さは関係ない、熱い色」

「愛梨も赤いよ?」

「私だって照れてるんです。胸がたくさんドキドキして、吐息がどんどん濡れてきて、表情がなんだか上手く作れなくなっちゃって……。……でも、照れちゃってますけど、そんな照れよりもずっと、プロデューサーさんにまっすぐでいたい気持ちのほうが大きいから」

「……愛梨はずるいなぁ。心の底から本当、素直で、まっすぐで」

「ふふ、でもプロデューサーさんだってそうじゃないですか。今もこうしてずうっと、まっすぐ見つめる私のこと、ちゃんとまっすぐ見つめ返してくれてますし」

「そんなにまっすぐな愛梨を受け止めずに放ることはできないからね。……なんだかんだ、惚れた弱味って言うのかな。愛梨にはもう、甘くなっちゃって」

「いいじゃないですか、甘くって。甘いのはいいことですもん。いっぱい気持ちよくて、たくさん幸せで」

「まあ、愛梨といると幸せだ。っていうのはそうだと思うけどさ」

「本当ですか? ……えへへ、同じみたいで嬉しいです。私も、プロデューサーさんといられるととーっても幸せですから」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 17:52:32.54 ID:qbZmhicG0

「……愛梨は可愛いなぁ」

「えへへ。……私、可愛いですか?」

「うん。とっても」

「それじゃあそれじゃあ、私のこと、大好きですか?」

「大好きだよ。それはもう、これ以上ないくらい」

「なら……私のこと、愛してくれてますか?」

「もちろん。……好きで、大好きで、愛梨のこと愛してるよ」

「……えへへ」

「愛梨?」

「んっ……。んーっ!」

「ん……!」

「ん、ぅ……ふぁ、……えへへ……」

「……どうしたの、いきなり」

「えへへ……ごめんなさい。プロデューサーさんに嬉しいこと言ってもらえたから堪らなくなっちゃって……自分からしちゃいました。……嫌でしたか?」

「嫌なわけはないけどさ」

「良かったぁ」

「それじゃあ愛梨」

「はい?」

「不安なのは消えた?」

「はいっ。幸せでいっぱいで、ぽわぽわしてふわふわで、もうすっかり大丈夫ですっ」

「そっか」

「はいっ。……あ、でも」

「ん?」

「不安なのは大丈夫になりましたけど……でも、今のキスで私、もっともーっとたくさんキス、したくなっちゃいました……」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 17:53:17.91 ID:qbZmhicG0

「……愛梨は欲しがりさんだなぁ」

「ごめんなさい。……えっと、いいですか?」

「こんな、喋る度に唇が擦れるような近さまで迫った状態で聞くのかな?」

「我慢、できなくて……それにきっと、プロデューサーさんは許してくれるって思って」

「それはまあ、もちろんいいんだけどさ。その……」

「んむっ……!」

「んっ……」

「ん、ぁ……あー……ん、むゅ……」

「あ、んぅ……」

「んぁ、は……あぁ……。ふ、ふふ……えへへ……」

「……また急に。今度は吸ったり舐めたりまでしてくるし」

「べつに、いつもしてることですよー?」

「そうだけど」

「それに、吸ったり舐めたりまで、じゃありません。吸ったり舐めたりしか、です」

「足りなかった?」

「はい。……だって、プロデューサーさんのほうからしてもらえませんでした」

「や、あんな急にされたら」

「吸ったり舐めたりできたのも、唇だけでした。プロデューサーの舌も、歯も、ほっぺの裏側も……プロデューサーさんの口の中まで、キス、できませんでした」

「そんなふうに膨れられても」

「ぶぅー」

「ほっぺた膨らませてる愛梨も可愛いなぁ」

「あっ、えへへ、本当ですか? ……って、駄目ですよっ。今の私はぷんぷん愛梨なんです。怒ってるんですっ」

「その割にはキスし終わった後は満足そうに蕩けてたけど」

「蕩けてませんっ。ただちょっと、幸せ過ぎてとろとろーってなっちゃってただけですっ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 17:54:11.09 ID:qbZmhicG0

「そっかそっか。……それで、ぷんぷんな愛梨は何がご所望なのかな?」

「えっとですね。今度はプロデューサーさんからしてほしい、です」

「僕から?」

「そうです。……プロデューサーさんのほうから、私に。いっぱい、いーっぱい、キスしてほしいんです」

「キスかぁ」

「キスです。触れるだけの優しいキスも、吸ったり舐めたりするとろとろなキスも、お口の中のぜんぶを絡め合う幸せなキスも、どれもどれも何もかもです」

「そっか。……キスね、いいよ、それじゃ」

「ん……」

「ん、ちゅっ」

「……」

「……」

「……? えっと、プロデューサーさん……?」

「どうしたの、そんなに呆けちゃって」

「え、だって、今の」

「キスだよ? 愛梨に求められた通り、ちゅーって」

「……プロデューサーさん」

「ふふ、ごめんごめん。……愛梨があんまり可愛いものだからさ、つい悪戯心がね」

「……酷いです。プロデューサーさん、意地悪です……」

「キスはしたでしょ。可愛い愛梨へ、愛玩の鼻へのキス」

「口にしてほしかったのに……」

「口にしてもよかったんだけどさ」

「……むー!」

「ん、っと……もう、膨れながらキスしてくるのはどうなの」

「キスー……プロデューサーさんと……プロデューサーさんからの、ちゅー……」

「そんなに落ち込まれても」

「……ぶぅ。……分かりました。いいです。いいですもん」

「愛梨?」

「プロデューサーさん。身体、上を向くようにちょっと動かしてください」

「上に?」

「上です」

「ん、まぁ、いいけど……」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 17:54:53.99 ID:qbZmhicG0

「……」

「……愛梨」

「なんですか?」

「その、身体、動かしたいんだけど」

「……? はい、動かしちゃってください」

「いや、こう……愛梨が絡まり過ぎてて、動けないというか」

「え?」

「ほら、両腕でぎゅうって思いきり抱き締められてて。お腹の辺りはもぞもぞ擦り付かれながらくっつかれて離れられないし。足も絡められちゃってるから解けなくて……動くに動けないというか」

「あっ……えっと、ごめんなさい。今離れますから」

「うん、お願い」

「……」

「……」

「…………」

「…………愛梨?」

「……駄目です。いやです。私、プロデューサーさんと離れたくありません……」

「あー……でも、これだと上を向いてあげられないよ?」

「それも困ります……上を向いてもらえないと、その……」

「?」

「その、耳にキス……誘惑の、プロデューサーさんから唇へキスしてもらうための、誘惑のキス、できません……」

「……なるほど。そういう」

「うー……でも、離れるのは絶対いやだし……むー……それなら……」

「愛梨?」

「……んっ」

「……っ」

「ん……プロデューサーさん」

「……?」

「私、プロデューサーさんと離れたくなんてありません。でも、プロデューサーさんから唇へキス、してほしいです。……だから」

「だから?」

「だから、いっぱいいーっぱい、たくさんたーっくさん、キスします。誘惑のキスは、私にはできないかもしれませんけど……愛情のキスなら、私、できますから」

「唇への、キス?」

「はい。だって私、プロデューサーさんのことこんなに好きで、こーんなに大好きで、こんなにこーんなに愛してるんですもん。だから、プロデューサーさんへの愛情をいっぱいいーっぱい込めて、プロデューサーさんが応えてくれるまで、たくさん尽くして贈るんです」

「……愛梨」

「えへへ……私はプロデューサーさんのこと愛してますから、何度だっていつまでだってできちゃいます。……だから、プロデューサーさん。プロデューサーさんも、私のこと、きっと愛してくださいね……?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 17:55:22.76 ID:qbZmhicG0

以上になります。
お目汚し失礼しました。


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 17:56:29.20 ID:qbZmhicG0

高垣楓「特別な貴方との、特別で普通な日常」
http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs=news4ssnip&dat=1475141046

佐久間まゆ「贈りたい。叶えることのできる、ぜんぶ」
http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs=news4ssnip&dat=1480847983

及川雫「もぉーっとちゅー」
https://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs=news4ssnip&dat=1482304928

以前に書いたものなど。
もしよろしければどうぞ。


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 19:03:41.66 ID:81nEj7ZaO

なんなんだこのバカップルは…


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 19:31:59.62 ID:UVfmz5LJo

クリスマス終わったから油断した…ぐはっ(吐血


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/27(火) 11:08:53.65 ID:xW+w3d2C0

真冬に糖死しそう




掲載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482742279/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (104)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2025)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (109)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク