ミカサ「アルミンちゅっちゅする」

1: 1 2016/07/10(日) 23:00:07 ID:2sOTicXE

※キャラ崩壊あり
※エロなし
※ネタバレコメントは自重頼む


「でも僕は好きだよ。
知恵を絞って強きを挫く、勇敢な話だよ」


2: 1 2016/07/10(日) 23:01:08 ID:2sOTicXE

「ミカサ、寒いから中入れよ」

このところ、急に風が強くなることが多かった。
少し外に出ただけなのに、エレンは最近小言が多い。

「何か見えるのか」

もう家に戻ろうと思っていたので、答えるべきか迷ったあげく、エレンの反応を
待つ。

「星か?」
「ペルセウス座」
「ペルセウス座?なんだそれ」

エレンは薄着のままこちらへ来てしまった。
二人で夜空を見上げる。

「あれがアンドロメダ、あれがペガスス座、あれがカシオペヤ座」
「あれってどれのことだよ…」

早く家に戻ろうと、知ってる星を次々と指差すと、エレンはつまらなそうに首の後ろに手をやった。


3: 1 2016/07/10(日) 23:02:08 ID:2sOTicXE

「あの点がペルセウス座。たしか、ペルセウスという人物が怪物を倒した伝説がある。
それから、あの光が」
「どれだ?」

エレンの右手をとって、瞬いてる光へと向ける。

「あなたの人差し指の先。アンドロメダ。ペルセウスが怪物を倒して彼女を助けた伝説がある。エレンもう戻ろう」
「…ああ、そうだな」

エレンの手を引いて、少しだけ暖かな家へと戻る。

「ペルセウスって奴、怪物倒してばかりだな」

扉を閉めながらエレンが呟いた。
この感想には覚えがある。

窓から空を見上げるエレンは、口が半分空いていて、子供みたいな表情だった。
あの時わたしも、こんな顔をしていたのだろうか。


4: 1 2016/07/10(日) 23:02:42 ID:2sOTicXE

******************************

「アルミン?一人で出歩いたら危ない。戻って」

開拓地で支給される毛布は薄い。
三人で身を寄せあって寝ていたから、アルミンがいなくなったことはすぐに分かった。

アルミンは、枯れた草の上に縮こまるみたいにして座っていた。

「アルミン?」
「ごめんミカサ。星を見ていたんだ」

アルミンの声が震えていたので、泣いているのと訊きかけて、言葉を呑んだ。
でも聡いアルミンには、お見通しだったらしい。

「こうやって思い出してないと、父さんと母さんと話したことを忘れてしまう気がするんだ。一緒に読んだ本は、もう残ってないから」

アルミンの両親は、領土奪還作戦のために壁の外へ連れていかれた。
アルミンは、奪還作戦は建前で口減らしが目的なんだと、泣いていた。

あれから随分経って、何も知らせはない。
知らせはないけれど、わたしもエレンもその事を口には出さなかった。

「私にも教えて」

アルミンは鼻を啜って、目を眇めた。
笑ってくれて良かった。
アルミンの目は、昼間の空の色で綺麗。


5: 1 2016/07/10(日) 23:04:12 ID:2sOTicXE


「全部は知らないけど、大きな星には名前があるんだ」

アルミンは目をキラキラさせて、たくさんの星の名前を教えてくれた。
星はずっと同じ場所にはあるのではなく、季節で位置が変わるものらしい。

季節が変わったらまた見よう、と返事をすると、アルミンは少しだけ低い声になった。

「でも一人で見ちゃ駄目だよ。夜は危ないから」
「アルミンも一人にならないで」
「…ごめん。次は気をつけるよ」

一人は危ない。
夜は暗くて、野生の動物の足音も聞こえるし、食料や持ち物を奪われる人も何人も見てきた。
そう言えば、ここに来るまでに動物の糞のようなものを踏んだ気がする。
そう伝えると、アルミンは私の足を見て少しだけ距離を開けた。


6: 1 2016/07/10(日) 23:05:26 ID:2sOTicXE

「あれがペルセウス座だよ」

「ペルセウスは、盾を使ってメデューサを倒すんだ」
「たて?」
「メデューサは、目が合ったものを石に変えてしまう怪物なんだ。だからペルセウスは、持っていた盾を磨いてメデューサ自身に自分の姿を見せることで倒すんだよ」
「そう」
「もちろん空想の話だけど。でもペルセウスはそれだけじゃなくて、その帰りにアンドロメダを救うんだ」

あれがアンドロメダだよ。
アルミンは腕を目の高さにまであげて、拳一つ分くらい右を指した。
あれ、というのがどれだか分からないけれど、アルミンが指した辺りの大きな星を見る。

アルミンは幾つかの星座の由来を説明し、私に振り向いた。
何か、感想を言わなければいけない。

「ペルセウスは、戦ってばかり」

アルミンが喜ばない感想を言ってしまったと反省した。
私はアルミンのように人を励ましたり、喜ばせたりすることが出来ない。


7: 1 2016/07/10(日) 23:07:18 ID:2sOTicXE

「でも僕は好きだよ。知恵を絞って、強きを挫く。勇敢な話だよ」
「……アルミンは、意外と熱血漢」
「僕が?熱血漢はエレンだよ」

アルミンの瞳から涙が消えて、ほっとする。
エレンは盾を磨いたりしない、と、いもしない人物とエレンを比較して2人で笑った。

「それから、あの星はうごかないんだ」
最後にアルミンは、1番上に輝く、青とも白ともつかない星を指さした。

あの星は知っている。
私も父に聞いたことがあった。

「だから、あの星を見上げて自分の場所を知るんだ。壁の外に出たときは、夜はあの星が頼りになるかもしれない。
夜間に外の世界へ行くなんて、現実的な話じゃないけど」

アルミンと同じ分だけ首を傾けて、白い輝きを見た。
そう語るアルミンの瞳は、好奇心で輝いていた。現実的じゃないと口にしながら、諦めるつもりも一欠片もなさそうで、不安になる。

「アルミン」

アルミンの冷えた手を掴んで、両手で包む。
何と言葉をかけていいのか分からずに俯くと、アルミンが苦笑したのが分かった。

「ありがとう、ミカサ」


8: 1 2016/07/10(日) 23:08:20 ID:2sOTicXE

******************************

「それなら訓練兵の時に習っただろ」

位置を変えない星を伝えると、エレンは少し得意気になった。

「真上にあって動かないから、遭難したときの目印にしろって」
「そうだったかもしれない」
「それで、あれは何て名前だよ」

エレンに訊かれて、あの星の名前を知らないことに気がついた。
時々思い出して、心の縁にしながら、私はあの星の名前を呼ばなかった。

「知らない」
「他の星は知ってて、何であれは知らないんだよ…」

エレンが呆れたように呟いて、就寝の準備を始めてしまう。
私は衝動的に出かかった言葉を、慌てて飲み込んだ。

「アルミン」と呼びたい。
そう伝えたら、きっとエレンは困ってしまうから。


9: 1 2016/07/10(日) 23:09:36 ID:2sOTicXE

終わり。
なんか思ったより短かったので、後日別の短編も投下したいと思います。


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/10(日) 23:12:45 ID:/fqoIdmQ

乙乙


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/11(月) 00:31:09 ID:sp/8msRU

こんなスレタイなのに泣きそう


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/11(月) 00:43:26 ID:9mO27WyY

素敵だ




掲載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1468159207/l50
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (20)
アイドルマスター (1089)
悪魔のリドル (43)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (76)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1386)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (5)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (399)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1375)
ガンダムビルドファイターズ (3)
きんいろモザイク (64)
黒子のバスケ (10)
けいおん! (119)
コードギアス (40)
ご注文はうさぎですか? (270)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (654)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (74)
ジョジョの奇妙な冒険 (87)
進撃の巨人 (250)
新世紀エヴァンゲリオン (113)
涼宮ハルヒの憂鬱 (268)
生徒会役員共 (15)
ソードアートオンライン (34)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (173)
中二病でも恋がしたい (6)
とある魔術の禁書目録 (175)
NARUTO (68)
ニセコイ (30)
のんのんびより (39)
化物語 (41)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (99)
Fate/Zero (41)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (13)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (37)
魔王・勇者 (314)
魔法科高校の劣等生 (21)
魔法少女まどか☆マギカ (376)
みなみけ (27)
ミリマス (239)
モバマス (3156)
名探偵コナン (170)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (430)
結城友奈は勇者である (68)
ゆるゆり (381)
ラブライブ (1579)
リトルバスターズ! (89)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (4)
ひなビタ♪ (35)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (20)
Fate/GrandOrder (60)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (37)
ハナヤマタ (3)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (15)
グラブル (14)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (4)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (14)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (10)
マギ (1)
マクロスΔ (1)
ストライクウィッチーズ (3)
ブレイブウィッチーズ (6)
Re:ゼロから始める異世界生活 (2)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (6)
ガヴリールドロップアウト (29)
けものフレンズ (3)
鉄血のオルフェンズ (4)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク