fc2ブログ

瀬尾「若の誕生日かぁ……」

1: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:14:01.99 ID:XzA55cAv0

学校

瀬尾「はーあぶねーあぶねー。 ギリギリセーフ」

瀬尾「えーっと……若どこにいるかなー」

若松「……」スタスタ

瀬尾「あ、いた!!」

瀬尾「おーいわ……」

野崎「若松、誕生日おめでとう」

瀬尾「!」




2: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:14:53.01 ID:XzA55cAv0

若松「の、野崎先輩……俺の誕生日、覚えててくれてたんですか!?」

野崎「当たり前だろ、俺の後輩だからな」

若松「あ、ありがとうございます!!」

野崎「それと誕生日プレゼントだ、バスケットボール型キーホルダー」

若松「ありがとうございます!! 大切に使います!!」

野崎「じゃあ俺、もう教室に戻るから」

若松「はい!! 俺、野崎先輩の誕生日、絶対祝います!!」











瀬尾「……」

瀬尾「若の誕生日かぁ……」


3: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:15:25.17 ID:XzA55cAv0

瀬尾「折角の誕生日だし私も何かあげよっと」

瀬尾「流石私、いい女」

瀬尾「……!!」











若松『声楽部のローレライさんは……あの人は俺にとって……女神なんです!!』














瀬尾「あ、そうだ」


4: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:16:33.08 ID:XzA55cAv0

放課後

部員「若松!! パス!!」

若松「はい!!」

部員「いいぞ!! ナイスだ!!」

若松「ありがとうございます!!」

若松「……」

若松(久しぶりに瀬尾先輩がいない部活……こんなにも楽しいなんて!!)

若松(もしかして……『部活に来ない』ってのが先輩からのプレゼントなのかも)

若松(……いや、あの人のことだ。 そこまで考えてないよな)


5: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:17:00.45 ID:XzA55cAv0

帰り道

若松「いやー今日の部活は思いっきり身体を動かせたなー」

タッタッタッ……

若松「……ん? 後ろから誰か……」

瀬尾「若ーーーーーーー!!!」

若松「げえっ!? 瀬尾先輩!!?」

瀬尾「『げえっ』ってなんだよ『げえっ』って」

若松「だって……久しぶりに先輩が部活に来なかったから1日がいい気分で終わるって所で来るから……」

瀬尾「まーたそうやって照れ隠ししてー。 素直じゃないやつだなー」

若松「照れ隠しじゃないですよ!!」


6: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:17:47.21 ID:XzA55cAv0

若松「そういえば……なんで今日は部活に来なかったんですか?」

瀬尾「そんなん用意する為に決まってんじゃん」

若松「『用意』……?」

瀬尾「誕生日おめでとう若」

若松「!!! 俺の誕生日……知ってたんですか!?」

瀬尾「朝、野崎がお前祝ってるの見て知った」

瀬尾「折角だからお前に会った時にプレゼントとお祝いのメッセージ言おうと思って」

瀬尾「『うっわー、瀬尾先輩に祝ってもらいたいのにどこにもいねぇよ』って思ったでしょ」

若松「思ってないですよ……」


7: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:18:14.59 ID:XzA55cAv0

若松「でも……先輩に祝ってもらえるなんて考えてもなかった……ありがとうございます」

若松「それで……プレゼントというのは?」

瀬尾「これ」

若松「……このUSBですか?」

瀬尾「そ。 このUSBね、歌が入ってるの」

瀬尾「歌録る為に今日はバスケ部に来なかったんだ」

若松「!!!!!!!?」


8: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:18:43.51 ID:XzA55cAv0

瀬尾「お、その顔は感動してるな?」

若松「逆ですよ逆!! 真逆です!!」

瀬尾「えっ」

若松「なんで俺が瀬尾先輩の下手くそな歌声を聴かなきゃいけないんですか!!」

若松「申し訳ないですけどこれは貰えないです!! それに俺、先輩からはもう誕生日プレゼントもらってるし……」

瀬尾「私、何か渡したっけ?」

若松「『瀬尾先輩がいない部活』ですよ!!」ダッ

瀬尾「あっ、行っちゃった……」


9: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:19:17.37 ID:XzA55cAv0

若松「……」タッタッタッ

若松(流石に瀬尾先輩も自分が音痴なのは自覚してる筈……)

若松(なのにあんなのを渡そうとするなんて……嫌がらせにも程がある!!)










瀬尾「ちぇっ、折角あげようと思ったのに」


10: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:19:45.26 ID:XzA55cAv0

次の日

瀬尾「このUSBどうしよっかなー」

佐倉「結月ーー!!」

瀬尾「あ、千代」

佐倉「ねぇねぇ!! 新曲ある!?」

瀬尾「!」

瀬尾(若ももらわないって言うし千代にあげちゃお)

瀬尾「あるよー。 いる?」

佐倉「うん!! ありがとう!!」


11: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:20:54.50 ID:XzA55cAv0

野崎「若松、ローレライの新曲いるか?」

若松「はい!! 勿論です!!!」













若松(今回はどんな曲なんだろうな……)

~♪

若松「zzz……」バタッ


12: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:21:59.67 ID:XzA55cAv0

若松「凄いんですよ!! 本当に!! 今までのローレライさんの曲の中で一番です!!」

若松「あの歌は芸術そのものです!!」

野崎「そ、そうか……なら良かった」

若松「しかもですよ!! 歌の最後に……」

若松「『ハッピーバースデー』って言ってくれたんですよ!!」

野崎「た、誕生日プレゼントが歌とはオシャレだな……」


13: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:22:27.56 ID:XzA55cAv0

若松(それにしてもどうしてローレライさんは俺の誕生日を知ってたんだろう……)

若松(……あっ!!!)

若松(もしかして……瀬尾先輩に教えてもらった!!?)

若松(あり得る!! 同じ声楽部だし……)

若松(俺の誕生日を知った瀬尾先輩はわざわざ俺の為にローレライさんに新曲の依頼を……)

瀬尾「あ、若じゃん」

若松「!!! 瀬尾先輩……俺の誕生日に……部活で俺の話しましたか?」

瀬尾(そういえば部活のやつに『なんで来たの?』って言われたから若の話したなー)

瀬尾「うん、した」

若松「……すみませんでした!!!」

瀬尾「えっ」


14: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:23:01.07 ID:XzA55cAv0

若松「俺、瀬尾先輩のおかげで最高のプレゼントをもらいました!! ありがとうございます!!」

若松「その……この間はごめんなさい……先輩のUSBを貰うのを拒否しちゃって」

若松「あの……この間のUSBってまだ持ってますか? 俺、ちゃんと聴きます!!」

若松「俺、瀬尾先輩の聴いて欲しいって意志を無視してました……」

若松「下手くそなのに……俺の為に祝ってくれてる思いを踏みにじってました……」

若松「先輩の気持ちを無駄にしちゃいけないって気付いたんです!!」

瀬尾「あのUSBもうないよ」

若松「えっ」


15: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:23:38.57 ID:XzA55cAv0

瀬尾「うーん……」











若松『どんなに下手くそでもいいです!! 聴きますから!!』











瀬尾「つっても誕生日もう過ぎてるのに誕生日用のやつ録ってもなー」

ガラガラ

鹿島「先生!!」

瀬尾「あ、鹿島」

鹿島「今日も歌のレッスンに来たよ!!」

瀬尾「……」

鹿島「……先生?」

瀬尾「いいこと思いついた」ニヤッ


16: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:24:07.59 ID:XzA55cAv0

その後

野崎「それが瀬尾の歌声が入ってるUSBか……」

若松「はい……すいません、野崎先輩にも聴いてもらうことになって」

若松「やっぱり一人だと聴くのが怖くて……」

野崎「いや、俺は別に気にしてないが……」

若松「じゃあ……流しますよ」

野崎「ああ」














『はーーーーーーーーーあーーーーるーーーーーーーのーーーーーーーおーーーーーがーーーーーーわーーーーーわーーーー!!!!!』

若松「ああああああああああああああ!!!!」

野崎「くっ……なんという歌声……」

野崎「……!!」

野崎(この歌声……鹿島か?)


17: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/03(土) 22:24:36.25 ID:XzA55cAv0

その後

若松「瀬尾先輩!!!! 見てくださいよこの本!! 歌が上手くなるコツが書いてありますよ!!」










若松「瀬尾先輩!! なんで遅刻したんですか!? 先輩のクラス、一限目は音楽でしょう!?」











瀬尾「だーかーらー。 この間のは鹿島の歌声なんだってば」

若松「俺は騙されないですよ!! ほら、この本も読んで!!」

瀬尾「私歌下手じゃないって。 なんならカラオケ行く?」

若松「先輩の歌声は上手くなってからじゃないと聴きたくありません!!」

~終わり~




掲載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472908441/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク