FC2ブログ

千早「プロデューサーが猥褻行為なんて最低ね」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 00:13:42.74 ID:uXKd5sT00

途中までになると思いますが、時事ネタなんでとりあえず



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 00:16:40.98 ID:uXKd5sT00

春香「どうしたの千早ちゃん。聞き捨てならない言葉が聞こえたような…」

千早「あ、春香。ちょっとこれを見て」スッ

春香「雑誌か、よかった」

春香「えーと。『女性アイドルグループ電撃解散。睡眠中のアイドルにプロデューサーが猥褻行為』って、なにこれ!」

千早「アイドルがプロデューサーの卑劣な行為で解散に追い込まれたらしいわ」

春香「ひどい…」

千早「ええ。プロデューサーだって私に手を出すのを我慢してるのに」

春香「ん?」

千早「え?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 00:24:42.50 ID:uXKd5sT00

千早「アイドルにとってプロデューサーは誰よりも信頼できる存在…その立場を悪用するなんて」

貴音「私も同感です」

春香「あ、貴音さんおはようございます」

千早「四条さんも見たんですかこの記事」

貴音「ええ、小鳥嬢に教えていただきました。実に卑劣な…」

春香「はい、ひどいです…」

貴音「このぐるーぷを私は存じあげないのですが、大変傷ついたでしょう」

千早「名古屋を中心に活動するグループらしいわ」

春香「そういう大変な時期は、一番プロデューサーに支えてもらいたいときなのに…」

千早「本当ね。プロデューサーだってシャチホコを理性で抑えてるのに…」

春香「ん?」

千早「え?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 00:30:17.32 ID:uXKd5sT00

律子「ただいま戻りましたー」

亜美・伊織・あずさ「戻りましたー」

真美「たー」

春香「おかえりなさい。真美も」

真美「途中で拾ってもらっちった。なに見てんの?」

千早「これよ」サッ


亜美「どれどれ…ゲッ…」

真美「なになに…なっ!?///」

あずさ「ふむふむ…あらー…」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 00:45:04.30 ID:uXKd5sT00

亜美「これは流石に引くわ…」

真美「さ、さいて→だよ!さいて→!」

あすさ「ひどいわねぇ…」

律子「どうしたの?みんな」


律子「ん?…あー…あの記事かー…みんなを不安にさせない為にも、あんまり見せたくなかったんだけど…」



伊織「……安心しなさい律子」

律子「伊織…?」

伊織「律子も…あいつも完璧ではないかもしれないけど、でも…いつも私達の為に頑張ってくれてる」

伊織「二人が汗をかいて走り回ってくれていることを知っているわ。」

伊織「だから、765プロのみんなは二人のプロデューサーを信頼している」

伊織「…も、もちろん私もよ…」

律子「伊織…」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 00:57:46.12 ID:uXKd5sT00

伊織「だ、大体!このプロデューサーがおかしいのよ!こんなことをしてるから芸能界が変な目でみられるのよ!」


やよい「どんなことしたんですか?」

響「どんなことしたんだ?」ニヤニヤ

伊織「なっ!い、いつの間に!?」

律子「あ、真に雪歩もお帰り。レッスンはどうだった?」

真「順調ですよ。プロデューサーもすぐ来ます。…で、伊織。何があったのかな?」ニヤニヤ

伊織「…い、いつから…?」

響「『……安心しなさい律子』あたりから」ニヤニヤ

真「『も、もちろん私もよ…』まで」ニヤニヤ

伊織「全部じゃない!」

雪歩「ふ、ふたりとも…」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 01:04:37.15 ID:uXKd5sT00

貴音「響、これですよ」

響「ん?雑誌?…うわっ…」

雪歩「……最低……」ボソッ

真「プロデューサーの…いや!男の風上にも置けない奴だな!」

やよい「なにがですかー?」

雪歩「や、やよいちゃんは知らなくても大丈夫だから!」

やよい「?」

真「律子さん!伊織の言う通りみんな二人のことを信頼してますよ!もちろん僕も!」

響「そうだぞ!頑張ってくれてる二人のことを信頼してるぞ!もちろん自分も!」

伊織「二回も繰り返さなくていいから!!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 01:06:41.17 ID:uXKd5sT00

すいません…訂正。もう今日は寝ます…

貴音「響、これですよ」

響「ん?雑誌?…うわっ…」

雪歩「……最低……」ボソッ

真「プロデューサーの…いや!男の風上にも置けない奴だな!」

やよい「なにがですかー?」

雪歩「や、やよいちゃんは知らなくても大丈夫だから!」

やよい「?」

真「律子さん!伊織の言う通りみんな二人のことを信頼してますよ!もちろんボクも!」

響「そうだぞ!頑張ってくれてる二人のことを信頼してるぞ!もちろん自分も!」

伊織「二回も繰り返さなくていいから!!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 21:18:05.19 ID:uXKd5sT00

真「でもまあ、うちのプロデューサーは大丈夫でしょうね」

響「そうかぁー?衣装とかに着替えるといつも『可愛い可愛い』って言ってくるぞ!まったく困ったプロデューサーさー」テレテレ

貴音(かわいい…)

真「この前レッスン帰りで二人っきりの時、助手席で疲れて寝ちゃったんだけど特に何もなかったしね」

真「いやー、けっこう薄着だったし、プロデューサーには刺激が強すぎたかもなぁー。熟睡してて衣服も乱れたたし」

真「あれはもう色々みえてたかもなー。あの日は勝負下着だったしプロデューサーは大変だったろうなー」

雪歩「真ちゃんはしたない…」

亜美「熟睡してたのにずいぶん記憶がはっきりしてますねぇ…」

亜美「そもそもなんでレッスンにそんなもの着ていく必要があるんですかねぇ…」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 21:27:42.47 ID:uXKd5sT00

真「ま、このことからもプロデューサーは信頼できるといってもいいと」

千早「…それはどうかしら」

真「ん?千早はプロデューサーのこと疑ってるの?」

千早「いえ。信頼はしているけれど、果たしてそれで本当にその証明になるのか。ってことよ」

真「ん?どういう意味?」

千早「いえ、あまりこういうことは言いたくないのだけど…」

真「なんだい?」

千早「真では力不足だったのではないかしら」

真「は?」

千早「ただ単に、真ではピクリともしなかった可能性があるわ。pが」

真「あ?」

千早「お?」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 21:39:09.52 ID:uXKd5sT00


律子「はいはい。そんなにじゃれ合わないの。そろそろプロデューサーも帰って「戻りましたー」

P「すいません駐車場が混んでて…って二人ともそんなに見つめ合ってどうしたんだ?全くうちのアイドルは仲がいいなぁ」

春香「プロデューサーさんにはあれが見つめ合ってるように見えるんだ…」

伊織「幸せな脳内ね」

やよい「うっうー。仲がいいのはいいことですよ」


P「あれ?美希だけいないのか」

小鳥「お帰りなさいプロデューサーさん。美希ちゃんなら応接室のソファーで寝てますよ」

P「そうなんですか。じゃあ起こしてきますね」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 21:47:47.15 ID:uXKd5sT00

亜美「熟睡中のアイドルとプロデューサー…はっ!この状況は!」

真美「魅惑的なアイドルとプロデューサーの二人きり!雑誌と同じ状況!」

真「ボクの時と同じだけどね」

千早「ソファーはここからでは死角にあたる場所。なにが起きても…」

小鳥「落ち着いてみんな。こんな事もあろうかと美希ちゃんの寝顔を記録する為のカメラが仕掛けてあるわ!こんな事もあろうかと!」

春香「いつか小鳥さんも通報したほうがいいんじゃ…」

真「これで美希に何もなければ、イコールボクも魅惑的ってことになりますね!」

亜美「いや、そのりくつはおかしい。」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 21:57:50.85 ID:uXKd5sT00

美希「あふぅ…おはようなの」

千早「何事もなく普通に起こしたわね」

真美「兄ちゃんには逆にがっかりだよ…」

亜美「このそーしょく野郎が」

春香「でもこれでプロデューサーさんは信頼できるってわかったね」

P「ん?なんの話だ?」

律子「ほら、あれですよ。例のアイドルグループが解散した」

P(んー?解散?あぁ!SM@Pか!)


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 22:03:40.12 ID:uXKd5sT00

P「残念だな。あんなに素晴らしいアイドルグループが…」

春香「知ってるんですか?」

P「いや直接は。テレビでみたり何回か局でみかけたぐらいだな」

春香「へー。結構有名なアイドルだったんですね」

P「結構って、国民的だろ」

春香「国民的!?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 22:15:40.25 ID:uXKd5sT00

P「新聞やニュースで騒がれたろ?」

春香「そ、そうだったんですか…私達は雑誌で初めて知って…」

P「そうなのか。珍しいな」

春香「でも、そんなアイドルが解散するなんて、よほどの事をされたんですね…」

P「まあ、何年もいればメンバー間でいざこざも起きるさ」

春香「そのいざこざがメンバーの問題じゃないのが問題なんです!」

P「?あぁ、確かに今回の解散にはメンバー以外の人も係わったみたいだな」

春香「こんな形でアイドル業界の闇を見ることになるなんて…」

P「たしかに。(TV局の)プロデューサーから色々聞いたよ」

春香「どんなことですか?」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 22:24:33.06 ID:uXKd5sT00

P「仲はあまり良くなかったって言ってたなー」

春香「な、中が良くないって!?な、なんてこと聞いてるんですか!最低ですよ!!」///

P「いろんな問題も乗り切ったのになぁ。公園で裸になったこととか…」

春香「野外!?野外でもそんなことされてたんですか!?」

P「路駐のときに逮捕された問題とか…」

春香「路チュー!?人前でも!?しかも逮捕って!どんな過激なことやらかしたんですか!!」

P「最後の方はかなり周りのスタッフは気を揉んでたらしいな」

春香「腋を揉む!?なんですかそのフェチズム!若林さんですか!?」


春香「聞いてればなんですかそれ!グループを解散においこんだ人が!」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 22:38:55.71 ID:uXKd5sT00

P「でも、気持ちはわかるな…」

全員「!?」


P「ああいう状況になったら独り立ちしたいって気持ちになるんだろうな」

雪歩「ああいう状況(アイドル就寝)…」

千早「一人勃ち…」


P「どこまで行けるのか。自分だけの力であの(芸能界という)狭き門をこじ開けられるのか…」

真「どこまでイけるか…」

亜美「狭き門(意味深)」

真美「こじ開ける(意味深)」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 22:50:09.74 ID:uXKd5sT00

P「あの狭くも奥深い世界で、プロデューサーとして精を出して自分の爪跡をのこしたい」

伊織「奥深い…」

あずさ「精をだす…」

貴音「爪痕を残す…」


P「後進のために種をまきたい。たとえメンバーが疑心暗鬼になり、贖罪の念にかれたとしても…」

響「種をまく…」

美希「ギシアン…」

春香「食ザの粘液…」


やよい「?」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 23:05:05.16 ID:uXKd5sT00

P「そんな考えを持ったとして…果たしてそんなに責められることかな?」ニコッ

春香「責められますよ!!」

P「ええ!?」

春香「犯罪ですよ!犯罪!」

P「え?ファンに対しては不適切だが犯罪ではないだろ?」

春香「え!?」

P「あちらを立てればこちらが立たないなんでことはよくあるし…」

小鳥「アレを勃てればコチコチ…」

律子「一体なにを言ってるんですか!」

P「お前らが何をいってるんだ…」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 23:19:15.43 ID:uXKd5sT00

春香「庇うんですか!?」

P「え?いや庇うというか、そんな考えも理解できると…」

春香「なっ!?」

千早「まあ落ち着きなさい春香。」

春香「千早ちゃん!でも!」

千早「プロデューサーだって男性だもの…そういう目で見てしまう…野心を持ってしまったのも仕方ないわ」

P「ん?俺が野心をもつ?」

千早「ええ。でも、プロデューサー。みんなを犠牲にするわけにはいきません。ここは私が一肌脱いで(文字通り)…」

P「!ああ、そうか。千早!安心しろ!お前達を見ている間はぜんぜん!まったくそんな気にはならないから!」

千早「」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 23:41:27.12 ID:uXKd5sT00

千早「」

P「どうした千早?」

春香「…あ、あのプロデューサーさん…」

P「ん?なんだ?」

春香「…全く…ですか?」

P「ああ!」


美希「き、きっとあんな酷い事はしないって意味だと思うな!きっと!」

響「そ、そうだぞ!」

あずさ「あ、あのプロデューサーさん。もしプロデューサーさんがそんな状況になったとして…」

P「はい。(SM@Pのマネージャーか…)」

雪歩「その…あんな酷いことはしないとしても、別の感情…」

亜美「信頼関係以上の…」

真美「た、たとえば恋愛感情とか」

真「ちょっとした性的な感情を抱いたりとかは…」


P「はぁ?そんなの抱くわけないだろ。男相手に」

真「お、おと……」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/18(木) 23:55:11.04 ID:uXKd5sT00

P「どうしたんだ?さっきからみんな一体」

春香「いや…安心ではある事はあるんですが…そんなにはっきり言われると複雑というか…」

P「複雑?」

P「(……あっ!そうか。さっきのあれじゃみんながSM@Pみたいになれないって言ってる様に聞こえるか!)」

P「ち、違うぞ!みんな!そういう意味じゃなくてだな!」


P「俺はずっと、最後まで真面目にみんなの面倒をみて、お前達とずっと一緒にいたいって意味で…!」





全員「……ん?」




全員「……いま」

全員「……なんでもするって」

P「言ってないよ!?」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/19(金) 00:09:28.47 ID:KT1eBb4e0

春香「けっきょく誤解だってことがわかってよかったですね」

伊織「まったく、プロデューサーならそのくらい察しなさいよ。アイドルとしてNGワード連発しちゃったじゃない」

春香「アハハ……。でも、プロデューサーさんがほんとに信頼できる人だってわかったから」

雪歩「今回のことでわかったけど、信頼って大変なことなんだね」

真「そうだね。ちょっとのすれ違いが大きな亀裂になって修復不能になってしまったり」

亜美「信頼してはいけなかったプロデューサーもいたりね」

真美「うちの兄ちゃんは大丈夫だけどね→」

響「自分、この事務所にきてよかったぞ」

美希「ハニーのこともっと好きになったの」

やよい「うっうー!私もプロデューサーのこと大好きです!」

あずさ「みんな今回のことでさらに心が通じ合ったみたい」


春香「はい!だって私達!仲間だも「フフフ」

貴音「千早は最初からプロデューサーのことは疑っていなかったようですね」

春香「……」



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/19(金) 00:21:14.37 ID:KT1eBb4e0

千早「え?」

貴音「フフフ…あんな事を言っていても、わたくしの目は誤魔化されませんよ」


千早「…そうですね。私はあの人にまさに人生を預けてますから」

千早「私が歌で人を感動させられる人間になれるのか、この世界で必要とされる人間になれるのか…」

千早「すべてプロデューサーと共に進んでいかなければならない事ですから」

千早「そんな人を…信頼してないはずないじゃないですか」

春香「千早ちゃん…」


千早「ま、プロデューサーの家にはカメラも仕掛けてありますし」

春香「」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/19(金) 00:36:54.33 ID:KT1eBb4e0

千早「プロデューサーの私生活や性癖のことなら大体は…」

千早「最近カギをかえたみたいでどうしたものかと…」

春香「…ち、千早ちゃん!そんなこと

バンッ!!

春香「!」

貴音「千早…あなたという人は……!!」

春香「(貴音さんがこんなに怒るなんて…!)言ってやってください!貴音さん!!」

貴音「千早!!」


貴音「たまには私達を頼ってください!」

春香「!?」

千早「!!これはプロデューサーの家の牛乳(飲み掛け)!」

伊織「ばかな!?ティンプル系シリンダー錠だったはずよ!どうやって!」

春香「!?!?」

雪歩「アンチピッキングピンも入ってるはずですぅ!」

春香「!?!?!?」

貴音「フフフ…。トップシークレットです」

貴音「そんなことより、私達とあの方との信頼が深まったことに祝杯あげましょう!」

アハハタカネサンタラー
ケイホウハドウシタンダ?
モウイイジャンソンナノー
アハハハハ


春香「うん、知ってた。」



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/19(金) 00:39:02.66 ID:KT1eBb4e0

終わりです。ありがとうございました。
結局いつもどおりのちーちゃんにしてしまいました。


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/19(金) 00:45:32.74 ID:yfnmynZU0

やよい以外が酷すぎるww


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/19(金) 01:10:22.99 ID:gpm82e5uO

いつも通りの765プロだなー(白目)


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/19(金) 01:39:22.99 ID:ZNJcDZUMo

なぜ765アイドルはそっち方面(ストーカー)の技術を身につけてしまうのか




掲載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471446822/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク