fc2ブログ

提督「MVPを取った子にご褒美をあげよう」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 19:35:20.94 ID:rkXta8hr0

ざわっ……

吹雪「ご、ご褒美って、なんでもいいんですか!?」

提督「ああ、いいぞ。みんな頑張ってくれているからな」

長門「物ではなく、願い事でも構わないのか!?」

提督「なんだ、えらくがっつくなw」

提督「いいぞ。俺にできることだったら、なんでも叶えてやろう」

大和「だったら……」

艦娘「「「提督の乳首を吸わせてください!!!!」」」

提督「!?!?!?」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 19:40:19.96 ID:rkXta8hr0

その日から、艦娘たちに乳首を差し出す日々が始まった――。

吹雪「てっ、提督! 私、やりました!」

吹雪「MVP、取りましたよ!」

はじめての相手は、吹雪だった。

頬を赤らめ、息せき切って現われた彼女の体は、

それが証しだとばかりに、キラキラと輝いていた。

提督「な、なあ、やっぱり止めないか?」

提督「乳首なんて吸って、なんの意味が……」

吹雪「何を言っているんですか!!!!」

吹雪「言い出したのは、提督ですよ!?」

執務室の机に身を乗り出した吹雪は、怖いほどの勢いがあり、

私には、止めることなどとてもできなかった――。


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 19:44:12.25 ID:rkXta8hr0

吹雪「はやくっ、はやくっ」

提督「くっ……」

急かされるがままに、上着を脱いではみたものの、

そこから先が、どうしても進まない。

なぜならば、事は乳首の問題だ。

乳母でもあるまいに、それをさらして、かつ、吸わせるなどと――。

日本男児としての矜持が、許すはずもなかった。

提督「……すまん。やはり、止めに」

一度は脱いだ上着を手に取り、

それを着込もうとした瞬間だ。

吹雪がシャツの下に潜り込んできたのは。


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 19:46:46.19 ID:rkXta8hr0

提督「吹雪っ! な、何をっ!?」

吹雪「ふーっ! ふーっ!」

吹雪は私の声など、耳に入っていない様子だった。

ただ、強引に私の胸元に頭をねじ込み、ミミズのようにシャツの下を這い回る彼女は、

すぐにも私の乳首を探し当て、落ち着く間もなく、それにむしゃぶりついた。

吹雪「じゅるっ! じゅぱっ!!!!」

提督「吹雪、ふぶっ……あっ……!」

かつてない感覚が、私の乳首を支配した。


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 19:50:41.96 ID:rkXta8hr0

吹雪「じゅっ……! じゅっ……!」

吹雪がスポイトのように口をすぼめ、

一心不乱に私の乳首を吸い上げる度に、

むずがゆいような、切ないような、えもいわれぬ感触が伝わってくる。

提督「くっ……! ううっ……!?」

気持ちいいわけではない。

気持ちが悪いわけでもない。

ただただ、不可思議な心地にゆられ、

じっと、時間が過ぎるのを待っていた――。


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 19:54:27.43 ID:rkXta8hr0

吹雪「提督、ありがとうございました!」

吹雪「提督の乳首を吸ったから、私、もっと頑張れます!」

吹雪「またMVPを取るので、次もよろしくお願いしますね!」

三十分ほど、私の乳首を堪能した後。

吹雪は、とても晴れやかな顔で執務室を去っていった。

提督「なんだったんだ……」

悪夢のような体験に、私の体からは力が抜けてしまった。

気だるげな気分のまま、椅子に深く腰かける。

まだ湿っている乳首は、じんじんと弱くうずいていた。


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 19:56:55.78 ID:rkXta8hr0

提督「何が楽しくてこんなことを……」

年頃の婦女子の考えることは、まるで理解できない。

だから、褒美は彼女たちが望むものにしようと考えたのだが――。

その結果が、これだ。

乳首を供物と捧げるなど、前代未聞の出来事だ。

止めさせるべきか――いや、しかし、あの様子。

無理に止めると、士気の低下につながるかもしれない。

そう考えると、どうにも踏ん切りがつかなかった。


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:00:33.08 ID:rkXta8hr0

コンコン

加賀「入るわよ」

提督「……ああ、加賀か」

しばし、ぼんやりとしていると、加賀が書類を持ってやってきた。

仕事の時間が来たようだ。意識は切り替えなければならない。

提督「ありがとう。それはここに置いてくれ」

加賀「ええ」

先のことより、目の前のことに集中するべきだ。

私は早速、束となった書類に目を通し――。

加賀「それで、提督」

提督「なんだ?」

加賀「私もMVPを取ったわ」

提督「……?」

加賀「早速、乳首を吸わせてもらうわね」

提督「!?!?!?」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:02:19.76 ID:rkXta8hr0

提督「まさか、お前まで……!?」

提督「止めろっ、止め」

提督「あっ、あっー!?」

ジュポッ!! ジュポッ!!

ヂュウウウウウウウウ!!!!

………………

……空母の馬力は、駆逐艦とはケタが違った。

壮絶なバキュームに、たまらず私は悲鳴を上げた――。


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:08:38.67 ID:rkXta8hr0

この日から、私は日に三度、艦娘に乳首を差し出すこととなった。

電「チュウ、チュウ……」

駆逐艦には、赤ん坊のように吸いつかれ、

川内「レロッ……チュッ、チュウッ」

軽巡や重巡にはおもちゃのように玩ばれ、

大和「ジュッ、ジュッ!!」

そして、戦艦や空母からは、跡が残るほどの吸引を受けた。


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:11:32.80 ID:rkXta8hr0

吸い、ねぶられ、虐げられて――。

日に日に、私の乳首は太く、大きく成長していった。

それに合わせて感度も増し、

行為の最中、思わず声を上げることもあった。

それが艦娘たちには楽しいようで、

もっと育てよう、もっと声を上げさせようと、

彼女らの技巧は、日に日に、増していくばかり。


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:14:07.12 ID:rkXta8hr0

ただ、幸いにして、吸われるのは右乳首ばかりで、

左乳首は手つかずのまま、元のままの姿を保っているが――。

提督「……くそっ」

そんなこと、何の慰めにもならなかった。

右と左の違いを見て、一層、惨めな気持ちが増すだけだ。

この気分を味あわせるために、艦娘たちは右に集中していたのだ――。

私はてっきり、そう思っていたのだが、

真実はもっと、残酷だった。


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:16:44.26 ID:rkXta8hr0

利根「MVPを取ったぞ!」

その日もまた、執務室に艦娘がやってきた。

利根「さあ、乳首を出すがいい!」

今日のMVPは利根のようだ。

意気揚々とやってきた彼女は、輝く笑顔で要求し、

私はそれに応え、無言でシャツを脱ぎ捨てて――。





大淀「――MVPを取りました」

提督「……っ!?」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:21:01.65 ID:rkXta8hr0

にこやかに現われたのは、大淀だった。

彼女は楚々と歩み寄ると、当然の権利のように私の乳首をなでる。

提督(馬鹿な……っ!?)

MVPとは、たったひとりに許される称号。

頂点はただひとつ、並び立つことは決してないのだ。

しかし、現に大淀が現われ、それを利根は受け入れている。

目の前の事態から推測される可能性は――ただ、ひとつ。

提督「連合艦隊……!?」

微笑む少女たち。

それが、答えだった。


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:26:09.52 ID:rkXta8hr0

利根「じゅるっ!」

大淀「じゅぽぉ!」

提督「ひぃぃ!!」

あられもない嬌声を上げ、私は身を震わせた。

利根が右の乳首に吸いつき――大淀が左の乳首に吸いついている!!

それはかつてない経験だった。空前絶後の二正面作戦だった。

調教された右の乳首と、生娘そのものの左の乳首。

伝わる感触は調和を生み出さず、ちぐはぐなままで神経を駆け巡る。

提督「まさか、まさか、このためだけに……!?」

左乳首は生かされていたのだ。

手をつけられず、蝶よ花よと育てられていたのだ――。


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:30:56.06 ID:rkXta8hr0

提督「ひいぃ! ひっ、あああっ!?」

たまらず体を仰け反らせ、執務机に手をついた。

しかし追撃の手は止まず、ふたりは乳首にむしゃぶりつくのだ。

提督「ぃっ、ぃいい! ひいい!!」

ゾクゾクと体を震わせる快感は、私の腰を砕けさせた。

それでも止まない責め苦に耐えかね、

もしかすると、私はズボンの中に吐精していたかもしれない。

利根「じゅぷっ! ぢゅうう!」

大淀「じゅぽぉ!!」

しかし、艦娘の目的は、あくまで私の乳首なのだ。

下半身には目もくれず、彼女らはより一層、強く乳首に吸いつくのだった――。

~完~


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:32:45.45 ID:/53poIzHO

まるで意味がわからんぞ!


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:33:26.99 ID:MCxWIBG7O

狂っとる…


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:35:40.37 ID:QIXWuhGQo

これはガンギマリ鎮守府ですね...


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:35:51.91 ID:rkXta8hr0

>>27
俺も何がしたかったのか分からないから、その感想は正しい


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:36:39.85 ID:He213vVPO

女ってえっちするとき乳首ばっかり攻めてくるからねうん


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:38:38.99 ID:2D8Dh6kWO

>>1の性癖はこれだったんですね…


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:41:16.99 ID:Csb1YOLDO

標的が上半身だからまだ健全だな




掲載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464777320/
関連記事

コメント欄

プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お知らせ (3)
未分類 (24)
アイドルマスター (1174)
悪魔のリドル (44)
Another (21)
甘城ブリリアントパーク (3)
インフィニット・ストラトス (79)
アルドノア・ゼロ (11)
オリジナル (1609)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (6)
終わりのセラフ (12)
空の境界 (3)
ガールズ&パンツァー (526)
ガールフレンド(仮) (14)
艦隊これくしょん (1605)
ガンダムビルドファイターズ (4)
きんいろモザイク (66)
黒子のバスケ (13)
けいおん! (120)
コードギアス (44)
ご注文はうさぎですか? (281)
冴えない彼女の育てかた (15)
咲-Saki- (683)
桜Trick (6)
シドニアの騎士 (3)
SHIROBAKO (23)
STEINS;GATE (80)
ジョジョの奇妙な冒険 (95)
進撃の巨人 (279)
新世紀エヴァンゲリオン (122)
涼宮ハルヒの憂鬱 (281)
生徒会役員共 (16)
ソードアートオンライン (35)
たまこまーけっと (2)
ダンガンロンパ (211)
中二病でも恋がしたい (7)
とある魔術の禁書目録 (194)
NARUTO (68)
ニセコイ (31)
のんのんびより (40)
化物語 (43)
はたらく魔王さま! (2)
氷菓 (37)
Fate/stay night (105)
Fate/Zero (43)
Fate/EXTRA (1)
ペルソナ3 (7)
ペルソナ4 (15)
BLEACH (16)
僕は友達が少ない (9)
ポケモン (52)
魔王・勇者 (392)
魔法科高校の劣等生 (22)
魔法少女まどか☆マギカ (391)
みなみけ (29)
ミリマス (455)
モバマス (4514)
名探偵コナン (182)
めだかボックス (5)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (460)
結城友奈は勇者である (70)
ゆるゆり (405)
ラブライブ (2037)
リトルバスターズ! (99)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (5)
ひなビタ♪ (43)
響け!ユーフォニアム (15)
グリザイアの果実 (3)
がっこうぐらし (22)
干物妹!うまるちゃん (21)
幸腹グラフィティ (2)
Charlotte(シャーロット) (5)
食戟のソーマ (25)
Fate/GrandOrder (110)
天体のメソッド (4)
ヒーローアカデミア (7)
月刊少女野崎くん (63)
ハナヤマタ (4)
魔法使いの夜 (1)
蒼穹のファフナー (8)
うたわれるもの (1)
だがしかし (16)
グラブル (31)
東京喰種 (1)
ゴッドイーター (3)
甲鉄城のカバネリ (5)
キルラキル (6)
ラブライブ!サンシャイン!! (2)
working (1)
NEWGAME! (21)
君の名は。 (4)
ペルソナ5 (13)
マギ (1)
マクロスΔ (3)
ストライクウィッチーズ (5)
ブレイブウィッチーズ (9)
Re:ゼロから始める異世界生活 (3)
フリップフラッパーズ (1)
小林さんちのメイドラゴン (10)
ガヴリールドロップアウト (319)
けものフレンズ (75)
鉄血のオルフェンズ (10)
ファイアーエムブレム (5)
バンドリ (28)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
グラップラー刃牙 (1)
エロマンガ先生 (1)
アズールレーン (5)
アクセスランキング
フリーエリア
アマゾンランキング
Powered by amaprop.net
タグクラウド

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
Powered by amaprop.net
全記事表示リンク