FC2ブログ

《進撃の巨人》健「巨人だと?」《Infini-T Force》

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/22(日) 21:48:23.06 ID:HvTSwMxH0




アニメ版Infini-T Force最終話からの続きになります。

・劇場版Infini-T Forceの話が冒頭に軽く出ます。

 


ミカサ「あなたを食べる誰かのこと」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/14(水) 20:44:23 ID:eBxbDJTE



※前作、サムエル「二千年後まで、さようなら」のミカサ視点みたいな話

※色々テキトーな自己流設定

※継承者捏造してる

※今さらだけどネタバレ注意


旧本部の庭で会わされた少女は、どこかエレンに似ていた。
肩についたボサボサの黒髪と、見る者を射抜くような灰色の瞳。

まさか。


ミカサ 「え、エレン……?その子って……」

エレン 「ああ、俺の子だ」ドヤッ

ミカサ 「……憲兵さーん!ここに誘拐犯がむぐっ」モゴモゴ

エレン 「冗談だよ!つーかお前、俺を牢屋行きにして後悔しねえのか!?」

ミカサ 「あなたの過ちを受け入れるのも、家族のつとめ」プハッ

エレン 「なんでそんな所だけ物分かりいいんだよ!」

少女  「……」


ミカサ「ヤンデレ?」

1: 名無し訓練兵 2015/03/26(木) 01:06:14 ID:cJh9L5920

ミカサ「アルミン、ヤンデレとはどういう意味?」

アルミン「えっ!?」ギクッ

コニー「何だそれ? 奇行種か何かか?」

サシャ「ひょっとして食べ物ですか!?」

マルコ「全然まったくかすりもしてないよ。もっと恐ろしいものなんだ」

アルミン「そうだね……簡単に言えば、好きすぎて病んでる状態のことかな」


ハンジ「赤い悪魔がやってきたぜ」

1: 名無し訓練兵 2015/04/27(月) 03:36:19 ID:W7uVMkok0

*リヴァイ×ハンジです。微エロ有。苦手な方はご注意。

*生理ネタです。苦手な方はご注意。


ハンジ「抱かれたい男ナンバー2!」

1: 進撃の名無し 2014/09/15(月) 00:04:09 ID:.SqfFaVo0

リヴァイ「抱かれたい男ナンバー1?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/6689/1410371898/

ハンジ視点の物語になります。

リヴァイの視点とクロスさせながら読むと面白いかもしれません。

*「悔いなき選択」の後、調査兵団に残ったリヴァイがその後、ハンジと少しずつ仲良くなっていく話がメインです。

*世界観は原作基準で書いていますが、多少自分なりの「解釈」と「捏造」もあります。

*特に「ハンジ」が恐らく開発したと思われる「女型の巨人を捕えた罠」の製造経緯については完全に「妄想」です。

*原作の記述(7巻参照)を参考にはしていますが、この物語の中ではリヴァイの言葉がヒントになったという設定。

*なのでそこは原作とは別に考えて下さい。すみません。

*展開によってはアダルト表現行きます。いつも通り思いきり行ってもいいかな? いいよね?

*という訳で、リヴァイ×ハンジメインの妄想話を投下します。OK?


エレン「結婚しよう!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 06:39:18.72 ID:6MQO8edp0

進撃の巨人ss
エレクリ、エレヒスです
ネタバレ注意
進撃の巨人100話おめ!
 


サムエル「二千年後まで、さようなら」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/01(木) 11:36:06 ID:LPWk6GNE



もし、この世界が一つの物語だったなら。
俺は、巨人を見上げる民衆の一人になりたかったなと。

解散式の夜、エレン.イェーガーはそう云った。



【858年】


ズーン……パラパラパラ……

ガラガラガラ


衛生兵A「輸血の用意を!それと、ガーゼが足りません!!早く補給してください!!」

サムエル「了解!」ガサゴソ

ズゥゥーン……

サムエル「……っと、と」グラッ


ミカサ「あなたを食べる誰かのこと」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/14(水) 20:44:23 ID:eBxbDJTE



※前作、サムエル「二千年後まで、さようなら」のミカサ視点みたいな話

※色々テキトーな自己流設定

※継承者捏造してる

※今さらだけどネタバレ注意


旧本部の庭で会わされた少女は、どこかエレンに似ていた。
肩についたボサボサの黒髪と、見る者を射抜くような灰色の瞳。

まさか。


ミカサ 「え、エレン……?その子って……」

エレン 「ああ、俺の子だ」ドヤッ

ミカサ 「……憲兵さーん!ここに誘拐犯がむぐっ」モゴモゴ

エレン 「冗談だよ!つーかお前、俺を牢屋行きにして後悔しねえのか!?」

ミカサ 「あなたの過ちを受け入れるのも、家族のつとめ」プハッ

エレン 「なんでそんな所だけ物分かりいいんだよ!」

少女  「……」


ミカサ「駆逐してやる」

1: nepia ◆kZNznMCWtw 2017/05/29(月) 03:07:59 ID:vnufMj7U

ミカサ「最近エレンの様子がおかしい」

アルミン「そうかな? ぼくにはいつもの悪人面に映るけど」

ミカサ「エレンが、他の女と話している」

アルミン「そりゃエレンだって話すよ」

ミカサ「すごく楽しそうに話している」

アルミン「エレンも思春期の男の子だからね。仕方ないよミカサ」

ミカサ「わたしと話しているときよりも楽しそうにしている」シュン

アルミン「ミカサとは常日頃から話してるから、新鮮味に欠けるんだろうね」

ミカサ「そう。わかった。なら仕方ない」

アルミン「うんうん、仕方ない仕方ない」

ミカサ「エレンに纏わりつく害虫を、駆逐するまで」スチャ

アルミン「」


エレン「夜の立体起動?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 08:59:18 ID:tX72ZLGk

やや下ネタ注意
【夜 男子寮】

エレン「なんだそりゃ? 昼の立体起動と何が違うんだ?」

アルミン「ぼくも聞いたことがないね。そもそも夜間は訓練禁止のはずだし、装置を動かしたら音で分かると思うんだけど」

ジャン「俺も詳しくは知らんが、さっきトイレに行ったときに上官が話しているのを聞いたんだ」

エレン「で、それがなんだっていうんだよ」

ジャン「上官いわくだな、夜の立体起動は、すげえ気持ちいいらしい」

エレン「はあ?」

アルミン「き、気持ちいい?」

ジャン「ああ。身体中を快感が駆け巡るそうだ」

エレン「巨人に出くわしたときみたいな感じか!?」

ジャン「果てには絶頂を迎えるらしい」

エレン「巨人を討伐した瞬間みたいな感じだな!?」

ジャン「なんでも巨人で喩えるんじゃねーよこの死に急ぎ野郎が!」ガシッ

エレン「うるせー服やぶけちゃうだろうがあ!」グワシッ

アルミン(立体起動…快感…絶頂…あ、これS●Xのことだな)


サシャ「スマフォイッジッテンジャネェエェ!!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/27(土) 12:37:08 ID:N20RNZv.

・アルサシャ

・現パロ

・2人とも既に付き合ってる


エレン「ママ」サシャ「よしよし」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/14(火) 22:43:29.37 ID:L3Kn5lQl0

進撃の巨人ssです。
 


サシャ「走らんかい!!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/15(土) 14:49:51 ID:qqpeovFY

女の子「!!」ダッ




サシャ「あと一本…これを外したらあの子も…!」


ビシュン





スカッ


リヴァイ「腹が痛いのか?」ペトラ「せ、生理…ですっ//」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/17(日) 00:25:55.16 ID:VYeyAGA80

リヴァイ「…セイリ?」

ペトラ「ふぇぇっ?!知らないんですか?」

リヴァイ「何だそれは」

ペトラ「えっ…と…」
 


リヴァイ「細い月の下」

1: ◆uSEt4QqJNo 2016/12/25(日) 23:22:30 ID:Ua6E3uk.




人里離れた場所にあるひとつの民家。
そこが隠れ家になっている。

その家に交代で見張りをし、エレンとヒストリアを匿っていた。

遠くを見ていた今日の見張り当番、ジャンが物音に気づく。
馬の蹄の音だ。一瞬身構えるがすぐに警戒を解いた。


「……ハンジさん達か」


まだ夕陽に染まったばかりで目視できた。
緊張で少しだけ速まった鼓動を落ち着かせるように息を吐く。


「ビビりすぎだろ、ジャン」


NEXT≫
プロフィール

amnesia

Author:amnesia
ゆっくりまったり見ていってください( ´▽`)


相互リンクrss大歓迎




Twitterやってます( ̄▽ ̄)

トップ絵紹介

新規キャンバス (1) ぽむ様より頂きました!

最新記事
最新コメント